栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:松本ナオヤ ( 3 ) タグの人気記事


2012年 12月 01日

1895) 「Paul & 松本ナオヤ {調律のアウトライン}」 g.犬養 終了10月17日(水)~10月29日(月)

           

Paul & 松本ナオヤ 

    {調律のアウトライン
       


 会場:ギャラリー犬養 
      豊平区豊平3条1丁目1-12 
     電話(090)7516ー2208 

 会期:2012年10月17日(水)~10月29日(月)
 休み:火曜日(定休日) 
 時間:13:00~22:30  

ーーーーーーーーーーーーーーー(10.2)


f0126829_2144566.jpg
     ↑:(全て松本ナオヤ作品。)



f0126829_21445729.jpg
     ↑:(全てポール作品。)



f0126829_2145812.jpg
     ↑:(ビデオ作品以外は全てポール作品。)



 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 松本ナオヤ、写真を駆使してのシルクスクリーンだったが、今回は完全な絵画だ。シルクスクリーンを完全に止めたとかではないだろう。機械操作とは違った、肉筆表現を大事にしたいのだろう。それと、単純に絵を描きたいのだろう。

 ポールはスケッチ風の挿絵感覚で「都会」でうごめいている。チョット暗がりの路地裏が似合うような、ビルの隙間に忍び込んでは飄々と生きている若人達が主役だ。

 共に作品数は少なかった。松本ナオヤの場合は「絵画・門出展」だから仕方がないだろう。しかし、ポールの場合は、「もっと描けた」との思いが強かったはずだ。久々の展示ということで、間合いが読めなかったのだろう。そういう意味では楽しき宿題を残すことになった。

 始めに、入り口側の松本ナオヤ作品から。全てにタイトル付きだが、こちらのミスで一部しか記入していません。


f0126829_22592332.jpg



f0126829_22595482.jpg



f0126829_2302081.jpg



f0126829_2305657.jpg



f0126829_233183.jpg



f0126829_2332715.jpg




 実に初々しい絵画展だ。絵画を自分のものにしようとする姿勢に興味が惹かれた。
 彼は人間が大好きだ。学生時代は、人間そのものに迫らないで、人の振る舞いや形に視線を注ぎ、その外形を自分なりに加工して楽しんでいた。気取りやな所もある彼のことだから、「人に迫る」なんて恥ずかしいことは避けたかったのだろう。だが、形を加工してはいたが、人の外皮に対しては強い表現を続けていた。今展の絵画、未だ青春まっただ中の作家だ、その若きエネルギーが出口を絵画に見いだし、格闘直前の姿を見せていた。




 次はジャズのジャケットにしたくなるPaul作品。


f0126829_23195971.jpg



f0126829_23202347.jpg
f0126829_23203535.jpg
          ↑:(上の作品の部分図。)


f0126829_23241115.jpg



f0126829_23323640.jpg



f0126829_23243615.jpg



f0126829_23325751.jpg




f0126829_23333016.jpg
f0126829_23334346.jpg



f0126829_23344142.jpg



 音楽を楽しみ、都会のやるせなさを楽しみ、肩を寄せ合って、足でリズムをとりながら語り合う、形は古めかしいが、今風気分は充分に伝わる。ちょっとセンチでロマンティック、ポエムだってあるよ、皮肉めいた眼差しだって、何だって楽しもうよ、僕には沢山の恋人がいるから・・・、そんな風にエンドレスで物語は続いていくのだろう。
 挿絵やカットに使いたくなる。角張ったボディー・ラインは人間味を存分に発揮している。うねうね曲線だって手慣れたものだ。線描への愛着は、人への愛情になり、心模様が手のひらで遊んでいるよう。確かに「古き良き時代のアメリカン」的な世界で、どこかで見た感じかなという思いはある。だが、もう、自分自身の持ち味はしっかりと自覚している。実力はある。もっともっと沢山だ。そうすればいろんな顔が生まれるだろう。流れるような物語を描ききって、「ポールここにあり」という存在感を示して欲しい。



f0126829_02525.jpg


 会場にはビデオ作品もあった。ポール作品を松本ナオヤが編集して映像にしたものだ。2,3分の長さだったが、間違いなく秀作だ。思わず彼に、「実に上手い」と声を上げてしまった。
 当の松本ナオヤ、余程自信があったのだろう、特に喜ぶでもなく、当然のような振る舞いであった。そこが彼の気取りやたるゆえんで、作品共々頼もしい態度であった。







f0126829_054821.jpg



 板塀の床で大人達が歩くと、ガタガタと音だけが一人歩きする。人のシルエットと、その心と、足音がそれぞれ分離して、一人勝手に部屋をうろつき廻る。
 分離はしているが断絶感はない。もう一人の自分が他人と重なって、幾重にも何かを演じているみたい。
 その日のヒトムレは若き男女だった。普段の仕事顔を離れて笑みもまた歩き出す。・・・群星・・・「グンセイ」そんな言葉を思い出した。

by sakaidoori | 2012-12-01 00:18 | (ギャラリー&コーヒー)犬養 | Comments(0)
2012年 05月 03日

1728)「松本ナオヤ・個展 『IMAGE INVADER』」 ト・オン・カフェ 終了・4月17日(火)~4月30日(月)

  
○ 松本ナオヤ・個展 

     IMAGE INVADER

     

 会場:TO OV cafe(ト・オン・カフエ)
      中央区南9西3-1-1
       マジソンハイツ1F
      (地下鉄中島公園駅下車。
      北東に徒歩2分。北東角地。)
     電話(011)299ー6380

 会期:2012年4月17日(火)~4月30日(月)
 休み:会期中無休
 時間:10:30~22:00
    (日曜日は、10:30~20:00)
 電話:(011)299-6380

ーーーーーーーーーーーーーーー(4.30)

f0126829_6555384.jpg


f0126829_7262943.jpg
     ↑:(入り口の喫茶室)


f0126829_7273490.jpg



f0126829_728641.jpg



f0126829_7294722.jpg



f0126829_7301847.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 道都大学中嶋ゼミでシルクスクリーンを学んだ20代の青年。

 画題の根っこにあるのは「人間」だ。「人間」のある種のポーズを、別のポーズに置き換えたり、ある組み合わせで人型にしたりと遊んでいる。卒業後は、そのパターンも拡がり、構成構図も画面一杯に膨らんでいる。何より好ましいのは、作品が「強く」なったことだ。青年らしいエネルギーが充満している。それは学生時代にはあまり見られなかったことでもある。かつては、どこかお洒落に品よくまとめるという姿勢だった。それが今は強い。
 今展は、画題とか、色々な意味でゴチャゴチャと言っていいだろう。確かにまとまりはないのだが、「オレのニンゲンを見せたい」というのはよく分かるので、違和感はない。むしろ、ストレートな分だけ好ましい。敢えて言うなら、「オマエはいったい、ニンゲンの何を見せたいのか?」だろう。だが、それは不満と言うよりこれからの期待だ。第一、この若さで明快に具体的に詳細に「ニンゲン表現」を求めるわけにはいかない。歳をとったところで「人間表現」など、言うは易く行うは難しだ。

 「松本・人間」には真正面の顔はない。何かで覆われたり後ろ向きであったりする。組み合わせ人型などは、「遊び」には違いはないが、人間直視を避けている感もする。だが、「後ろ向き」も、「直視逃避」も、人間に何を見ているかとか、自分自身の立つ位置・自意識の反映であって、作品の優劣・良し悪しには関係ないだろう。そういう姿勢が見る者の心を揺さぶれれば良いのだ。今は、そのエネルギーの強さが何より好ましい。


f0126829_825682.jpg



f0126829_8314494.jpg
          ↑:「夢大陸アドベンチャー」

 DMに使われた作品。
 そのDMを見て、全館写真合成のベタベタ作品を少なからず期待していた。「作り物の美学」、それは遊びでもある。そして、作り物に包まれたロマンや哀しさを夢見てしまった。


f0126829_8355239.jpg
f0126829_836213.jpg
     ↑:左側、「Moonhead」。
     ↑:右側、「Myth」。(神話。)

 左側は、タコ坊主が海から出てきた感じだ。右側は王様が玉座に、これまた丸顔タコ坊主で威張って座っている。威張ってはいるが微笑ましい。何より作品が大きく見える
 ○や△などの幾何学模様を駆使しての画面構成だ。抽象模様の完全無欠さを好んでいるのだろう。
 

f0126829_8251567.jpg


 左右の作品は油彩だ。油彩の重ね塗りという粘着性や、その発散力の強さが画家の体質に会っているのだろう。
 

f0126829_844466.jpg
     ↑:「Eyes Wide Open」。

 それにしても強い目だ。画家自身の気迫の表明か?



f0126829_8473488.jpg
          ↑:「老人と仔犬」。

 ほんの少しばかり古い作品。入り口あたりにこそっと飾られている。あたりの暗さで、作品が影のよう。センチメンタルな作品だ。愛すべき作品だ。

by sakaidoori | 2012-05-03 08:58 | (カフェ)ト・オン | Comments(0)
2011年 05月 30日

1576)⑥「松本ナオヤ・個展 中島ゼミ展・道都大学(第50回記念展)」 市民g. 終了5月11日(水)~5月15日(日)

f0142432_114049.jpg
○ 第50回記念 道都大学 

    中島ゼミ展 

型と版をめぐる
    5人と22人の冒険




 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2011年5月11日(水)~5月15日(日)

 【個展メンバー】
 阿部真大 石井誠  松浦進 大泉力也 松本ナオヤ   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.15)

 1548番①、1555番②、1557番③、1566番④、1570番⑤の続き。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


・ 松本ナオヤ 個展


f0126829_9433684.jpg


f0126829_9435127.jpg


f0126829_9452437.jpg



 今展は写真展としての要素が強い。写真を基本にして、パソコンで引っ付け、はっ着け、引き延ばし、切り刻み、最後はシルクスクリーンで仕上げる。(もっとも、今記念展がシルクスクリーン展だから「シルクスクリーンで仕上げる」と書いたが、本当はプリンターなのか、現像なのか、シルク・転写なのかは識別不能だ。そこまで細かく見なかったし、聴きもしなかった。能力不足ということ。)
 私は写真展として見た。

 そこで、松本ナオヤは何をしたいか?


f0126829_9582462.jpg



 「オレは吠える。
  オレは走る。
  オレは見つめる。
  オレはどこに行くのか」

 今展の作品上の眼目は上の3点だと思っている。「自画像展」だ。

 松本ナオヤの学生時代の作品は、ある動きを、別の人間の動きに見立てて再構成していた。シルクという技法と、人間の動きを楽しんでいた。どこか繊細なところがあるのだが、それを隠すかのような遊び心だった。たおやかな線質を嫌い、鉄筆線のような力のこもった線が走っていた。そして、背景にまで意が及ばなかったのか、余白をそのままにしていた。
 「遊び心と、強い線と、人間への関心」、それらが制作の推進力ではあったが、「何を画くか」に関しては保留していた。学生時代という自由さ、制作表現できる楽しさの前で、無意識な「保留」であったと思う。

 今個展も基本的にはその延長だが、様相が一変した。無意識な「保留」が有意識な「保留」になったのだろう。
 繊細さを懐にしまって、あえて強く振る舞おうとしている。柔な遊びから、剛な遊びになった。余白を残すのを嫌い、何でもいいから埋め尽くそうとしている。「何を画くか、表現するか」は見えないが、自分を男ぶり良く晒そう。物事を直視し、あるがままに迫ろう。
 それらの強い意志が、展覧会を強くしている。それでもでてくる繊細さ。それは自己へのセンチメンタルさになっている。それは構わない。男の自画像とはそういうものだ。

f0126829_10515075.jpg
          ↑:「Glitch Image」。



f0126829_10563567.jpg
          ↑:「Tsugal」。

 今回、彼が青森の高校出身だと知った。当地生まれなのかは分からない。
 「津軽」、どうしても太宰治を連想してしまう。東北出身の文化人を思い出してしまう。彼の地の文化人のエッセンスは、強い風土性を器にした繊細さと粘着質さにあると思っている。

 学生時代から今展への変貌は実に良い。今の表現が5年後も残るとは思わない。間違いなく変化する。東北人の自分捜しは永久なるもので、そこを通奏低音のようにして、見る世界を闊歩する。その姿は他地域のマネの出来ない力がある。その力を松本ナオヤにも見たいものだ。


f0126829_1135836.jpg
          ↑:左から 「The Factory」、「カタルシス」、「moon head」。


f0126829_11371580.jpg
          ↑:左から 「Untitled(womon)」、「同(man)」。


f0126829_11395581.jpg
          ↑:「Portrait 4」。



 今回で、当記念展の個展全ての報告を終えました。全ての作家を何がしか知っていたので、全員掲載しました。当初の予定通りに進んでホッとしています。
 紹介した5名の20代の作家達が今後どうなるか、当分は画き進むのは間違いないでしょう。が、5年後、10年後、20年後はどうなるか。たとえ個人としては制作を止めても見る人にはなっているでしょう。たとえ見る人も止めても、一時期の画き続けた意志と意欲と行為は間違いなくあった。
 先は分からないと書きましたが、今後の健闘を期待します。



f0126829_11464418.jpg →:「2010年より愛を込めて」。

by sakaidoori | 2011-05-30 12:55 | 市民ギャラリー | Comments(0)