栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:大谷高校 ( 5 ) タグの人気記事


2012年 12月 16日

1917)②「札幌大谷高校美術科 第24回卒業制作展 他」 時計台 終了12月10日(月)~12月15日(土)

  
札幌大谷高校美術科 第24回卒業制作展

         ✖

札幌大谷中学美術コース・高校美術科 第3回infinity展
  
        

 会場:時計台ギャラリー2階3階(全館) 
      中央区北1西3 
       札幌時計台文化会館
      (中通り南向き)
     電話(011)241-1831

 会期:2012年12月10日(月)~12月15日(土)
 時間: 10:00~18:00 
      (最終日は~17:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(12.14)

 (1916番①、A室の個別作品の続き。)


f0126829_23573547.jpg
          ↑:高3・久村芽生、「象<家族>」・水彩 B1。


 家族の一体感を表現しているのだが、象という具体的形だけに頼らないで、色で主張している。ひとつの色合いだけで、絡みつくような世界を表現しているのに感心した。どこか肉感的にむっくらとしていて、しかもピンク系でだ。



f0126829_0102798.jpg
          ↑:高3・磯崎瑞恵、「夜半」・アクリル F50。


 身の回りの世界を見つめているのでしょう。学生自身は、「周りの環境の情報量に圧倒させされた」と言い、そんな気分の表現と語っている。でも、絵の世界はブルーによる統一感ある世界だ。この統一感が気に入った。
 絵画は一点に収縮するような遠近法で描かれ、その集約点を画家自身は微動だにせず見つめている。「世界は世界、私は私」という安定した力強さを感じた。 



f0126829_0234175.jpg    
f0126829_024182.jpg
     ↑:左側、高3・磯あかね、「喫茶Rapportのポスター」・デザイン B1。
     ↑:右側、高3・菊池眞子、「FASHIONABLE MAP」・デザイン B1。


 左側の喫茶店のポスターは、文字はしっかりしていて、ポスターの使命は果たしている。惜しいのは、ちょっと古めかしいファッション・デザインを多用しているのだが、もっと大胆に絵で遊んで楽しめばと思った。
 対する、右側のファション・マップ。マップの実用性は軽いが、四角い形を楽しく描いているのがよく伝わる。
 デザインの遊び心と実用性を見る好一対だった。



f0126829_0401137.jpg
          ↑:高3・柳瀬可奈子、「samey-R」・油彩 F50。


 ちょっと不思議な絵。人物は大事な人なのか、そうでないのか?心臓は正しくリズムを打っているのか、壊れそうなのか?人物だけなら静かで安定した世界といえるかもしれないが、そこに血の流れのような、細胞の息吹のような網目模様が這い回ると、学生はどこに行こうとしているのか?と、ふと考えてしまった。そういうこれから動こう、決意しようという直前の身構えか?



f0126829_0465556.jpg
          ↑:高3・重光美希、「誰そ彼」・油彩 F50。


 黄昏時に、「不自由な私、全員集合、そして直進行進」だ。確かにブルーな私は自己嫌悪や不安不満が一杯なのだが、絵の中の学生自身は悩みがあっても胸を張って歩むんだ、という決意行進みたいだ。暗さを含めて高校生らしい。




 漫画的なハチャメチャな作品が一番好きなのだが、残念だがそういう作品は少ない。かわりに、正攻法表現の中で、一所懸命に若者心を伝える作品が目立つ。しかも女子学生が大半だから、一途さ優しさはひとしおだ。直向きに生真面目に美術制作に励んでいるからだろう。そのことは年齢に関係なく絵書きの基本ではあるが。しかし、この時期の作風は日毎に一変していくものであるから、意外なことに、このまま真っ直ぐに絵が成長することはない。まさに、人生で今だけの表現かもしれない。そして、「今、良い絵、悪い絵とか、上手い絵、下手な絵」とかは、僕たちは言葉にはするが全く意味も重みもない。願いは、長く長く美術を発信する人になって欲しい、そのことを君たちに伝えたい、それだけだ。



 もっともっと今展を紹介したい。いつになるか分からないですが、③に続く

by sakaidoori | 2012-12-16 10:14 |    (時計台) | Comments(3)
2011年 05月 26日

1569)「札幌大谷中学校美術コース+札幌大谷高校美術科 infinity展」市民g. 終了2月23日(水)~2月27日(日)

   
○ 札幌大谷中学校美術コース札幌大谷高等学校美術科 

f0126829_18165616.jpg     infinity展 ※+※=∞
  


 会場:札幌市民ギャラリー
      2F第4展示場+展示ホール1・2 
      中央区南2条東6丁目
      (北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2011年2月23日(水)~2月27日(日)
 時間: 10:00~17:00 
      (最終日は~15:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2.25)

 もう3ヶ月も前の中高学生美術展(札幌大谷)です。
 折角当番の先生にブログ掲載許可を頂いたのに、そのままになってしまいました。
 会場風景を中心にして、何点か気になった作品を紹介します。

f0126829_18224223.jpg


f0126829_1825523.jpg



f0126829_18271537.jpg
          ↑:2年 齋藤みなみ、「隠れた明るい見通し」。

 「少女ではなくなります。ていねいに深く・・・」、可愛い大胆さです。
 「齋藤みなみ」、アルテピアッツァ美唄で昨年個展をされた学生だと思う。その時のDMが気になっていた。名前を見つけたので、写真にパチリです。DM作品はシンプルで大らか感じだったが、それとは随分と違うものだ。紫の使い方に少しビックリ。顔も仕草も漫画的だが、さて、どんな風に成長するのだろう。記録に留めておきます。


 以下、今回はコメントを省略します。好みの作品をアップしました。全体風景は、クリックすれば大きくなるので、おおよその作風を想像して下さい。女生徒のカラフルな七色の心模様です。
 展覧会時の学年です。今は一学年進級しています。


f0126829_18391681.jpg
          ↑:左側 高1・須長未紅里、「カンパネルラ」。
            右側 高1・宮崎文香、「こころ」。 




f0126829_18461721.jpg



f0126829_18485484.jpg
          ↑:左側 高1・中島邑果、「僕の頭の中にイル彼女」。
            右側 高1・白川句留実、「壊朽」。


f0126829_18505835.jpg
          ↑:左側 高2・鈴木美夏、「聞こえる?」。
        右側  高2・山地結花、「親愛なる私の目」。


f0126829_18531942.jpg
          ↑:左側 高2・福本蒔希、「稲荷神社」。
        右側  高2・今野なずな、「記憶」。


f0126829_20252334.jpg
f0126829_20253663.jpg
          ↑:左側 高1・坂本沙耶香、「風船の飛ぶ村」。
            右側 高1・古田和代、「模索中」。


f0126829_20311479.jpg
          ↑:高2・佐藤心、「観察者」。


f0126829_20313233.jpg




・  次は中学生です。


f0126829_2035721.jpg


f0126829_20352811.jpg
          ↑:中学生・藤井絢子、「ちびりんごが集まってでかりんご」。



  

by sakaidoori | 2011-05-26 20:59 | 市民ギャラリー | Comments(0)
2011年 05月 08日

1539)「札幌大谷高等学校美術科 第22回卒業制作展」 セントラル 終了2月1日(火)~2月6日(日)

  

○ 札幌大谷高等学校美術科 

     第22回卒業制作展
     


 会場:大丸藤井セントラル・7Fスカイホール
     電話(011)231-1131
     中央区南1条西3丁目
      (東西に走る道路の南側)

 会期:2011年2月1日(火)~2月6日(日)
 時間:10::00~18:00
     (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(2.6)

 三ヶ月前の大谷高校の展覧会です。遅くなりましたが、記録になるので載せます。


f0126829_9381483.jpg


f0126829_9382590.jpg



 今年は立体作品が楽しかった。ので、それらから載せます。


f0126829_9401546.jpg
          ↑:?。(すいません、記録ミス。学生名など、ご存じの方が居られれば教えて下さい。)


f0126829_9421637.jpg
f0126829_9422787.jpg


 吊す、ぶらり、ゆらり・・・、ただそれだけですが何か良い感じ。個展でのぶら下げも良いでしょうが、廻りに仲間の作品を従えての空中回遊は格別でしょう。


f0126829_9475587.jpg
          ↑:増田芙美、「カンブリア」。


f0126829_9491442.jpg
f0126829_9493011.jpg



 丸み丸みで生命を表現したいのでしょう。色も形もタイトルも、そう語っています。可愛くあり、若さあり、ツヤあり、学生の思いが愛おしくなります。



f0126829_95393.jpg
          ↑:花本彩乃、「おかしな東本願寺」。

 可笑しなお菓子なおヒガシ様です。「お寺もお菓子も大好き、夢と宝物と信仰心(?)が詰まっています」とのことです。お寺をお菓子で埋めるなんて、親鸞さんは普通の人の欲望が大好き、だから喜んでおられるでしょう。



f0126829_10111246.jpg ←:関谷真衣、「Happy Birthday!」。


 「鏡を見ると、少し成長した自分が見えるといいな」
 いじらしい言葉です。全然知らない学生ですが、きっと成長したでしょう。






f0126829_10155642.jpg
          ↑:寺内瑞穂、「スイマー」。

 空を飛ぶ魚さんがいれば、泳ぎ湧き出る犬君もいます。
 「寺内家の長男のチェリーさん、今年で11歳です。本当は泳げません」
 美術は夢のない人に、泳げない犬に自由を与えるもの、泳いでいるではありませんか。



 次は絵画です。
 以下の風景は、会場入り口から時計回りです。
 何点か個別作品を載せます。


f0126829_1027459.jpg


f0126829_1028158.jpg


f0126829_10285420.jpg




f0126829_1035099.jpg
          ↑:脇ともの、「三年間の軌跡」。

 記念になる風景の写真や、親しんだ文房具などがコラージュされている。
 角張った図柄は硬い印象を受けますが、門出の緊張感にもなり清々しい。そして爽やかな七色だ。本格絵画に向かう学生でしょうか。



f0126829_10364651.jpg

 ←:加藤翠、「みどり」。


 自画像でしょう。明日を向かず、今を見つめている「加藤翠」。その緑からでしょうか、ほのかに見える妖しさが、年頃のドロ-イング気分とミスマッチのように絡んでいる。それはたまたまなのか、学生の気質なのか?本展では数少ない強い作品。












f0126829_1173541.jpg
          ↑:白川すもも、「ゴーストタウンマップ」。

 卒業は夢や希望ばかりではないでしょう、明日への漠たる不安、自分を取り巻く世界の不定感、自分に対する所在感のなさ、そんな気分やいろんな気分を組みで表現しているように思える。
 ブルー、卒業とはまさに青い春なのでしょう。緑の夏、赤い秋、白い冬・・・明日が楽しく充実したものかどうか、本当はわからい。



f0126829_11174496.jpg

f0126829_11184171.jpg



          ↑:左側 山田萌果、「きのう と あした とそして きょう」。
            右側 藤田紗希、「これからも どうぞよろしく、ね」。



f0126829_11243579.jpg


f0126829_1125749.jpg



 ←:吉川里佳子






f0126829_1129573.jpg
 


f0126829_11303314.jpg


    

by sakaidoori | 2011-05-08 11:31 | 大丸藤井スカイホール | Comments(0)
2010年 02月 17日

1201) 大丸藤井セントラル 「札幌大谷高校美術科 第21回卒業制作展」 終了・2月1日(火)~2月7日(日)

○ 札幌大谷高校美術科 第21回卒業制作展

 会場:大丸藤井セントラル 7Fスカイホール
    電話(011)231-1131
    中央区南1条西3丁目
     (東西に走る道路の南側)

 会期:2010年2月1日(火)~2月7日(日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は17:00まで)

ーーーーーーーーーーー(2・4)

 おおむね、高校生展は終了しました。多くは会期中に載せれませんでした。おいおい載せていきます。「大谷高校」、「北海高校」、「旭丘高校」、「道展 U21」などです。

 今回は「大谷高校」です。

f0126829_14584527.jpg

f0126829_1535062.jpg

f0126829_1543223.jpg


 絵画部門、立体部門、デザイン部門の3部構成です。毎回同じ展示方法です。入り口側の壁面に絵画作品。残りの壁面にはデザインというか、非絵画作品の展示。中央の空間に立体作品です。いつものように、絵画と立体作品のみの紹介であり、文章です。

 絵画は個性バッチリで充実しています。
 フワーッとした作品も多くあり、それらは瞬間的にはインパクトは少ない。不思議な感じで見ていると、「何を画きたいか」が明快で、「フムフム」と見続けてしまって、なかなか楽しい時間でした。

 立体作品、個々はおもしろいのですが、全体の印象はどことなくコンパクトな感じ。「小さな幸せ、小さな表現、だってオンナノコダモン」そんなつぶやきが聞こえそうです。男子学生不在だからでしょか、もう少しオテンバ娘振りを発揮してもらいたいところです。
 原因の一つに、作品の大きさ制限が足かせになっているのではと思いました。全員がバカでかい作品では関係者も困るでしょう。その辺はケースバイケースで対応して、より大きな作品にチャレンジする学生がいてもいいのでは。

 それでは、個別作品を何点か紹介します。
 まずは絵画で、インパクトの強い三羽ガラスから。

f0126829_153043.jpg
f0126829_15302611.jpg
     ↑:左側 ①岳田ななつ、「quill」。
     ↑:右側  ②渡辺ちはる、「ロマンチック」。

f0126829_15325920.jpg
     ↑:③小島小夜、「ゆりかご」。

 どうですか、このギラギラ振り!それぞれの視点はかなり違いますが、主張が明確・明快・爽快。しかも、単に元気良いばかりでなく、「絵」というものをかなり操り、「絵」に対して自由なのが良い。

 ①の羽根の絵が特に気になるります。「自分の好きなもの、画きたいものを詰め込みました」と学生は語っています。
 その詰め込まれた物がマジシャンの不思議袋の中で顔を出しているみたい。一見すると何なのかは判りにくい。一つ一つの部分を、元気よくたくましく描き上げ、それぞれに好みの順番をつけない。その平等精神が、かえって何を画いてるかを判りにくくして、絵の魅力を増している。

 ②の人物画も目を惹く。人物を白い点線で囲っているのが注目だ。この部分が強く目に飛び込んで、個別の物の強さを減らす効果になり、全体で3D的な立体画になっている、「渡辺ちはる風・遠近法」だ。
 「目」が飛び込んでくる、女の子の「顔」が迫ってくる、「帽子」の中の生き物たちも負けずに追っかけてくる。「赤いリボン」が凛々しく眩しい。背景の色の縦縞もセールス・ポイントです。

 ③の「手」、ただの大きな大きな「手」です。「この中は安全だよ。でもずっと居ちゃいけないよ。白い小鳥へ」、学生の言葉です。
 「手」を鳥のゆりかごに見立てている。
 ここに二人の小島小夜さんがいる。力強い自分という「手」。卒業、18歳を過ぎる宣言かもしれない。その手は、か弱き小鳥という「自己」にもなる。二人の自分、大きな存在、小さな存在。卒業する自信と不安・・・、タイトルと重ねて見た時に、もう一つの鑑賞ができる作品です。

 次に静かな作品です。

f0126829_1655955.jpg
     ↑:左側 ④・吹田侑華子、「めいてい」。
      ↑:右側 ⑤・佐藤しおり、「こんばんは」。

 両作品とも、学生の説明文には感心します。

 ④吹田さんの「めいてい」、高校生なのに変なタイトルです。
 吹田さんの高校3年間は酔っぱらっているかのような楽しさ一杯とのこと!でも、「絵」にかんしては低迷時代で辛かったと!そんな「酩酊(めいてい)」で「低迷(ていめい)」な気分での作品です。
 絵が描けなかったと彼女は言う、モヤモヤしていたとも言う。青春を本人の代わりに「絵」が苦しんでくれたのでしょう。カンパイしましょう、メイテイさんに!

 ⑤は暗い作品だ。高校生のブルーな心象風景なのかな?
 「静かで生命感のない建物を描きました。建物の奥行きや寂しげな所をみてもらいたいです」
 あー、何て正直な言葉なのだろう。「空気感を出したかった」、そんな言葉でなくてよかった。しっかりと、その寂しげさを僕は見た。


f0126829_16552933.jpg
     ↑:左側 ⑥戸叶愛理、「蛹」。
     ↑:右側 ⑦姫野やよい、「BOX」。

 ⑦のボックスが良い。もう、完全な抽象画と言ってもいいかもしれない。画いた人が「四角を描いた」と言えばいいのです。それにしても、何もないBOXだけを描こうという心根がいいですね。何がしかの気分を伝えようとする絵でしょう。物に囚われないで、色と形と組み合わせだけで絵にする。絵画のスタンダードをしっかり実践しています。

 他にも面白い絵画が沢山あります。残念さを理由にして、この辺で立体に移ります。直ぐに移りたいのですが、疲れてしまったので、後日ということで。ゴメン!

by sakaidoori | 2010-02-17 17:45 | 大丸藤井スカイホール | Comments(0)
2008年 01月 29日

502) 大丸藤井セントラル  「札幌大谷高校美術科 第19回卒業制作展」 1月29日(火)~2月3日(日)



○ 札幌大谷高校美術科 第19回卒業制作展

 会場:大丸藤井セントラル 7Fスカイホール
    電話(011)231-1131
 会期:2008年1月29日(火)~2月3日(日)
 時間:10:00~19:00(最終日は17:00まで)
 ※注意:時間はおおむね通常の開催時間です。違うかもしれませんので;注意して下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この時期は高校生、大学生と美術系の展覧会が多い。一昨日まで、大谷短期大学の発表展がありました。(会場風景だけですが、掲載予定。)大谷高校から、何人だけが大谷短期大学に通われるのかは分かりません。何らかの形で美術を自己表現の一貫として続けてもらいたいです。

 高校美術科の卒業制作展であって、美術部ではありません。見る上で、注意と確認をしておかなければなりません。
 スカイホールの間仕切りを打ち払って、広くオープンにしての展示。
 おそらく美術科は絵画、デザイン、立体(彫刻を含めて)の三部構成だと思います。展示作品がそういうことになっています。
 絵画関係は入り口から壁面を、デザイン関係は奥のほうの壁と空間を、立体関係は入り口手前から空間を自由に使っての展示。各々のキャプションには名前、タイトル、出身中学校、学生の一言メッセージが添えてあります。
 奇抜な作品は少なく、丁寧に丁寧に綺麗に仕上げようという気持ちが伝わってきます。女性ばかりですから、大仰な力強い作品はありません。こざっぱりして親しみが持てます。

 立体作品はインスタレーション風で、技術的には拙いのですが、作品に年齢相応の直截な主張が感じられます。
 絵画は公募展的な大作は無くて、中品に喜びや感謝や女子心の明るくて微妙な襞があって興味津々。
 デザインはキャラクター物を扱ったり、学生自身の遊び心と手作りにチャレンジしている様子が伝わってきます。
  
 今展は学生名も、個人作も取り立ててコメントもしません。ムードが伝わるかどうかは分かりませんが、会場風景の写真を載せます。
 3日(日)までです。 (1・29) 

f0126829_2225197.jpg

f0126829_22263268.jpg


f0126829_2228206.jpg

f0126829_22292342.jpg

f0126829_22301981.jpg


f0126829_2231542.jpg


by sakaidoori | 2008-01-29 22:35 | 大丸藤井スカイホール | Comments(0)