栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:平間理沙 ( 2 ) タグの人気記事


2016年 05月 16日

2524)⑤「群青後期①「女の空間」(女性6名の写真展)」 アートスペース201 終了/2月4日(木)~2月9日(火)

      群青」(ぐんせい)展。

 ぐんじょうと読まないで下さい。
  ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です



後期・6階A室

女の空間」(女性写真展)

外崎うらん 高澤恵 平間理彩 
杉下由里子 高橋智乃 石澤美翔



ーーーーーー(2.8 9)

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
    〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。

雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:アートスペース201
    札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
     電話:011―251―1418
   
●会期:前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
   後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
     (前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)
●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
      
後期・6階B室
◯「神成邦夫 写真展 
   HORIZON-北海道-  
    ~内界と外界の境界線~」

後期・6階C室
◯「対展 Ⅱ」
  佐々木仁美 高橋徹 竹中春奈 杉下由里子 村田主馬 宍戸浩起 高橋智乃 酒井詞音 石澤美翔
・・・(以上9名)

後期・5階D室
◯「元気展 ~色・物語の部屋~」(多ジャンル美術展)
  碓井玲子(テキスタイル) 小西まさゆき(絵画) 佐々木幸(現代美術) 杉崎英利(絵画)   
 
後期・5階E室
◯「元気展 ~線の部屋~」
  久藤エリコ(切り絵) 佐藤愛子(クロッキー) ドローイングマン(ドローイング) 樋口雅山房(書)

●催し:2月5日(金)17:00~20:00 
    17:00~  ドローイングライブ(ドローイングマン)
    18:00~   出品者紹介
    18:45頃~20:00  パーティー

●企画者:丸島均(ブログ「栄通記」主宰)
 連絡先:090―2873―2250 marushima.h@softbank.ne.jp
 住所 :札幌市北区屯田3条2丁目2番33号

ーーーーーーーーーー(2.4)


f0126829_2315328.jpg




f0126829_2321377.jpg




f0126829_2323318.jpg




f0126829_2325833.jpg





 「女の空間」・・・
 女性から滲みでる包容力、それは時には隠微な絡み合いの場になるかもしれない。
 女性の体の柔らかさまろやかさ、それは甘ったるさの原因かもしれない。
 居住まいを正し、キリリとした容姿・・・乱れは外に発散することなく、内側に閉じ込められているのかもしれない。
 女性が美術表現をすれば、そういう「愛憎」、「明るさ暗さ」という肉っぽい感性が空間を包み込むのでは、と思っている。

 今回、6人の女性に「女の空間」という言葉でお誘いをした。「その言葉にこだわっても良いし、拘らなくても構わない、普段通りの自己表現の場にして欲しい」、ただそれだけだ。だが、間違いなく彼女らは、「自己表現」と「女の空間」に違和感を抱かなかっただろう。「自分らしさ」と「女らしさ、女とは」が普段からかなり重なっているからだ。「化粧」という名の下で、いつもいつも自分を見ている、見られる訓練をしている、「美しくありたい」と願っている。
 僕は、この空間で、「いろんな女らしさ、女とは」の競演を見たかった。いろんな事情で6人参加となり、少しゴチャゴチャしてしまった。全体の事前打ち合わせ、お互いの作家確認などはしていない。ましてや作品確認なども、僕が少しばかり伺っただけだ。だから、ジャズライブみたいになった。展示としてはまとまりや落ち着きを欠いているかもしれない。しかし、「女の空間」というバックボ-ンが全体を強く貫いていると思う。それに、異様な意欲を感じる。いい人たちに出品して貰ったと思っている。

 以下、今回①は3名を掲載します。


平間理沙の場合

 タイトルは「白濁の朝」。藤女子大学写真部3年生。



f0126829_0225323.jpg
   ↑:(全作品)




f0126829_027414.jpg





f0126829_0275370.jpg





f0126829_02849.jpg





f0126829_0281564.jpg




f0126829_0292477.jpg







f0126829_0294194.jpg




f0126829_0295588.jpg






 平間理沙は廃墟を撮りまくっている。
 一杯撮った、一杯出品した、一所懸命貼った!「何をしたいか~は、あまり突っ込まないで~、、、一所懸命写真しました」。

 とにかく写真が好きなんだ。気になる事を撮る!今はそれだけで充分だ。中途半端に小出ししないところが良い。今の姿勢を長く続ければ、心や腹の中の声が写真になって現れる。沢山作品を出せば出すほど、心の中に栄養が給っていくだろう。
 「廃墟」だから、「何か訴えることがあるのだろう」と、四角四面で作品を見ても期待はずれに終わるかもしれない。「写真をする女」を僕は楽しく眺めている。


 廃墟は写真家に好まれる。特に男性撮影者があれこれ撮りまくり、撮り尽くす勢いだ。そこに若き女性の新たな気付きがあるか?
 あるにはある。新居ムードのカーテン感覚で、光をやさしく取り入れている。
 直線や面による構成美を意識している。だから、作品の上下に余白を大胆に組み込んだりしている。ちょっと作為的で無用とも思えるが、いろいろ試みている。
 所狭しという展示空間が、やさしい光や構成美を生かしきれなかったともいえる。
 それ以上に、この「やさしい光の感覚」や「作為的構成美」が、メインの「廃墟美」や「廃墟に込める主張」に対して相乗効果を上げているかといえば、イマイチだ。そもそも「平間理沙にとっての廃墟とは何か」が弱かった。



杉下由理子の場合


 タイトルは「envy」。
 昨年、北海道教育大学岩見沢校 芸術課程 美術コース美術専攻実験芸術専攻(空間造形研究室)卒業。バリバリの社会人一年生。



f0126829_1583255.jpg






f0126829_15847100.jpg







f0126829_1592854.jpg


f0126829_1594555.jpg





 「envy」(エンヴィー)とは「ねたみ、嫉妬」。他者に対する「嫉妬」の言葉として「ジェラシー」がある。「ジェラシー」は単に成功者に対しての嫉妬だが、「エンヴィー」は自分が成功したくて果たせず、その成功を勝ち得た人に対しての嫉妬。ジェラシーよりも複雑で隠微な内面心理を有しているのだろう。

 だから、作品は自己を卑下しつつ、誰かに嫉妬している内面と外面の表情なんだ。
 タイトルは聞き慣れない横文字だ。その意味を解さずに鑑賞する人も多いかもしれない。

 作品は4層のセルロイド版で成り立っている。内側の一つの層の赤がとても鮮やかだ。「鮮血」と言いたくなった。この赤が嫉妬の塊だろうか。あるいは女心の感情を成り立たせている泉か。その感情のある部分は、他のセルロイド版の層に重なり、赤黒くなった。その結果立ち現れた「顔」。仮面みたいだ。もちろん、醜さを覆うもう一つの皮膚。

 手法も表現意図もシンプル。ただただ大きな顔を、悩ましき女の表情を食い入り覗き込むだけだ。「嫉妬」とはジクジクしているが、たじろがせずに面構えだけと向き会わせる。

 杉下由理子は直球一本立ちで勝負する。彼女の問題提起は悩ましいが、その表現スタイルはすがすがしい。作品の顔も、たとえ癌で浸食されているとしても、健康的な女性美を感じる。作家自身の旺盛な生命力がここにある。そこが眩しい。作品をいっそう美しくしている。




石澤美翔の場合

 タイトルは、「three wise monkeys ミザル イワザル キカザル、、、」
 いしざわ みか。北海学園大学Ⅱ部写真部3年。



f0126829_102521.jpg





f0126829_1042526.jpg




f0126829_1023173.jpg
]



f0126829_1024212.jpg





 セルフ・ポートレートだ。
 石澤美翔はセルフだけを発表する。脱ぎはしない。身につけることによって、私が私らしくなるから。飽くことなき自分への拘りは、強烈な自己愛、自己耽溺の塊かもしれない。花や服装やネールなどで自分を装飾し、「美しい自分」を演出している。できるだけ大きく、もっともっと華やかに、どこまでも果てしなくと、その姿勢はゆるがない。
 もしかしたら、「閉じこもり石澤美翔」の反転攻勢かもしれない。他人なき石澤ワールド、それでも他人あってのセルフ・ポートレートだ。

 自己愛の単なる追求としては、「イワズ、ミザル、キカザル」とは意味深だ。
 その辺りの機微を、説明書きにこう記している・。「いいじゃないか」宣言だ。

  「・・・・ 
   型無しでも、常識外れでもいいじゃないか。

   ・・・・
   私みたいに、好きに自由にいろいろやってみたっていいじゃないか。
   いろんな写真があってもいいじゃないか。
   だって、わたしたち、人間なんだもの!!!!!

    そんなちょっとした反骨心を大切に、一生懸命セルフポートレートやってます」



 まだ大学3年生だ。今後はどうなるかわからない。

by sakaidoori | 2016-05-16 15:18 | 群青(2016) | Comments(0)
2016年 01月 16日

2481)「藤女子大学3年展」 アイボリー 終了/12月8日(火)~12月13日(日)

藤女子大学3年展
  
    
 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
      中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
      (北西角地、北&西に入り口あり)
     電話(011)251-5130 

 会期:2015年12月8日(火)~12月13日(日)  
 休み:
 時間:11:00~19:00 
     (最終日は、~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(12.12)

f0126829_21521890.jpg






f0126829_21523628.jpg





f0126829_2153479.jpg





 モノクロで頑張る藤女子大学写真部の3年生展。


 総勢5名。5名で広い会場をしっかり埋めている。その意気込み、努力は喜ばしい。
 展覧会としての形はしっかりしている。次ぎに問われるのは中身だ。中身・・・残念だが見る人を喜ばせるにはまだまだだ。努力は認めるが、執念が、拘りが、薄く感じた。被写体を見つめる姿勢が弱く感じた。ここはもうひと頑張りして欲しい。

 撮影する学生が淡泊なのかもしれない。淡泊ならば「淡泊」な味が出ればいい。楽しい気分を出したいのならば、もっと楽しさがあってもいい。悩ましき青春心理、憧れの異性、不安な将来・・・負の材料も正の材料もふんだんにあると思う。おそらく、被写体への拘り、あるいは自分自身への問いかけが中途半端なのだろう。表現とはそこんところを見つめないと、なかなか見る人の共感を得られないだろう。

 それと、モノトーンの色調子が似通っている感じだ。いろんな白黒があると、もっと楽しめるだろう。




平間理沙 の場合


f0126829_2213155.jpg



 凄くエネルギッシュな平間理沙。やはりボンボンと勢い込んでいる。
 ではあるが、少し違う。勢いではなく、「見つめる」、そして「黒」への試みだ。人物群も登場して、表現の幅にもチャレンジしている。しかし、チャレンジとはいっても、どこかおっかなびっくり的だ。よっぽどいつもとは違うのだろう。
 作品的には物足りなさは否めない。肝心のパワーややっるかない精神という若さを脇に置いている感じだから。しかし、撮り手は何か期するところがあるのだろう。

 ちなみに、平間理沙は丸島企画「群青『女の空間展』2/4~2/9 アートスペース201」の参加者です。参観、よろしくお願いします。



f0126829_8593177.jpg




f0126829_8594347.jpg




f0126829_9134279.jpg



 廃墟らしき風景を撮ってはいるが、廃墟よりも、窓とか穴とか四角とか、被写体の構成要素に着目して何かしら象徴的に仕上げている。そこでの一方の主役は「黒」だ。だが、距離感が安定しすぎて余りに動きがなさ過ぎた。悠久の時の流れをかもしだしたいのだろう。が、ここでの「平間理沙らしさ」とは何だろう?モノクロ派にとっての「廃墟」は一つの必須かもしれない。必須なればこそ、その人らしさを見たいものだ。



f0126829_916667.jpg




 人物群だ。流れ風景で巷の一瞬の切り取りだ。人を撮ることは良いことだ。今回はそれに尽きる。
 余りに距離感が一定で、余りに覗き見的で、余りにおっかなびっくり的だ。この距離感が撮り手の安全距離なのだろう。この距離からどれだけ離れるか、どれだけ近づくか!人そのものを「見る」ことができるか!




小酒井彩香 の場合


f0126829_9292525.jpg




 いくつかのシリーズ。全体に突っ込みが足りない。ある種の距離感で撮り手自身が満足している感じだ。
 折角だから一つの拘りで、シリーズで突き進めばよかったのに。これでもか、これでもか、という女性的粘着力をはっきすればいいのに。




f0126829_9301094.jpg




 タバコの白い線が良い感じで目に焼き付く。撮り手は細長いものが好きなようだ。タバコと喫煙を小道具にしての物語。二十歳前後の女性が二十歳前後の男性を見る目、これだけではないと思うのだが・・・そこんところが知りたい、見たい、味わいたい。



f0126829_939428.jpg
   ↑:「旧未来都市」



 工場群を三分割にしての展示。普通はひっつけて横拡がりにするのだが、あえて話したところが見せ所か。離すのはいいが、3枚ではもの足りなかった。もっともっと左右に拡げればいいのに。そうすればこの街の迫力というか、なれの果てというか、存在が際立っただろう。
 思うに、撮り手は街の煙突への関心が強かったのではないか。極端な話、煙突だけあれば事たれりかもしれない。ならば、もっともっと煙突に拘ればと思った。




岩代亜子 の場合




f0126829_952547.jpg
   ↑:「光」




f0126829_954397.jpg
   ↑:「凜」




f0126829_9544885.jpg
   ↑:「純」




 素直な人だと思う。「愛」や「幸せ」を撮りたいのだろう。「明暗」、「裏表」、「善悪」、「天国と地獄」という二律背反的思考からは遠い。作品はテーマの中の裏面性を感じると深みが生まれると思っている。岩代亜子の場合はそういう深みを気にしてはいけない。もっともっと素直にストレートに「愛」を「二十歳のけなげな想い」を強く見せればいいのに。




中村おとわ の場合


f0126829_1091345.jpg




 ここは「愛」と「結ばれ」の世界だ。ロマテック、ファンタスティック、というよりも恋愛小説を書くためのモデルケースのよう。それに、「愛」がテーマなのだが色気がない。そこが楽しいところだ。



f0126829_1014486.jpg





f0126829_10143946.jpg
f0126829_10145491.jpg





 「彼氏に追いすがる女学生」ではあるが、この色気の無さは素晴らしい。「あんた、何してんの!チョット待って、待ってって言ってるでしょう!もうバカ!一緒にたこ焼きを食べようよ!」そんな楽しい会話が聞こえそうだ。
 演技者は真剣だろうが、まるでパン食い競争の走者のよう。





名畑響 の場合



f0126829_10242893.jpg




 けっこうガッツに取り組んでいる。もしかしたら今展の中で一番強いかもしれない。強いのだが、作品としてのパワーとなると考えてしまう。どこか遠巻きに感じる。何だろう?

 結局、「名畑響にとっての被写体とは何なのか」だ。モノトーン特有の強さや格好良さはそれなりにあるのだが、「何故撮るのか?」がこちらに伝わって来ない。おそらく、「撮る」ことが好きなのだろう。ならばもっともっと、「撮る」という行為を前面に出したらいい。おそらく、この強さを持って行く場がないのだろう。極端な話何でもいいのかもしれない。それならテーマに拘らずにバシバシ気になるシーンを撮って、変にコンセプトなどにこだわらずに表現したらいいと思う。「鑑賞者は自分・名畑響だけ」の時間を持ったらいいと思う。

by sakaidoori | 2016-01-16 11:21 | 北専・アイボリー | Comments(0)