2017年 01月 22日

2553)①「2年島田真祈子 ~道教育大空間造形研究室展+卒業制作展」資料館 1月17日(火)~1月22日(日)


北海道教育大学岩見沢校
芸術課程美術コース 実験芸術専攻
 
空間造形研究室展卒業制作展
  


 【参加学生】
 ギャラリー1:3年・高橋乃亜 2年・齋藤柚花 2年・中村樹里 
 ギャラリー2:院1・藤原千也 
 ギャラリー3:4年・山田大揮
 ギャラリー4:2年・島田真祈子
 ギャラリー5:4年・太田友真
 ギャラリー6:4年・内藤万貴


 会場:札幌市資料館2F ミニギャラリー全室
     中央区大通西13丁目 
     (旧札幌控訴院
      大通公園の西の果てにある建物)
     電話(011)251-0731

 会期:2017年1月17日(火)~1月22日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで。) 
 
ーーーーーーーーーーーーー(1.21)


 各部屋を「独立した空間」と見立てての「個+空間」展。
 個展が5部屋。大広間は目に見えない壁を作り、3人が展示。

 毎年楽しみに見ている。
 「空間造形」ということを勉強させてもらっている。

 個々の作品を、「これは素晴らしい」と思って掲載することはない。作品の質の問題ではない。そもそも、「空間造形という視点で自己表現を見る」ということを、ギャラリー巡りの中で集中的に関わる機会は少ない。個々の作品の問題意識を離れて、意義深き自己表現の場だ。

 昨日、駐車違反をしながら各部屋を見て回った。気ぜわしいもので、失礼なことである。
 担当教授を交えて、学生たちは作品の周りで集中していた。
 静かである。皆、黙って出品者の話を聴き、しっかりと感想を言い合っている。
 教授の言葉は優しい。スキッパー的展示量の壁面がある。僕だったら、「もっともっと作品を出して、自己を剥き出しにしたら!そうすれば、次は省略の美学でチャレンジしようよ!」。しかし、教授は落ち着いている。「こうしたら◯◯君の思いがよりよく反映されるのでは?」すべてが優しい。優しく言えるのは、作品と作家への眼差しがしっかりしているからだろう。

 全ての作品は掲載できない。時間に任せて可能な範囲で載せていきます。


◎ギャラリー4:
2年・島田真祈子 の場合

タイトル:BORDER
     パイプベッド 木 砂 他



f0126829_811587.jpg




f0126829_8112050.jpg



 入口、中央に糸がぶら下げられている。5円玉のような重しが足下で通せんぼをしている。
 きっと何かの象徴だろう、出入り口を喚起する仕掛けだろう。展示室内は全てが2項配置だ。そのイントロでもある。
 そうなのだ。室内、全てを2分割する心構えだ。明解な分割線が部屋を徘徊している。

 骨組みが剥き出しのベッド、ツートンカラーが赤裸々だ。
 寝る寝ない、服を着る脱ぐ、敵と味方、愛と憎、許しと拒否、男と女、生と性・・・
 樹がある。影がある。黒ではない。影色の黒を拒否した虚像。それは常識という世界からの離脱?幻想への誘い?

 此処には理知的2分割・2文法で目に見えない世界をスパッと割り切ろうとする学生の一本勝負的明解さがある。理知さ加減が真っ先に目に飛び込むのは鑑賞上のマイナスだ。が、ファージを良しとはしない強さ健全さは頼もしい。しかも、まだ2年生だ。

 ただ、気になるのは、自分の問題意識を下敷きにしながら、「問題意識」=「指向の対象」にし過ぎた感じがする。「悩み」すら無いかのごとく、立ち消えそうだ。明快に表現しつつも、整理のつかない心の揺れがにじみ出ていたら。



f0126829_154012.jpg





f0126829_15403681.jpg


 

f0126829_15405412.jpg




f0126829_15411146.jpg




f0126829_15414650.jpg


# by sakaidoori | 2017-01-22 15:53 | 資料館 | Comments(0)
2017年 01月 22日

2552) 「公募展 お菓子のポスター展」 茶廊法邑 1月11日(水)~1月29日(日)



公募展
お菓子のポスター

 作品規格:B2版(72㎜×51㎜) 絵画、写真、版画 ほか
 
 審査員:市川義一 寺島賢幸 中島義博
   
    
 会場:茶廊法邑
     東区本町1条1丁目8-27
     電話(011)785-3607

 期間:2017年1月11日(水)~1月29日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:11:00~18:00
     (最終日は、~17:00?まで) 

 主催:法邑芸術文化振興会

ーーーーーーーーーーーーーーーー(1.13)

f0126829_7283054.jpg





 大賞(1点)10万円、準大賞(2点)5万円というしっかりした公募展です。審査員もしっかりした専門家です。

 もっとも、栄通記は私的コメントを載せる場です。僕好みの何点かを個別に紹介したいと思います。
 その前に、作品をまとめて掲載します。画面を拡大すれば、それなりに個別作品を楽しむことができるでしょう。

 会場を左回りに、全作品を載せます。








f0126829_951542.jpg


f0126829_90466.jpg




f0126829_905622.jpg




f0126829_91345.jpg





f0126829_91127.jpg




f0126829_912371.jpg




f0126829_913550.jpg




f0126829_914493.jpg






 そえrでは丸島好みを3点載せます。



f0126829_97183.jpg

   ↑:中澤綾子


 何を描いているのだろう?意味不明なところは確かに気になる。それ以上に気になるのは、「お菓子」がテーマだから、美味しく楽しく幸せムードな作品になりがちなのに、「純絵画」的なのが良い。
 「お菓子」という社会的約束事から離れて、自分好みにアレンジしている姿が気に入りました。それに、お菓子って、人はむやみに食べたくなるから、あれほど危険なものはないのにな~。食べればお腹の中でぐちゃぐちゃになり、最後は爽やかにお手洗い行き!




f0126829_916620.jpg

   ↑:佳作・板谷有実子


 「不揃いのりんご」の美学が僕は好きです。時には、こんな風に可愛く行列している姿も良いものです。
 シンプルなアイスバーの模様、色んな夢が詰まっている。爽やかに爽やかに、今年の夏が楽しみです。




f0126829_924899.jpg

   ↑:佳作・高杉保次



 過剰な精神だ!お菓子の陸に川が谷を作るように流れる。お菓子のあどけなさを無視すれば、何とも鬼気迫るものが生まれるだろう。
 もっとも、作品は「デザイン」としてある。「デザイン」、それはどこまでもどこまでも優しくなくてはならない。だから、この手法は危険が一杯だ。



f0126829_9335553.jpg




 以下、何点か載せます。



f0126829_9311070.jpg

   ↑:堀切健太



f0126829_933051.jpg

   ↑:佳作・田中咲



f0126829_9331026.jpg

   ↑:準大賞・棚上吉

# by sakaidoori | 2017-01-22 01:28 | (茶廊)法邑 | Comments(0)
2017年 01月 22日

2551) 「2017 さっぽろ雪像彫刻展」本郷新 1月20日(金)~1月22日(日)

2017 
さっぽろ雪像彫刻展


参加作家・団体:
児玉陽美(造形作家) 佐々木仁美(金属造形作家) 佐藤一明(彫刻家) さとうゆうき(造形作家) 清水寛晃(木工家) 野村裕之(彫刻家) 北海道デザイン専門学校 北海道札幌平岸高校





 会場:本郷新記念札幌彫刻美術館・本館
      中央区宮の森1条12丁目
     電話(011)642-5709

 会期:2017年1月20日(金)~1月22日(日)
 休み:
 時間:10:00~17:30
 観覧無料

※美術館は以下の入場時間・入館料 
 時間:10:00~17:00
 料金:一般/300円 65歳以上/250円 高大生/200円 中学生以下/無料

 主催:当館 さっぽろ雪像彫刻実行委員会
   

ーーーーーーーーーーーーーーーー(1.21)


 佐々木仁美さんが雪像を作っている。彼女は1月26日から始まる群青「対展」に出品する。だから、彼女の作品を見るのを目的にして見に行った。


f0126829_21183785.jpg




f0126829_21185838.jpg

   ↑:さとうゆうき、「ゆきのね」。


 う~ん、風のマタキチ、という感じ。




 本郷記念館本館の中庭を利用した雪像展。
 この時期。大通公園で雪祭りが開催される。その時に市民や外人などが雪像を作る。それにあやかるような、対抗するような催しだ。といっても、敷地が狭い、だから迫力に欠けるだろう、と余計な心配で見に行った。

 確かに大通公園雪祭りに比べられるようなものではない。しかし、狭いなりにアットホーム的に雪像があった。小さいが造形作家やその卵たちの雪像だ。市民が作るのとはひと味違っていた。

 現物を見て下さい。
 街には当展のチラシも多く配布されている。しかし、なかなか見には行けないだろう。情報の一つとして楽しんで下さい。



f0126829_23414823.jpg






f0126829_23421244.jpg



f0126829_23422712.jpg

   ↑:野村裕之、「attachmennto 愛着」。


 可愛らしい「愛着」かしら。でも、「愛着」という言葉は強すぎる響き。変てこりんな二つの物体に対して、作家は言いしれぬ「愛着」を抱いているのだろう。




f0126829_0174528.jpg



f0126829_018033.jpg
   ↑:北海道芸術デザイン専門学校、「不純」。



 「不純」ね~?孫悟空のキント~ンを思い出されて、可愛くも不可思議な塊に思えた。でも、「不純」ね~・・・。




f0126829_0225716.jpg



f0126829_0231246.jpg

   ↑:北海道芸術デザイン専門学校、「expand universe」。


 タイトルの意味は不明。
 ほら吹き大砲みたい。学生らしい元気さが良い。





f0126829_0263113.jpg

   ↑:児玉陽美、「大きな命のたね」。


 鯨さんみたい。
 「児玉陽美」、久しぶりに聞くお名前だ。道都大学を卒業したのは何年前だったろう?こうして元気に発表しているのを見られて、今日は良き日だ。



f0126829_0295239.jpg




 特にタイトルはありません。きっと、暇に任せて遊んだのだろう。雪像作りという寒い作業の中でも、こうして遊べるなんて・・・僕にはそんな元気はないな~。




f0126829_0331782.jpg

   ↑:佐藤一明、「雪石」。


 「ストーブの男」佐藤一明さんの会心作!
 雪を石に見立てての造形。どこが会心かというと・・・皆さ~ん見に行ってあげて下さい。

 さて、全作品掲載するつもりはなかったけど、どこまで頑張れるかやってみよう!










f0126829_0574129.jpg

   ↑:北海道札幌平岸高校、「砦」。


 なるほど、トリデだ!




f0126829_102945.jpg

   ↑:佐々木仁美、「風の通り道」。


 これも佐藤一明さん同様に興味が惹かれる。
 「風の道」といえば、横風という言葉通りに横流れを連想する。佐々木・風は縦に流れている。そこが面白い。




f0126829_144230.jpg

   ↑:清水寛晃、「AURORA]。



 オーロラは縦流れだから、もっともな造形だ。

# by sakaidoori | 2017-01-22 01:06 | ☆本郷新彫刻美術館 | Comments(0)
2017年 01月 21日

2550) 「長谷川雅志 展」 自由空間 1月?日(?)~1月28日(土)

長谷川雅志 
 

 会 場 : 自由空間
     中央区大通東1丁目3番地
      中央バス札幌ターミナルB1
      (地下1階は食堂街。その一画の広場。)
     電話

 会 期 : 2017年1月?日(?)~1月28日(土)
 時 間 : ?(10:00~20:00)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(1.15)


 (以下、敬称は省略させていただきます。)


 中央バス・ターミナル地下に食堂街がある。バス待ちの人や付近のサラリーマンが利用している。その一角に空きスペースがあり、見事にギャラリーとして解放している。当然無料で利用できるであろう。管理は、その食堂街の中にある喫茶レ・ノールだ。オーナーはタピオの2代目オーナーであった林教司氏だ。

 自由空間・・・料理の臭い紛々とした何とも言えないギャラリーだ。
 アマチュアの学習発表空間、見るに値しない!などと宣(のたま)う事なかれ!アマチュアであれプロであれ、学習発表であれ勝負の場であれ、面白いものは面白い、面白くないものは面白くない。
 NHK日曜美術館を金科玉条のごとく、美や価値の基準にすべきではない。美術・芸術は徹底的な主観で見なければならない。主観で他人と対話をしなければならない。価値を共有すべきではない。他人と自分との価値の違いを徹底的に認識しなければならない。そこから、他者との交流が始まる。

 なぜこんな硬い丸島信条を語ったか!
 今回の展示は長谷川雅志だ。書と生地(布)という発表スタイル。見た目はたゆたゆしく、遊びほうけた風流芸事と思われよう。しかし、この遊びは北海道人には絶対にマネができない。伝統と今、遊びと技(わざ)、粋と屹立、女々しさと男らしさ、芸事と芸術・・・あれやこれやの二律背反が長谷川ワールドでせめぎ合っている。

 以下、作品を楽しんで下さい。僕の写真ごときでは手作りの技や繊細さは伝わらない。
 
 カレーの臭い紛々とする、その自由空間に足を運んで下さい。



f0126829_2091433.jpg




f0126829_22104722.jpg





f0126829_2330102.jpg






f0126829_2242572.jpg






f0126829_23112797.jpg




f0126829_2313107.jpg




f0126829_2313253.jpg




f0126829_23175831.jpg



f0126829_23183930.jpg





f0126829_23203584.jpg




f0126829_2321262.jpg








f0126829_23222948.jpg
f0126829_23224789.jpg




f0126829_23231110.jpg






f0126829_2345413.jpg






f0126829_2325579.jpg

# by sakaidoori | 2017-01-21 08:09 | 自由空間 | Comments(0)
2017年 01月 21日

2549)「小樽潮陵高校 美術部(白潮会) 第100回 白潮会展」(小樽)市民ギャラリー 1月13日(金)~1月22日(日


北海道小樽潮陵高校
   美術部(白潮会)
       第100回


白潮会展


 会場:市立小樽美術館内市民ギャラリー1・2多目的ギャラリー
     小樽市色内1丁目9番5号
     (小樽駅を5分ほど運河方面に。
      向かいは旧日銀。)  
    電話(0134)34-0035

 会期:2017年1月13日(金)~1月15日(日)
        1月17日(火)~1月22日(日)
 休み:1月14日(月) (月曜日or祝日翌日は休館日) 
 時間:10:00~17:00 
     (最終日は、~15:00まで)


ーーーーーーーーーーーーー(1.18)


f0126829_17255674.jpg

   ↑:(小樽の高台からの風景。)


 群青展関係の用事で小樽に行った。ついでだから車で高台に行き、そこから小樽を眺めた。
 そして、板東宏哉展を見に小樽美術館に行く。板東展は撮影禁止なので掲載は不可。

 変わりというのではないのですが、1階の市民ギャラリーでの高校展を簡単に乗せます。

 白潮会展-小樽潮陵高校美術部の校外展。
 100回記念展ということで、ワンフロアーの半分は卒業生の展示だった。
 卒業生は省略して現役生の有り様を載せます。


f0126829_18133994.jpg




f0126829_18135754.jpg




f0126829_1814765.jpg




f0126829_18141835.jpg




f0126829_18142938.jpg




 以上で全部です。

 自分好みがあった。その作品と、何点かの個別作品を載せます。



f0126829_18234264.jpg










f0126829_19512066.jpg




   ↑:笹川美琴、「偶像」・B1。


 少女を殺しているような、少女が自虐的に自殺しているような・・・少女と言っても。どこか人形的で生きているのか仮の姿か・・・そんな世界を笹川美琴は「偶像」として突き放して楽しんでいる。



f0126829_19213322.jpg









f0126829_1922060.jpg



   ↑:2年・笹川美琴、「午後のアトリエ」・F50。


 これは不思議な絵だ。何を描いてあるかが判らない。宇宙からの贈りもの・・それは機会仕掛けのタイムカプセル?
 キャプションの説明書き、何の説明もせず、色を描くことの不思議さを人ごとのように綴っている。
 妄想という自己中的芝居を、妄想なるが故にあえて自分から解き放して一人歩きさせているようだ。



f0126829_19285091.jpg

   ↑:1年・遠藤奈生子、「カ=エルム」・F50。


 これも妄想・空想・絵空事の世界だが、絵画として独り立ちしているから、笹川美琴ワールドみたいな不安はない。不安どころか色も青を中心に散りばめられていて楽しく見れる。
 しかし、絵の中にカラフルに生き物・命を閉じ込めていて、その生き物は絵画の中では秩序だってはいても、一つ間違えば,化け物たちが枠をはみ出して鬼魅魍魎の世界に変身しかねない。

 可愛い色が散らばって気持ち良いような薄気味悪いようなへんてこりんな世界。



f0126829_1943743.jpg

   ↑:2年・高橋柚帆、「移り変わる」・F30。


 波しぶきには違いないのだが、河の流れ?何処で白波がたぎっているのだろう?  
 そんな写実的な疑問はやめよう。若者らしい力強さがあった。

# by sakaidoori | 2017-01-21 00:15 | ☆小樽美術館 市民ギャラリー | Comments(0)