栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:工藤エリコ ( 4 ) タグの人気記事


2017年 01月 29日

2561)②「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.28)


f0126829_07170404.jpg



f0126829_07174249.jpg
 小雪ちらほら・・・良い感じ、そんな昨日の朝模様です。

 丸島均は日々の繰り返し、会社への出勤のために・・・ではなくて、札幌から文化を発信するために・・・ではなくて、展覧会企画者としてのお勤めを果たすために会場への朝がよいです。


 工藤エリコはこの日も頑張っていた。日々、黙々とはさみとカッターを酷使して、まるで切り裂き女将の形相で壁と闘っていた。


f0126829_07260011.jpg


f0126829_07285084.jpg


f0126829_07330098.jpg

 工藤エリコの造形は、裸の女を中心にして切り絵が発展していく。だからどうしても、その裸婦を見ざるをえない。
 裸婦だから、どうしてもエロスと言うことを考えざるをえない。そこで、久藤切り絵裸婦にエロスや官能美が蓄えられていて、「う~ん、感じる感じる男と女の絡み合い」になれば問題は無い。しかし、久藤切り絵にエロスやセクシャルを感じたことがない。安定した様式美以上のものではない。だから「エロスを感じない」と、僕は言う。
 言われた方は面白くない。だから、僕はより突っ込んで、「女が表現した絵画に、僕はエロスをほとんど感じない。それで分かったことがある。そもそも、女性はエロスを求めて、あるいはエロスを無意識にでも発散しながら美術行為をしていないということを。だから、エロスというものが『美術結果(作品)』に反映されないということを。それでは何が表現を支えているか?『美しさ』なんだ。
 それでは男はどうか?男はいつもいつも女のことが頭に占めている。だから、何を描いてもエロス的なものが作品ににじみ出いていないと、作品としては失格なんだ」そんなことを久藤エリコ女史に語った。

 その真偽やいかに?
 それはともかくとして、工藤エリコの切り絵魅力を語らねばならない。そうしないと、「エロスがないから面白くない作品」と、言ったも同じだから。
 そのうちに語ろう。今は会場の風景なり作品を時間まで載せます。


f0126829_08321792.jpg


 とんがりコーン、ではなくて、ロード・コ-ンに拘る北一樹

 今回の作品群、していることはいつもと同じなんだが、何だか優しくなった感じ。
 どうしてそう見えるんだろう?一面の壁を横拡がりで表現したからかな?写真に白味が多いからかな?会場中央にも「イス」という作品があるからかな?
 何だか分かりませんが、優しい感じのするロード・こーんでした。


f0126829_08330146.jpg


f0126829_08425308.jpg


 酒井彩の着色木彫り。
 色が可愛い、形が可愛い・・・というか、蕾のような生命力です。若さの瑞々しさがなんともいえないです。

 古いタイプの彫刻愛好者だったら、「着色はいらない!木の魅力を、彫りの味わいを見せるべきだ!」と言うにつがいない。それはそのとおりだ。しかし、酒井彩はそんなことには構いはしない。手のひらに納まるように、慈しんで愛でるようにして色添えていく。

 そんなことよりも、この作品は見ようによってはかなりスケベな作品だ。「子宮」なり「下腹部」なり「性器」なりの影がうろついている。それは、作品そのものが「種」だからだろう。性的対象の「メス」ではなくて、最後は母体に繋がる社会的「母性」が作品に埋め込まれているのだろう。女が作る「女」はどこまでも美しくさわやかだ。



f0126829_08571018.jpg
   ↑:阿部雄、「ほんのすこし、歩みをとめて」。



f0126829_08582974.jpg

 阿部雄はバカでかい写真の持参だ。1.2m×1mだ。

 無名の写真家が大作を4点も披露している!丸島均が、「大きいのを沢山だそうよ」といつもいつも叫んでいる。だから、こういう作品が生まれた!
 阿部雄は万感の思いでこの大作を見つめているだろう。
 人は言うかもしれない。成功したや否や?この大きさは作品に似合っているか?そもそもこんな大作が必要なの?
 そんな言葉に耳を傾ける必要はないだろう!撮影者が大きな作品を出さざるを得ない心情を理解できないのだ。人間の止むに止めない情動、ギャラリー空間とはそういうエネルギーの交錯する場だ。作品という結果は厳粛な事実ではある。だが、その事実という静的な中に若者の直向きな愚かさを見て欲しい。



f0126829_09125614.jpg


f0126829_09142987.jpg
   ↑:
山本和来(わこ)。12ヶ月の猫シリーズから。



by sakaidoori | 2017-01-29 09:16 | アートスペース201 | Comments(0)
2012年 05月 15日

1751) 「女が表現する女展」 たぴお 5月14日(月)~5月19日(土)


○ 女が表現する女展       

   
 会場:ギャラリーたぴお
      中央区北2条西2丁目・道特会館1F
      (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
      電話・林(090)7050-3753

 会期:2012年5月14日(月)~5月19日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~17:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~ 

 【参加作家】
 北村穂菜美 工藤エリコ 坪内あい 名畑美由紀 田中季里 糸原ムギ (林教司・賛助出品)  
      
ーーーーーーーーーーーー(5.14)

f0126829_20123828.jpg


f0126829_2014692.jpg


f0126829_2014295.jpg


f0126829_2015378.jpg



 この日はオープン初日、ということでパーティー真っ盛り。僕も若干後れて参加した。ホナミちゃんこと北村保奈美さんの絵と本人を久しぶりに直に見たいと思った。働くことと作画との時間や気分のやりくり、どういうふうに上手くやっているんだろう、そんな話をしたかった。

 全体の雰囲気は少しおとなしかった。数だけでも暴れればと思ったが、その辺は参加作家自身が全体の雰囲気が読めていないのだろう。一杯持ってきて、飾れない分はお持ち帰りすればいい。隙あらば何が何でも大きく見せる、そんなテンションを僕はいつも期待している。


 以下、個人作品を載せていきます。入り口から時計の反対回りに行きます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_20244654.jpg


f0126829_20253594.jpg



     ↑:工藤エリコ

 切り絵を壁から5㎝ほど離して展示。作品の白黒と、壁に写る白黒が重なって、ウエーブラインがなかなか良い。
 当日、僕は彼女に大いに自分の思うところを語った。
 「工藤さん、顔がなければもっと好きだ。工藤さんの作る『顔』はかわいくまとまって、パターン化しちゃって、ゾクゾクしないのよ。顔の横顔ライン、ヒップライン、太腿ライン、そんな工藤ラインをもっともっと積極的に全面に出して、画面を覆うぐらいにしたらいいのに。だって、絵はもっともっとはしゃぎたい、はみ出したいと言っているのに、生みの親がこの辺でまとめようかなって言っている。工藤さん、もっともっと心を開きたいと思わんのですか?もう技術はあるのだから、その技術の突き進むままにやらしたらいいのに、壁一杯に工藤切りくずを這い廻したら!天井に、ダクトにからませようよ!」
 彼女が何と返事をしたか、全て忘れた。自分の言ったことを記録に残しておこう。




f0126829_20432277.jpg
     ↑:田中季里


f0126829_20442020.jpg



 田中季里、北海道教育大学美術過程で版画を学び今春修了。現在は院1年生。

 作品は在学中のデッサンだ。
 最近の彼女は実に宜しい。何が良いかというと、自分を大きく見せようとすることだ。技術や表現力、そういうものは続ければ必ず身に付くと思っている。自分にとって必要だが足りないもの、欠けたもの、そういう部分をどう見つめ関わるかという自覚の問題の方が大切だ。彼女は表現したい世界を既に持っている。もちろん霧夢中なのだが、出てくる世界、そのまとめ方はしっかりしている。
 そのまとめすぎを補うかのようにして、今展では沢山持ってきた。実に良いことだ。

 ところで、横になった裸婦デッサンだ。
 この作品は授業の一環であって、他人に見せることを前提にしての作画ではない。なのに、顔の部分はあえて詳しく描き込んではいない。格好良く処理している。
 絵としては面白い。が、研鑽の場としては実に宜しくない。なぜなら、描き込んでないからだ。光を表現したいのならば、余白処理ではなく、黒による光表現にならなければ初期研鑽の意味がない。実は、この辺が田中季里の特徴だ。上手くまとめるのだ。顔の描き込み技術の未熟さからか、描かない美しさを選んだのだろう。自分を知ったセンスの良さだ。

 今はたぴおが研鑽の場だ。そこは学校ではない。高次のセンスを学ぶ場だ。やり過ぎで学ぶ場である。
 大いに田中季里に期待しよう。



f0126829_2141185.jpg
          ↑:賛助出品・林教司、「私に向かう波」。



f0126829_2172614.jpg
     ↑:北村穂菜美


 「夢気分、色気分のホナミちゃん」、こと北村穂菜美。
 なぜだか黒に拘っているみたいだ。何で?哀しくてもブルーの横顔ではなく、七色の涙の顔を描く人だと思っている。
 残念ながら色も夢も100%開花ではではないが、久しぶりに見れたことで満足しよう。



f0126829_21201178.jpg
     ↑:坪内あい、「私のナカ」。

 ちょっとシュールで不気味な感じ。焦点を定めないで、どこを切り取っても均一で、そフラットな感覚が不気味さを殺してもいる。「私の体の中、不気味でありたい、綺麗でありたい、どっちかな?私の心の中もどっちかな?」



f0126829_21261516.jpg
          ↑:糸原ムギ、「モナ・リザ」。

 「違和感の人・糸原ムギ」のやっぱり不思議なモナリザだ。さきほどの坪内あいは構成としてのシュールさだったが、こちらは絵そのものにシュールが漂っている。白が糸原ムギを特徴づけている、白が不可思議さを醸し出している。


f0126829_21315057.jpg
     ↑:名畑美由紀


 名畑美由紀には「とんでもビックリ」という引き出しがあり、「とんでもズッコケ」とい引き出しがあり、今回は「とんでもフツウ」という引き出しだった。それも彼女らしい。

by sakaidoori | 2012-05-15 22:02 |    (たぴお) | Comments(2)
2011年 05月 28日

1573) 「女が表現する 女・4人展・」 たぴお 5月23日(月)~5月26日(土)

f0142432_11164561.jpg

○ 女が表現する 4人展     

   
 会場:ギャラリーたぴお
      中央区北2条西2丁目・道特会館1F
      (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
     電話・林(090)7050-3753

 会期:2011年5月23日(月)~5月26日(土)
 休み:日曜日(定
 時間:11:00~19:00

 【参加作家】
 北村穂菜美 工藤エリコ 坪内あい 名畑美由紀

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日18:00~    

ーーーーーーーーーーーー(5.27)

f0126829_18554328.jpg



f0126829_18562688.jpg



 4人だけの参加だから、スキッパーを危惧していたが、そうではなかった。テーブルなどの設置工夫もあるのだが、それぞれの作品が女性らしい爽やかな発散型だったからだと思う。画風が異なっていたのも幸いした。決して沢山の出品ではないのだが、間合いはゆとりになっていた。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_1982533.jpg
          ↑:工藤エリコ (切り絵)。


f0126829_1991219.jpg



f0126829_1994331.jpg


f0126829_19101399.jpg
f0126829_19102537.jpg




 今展の主人公は工藤エリコの切り絵だろう。切り取った作品を額装に入れることなく、壁にピンで浮かせての展示だ。微妙に影が写り、目を楽しませてくれる。
 作家に伺ったところ、こういう構想での予定ではなかったと言う。壁面の空き具合で、急遽決めたそうだ。大きな額装作品も予備での搬入だった。会期中、乙女を取り巻く装飾模様は随分増えたとのことだ。なるほど、発展・増殖する展示で実に素晴らしい。実際、良い展示になったと思う。

 しかし、ここは写真の姿を最終展示風景として、チェックしたい。
 シンメトリーを基本的に好む作家のようだ。そのことは作家の気質だから構わない。構うのは、作風の与える流動感覚が、今回のシンメトリー展示では充分に生かされていないようだ。流動性と、シンメトリーの与える重厚性、かつ今回の方法の増殖性、これら三者がからみ合って、壁面全体に雄大なドラマが生まれたらと、勝手に夢想した。いずれにせよ、作者自体のエネルギーをこの壁に打ち込まねばならないだろう。今回は期せずして、その可能性を垣間見てしまった。ここで止めるか、突き進むか?雄渾なるドラマを持ち得るかいなか、それを具体的にするエネルギーがあるかだ。期待しよう。


f0126829_19322678.jpg
     ↑:名畑美由紀

f0126829_21163810.jpg
f0126829_21164967.jpg


f0126829_21172415.jpg



 今回も名畑美由紀は面白く見せてくれた。
 僕は名畑美由紀のファンだ。
 中間色や線による抽象画は爽やかでリズミカルだ。若さ自由さが良い。
 それは作品の質のことだが、それ意外に特筆すべき魅了がある。どうでも良さそうな出来映えの作品を、無造作にスポーンと発表として見せるのだ。その無防備というか、無神経というか、無手勝流というか、ざっくばらんな精神がすこぶる宜しい。それは主婦のもったいない精神のようで、「作ったんだもの、見せちゃおう」という感じだ。「良い悪いなんて、どうでもいいわよ見て見て、見たくなければ見なくともいいわ」という態度だ。僕は発表者としての、その精神を高く評価している。見せる人はかくあるべしと思っている。

 今展もそういう要素が強い。だから決して上手い作品ではない。それでも見せたい理由が今作にはありそうだ。しばらく、当館に彼女は出品していなかった。だから、心機一転、再出発という思いからだ。それには「女展」とはうってつけだ。「画き慣れない女を画こう、自分も画いてみよう」ということだろう。名畑美由紀の潔い態度を大いに楽しむことができた。


f0126829_2120393.jpg
          ↑:坪内あい

 「夢見る乙女、襲いかかる目ン玉」だ。
 「目ン玉」は意外に怖くない。女性の夢見心地の水玉心が何故に目ン玉になったか?絵だからだ。夢が増殖して、目ン玉として自動運動を起こしそう。何より黄色が迫力満点だ。黄色の中に星の王子様がいるのかもしれない。水底に眠る美女と、黄色で泡立つ王子様、目ン玉は娘を安全にどこまでもどこまでも誘うのだろう。
 坪内あいのシュールな愛と冒険物語が始まりそう。ところが、彼女自身は「普通の風景を描く人です」、と自分のことを語っていた。新道展に出品しますとも。
 何はともあれ、円の好きな人だ。


f0126829_21522977.jpg
          ↑:北村穂菜美


f0126829_2152463.jpg


f0126829_2153167.jpg



 よくコンパクトにしっかりと色と線描を入れ込んだものだ。絡ませたものだ。色合いと言い、空間の埋め方といい、このバランス感覚は素晴らしい。
 「女の子の垣間見る人間社会の不安や覚束無さ」を表現している。その女の子達を「ほなみチャン」と言いたくなる。不安を描きたいから、大きな絵にしたいのだろう。一杯描かないと、より一層不安になりそうだから。そう思わせる北村穂菜美の追跡力だ。画面一杯に揺るぎがない。確かに漫画ティックだが、見る目を引き込ませる力がある。なめるような丸い線描を得意とする人でもある。この辺にも彼女の魅力がありそうだ。

by sakaidoori | 2011-05-28 22:37 |    (たぴお) | Comments(0)
2010年 03月 03日

1215) たぴお 「切り絵2人展  古田千亜紀 と 工藤エリコ」 3月1日(月)~3月6日(土)

○ 切り絵2人展
    古田千亜紀工藤エリコ


 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通りの西側の郵便局のあるビル。)
    電話・林(090)7050-3753

 会期:2010年3月1日(月)~3月6日(土)
 休み:日曜日
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーー(3・2)

f0126829_16264685.jpg

f0126829_1542645.jpg

f0126829_1552487.jpg


 切り絵2人展ですが、工藤エリコさんを中心に書きます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 今回の工藤エリコは面白い。
 彼女の画題はアイヌ木彫り調で、花柄模様と重なりどこか民芸品的なところがある。装飾が激しく増殖するのかなと思ったりする時もあるが、画家の性格なのか切り絵の規制力なのか、綺麗に枠に収めがちだ。安全な世界での切り絵の美・・・。
 基本的には今回の作品もその延長上だと思うが、見せ方とわずかな画題の変化は、いままでにない空間を作った。それは画家の自己規制力をこじ開けるキッカケになるかもしれない。
 楽しんだことを箇条書きに書いておきます。

 ・3点の楽しみの一つめ。

f0126829_15292036.jpg


f0126829_15301682.jpgf0126829_1531773.jpg
f0126829_15314145.jpg


 三作の小品。
 小さい世界に細かく切り込んでの作品。僕は細やかな世界での増殖、あるいは装飾過多が好きなので、こういう作品があると直ぐに飛びつく。細かいから大変ではないかと作家に尋ねた。作業自体は全然難しくないという。ただただ切っていけばいいのだからと。紙質によっては細かく切れなくて、こういう作品の大きさには限界があるそうだ。
 それでは何が難しいかと尋ねたところ、切る部分と切らない部分(白と黒)のバランスとのことだ。いわゆる絵画造形・ボリュームの世界だ。

 僕は切り絵の問題の一つに、「線」の問題があると思う。線(ライン)自体のオリジナルで、「流れるような線」とか、「角張った力強い線」という、線の持つ自己主張だ。それと、特に形態の外と内の輪郭をどう表現するかに関心を持って見ている。
 切り絵はデジタル的で全か無かだ。線が命だが濃淡がない。濃淡のない線なのに、作品としてどういう濃淡を作るか?その表現方法の一つに輪郭部分でのせめぎ合いに着目している。

 上の小品、外皮の輪郭部分は装飾過剰だ。いわゆる「嘘」の世界だ。内部の生命力、妖艶力を外に発散している。それをビシッと黒が包む。


 ・3つの楽しみの二つめ。

f0126829_16135713.jpg
f0126829_16144247.jpg


 ひょうんなことから作品を宙づりにしたもの。影ができて立体的だ。切り絵のデジタルさがアナログに変化した。何を描いているかどはどうでもよくて、「光と闇」、「裏と表」、「白と黒からぼやけた世界」へと心がいく。
 全体で「夕闇、森の中での男女の戯れ」になるのか。画題は定番だが、その定番さが普通に影を楽しむ効果になっている。

 今作は「影」を意識した作品ではない。この効果に作家は驚いたことだろう。「空中に吊す」、いまでは当たり前の表現方法の一つではあるが、やはり「コロンブスの卵」だ。
 次は、いろんな展示を前提にした作品を手がけるわけだ。そのことが、大胆に画風を変えるかもしれない。失敗するかもしれない。その失敗を見たいものだ。


 ・3点の楽しみの三つめ。

f0126829_16355980.jpg
f0126829_179892.jpg


 両者とも円いおしりの部分がなんとも可愛い。お尻はただのラインで、装飾不能だ。他の部分の意欲に反して、ポロッと切り絵の切り口がにでてしまった。


◎ 古田千亜紀の場合。簡単に写真だけ載せます。

f0126829_1644445.jpg


 ハンモッグ風の吊り物に切れ目を入れて鱗模様になっている。この立体作品に、訪問者が作った折り紙作品を貼り合わせていくわけだ。いわゆる、鑑賞者参加型作品。

 工藤エリコが「絵」にこだわるのとは違い、古田千亜紀は一気に遊び心から入る。この大胆さが若さだろう。


f0126829_1653633.jpg
f0126829_1654995.jpg


 小品。「何かを描く」というよりも、イメージなりムードを表現したい作家のようだ。


 全然違う二人の切り絵、今週の土曜日まで。

by sakaidoori | 2010-03-03 17:09 |    (たぴお) | Comments(0)