栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:メイプルソープ ( 1 ) タグの人気記事


2017年 01月 19日

2545)アバウトの写真・34回目 「篠原奈那子(藤女子大学2年) 『若さ』」某会館 2016年1月7日入手

篠原奈那子(藤女子大学2年) 『若さ』



f0126829_22573619.jpg

   ↑:約18㎝×13㎝。


 2016年1月7日に篠原奈那子(当時 藤女子大学写真部2年)さんから頂いたスナップ写真。

 篠原奈那子さん、昨年2016年1月28日からの群青(ぐんせい)「対展 Ⅰ」に参加した。

 その前年12月中旬、資料館でのドローイングマン・ライブ時に初めて出会った。素直な笑顔が印象的で、小柄で着ぶくれした可愛い高校生という感じだった。

 その後、対展の説明をするために彼女の住んでいる会館に出かけた。
 彼女の作風を知らないので、スナップなどを用意するように頼んだ。
 とりたてて凄いというものは無かった。

 気になったのが今回の写真だ。 
 腕を差し出した姿にメイプルソープのセルフポートレートを思い出した。
 
 「篠原・腕作品」、おそらく習作だろう。ただ単に腕を撮ってみたかったのだろう。身近な知り合い、写真部の仲間かもしれない、「ちょっと、手伝って!腕を撮りたいから、その白壁の前に立って。手を開いて腕を横に伸ばして~。撮るわよ~」、そんな感じの作品だ。

 メイプルソープのセルフポートレート・・・朝目覚めた、オレは生きている、その喜び生きている証を自分自身が見たい、できれば皆も見て欲しい・・・というものだ。死相漂ったその表情。しかし、無邪気な笑顔、裸の上半身をこちらに向け、左腕を横に伸ばし、体はやや左に傾けて揺れている。
 裸なのは誰かと寝ていたしぐなるか?彼はホモだから女ではないだろう。だが寝た相手が男だとか女だとかは関係ない。死を悟った男の目覚めの喜び!しかも誰かと抱擁した後の・・・。

 篠原写真にはそんな印象的なところは微塵もない。有るわけはない!二十歳の女性、見るもの聞くもの触るものがあたりまえのようにそこにあり、普通に日常を送っているのだから。

 不思議なものだ。壁に貼って毎日それとは無しに眺める。始めは手のひらや腕に注意していた。「もっと女性らしさがあれば・・」と、普通に素通りしていた。そのうちに白いブラウスと腕の境界付近が目につくようになった。
 「女の子なんだな・・・あ~、若いな~」、そうか、「若さ」か。飽きもせず眺めることができたのは!
 惚れ惚れする良い写真ではない。注目すべき1枚ではない。動きもなく、普段着のままで少女が腕を横に伸ばしている。ただそれだけだ。ただそれだけだからこそ、「若さ」のみが伝わってくる。

by sakaidoori | 2017-01-19 17:38 | ★アバウトの写真について | Comments(0)