栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:松浦進 ( 5 ) タグの人気記事


2013年 07月 14日

2090)終了「松浦進 展 『cryptic』」北広島市・黒い森美術館 7月1.2.3・・8.9.10日

松浦進 展 cryptic 



 会場:黒い森美術館
     北広島市富ヶ丘509-22 
     電話(011)373-8239

 会期:2013年7月1.2.3・・8.9.10日(月、火、水曜のみ開催)
※ 注意 ⇒ 変則的な開催です。
        

 時間:10:30~15:00 
    
 企画:当館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(7.10)


f0126829_23413999.jpg



f0126829_23423263.jpg



 緑に包まれた、というより、どっぷり森の中の美術館だ。

 国道36号線から「輪厚・竹山温泉」と書かれたでかい看板を目印にして、北広島方面に入っていく。直に温泉を示す看板に出会う。そこを通り越して2分ほど進めば、赤くて小さな「黒い森美術館」の標識に出会う。道路の両脇に設置しているから注意していけば見過ごさない。そこを半信半疑で右折して砂利道を進めば辿り着く。



f0126829_23582673.jpg




f0126829_23583852.jpg




f0126829_00046.jpg




 こんな感じの会場です。窓が一面の壁全部を占めているから、広さの割には平面作品の数展示には限度があるかもしれない。
 というか、その窓は緑づくしだから、そこを楽しむのがここの最大の特徴だろう。作品と緑の関係性だ。

 以下、松浦作品を載せますが、かなり写真写りが悪い。作品は黒い森ならぬ黒光りする表面だから仕方がありません。


f0126829_09450.jpg



f0126829_092884.jpg
   ↑:「イマハイナイ」。



f0126829_10434893.jpg



f0126829_1044213.jpg
   


f0126829_10481549.jpg
f0126829_10491482.jpg
   ↑:左から、「不安な眠り」、「あらしがくるのです」。



f0126829_1051316.jpg
   ↑:「無邪気で愛らしくて消えて欲しい」。


 背後に、室内から見える屋外の松浦風景を載せます。


f0126829_1054636.jpg
   ↑:(屋外での撮影です。屋内からでは少し違って見えるかもしれない。)


 (以下、敬称は省略させていただきます。)


 人間大好き、人間のすること大好き、人間に関わること大好きな松浦進だ。だから、当然「人間」が画題だ。そして黒で表現する。「黒と人」が主題だから、内面追求型の作家と思いたくなる。今展のテーマも「cryptic (隠れた、秘密の)」という意味だ。「やっぱり内面表現か」となってしまう。

 でも、今展の作品群はあまり精神性を感じない。むしろ「遊びと」とか、「関わり」とか、健全な若者のありようだ。おそらく作家は人の動きや動作、微妙な感情表現を得意としているのだろう。だが、「人の内面」も気になる。それに迫れればとの願いもあるだろう。が、そこに全神経を集中するには作品自体の明るさ、楽しさ、可笑しさと矛盾する。作品自体の持つデザイン性ともどう絡ませていくのか?それに、本当に「黒」オンリーの作家なのだろうか?痛めつけるような「黒」に迫れるのだろうか?色味は隠し味程度の関心なのだろうか?

 道都大(シルクスクリーン専攻)を卒業してまだ日は浅い。が、めざましい成長だ。「人間精神の隠れた黒」、いつの日にか出てくるかもしれない。長く作家をすること、そこからきっと生まれるだろう。いろいろなことをもっともっと楽しめばいいのだろう。いろんなものが出てきそうで期待したくなる。



 緑に包まれた美術館、これほどスッポリと収まった場も珍しい。美術愛好家ならば知っていて損はない。今回が初訪問だった。事情が許せば、今後もその風景共々掲載しよう。


 建物の周りは遊歩道も完備しています。何枚か載せます。ただただ緑を見て下さい。それに森の黒も。




f0126829_11261877.jpg
   ↑:(美術館の裏側。)


f0126829_11274119.jpg



f0126829_11283854.jpg
 



f0126829_1129394.jpg












 

by sakaidoori | 2013-07-14 11:40 | 黒い森美術館 | Comments(0)
2013年 04月 19日

2018) 「松浦進 展 『profiling』」 創 終了4月5日(金)~4月14日(日)

    


松浦進 展 

 profiling
 
 


 会場:ギャラリー創(ソウ)
       中央区南9条西6丁目1-36
        U-STAGE・1F
       (地下鉄中島公園駅から西に徒歩5分。
       南9条通り沿いの南側。)
     ※駐車場は2台分完備
    電話(011)562ー7762

 会期:2013年4月5日(金)~4月14日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:11:00~18:00
     (最終日は、~17:00まで)

 企画:当館 

ーーーーーーーーーーー(4.13)



 今回は個別作品の案内はありません。3枚の会場風景で楽しんで下さい。写真をくりっくすれば大きく見えます。ムードだけでも伝わればと期待します。



f0126829_10111281.jpg




f0126829_101206.jpg




f0126829_10104767.jpg





 黒を背景にして人物を表現している。画題や画風はいつもと同じだが、遊び心を極力抑えて、人を大きく見せている。なにより、作家の姿勢が大きく頼もしい。会場なり作品を大きく見せていて気持ちが良い。

 それにしても随分と成長したものだと感心する。「ドーンと人物を描けばどうなるか?大きく描くにはどうすればいいか?」・・・、そもそも大きく人物を描きたいという衝動がなければ話は進まないだろう。その直向きなエネルギーと美学が今展にはある。
 確かに、作家にとっての「人物とは何か?」という根本問題はあるだろう。喜怒哀楽を表現したいのか?それでも生きているという存在感に重きがあるのか?いやいやそんな重たいテーマではなくて、遊んでいる自由な姿にも関心があるだろう。デザイン的な人の影にも興味が尽きないはずだ・・・。
 だが、結論があっての美術表現ではないだろう。描いたものがその時の結論だろう。最後の結論は永遠の楽しみだ。長く描き続ければいろいろと変わりもする。全てが答えと言い換えてもいいかもしれない。


 この会場の面白さは、「今回の作品展、担当の本庄さんも喜んでいるだろうな」と、企画担当者の顔と協調できることだ。企画展とは企画者の主張や美学でもある。企画者の顔が浮かばない企画展はダメだろう。
 正直、ギャラリー創にとって、なぜ「松浦進」なのかがつかめなかった。遊び心やひ弱さに惚れたのかな、と思ったりした。が、今展、黒くはあるが清々しい、何より若者のスーッと伸びたエネルギーを感じる。そういう強さと、今風の優しさが松浦美学を醸し出している。「そうだったのか」という思いだ。難点は破綻の少なさだ。若さというボロが少ない。
 作家の成長は彼の問題ではある。が、当館も力になっているのだろう。

by sakaidoori | 2013-04-19 10:51 | 創(そう) | Comments(0)
2012年 09月 24日

1809) 「松浦進・個展 『ambivalence』」 g.犬養 9月12日(水)~9月24日(月)

   
松浦進・個展 

         「ambivalence
  


 会場:ギャラリー犬養 
      豊平区豊平3条1丁目1-12 
     電話(090)7516ー2208 

 会期:2012年9月12日(水)~9月24日(月)
 休み:火曜日(定休日) 
 時間:13:00~22:30  

ーーーーーーーーーーーーーーー(9.17)


 24日(月)までの会期です。とりあえず会場風景だけでも紹介します。後日追記します。
 あまりよく撮れませんでした。スイマセン。



f0126829_8534259.jpg
     ↑:(会場は2階。明かりが仄見える。)



f0126829_8552316.jpg



  以下、概ね右廻りに載せます。 


f0126829_982966.jpg



f0126829_984285.jpg



f0126829_993613.jpg



f0126829_9112792.jpg



f0126829_965170.jpg



f0126829_9354322.jpg
     ↑:「色男の醜」


f0126829_9362796.jpg
f0126829_9364896.jpg



f0126829_9371231.jpg
     ↑:「おっけなしシュト」



f0126829_9391925.jpg
     ↑:「退屈な幸福」。


f0126829_9402023.jpg



f0126829_940469.jpg
     ↑:「回り回る」。


f0126829_9422211.jpg



f0126829_9431754.jpg
f0126829_9433016.jpg



f0126829_9441114.jpg
     ↑:「抜けない者の、抜けてく物」。


 松浦進君は今春道都大学を卒業した。シルクスクリーンを学んだ。現在も大学に残っている。昨秋以来積極的に個展など、発表し続けている。現在の表現の型は見定めたようだ。それをバネにして次の段階へと手探り中だろう。だから、今展は安定感がある。

 タイトルは「アンビバレンス」。「白と黒」、「表と裏」、「者と物」、「安定と不安定」、「頭と尻」だ。残念ながら、性の悩ましさに狂う「男と女」、「純血と汚濁」、「愛と憎しみ」、「高潔なプラトニックと血を見るドロドロ」の対比は薄い。それらも視野に入れてはいるのだろうが、綺麗に収めている。彼も一人の妄想家であろうが、遊び心豊かな空想家なのだろう。というか、今展の安定感自体が「アンビバレンス」というには矛盾している感じだ。

 何よりも「遊び」の松浦進君だ。遊びに青年らしい自己矛盾がからんで「アンビバレンス」を生んだのだろう。だが、今のそれは軽い。その軽さを装飾などを駆使して膨らませるのか?あるいは、悩みの井戸を下りていくのか?青年の追究は続くのだろう。どちらに行っても構わない。大きく強く見せて欲しいものだ。

by sakaidoori | 2012-09-24 08:14 | (ギャラリー&コーヒー)犬養 | Comments(0)
2011年 05月 26日

1570)⑤「松浦進・個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」市民gallery 終了5月11日(水)~5月15日(日)

f0142432_114049.jpg
○ 第50回記念 道都大学 

    中島ゼミ展 

型と版をめぐる
    5人と22人の冒険




 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2011年5月11日(水)~5月15日(日)

 【個展メンバー】
 阿部真大 石井誠 犬養康太 松浦進 大泉力也 松本ナオヤ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.15)

 1548番①、1555番②、1557番③、1566番④の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

◎ 松浦進個展


f0126829_22313578.jpg


f0126829_22314858.jpg



 ご覧のように幅狭な会場だ。距離をおいては楽しめない。が、全体の流れからして、こういう狭い部屋も良いものだ。「フンズマル松浦進、ヨミガエル松浦進」という親近感がある。そもそも今記念展自体が量的にもかなりの展示だし、お祭り気分的なところもある。こういう窮屈な部屋も意外に自然な感じだ。

 ところで、彼は5人の個展メンバーの中で唯一の道都大学現役生だ。だから、もっとも若い。以下個別作品を載せるが、若さかくる頼りなさは否めない。が、精力的に発表している学生でもある。ランナー ウエイ・松浦だ。たゆたゆしさが作品にも感じるだろうが、エネルギッシュさも見て欲しいところだ。もっとも、そのたゆたゆしさも彼らしいのだが。
 彼のセールス・ポイントは「人が好きで、どういう風にして人に迫ろうか」という軌跡でもある。まだまだ、どこぞの巨匠や見慣れた漫画に通じるところがあり、オリジナルを模索している段階でもある。あえて形を決めようとはしないで、フラフラとユーモアと洒落た世界で遊んでもいる。頻繁な作品発表経験・体験が何かをもたらすだろう。楽しき生まれ出ずる回廊をひた走りしているわけだ。
 4年生だ。学生時代に再び本編に登場してくれるだろう。もし成長の跡が見えなければ、「しっかりせい!!」と、檄をを飛ばそう。もし、意外な成長を遂げたならば、「まだまだ」と言うべきか、素直に「よろしい」と言うべきか、その時を楽しみにしよう。


f0126829_2312544.jpg
     ↑:「知らず知らず ああ 水のよう」。

 今展の中の、唯一の未発表最新作。自慢の作品群かどうかはわからないが、人を表現する一里塚であることは間違いない。


f0126829_234183.jpg
     ↑:左から 「さよならクラージュ」、「自業の歳」、「膨らいで逝く」。


f0126829_2391113.jpg



f0126829_23122251.jpg

f0126829_23123055.jpg

     ↑:左から 「静粛な人々」、「しらじらしいわ」。



f0126829_23123848.jpg
          ↑:「喪」。


f0126829_23131780.jpg
          ↑:「暮れるのも寄りて」。



 松浦進の人間への関心、そのタイトルと合わせれば合点がいくと思います。深刻ぶらないで人間関係の綾を楽しんでいる感じです。何よりも輪郭線のくにゃくにゃ感や間延び感が、人間と人間関係を見る学生の眼差しなのでしょう。

by sakaidoori | 2011-05-26 23:33 | 市民ギャラリー | Comments(0)
2010年 12月 17日

1396) さいとう 「阿部真大・松浦進 (2人展) 『we are plastic』」 12月14日(火)~12月19日(日)


○ 阿部真大 松浦進 (2人展)

    we are plastic


 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:20010年12月14日(火)~12月19日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(12.14)

 道都大中島ゼミの学生2人展。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_1657465.jpg
     ↑:(阿部真大の作品群。)


f0126829_16571920.jpg
     ↑:(松浦進の作品群。)


 ○ 阿部真大の場合
f0126829_17154130.jpg
     ↑:「砂の氷決勝」。


f0126829_17202678.jpg
f0126829_17204342.jpg
     ↑:右側。「街を生む花」・シルクスクリーン。


f0126829_17213668.jpg
     ↑:「砂の街に運ぶ水」・シルクスクリーン。

 今春大学を卒業して、そのまま大学でシルクスクリーンを学んでいる。

 今年の3月に当館で個展をしている。ニューヨーカーのストリート落書きマン、そんなスタイルの絵(シルク版画)だった。外向的スタイルなのに綺麗に収まりすぎだから、「ライブ・ドローイングなんかにチャレンジして、もっともっと発散したら」と声をかけたのを覚えている。

 作風が変わったのには驚いた。エネルギーが限りなく内向きになった。もちろん、でるでる・モクモクというポップでデザイン的なところは同じなのだが、作品内部を根性の点描で装飾している。街に出て壁にエネルギーをぶっつける、そんな野暮な方法を避けて、小さな紙そのものに若き情念を埋め込んでいる。だが、シルクスクリーンによる間接仕上げだから、点描の生理は薄められてしまった。輪郭線のスッキリした太さや、面の明快さに生理的エネルギーがカモフラージュされている。僕には不徹底な感じだが、綺麗にクリアーに仕上げたいという美学が阿部君にはあるのだろう。それはそれで良い。だが、画面全体を力勝負で綺麗に埋めたいという意識が少ないから、余白が余りに透き間になっていると思う。支持体としての「白」で終わっていると思う。だから、画家の一所懸命な埋める努力が軽く見られてしまいそうだ。画面全体の構成力、今展ではそこまでの余裕がなかったみたいだ。
 やっぱり、「作品を少し汚した」くらいの勢いを経験して、空間の身の処し方を体験するしかないのだろう。

 それにしても、意外な点描の世界だった。強くでるでるエネルギーに期待しよう。


○ 松浦進の場合


f0126829_17573359.jpg
     ↑:左から、「ののしってちゃん」 「さよならクラージュ」。


f0126829_1758590.jpgf0126829_17581646.jpg
f0126829_17582645.jpg
     ↑:左から、「繋乱」 「 」 「 」。


f0126829_1759391.jpg



f0126829_20222293.jpg
     ↑:「裏の相合の方へ」。


 人間のボディーと遊んでいるのが面白い。物事を直線で把握するのが不得手な青年かもしれない。白黒、強弱という一刀両断的な世界には生きていないのだろう。
 このふわふわ精神には興味があるのだが、一本のふわふわ線、それはボディーの輪郭線として完結するのだが、その線だけで満足している感じだ。松浦君の場合は直線の交差などは論外なのだが、ふわふわ線同士での重なりも避けたがっているみたいだ。平面という空間から、もこりんペンのようにもっこりと立体物(ボディー)が生まれる、そういう感覚人なのかもしれない。その膨らみもふんわかダラリとして、凸凹、凹凸という淀みではないのだろう。

 今展、画家のふんわか精神が一様すぎて、作品展示として生かされてないようだ。松浦君も無意識に作品群のリズムの無さに気が付いていて、作品の大小と、背景の色違いで見せる工夫をしている。

 この、のっぺんだらりのフンワカ精神は悪くはない。たゆたゆしい線がもっともっと生かされるような、工夫と苦労・・・何よりも「人間」にこだわる精神がふわふわ線と平面世界を生んだのだから、恐れることなく松浦風に「人間」に迫り、泣き笑いをするような人間の誕生・・・、そんな松浦・人間人形もいいものだ。



 

by sakaidoori | 2010-12-17 18:57 | さいとう | Comments(0)