<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

1946)「札幌大谷大学写真部 写真展」 アイボリー  2月19日(木)~2月24日(日)

   

札幌大谷大学写真部
        写真展
        
    
    
 会場:ほくせんギャラリー ivory(アイボリー)
      中央区南2条西2丁目 
      NC・HOKUSENブロックビル4階
      (北西角地、北&西に入り口あり)
     電話(011)251-5130 

 会期:2013年2月19日(木)~2月24日(日)  
 休み:
 時間:11:00~19:00   

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2.23)


f0126829_8521955.jpg



f0126829_8524141.jpg



 小振りでおとなしいのが難点。美術系大学だけあって、「これ、写真?」という作品があるのが特徴だ。その作品を中心に進めていきます。

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)



f0126829_91781.jpg
     ↑:伊藤沙弥香、「ひみつ」


f0126829_934788.jpg
     ↑:(上の大きな作品の部分図。)



f0126829_943076.jpg



 絵画と間違ってしまった。
 撮った写真をあれこれといいじくって仕上げている。オリジナルは写真で、デジタル処理されたものだ。大きく一枚のプリントに印刷したいのだが、予算の都合で貼り合わせになった。コラージュという意識は薄いので、一枚仕立てのように正確に引っ付けている。もっとも、コラージュの元もとの考え方は、引っ付けているのを気付かせないことに意味があったから、コラージュ作品と言っても間違いはない。
 
 人間の背後にある、ぽっかりとした抜け殻のような空間、そこを問うている。ボケと貼り合わせの接点に凝縮している。それは結局人間を見つめているのだが、伊藤沙弥香は何を見つめているのだろう?いじらしい思春期か?悩ましい青春か?人への慈しみか?とりあえずは、「ひみつ」だ。

 焦点は定まっているのだが、全ては揺れている、揺らいでいる。存在の輪郭は把握できるのだが、目口鼻という表情はなく、その人を読むことはできない。表情はないが、仕草という誤解をまく影が悩ましい。より悩ましいのが空間だ。現代絵画は、結局は空間に対する感じ方であり、その表現に尽きるかもしれない。

 伊藤沙弥香は、この「ひみつ」を追究するのか?それとも、このデジタル処理の悩ましさに憑かれて、あれこれといじくって、意外な世界の再来を楽しむのか?続編を期待しよう。コラージュ手法で、もっともっと大きな作品での再会だ。


 ※※


f0126829_9501375.jpg
     ↑:(匿名のT子?)、「Prototype」。左側、「halftone dot pattern」。右側。「particle pattern」。


 こちらの作品はデジタル処理そのもと思った。ところが、被写体に接近して撮っただけだ。右側は写真を接写して撮ったもので、左側は・・・すいません、何に接写して撮ったものかを聞き忘れましたが、とにかく無処理のデジタル作品です。

 もっとも、処理されたかどうかは作品理解には大事なことだが、作品鑑賞の瞬間性にとっては二義的な問題だ。今回の展示は、撮影者が写真の可能性を確認した試作展のようなものだ。見る方も、色やパターンの見本帳を見ている感じで、「さー、これを使って何をしたいか見せてくれ」に尽きる。

 色乱舞の華やかな空間作りに励むのか、微細なるものへの飽くなき眼差しへと進むのか、全ては可能性の中だ。


    ※※


f0126829_1028378.jpg
          ↑:山本美和、「辿る」。


 そこかしこに見える人物、作家の自画像のようにして振る舞っている。過ぎ越し時を思い出しながら、時系列に心模様を辿っているのか?心に移りゆくよしなしごとを、思い向くままに貼り合わせているのか? 
 真ん中にドーンと自分を置いて、結局は「私はここにいる」と宣言しているみたいだ。
 とても面白い。残念なのは自分の心象気分のみを前面に出して、心象が育った背景とか風景とかの語り合いがないことだ。だから、全体が「気分」のみに流れてしまった。「それでも私がいる」という主張も作品全体から発散するものにならなくて、安易に自己中央提示で解決しようとしている。
 確かにそういう気分偏向で安易な自己主張もあるが、「ここを私は見ている」という撮影者の視点もしっかりしていて、「若者」らしい。
 ここにきめ細やかさと大きさが加われば世界が拡がる。ひろがる以前の自己確認の世界だろう。


   ※※


f0126829_10462243.jpg
     ↑:中村昌寛、「早秋の旅」。


f0126829_10523635.jpg
     ↑:横田苑香、「つめたいところ」。


f0126829_10545030.jpg
     ↑:伊藤亜似加、「動物園」。   




f0126829_10573390.jpg
     ↑:柴田文恵

by sakaidoori | 2013-02-28 13:57 | 北専・アイボリー | Comments(0)
2013年 02月 27日

1945) 白石区民センター 「謹賀新年 ー樋口雅山房、『松寿万歳』」 2013年1月18日

 


f0126829_2252324.jpg



f0126829_2255244.jpg



 白石区在住の樋口雅山房の新春書き初めです。
 白石区区民センターに毎年寄贈されているもので、今年は「松寿万歳」。誠に新年にふさわしく、お目出たい言葉だ。松の木がいつも命ある緑を抱えるように、いついつまでも長生きし、富み栄えよと言祝いでいる。
 今年は巳年だからヘビだ。白抜きに描かれたヘビは白蛇の意か。白馬にしろ、白がつけば何かと霊験あらたかなものだ。白き蛇の力で、松の力と重なり、永久に八千代に栄えなん、ということだろう。もっとも、「白」の意力はプラスだけではない。力が過ぎて人の世界に害を及ぼす時がある。その辺は適当に蛇に言祝いで良い方向にお力をもらうことにしよう。
 愛嬌のある楽しい絵だ。いつもは絵は付け足しの雅山房・寄贈書だが、絵描きの勢いだ。松と蛇に書家自身が期するものがあるのだろう。



f0126829_22294311.jpg



 「寿」の字が、どこか流れから外れている感じだ。力感とダンス・ムードとギクシャク感がまぜこぜになって迫ってくる。

 新年の挨拶が遅れました。今さら「謹賀新年」とは言いにくい。「寒中見舞い」です。今年も心躍る歳でありたいと思う。皆さんもお体に留意して、良き日々をお過ごし下さい。


  

 

by sakaidoori | 2013-02-27 22:54 | 区民センター | Comments(0)
2013年 02月 27日

1944)②「札幌大学写真部 卒業写真展 & 学外写真展」 市民g. 終了2月20日(水)~2月24日(日)

札幌大学写真部 

  卒業写真展 & 学外写真展

      


 会場:札幌市民ギャラリー 2階 第4展示室 
      中央区南2条東6丁目
      (北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2013年2月20日(水)~2月24日(日)
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~17:00まで。) 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2.20)

 (1843番①の続き。)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_1028322.jpg
     ↑:4年 小野寺夏生


f0126829_10311240.jpg



f0126829_10315272.jpg



f0126829_10322138.jpg
        ↑:③。左側は「死」。右側が「恐怖」。


 静かに淡々と街を切り取る。人は嫌いではないが、建物や電信柱などを「人」のような存在として見ているから、人はそれほど必要としない。何より、「人」は動くから、ちょっと苦手だ。
 動くものは得手ではないが、そのかわりに二つの視点で対象に迫る。「住民と旅行者」、「撮影者の視点と被写体の視点」を今回のテーマにしている。二つの視点という感覚が、③の「死と恐怖」になったのだろう。「死と恐怖」は同列ではないか?そうなんだが、撮影者はもともとこういうタイトルで「強く見せる」という意識が希薄だ。たまたま撮った作品がそれぞれに、「死」と「恐怖」になっただけだろう。それをなぜだか冒頭に小さめに、そしておとなしくはあるがチョット目立つように飾ってしまった。無意識的産物か?

 彼は基本的に傍観者の位置に立っている。同時に、やさしく人の息吹も伝えようとしている。「傍観者」と「やさしさ」のせめぎ合いとして、建物を静かに正面から撮る。「傍観者」と「やさしさ」は、なかなか両立は難しい。相反するから難しいのではなく、その両者を自覚し、その両者の目で厳しく対象に迫ることが至難なのだ。そう言う意味で、彼の作品群も没個性的でアピールの弱さがある。だが、それは若いから仕方がない。撮影者の視点が明快なのは彼自身の何かへの拘りが強いという証拠でもあろう。

 無意識的にでた「死」と「恐怖」。折角だから、良い機会だから一度は積極的にそれと取り組んだらいいのに。「死と恐怖」が、彼の中の「死と愛と誠」の確認に繋がるかもしれない。


 ※※

 他の卒業生は発表数が少なかった。




f0126829_1115856.jpg
     ↑:金澤栞。左側 「黒い桜と白い桜」、右側は 「首飾り」。


 清楚で綺麗だ。桜の花、もっと一杯あったら良かったのに。その桜の花たちを、首飾りの作品がぐるっと廻っていたらもっと良かったのに。
 「満開の桜。その桜の下で死にたいなんて、何てアホなことを感じるのだろう。桜桜、あー生きてる!幸せ満開なのに。桜に、輝く首飾りがよく似合う。ちょっと頬を染めて、大人っぽく振る舞おうっかな。卒業だ、卒業だ」
 金澤栞、おそらく卒業生でしょう。おめでとう。





f0126829_11111986.jpg



f0126829_1132534.jpg
          ↑:坪井勇一郎、「美少女図鑑」。


 確か、「美少女図鑑」というフリーペーパーがあったと思う。それように投稿したものか?
 とにかくもっと沢山あったら。図鑑なんだから。普通の何でもない二十歳前後の女性軍、彼女達が美少女かどうかは見る方の好みだから、今はどうでも宜しい。とにかく一杯あったら!!50枚、100枚、200枚・・・押し寄せる美少女軍団だ。迫り来る撮影者・坪井勇一郎の情念だ。



f0126829_1141179.jpg
     ↑:坪井重一郎?


 撮るのが恥ずかしくなって、手ぶれしてしまった。ピンボケゴメン。
 「心はひとつ」とある。いじらしく愛らしく彼女がいる、彼女を撮る彼がいる。世界は二人のものだ。



f0126829_1151324.jpg
     ↑:全て伊藤大介(2年)。



f0126829_1154134.jpg



f0126829_11551555.jpg




f0126829_1155382.jpg ←:伊藤大介君の足もと。


 被写体にややクローズ・アップ美味に迫り、象徴的に表現している。手法なりアプローチが似通っているので、少し短調なのが惜しい。象徴とはいっても、撮影者のロマンが濃厚だ。この視点、感覚が原点だ。沢山の出品だから、欠点も特徴も見えてこようというものだ。欠点には目をつむり、表現したいことをもっともっと自覚して、より強い眼差しを被写体に向けたら、彼のロマンティシズムにも色も華も加わるだろう。たとえモノトーンであっても。







 
f0126829_21304015.jpg
     ↑:2年 高橋奈津美、「なえぼ⇔そうえん」。

by sakaidoori | 2013-02-27 21:43 | 市民ギャラリー | Comments(2)
2013年 02月 26日

1943)①「札幌大学写真部 卒業写真展 & 学外写真展」 市民g. 終了2月20日(水)~2月24日(日)

札幌大学写真部 

  卒業写真展 & 学外写真展

      


 会場:札幌市民ギャラリー 2階 第4展示室 
      中央区南2条東6丁目
      (北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2013年2月20日(水)~2月24日(日)
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~17:00まで。) 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2.20)


f0126829_16521595.jpg
     ↑:(入り口側の第1室。)



f0126829_20331046.jpg
     ↑:(奥の第2室。)



 沢山の出品学生です。わずかの学生ですが、話を進めていきたい。


f0126829_20374163.jpg
     ↑:2年 外崎うらん


 外崎うらん、きっとカメラ漬けの学生生活だろう。不思議なものを撮りたい、変なものを撮りたい、物語にしたい、格好良く撮りたい、引っ付いてなめまわすように撮りたい、などなど、カメラの可能性と、自分の可能性をとことん推し進めたいと、恐ろしく意欲盛んだ。今は、被写体の本質よりも、何が何でも被写体に「外崎うらんの感性」を覆い被せたい、その外崎ワールドを顕示したいと息巻いている。女性ではあるが、実にたくましい。

 以下、作品を載せますが、テーマはバラバラです。テーマを貫く意欲を買って下さい。技術は・・・、そんなものは後5年後に問えばいい。10年後には自己表現と技術とがもっともっとせめぎ合いをしているだろう。その頃には、自分の情念と対象のあるがままの姿とが、つばぜり合いをしているだろう。今はもっともっとガンガンやって欲しい。

 以下、全作品を載せます。


f0126829_214483.jpg



f0126829_2145270.jpg



f0126829_2151452.jpg



 野獣とまでは言わないが、野性的な息吹だ。生命力に異様に反応するタイプか。


f0126829_2155414.jpg



 男と女の追究試作だ。男女の生命力、今は幼さが残るが、一気に僕の予想領域を越えるかもしれない。越えて欲しいものだ。


f0126829_211148100.jpg



 こういうのも撮れますよ、ということか。

 どの作品も、「これを見よ!」、と強く命令している。


      ※※


 次に、1年生ながら圧巻の出品数の匿名希望君。匿名では色気がないので、「電車やトンネルを愛する青年」と呼ぶことにしよう。


f0126829_21221963.jpg



f0126829_2294386.jpg



f0126829_21301129.jpg



f0126829_2131305.jpg



 実に素直な写真だ。好きなものをちゃんと撮る。それに尽きる。僕自身はトンネルの穴という世界に関心があるので、トンネル作品には異様に反応するところがある。そう言う視点で見れば、少し電車が多すぎて、それも同じような世界の電車ばかりで、トンネルに集中できないのが残念ではあった。

 「トンネルを愛する青年」の魅力は、何と言っても現地に繁く足を運んでいることだ。単に、古びた者どもが好きという領域を越えて、「確認・発見・探求」という強い問題意識のもとで行動している。だから、写真は今の段階では足跡の痕跡、あるいは現地の記録という面が強い。「オレはしっかりオマエを見た」というものだ。
 電車は好きな対象であると同時に、彼そのものだろう。これだけ電車が多いということは、「自愛」の強い人ということだ。素直に「自愛」を語る青年であった。はじき飛ばされそうな会話になったから、意図的に挑発的にこちらも構えた。熱き青年に乾杯しよう。


   ※※



f0126829_21493776.jpg
     ↑:及川大二郎。(右側の作品は違うと思います。)


 レイアウトにこだわってはいるが、被写体を客観視しているのがいい。


f0126829_22115465.jpg
     ↑:「遠天より」。


 大きく見せているのが良い。被写体そのものへの距離が遠いのは弱点だ。「『遠天』だから遠いのは当たり前だ」という問題ではない。心が被写体から遠い。突っ張るでも無し、愛するでも無し、どう関わろうかと思案気味だ。
 この作品に限らず、「これを撮りたい、ここを見つめたい」という青年らしい貪欲さがもっとあればと思った。が、貪欲ではないが、好奇心は高い。
 「自分にとって被写体とは何か」、という強い視点を見たい。それを見つけるのが彼にとっての写真行為かもしれない。人間が好きで、人の振る舞いを楽しく撮っている。「楽しいの大好き」だ。それはそれで良いのだが、この好奇心を自分に向けて、もっと自分を素直に見つめたら、作品がより深まるのでは。


f0126829_22241083.jpg
     ↑:ネコの作品群は、「いえねこだらけ」。


f0126829_22251050.jpg



f0126829_22261519.jpg



 ネコ好きのネコだらけの作品に見えたので、始めは敬遠した。楽しいレイアウトなのであらためて作品を見ると、意外にも撮影者はネコと一体化していない、ネコと微笑み合ってはいない。憎しみではないが、「ネコのやつ、こんちきしょう!」という罵声が聞こえそうだ。「こんちきしょう!」と言ってはみたが、彼らを見ていると面白くなってしまった。「なんともネコ風情というものは、被写体に合っているではないか」、と思い直して、バチバチとネコだらけに降り立ったみたいだ。
 きっと、人間をこういう感じで撮りたいのだろう。演出ではなくて。



f0126829_2316767.jpg





 長くなってしまった。続けて②です、明日です。

by sakaidoori | 2013-02-26 23:17 | 市民ギャラリー | Comments(0)
2013年 02月 26日

1942) 豊平川 2月20日(水)


f0126829_1642669.jpg




 一週間前の豊平川。2月20日(水)14時29分。
 今日は快晴だ。きっと今日の豊平川近辺も、上掲の雪景色と同じようなものだろう。人の足跡は消えているかもしれない。

 この日は東札幌に除雪、昼食後午後一にテンポラリー・スペースへ。秋元さなえ展を見る。そして同じ道を戻って、東札幌の駐車場へ。豊平川沿いを歩いて市民ギャラリーに行こうとした。土手まで登ったが、誰も歩いた跡はない。仕方なく道路に出て歩いたが、歩道もなく、車とすれ違いながら小走りだ。あえぎあえぎでやっと橋まで辿り着いた。歩く予定の土手を見れば、しっかり豊平川がある。そこでパシャリいつになく記念の一枚になった。

 市民ギャラリーの目当ては札幌大学写真部卒展&部員展だ。
 最近、沢山の大学生写真部卒展を見た。いくつか続けて載せようと思う。僕はそれなりに学生達の写真を楽しんではいる。栄通記読者諸氏にとって、果たして学生写真に興味を惹くものかどうか?
 それと、高校生を含めて学生美術展も多く見ている。冬休み、春休み、進学と続くこの時期は、学外活動が集中している。学生写真展同様に、それらも多く載せたいと思っている。正直、小粒でひ弱な作品も多いので、高い興味を抱いて頂けるかどうか?

 掲載写真はクリックすれば拡大されます。以前のようにシンプルに拡大できなくなったのは残念です。当ブログの大本締めであるエキサイトの一方的な処置で困っています。良かれとのことでしょうが、いろいろと都合があるのでしょう。



f0126829_16393319.jpg



 正面左側ののっぽビルが市民ギャラリーのある建物です。それでは・・・

by sakaidoori | 2013-02-26 16:46 | ◎ 風景 | Comments(0)
2013年 02月 26日

1941)「藤山由香 展」 ミヤシタ 終了2月6日(水)~2月24日(日)




藤山由香      


 会場:ギャラリー ミヤシタ
      中央区南5条西20丁目1-38 
      (南北の中小路の、東側にある民家)  
      電話(011)562-6977

 会期:2013年2月6日(水)~2月24日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2.16)


f0126829_9452625.jpg



f0126829_9454126.jpg



f0126829_946487.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 前回の七里知子同様に青い世界。彼女の場合は白も重要であったが、藤山由佳は青中心だ。そして、いかに自分らしい青の世界を描けるか、青=自己実現の世界だと思っている。

 青中心と言っても、青のみを深化することではない。青=自分だから、どうすれば青が深く引き立つか、青が廻りの世界(社会・人間関係)を生き生き浮かび上がらせるか、が藤山由香・絵画だ。その前に、ちゃんと青(自分)を出せるか、出すことによって自分を開くことが絵画出発の動機だったと思う。そう言う意味で、こういう絵を描こう、こういう絵を見せようとか、具象抽象という意識は希薄な人だろう。結果的には間違いなく彼女自身の心象世界だが、前もって自覚された心象世界があるわけはない。スポーツをして、汗をかいて、生き返った感じになる。それと同じで、描くことが自己の証のようなもので、「絵画に救われた人」かもしれない。

 だが、絵画歴も長くなった。最初の動機のところで絵画が立ち止まっているわけにはいかない。「絵画制作」というサイコロは振られたのだ。「自信」という分身が絵画に立ち現れ、作品を見る楽しみが増えた。 いろんな色が加わった。というか、はっきり見えるようになった。力強く色を込めているのだろう。油彩という効果か、キラキラと絵の中で輝いていた。

 もしかしたら。今は絵画を客観視しているのかもしれない。生んだ子供を楽しむように、作品とあれこれと語り合っているのかもしれない。そんな余裕が生まれたのだろう。



f0126829_10172248.jpg
     ↑:(652×530㎜ オイル キャンバス。)


 DMに使われた作品。中央の黄色が人目を惹く。画家にしては珍しく一点を輝かせている。その中央付近を部分図として載せます。


f0126829_1019984.jpg





f0126829_10241192.jpg
f0126829_10242632.jpg
  




f0126829_10273242.jpg



 随分と綺麗な絵を描くようになった。「美しくありたい」ということか。これからは一層、「美」が重きをなすのだろう。「女性美」が。



f0126829_10345613.jpg
f0126829_1035950.jpg



 ピンクも出てきた。
 皺のようなゴワゴワ、力強い存在だ。絵の中に何かの痕跡を残したいのだろう。画家の強い意志か。

by sakaidoori | 2013-02-26 11:03 | ミヤシタ | Comments(0)
2013年 02月 25日

1940) 「七里知子 個展 『OR』」 ミヤシタ 終了1月16日(水)~2月3日(日)

七里知子 個展 

    OR
       


 会場:ギャラリー ミヤシタ
      中央区南5条西20丁目1-38 
      (南北の中小路の、東側にある民家)  
      電話(011)562-6977

 会期:2013年1月16日(水)~2月3日(日)
 休み:月曜日(休廊日)
 時間:12:00~19:00 
     (最終日は ~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(2.3)


f0126829_9341536.jpg



f0126829_944527.jpg



f0126829_9442313.jpg
     ↑:①「わたしがのぞきこむように わたしをのぞきこむ」。


f0126829_9444958.jpg
          ↑:(上掲の部分図。)




f0126829_9343183.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 七里知子は強情な画家だ。飽きることなく、禅問答の壁絵のような世界を見続けている。何かの解を求めるというのではなく、絵画という描かれた結果と対話をしている。緩やかな青と白の作品は七里・鏡としてそこにあるみたいだ。

 青と白を好み、青い空と白い雲がキャンバスに拡がっている。「風景を描く」という強い意識はないが、絵だからとりあえず何かを描かなければならない。青と白は空と雲のようになり、「風景」のような世界を描いては、茫洋な世界を凝視している。キャンバスを見たいから絵を描いている、と言ったら画家はおこるだろうか。「何かを表現したい」という言葉は、七里知子には似合わない。激情や心象や自然を描こうとはしてないから。ただ、描かれた作品を見つめる中で、自分の心象風景に気付くことはあるだろう。

 七里絵画は、作家のみのために存在する。鏡だから、具体的イメージから遠い方がいい。かと言って、絶対抽象は「抽象」という言葉が邪魔をする。だからか、年々「風景」という相を帯びるようになった。今年は特にその傾向が強く、「海だ、海面だ、空だ、雲だ、太陽だ」と言い切っても構わないまでになった。でも、それは仏教で言う方便でしかない。あくまでも自分自身を見つめるために、作品がある。
 彼女の作品には空虚な部分が常にある。上掲の①の作品、その中央の白い塊、まるで穴のようにして見る者を見つめ返しているようだ。いや、そんな風に描こうとしているのだ、七里知子は。そこに幸せ気分を感じるか、見果てぬ絵空事を想うか、別のパラダイスに出会うか、其処から先は作家は問わない。鏡として作品があることを欲するからだ。


 「七里絵画は、作家のみのために存在する」と言った。では我々は見ても仕方がないのか?もしかしたらそうかもしれない。だが、できあがった作品は画家の世界から離れる。他人のためにある。
 それにしても、あの白い塊と、それを囲む世界を、軽い言葉で書けない自分が悔しい。あと何回か見たらきっと出来るだろう。




f0126829_14171414.jpg
          ↑:「Untitled」・910×1170㎜ 油彩 キャンバス 2012年。


 (原画にはこれほどの赤みはありません。ゴメン!)


f0126829_14211585.jpg
          ↑:「OR」。


 今展の総合タイトルは「OR」。「これはそれ空と雲である。あるいは、白と雲である」の意か。作家の主意は、「空あるいは白」という意味にあるのではなく、そのどちらかを感じる認知者の主体性なり、心の揺れに親和性をもとめているようだ。



f0126829_14321442.jpg
     ↑:「nostos」。


f0126829_1432452.jpg




f0126829_14353441.jpg
          ↑:「サミュエル・テイラー・コウルリッジの夜明け」。


 初めて見る「七里・色」の世界。

by sakaidoori | 2013-02-25 21:16 | ミヤシタ | Comments(0)
2013年 02月 24日

1939)「秋元さなえ 展 『121年前のよろこび』」 テンポラリー 終了2月12日(火)~2月21日(木)

  
秋元さなえ 展 

   121年前のよろこび
        


 会場:テンポラリー・スペース
      北区北16条西5丁目1-8
       (北大斜め通りの東側。
       隣はテーラー岩澤。)
      電話(011)737-5503

 会期:2013年2月12日(火)~2月21日(木)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00 

ーーーーーーーーーーーーーー(2.20)


f0126829_1936023.jpg



f0126829_19373390.jpg



f0126829_19385874.jpg



f0126829_19405423.jpg



f0126829_19501765.jpg



f0126829_19423233.jpg





f0126829_19442254.jpg



f0126829_19445190.jpg



f0126829_19523947.jpg

f0126829_19541262.jpg
     ↑:右側が、「江別市飛鳥山付近の風景」。左側が、「東京都北区王子・飛鳥山(公園)付近の風景」。



f0126829_19591119.jpg



f0126829_2005636.jpg



f0126829_2116759.jpg
f0126829_21165794.jpg




 自分探し、あるいは自己確認の個展だ。それは故郷再発見でもある。


 江別市緑町に飛鳥山がある。
 121年前のことだ。屯田兵関係者であろう、東京出身の「その人」が、故郷・東京都北区王子にある「飛鳥山」に、新天地江別の丘が似ていると思った。それで、江別の山は「飛鳥山」になった。山と言っても、江別のそれは17.5m、東京都王子のそれは25.7mしかない。丘と思った方がいい。「その人」にとっては、二つの山は自慢すべき「飛鳥山、おらが山」になったのだ。自慢といっても高さを競ってのものではない。郷土愛の前提としての身近な物への自慢であり、誇りだ。

 その二つの山を秋元さなえは見据えて、自己確認のようにして今展が成立した。もっとも、インスタレーション風展覧会といっても、二つの山の遠望をビデオで並列に流し、東京「飛鳥山」にまつわることどもを取材し、二つの山の周辺を展示しただけだ。

 だから、秋元さなえの「飛鳥山」への特別な拘りの理由はわからない。きっと何でもよかったのだろう。地元を「今」という「日常」から一歩離れて見つめることができたならば。
 なぜ地元にこだわるのか、その深い理由もわからない。展覧会は淡々と存在しているが、もしかしたら「自分とはなにか」を強く悩んでいるのかもしれない。いや、単に知的好奇心、探求心で地元を問うているだけかもしれない。おそらく、今展にとって作家の深い動機を追及することは無意味だろう。誰でもが一度は通る「故郷って何だろう?」で良いのだろう。
 ただ、秋元さなえ自身が誇りたいことを、東京出身の「その人」に代弁させ、「その人の郷土愛」によって、作家自身の自己愛・郷土愛を確認し、補強している、そのことだけは明瞭だ。
 

 今展、間違いなく言えるのは社会性の高い個展ではない。限りなく私的で個的なもので、発表のための草稿段階だ。絵画で言えば、仕上げのために描き貯めたデッサン展だ。だから悪いと言っているのではない。現在では、「表現」とは完成形の作品展のみを意味しなくなった。むしろ、作品形成過程、作家の脳内行為の道筋を解放し、見る者との何らかの共有・共生関係を生むことを期待されている。

 さらに言えば、突っ込みも足りない。何かに遠慮している感じだ。きっと作家は強く故郷を愛したいのだろう。その強い愛情表現にためらいがあるのだろう。何かに強く愛せねばならない、と思っているのかもしれない。
 「強く愛する」ことへのためらい、それは当然のことだ。強い愛は他者の排除と同じだ。きっと秋元さなえは優しい人なのだろう。優しさだけではダメだと思っているのかもしれない。だから、自分にない「強い愛」を求めているのだろう。その意味でも今展は自分探しの一里塚と理解した。




f0126829_22503961.jpg
f0126829_22515100.jpg




 

by sakaidoori | 2013-02-24 22:52 | テンポラリー | Comments(0)
2013年 02月 24日

1938)「あやせちめ 展 (らいらっく新鋭展)」 道銀らいらっく 終了2月18日(月)~2月23日(土)

  


らいらっく新鋭展 

     あやせちめ
   



 会場:らいらっく・ぎゃらりい
     中央区大通西4丁目
      北海道銀行本店ビル 1F
      (大通公園の南側、北東角地。)
     電話(011)233-1029

 会期:2013年2月18日(月)~2月23日(土) 
 休み:日曜・祝日(定休日)
 時間:10:00~17:00
     (初日は、12:00~から。最終日は、~16:00まで)

 主催:(財)道銀文化財団

 【らいらっく新鋭展参加作家】
 
 浜地彩   1月21日(月)~1月26日(土)
 佐藤仁敬  1月28日(月)~2月2日(土)
 宮地明人  2月4日(月)~2月9日(土)
 武田志麻  2月12日(月)~2月16日(土)
 あやせちめ 2月18日(月)~2月23日(土)
 千葉美香  2月25日(月)~3月2日(土)
 門間暢子  3月4日(月)~3月19日(土) 
 佐藤菜摘  3月11日(月)~3月16日(土)
  (上掲8名のリレー展)

ーーーーーーーーーーーーーーー(2.23)


f0126829_1125730.jpg



f0126829_1324518.jpg



f0126829_13242792.jpg



f0126829_13244157.jpg



f0126829_13263286.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 昨年の秋、平岸高校卒業制作展で、彼女の作品をまとまってみていた。目玉焼きが沢山あるインスタレーション小部屋だった。本編で紹介済みだ。そこで、次のように記していた。


    ー秘密のアッコちゃんみたいな小部屋だ。そこに、小品が一杯詰め込んである。ちょっと「女の子の部屋」みたいなゾクゾク感、ぶらぶらと玉子をつり下げて不思議空間、沢山の作品で増殖ワクワク感、仄かな妖しげムードありと、「私の想、迷走、創作宇宙」なのだろう。
 小部屋(ミクロ)ではあるが、大きな心意気を感じるー


 今展、小さい平面作品を立体作品のようにして飾っている。「彫刻を中心に制作活動を展開」と自己紹介している。気分は立体作品を想定しての展示空間かもしれない。テーマは明快で、「人」であり、「顔」だ。そして、前回の1937番で紹介した「いそのけい」と同じく、「女の子」が主役だ。ただ、いそのけい が日常の夢気分一杯世界。あやせちめ の場合は、本人にとっては日常だろうが、見る方にとっては、日常と非日常を行きつ戻りつしながらも、非日常性を強く観じる。何となく漂うグロテスクさや狂気も、作家の中では不安感や所在感の無さ共棲して日常があるのだろう。作家の年齢から推し量って、それは「思春期」だ、人生では誰もが通る一コマだだと言い切ってしまえば簡単だ。そうかもしれない。きっとそうだろう。人それぞれに自分自身の問題に取り組み、それなりに解決するのだろう。
 そうかもしれないが、こういう作品を見ると心がざわめく。作家自身を離れて、「自分とは何なのか?」と問いかけたくなる。だが、もうそんな問いは止めよう。本当に向こうの世界に行く年齢になったのだから。ただ、画家の真摯な自分との問いを、ただ見ていこう。



f0126829_1463545.jpg



 直向きな綺麗な顔だ。タイトルは「ゆらぎ」。揺らいでいる顔がチャーミングとは、これも顔の不思議さか。



f0126829_149462.jpg
f0126829_14102095.jpg
     ↑:「ちょっと いやになったから なくしてみたんだ。」


 目をなくした。何故イヤになったのか?物事が見えすぎるからか?あってもなくても見え方が同じだからか?無い顔が素敵だからか?確かに素敵だ。



f0126829_14144371.jpg
          ↑:「WHO AM I」。


 「私は誰?」、「あやせちめ だろう」「あやせちめ は誰?」「それはあなただろう?」「あなたが私なの」「そう」「私は何処にいるの?」終わりなき問答は続く。それを無意味というなかれ。確かに意味という病ではあるが。



f0126829_14211585.jpg
          ↑:「すいそう」。


 「花葬」という作品があった。だから「水葬」にしたいが、作家はあえて平仮名にしている。「水槽、水葬、吹奏、水想、スイソウ・・・」


f0126829_1425347.jpg







f0126829_14291075.jpg





f0126829_14293372.jpg


by sakaidoori | 2013-02-24 14:51 | 道銀・らいらっく | Comments(0)
2013年 02月 23日

1937)「いその けい 個展 『ふとんの森、ねむけの踊り場』」 コジカ 終了1月18日(金)~2月23日(土)

いその けい 個展 

    ふとんの森、
    ねむけの踊り場
          


 会場:サロン・コジカ
      中央区北3条東2丁目中西ビル1F
      (東西に走る南側。)
     電話(011)522-7660

 会期:2013年1月18日(金)~2月23日(土)
 休み:日・月曜日(定休日)
 時間: 14:00~22:00

※ 誕生日パーティー ⇒ 1月19日(土) 19:00~   

ーーーーーーーーーーーーーーー(2.23)


f0126829_22192736.jpg




f0126829_22184170.jpg



f0126829_22185787.jpg



f0126829_030287.jpg



 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


「女の子」が、白い綺麗な紙に、一つ一つ重ならないようにフワフワと落書きをしていき、「こんなものでいいかなっ」と、白地とのバランスを見計らっては筆を置く。ふと何かが湧いてきたら、またまた落書きを横に横にと拡げていき、「疲れちゃったからまた明日」、でエンド。何を描くわけでもなく、それでいて心の中に浮かび上がり湧いてきたものを、一人でニコニコしては日々絵が進んでいく。

 「女の子」、女々しく弱々しい響きだろう。夢見る乙女気分を、描いては一人で楽しんだり、親しい仲間とあれこれとはしゃぎ廻っているぶんには問題はない。何かを楽しんでいるのだと、うすうすは気付いてはいても、無視するなり傍観していればいいだけだ。「公的美学」にはあずかり知らぬ存在でしかない。

 あー、コジカで「女の子」が堂々と振る舞っている。線やムードは強く何かを訴えているのではない。あくまでも、心の自由さが頼もしい。全く、四角四面の男性諸氏の美学からすれば、心持ちをそのまんま出されて、それが全てと言われた感じで、困りもするし、高飛車に出たくもなる。しかししかし、その明るさ楽しさは何とも羨ましい。この「女の子」に、技術がどうの、構図がどうのと言っても始まらない。

 「女の子」の秘密の小部屋が、いよいよ世間に堂々と闊歩し始めた。それは何も、いそのけい だけのことではないだろう。「こんなこと、私にだってできるわ」と、いそのけい をやさしく踏みつけていろんな人が出てくるだろう。「女の子」予備軍が社会に充満している。

 「女の子」の美学、一方に対する「公募展」的美学や「美術大学」的美学。「写実」的美学や「倫理あるいは精神」的美学、「ハングリー精神」的美学もある。いろいろ出てこい、いろんな美学よ!



f0126829_0304649.jpg



f0126829_1531616.jpg



f0126829_1535962.jpg







f0126829_031790.jpg


by sakaidoori | 2013-02-23 23:55 |  コジカ | Comments(4)