栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

34) 大通美術館 「楢原武正展」 ~2月4日

○ 楢原武正展 大地/開墾
    -2007今、僕は大通美術館で大地の芽を開墾す。

 場所:大通美術館  
    大通西5丁目11 大五ビル・東向き
    電話(011)231-1071
 期間:1月30日~2月4日(日)
 時間:10:00~19:00 (最終日は16:00まで)

f0126829_0143178.jpg
 今回は静かな展示だ。
 床には天空の星々のように大小の球体が配置されている。地底からぽっかり湧き出たようにも、浮いているようにも見える。右側の壁には十数本の直立物が立てかけてある。全面釘で覆われていて、腐食した錆び色が制作時期による違いでかなりの色合いの差がある。人口色に慣れた目には心地良い。壁はぐるっと小品を飾っている。びっちり釘で覆われている物、薄い鉄板に腐食色であやどり、釘穴をのぞかせているもの。「祭壇」「壁」ともいえる力作もうるさくなく並んでいる。

f0126829_018095.jpg 昭和17年生まれの64歳。若い頃の油彩画を帯広美術館で見たことがある。塗装屋さんらしく絵の具を溢れるばかりに使った女子の人物画だった。若いが故に目立つ作品という意図もあったであろう。情念をぶつける、昇華させるという作家スタイルは凄みこそ増せ、衰えることはない。鬱積した事件は多いが、時代は表現者に爆発的エネルギーを強いることはない。

 氏にとっては生地の十勝の原野・風景がバックボーンであるという。昔の色彩表現は雄大さとモノトーンに引き継がれて益々原風景を顕にしている。f0126829_0193272.jpg彼は最近の作品を大地/開墾と表現している。なんとも雄大で叙事詩的表現である。一方で、作品を見ればほほえましいくらいにセクシャル、『男のロマン』と卑小ではあるが呼びたい。母・女である大地に男である自分が男根で耕すのだ、そこから卵となって新しき命が生まれるのだ、と作品達は語っているようだ。その卵は大地・母の入れ子のような表現になり、作家の胎内回帰、永劫反復と美の象徴を担っている。美の女神に近づくにはどうするか。男は意識無意識を問わず懊悩する。言葉であっても、行為表現であっても過剰でなければならない。氏は日々何かに釘を打つことによって過剰・過激な精神を維持している。まるで苦行僧、修行僧のように思える。ある年齢に達すると肉体的にも精神的にも衰えを自覚する。ピカソは精液を流しながら裸婦を描き、己を鼓舞し衰えと死と戦った。楢原氏は日本人だ。そんな事は夢想外だ。真摯に実直に対峙することを課題にしている。

 できることなら、あの釘柱を借地の畑のある庭に一年間飾りたいものだ。雪の日、雨の日、光まぶしき日、手に触れて挨拶を日課にしたいものだ。


 

by sakaidoori | 2007-01-31 20:03 | 大通美術館 | Comments(2)
2007年 01月 31日

33) 写真ライブラリー「藤田会 写真展vol.1」(終了)

○ 藤田会 写真展vol.1  加藤大輔&竹田佳祐二人展

 場所:札幌市写真ライブラリー
    北2東4 札幌ファクトリーレンガ館3F
 期間:1月23日~1月28日

 一人が大きな一部屋を使っているので、伸び伸びとした二人展だ。繋ぎ廊下に友人達が賛助出品している。

 加藤大輔。不思議な作品群だ。カラーの風景が中心だ。白黒、人物、意味不明の被写体、鮮明不鮮明な作品がちりばめてある。大きさ・額装も若干変化してリズムをつけている。
 飛び切りインパクトの強い物はない。ないのだが、僕は二度三度とぐるぐる部屋を廻った。おだやかな晴れた空、白い雲がゆっくりゆっくり流れるのをただポツネンとして眺めるようにして。そういう時には空を見ていても心は別のことでおおわれているいるものだ。まさしく『上の空』状態だ。心象的写真というには狭すぎる表現だ。視覚体験の可能性というのか、よき映像に出会えた。

 彼は以前、加藤D輔と称していたと思う。会場入り口に作家の言葉があった。22歳までの自分の撮った写真は全部廃棄したと書かれてあった。激しい性格の人だ。今展は再出発展でもあるのだろう。

 竹田佳祐。若い特定の女性のポートレート。およそ一年間ほど撮り続けているという。若い写真作家でテーマを決めてかなりの年月撮り続けた作品群にあまりお目にかからない。そういう意味では新鮮だった。残念なのは変化に乏しいことだ。それと、作家とその女性の作品上の距離感が不鮮明に感じた。その女性の彼氏もでてくる、母もでてくる、友もでてくる。人間関係の中からその女性の魅力なりを浮かび上がらせたいのだろうか。
 大変な作業だと思う。被写体は生身の人間だ。それ故に作家に高い緊張感が無ければ、甘さに流される危険がある。次回を楽しみにしています。

by sakaidoori | 2007-01-31 14:42 | 写真ライブラリー | Comments(0)
2007年 01月 29日

32) 紀伊国屋札幌本店 「書(樋口雅山房)とひな人形展」 ~2月5日まで

f0126829_12381048.jpg
○ 書のしつらえ 名称のひな展  展示即売会

 書家:樋口雅山房
 監修:人形の瀧本

 場所:紀伊国屋札幌本店・2F特設会場(大丸の西隣)
    北5西5 電話(011)231-2131
 期間:1月23日~2月5日(月)
 時間:10:00~21:00(年中無休)

f0126829_13142257.jpg
 基本的にはひな人形の出店即売会。
 瀧本は段飾りでなく、人形の床飾りを勧めている。床ばかりでなく、棚であったり、置物であったり。その日その時期の気分に合わせて飾る数や人形の変更を勧めている。小さくてもいつも身近に人形を飾って愛でて、家族やお客さんたちとの語らいや和みの品々として使ってもらいたい、店主の人形に込める愛情である。

 各ひな人形にかなり詳しく職人の紹介プレートがある。申し訳ない、一切省略して記事を進めて行きます。その人形に合わせて書が展示されている。若干大きさを変えながらも、人形に合うサイズの書だ。品があって華やかな書だ。人形はテーブルに並べられているが、書を鑑賞する視線に邪魔することのない高さだ。瀧本店主の気配りだろう。最近の雅山房は漢字の古字に思いのたけをぶつけて、新境地を開いている。今回は「楽」のみ。一字一字に運筆の違いがあり、まさしく「楽」しめる。あらためて、「雅山房はうまいな・・・」と思ってしまった。書を見ること、考えること少ない僕にとって雅山房の引き出しの多さを思い知らされた。以前、氏に「印象記を書いてよ」といわれたことがある。ようやくその端緒をきることができた。油彩は北浦晃氏のオッカケをしている。書は雅山房のオッカケをして眼力、文力を鍛えようと思っている。
f0126829_13232794.jpg f0126829_13244775.jpg
 


 
   
  



 

by sakaidoori | 2007-01-29 00:37 | 紀伊國屋書店 | Comments(0)
2007年 01月 28日

31) タピオ「BOX ART展4」 ~2月3日まで

○ BOX ART展4  閉塞形状展
        
 場所:タピオ
    北2西2・中通り東向き・道特会館1F
    電話(011)251-6584
 期間:1月22日~2月3日(土)
 休み:日曜日 
 時間:11:00~19:00
 
 定例のグループ展だ。
 今回は11名の参加。メンバーを列記します。
 柿崎秀樹 古賀和子 今偉正(こん いいまさ) 竹田博 名畑美由紀 能登健一 林教司 福地秀樹 山岸せいじ 横山隆 吉住ヒロユキ
f0126829_1530926.jpg
 今回はオーナ竹田さんの「BLACK BOXのコンポジション」が圧巻であり面白い。まさに棺桶である。お店で処分に困っていた段ボールをただ黒く塗っただけのもの。中に遺品のようにして記念品が丁寧に置かれてある。1974年に竹田夫婦がお互いを撮った写真もある。竹田さんはスタイリストか、サラリーマン風に新聞を広げて顔を隠している。その新聞が撮影時期を暗示している。f0126829_15475669.jpg 上の写真、右側が古賀さんの「夏は近い」。ギュと引き締まったいい作品です。戦争をモチーフにすることの多い古賀さんですから、タイトルの夏もそういうことをほのめかしているのかもしれません。
 古賀さんの隣、右から二つ目が横山作品。竹田さん同様にダンボールを得意とする作家。最近のタピヲ出品の横山ダンボールはなかなか充実していると思う。どこか手を抜いているのではと思える作品も以前はあった。きっと、あえてそういう作に仕上げていたのだろうが、遊び心が勝ちすぎて好ましくはなかった。

f0126829_1614528.jpg
 左の写真、一番左は名畑さんの「宴(うたげ)」。整理箱に着物をいれただけのもの。なぜかしら僕はこういうのが好きなのです。
 その隣が山岸作品。センサーを利用して人が近づくと丸い物がチカチカ輝きます。いつになく凝った作品。

 会場を出た後、交差点の真ん中で出品作家福地君に鉢合わせた。「近々、君の紹介をしたいよ」といって別れた。来週もこの展覧会はしています。時計台では福岡幸一版画大展覧会があります。ついでといっては失礼ですが、立ち寄ってみてください。

 予告:2月5日からのタピヲは「為岡進写真展」です。

by sakaidoori | 2007-01-28 16:14 | たぴお | Comments(0)
2007年 01月 26日

29)②東京、巡り記 「国立新美術館 四つのこけらおとし展」

f0126829_23174839.jpg
 ①国立新美術館記念展 20世紀美術探検 (6000㎡)
         -アーティストたちの三つの冒険ー
 場所:港区六本木7-22-2 (六本木ヒルズより徒歩10分以内) 1F
 期間:1月21日~3月19日(月)
 休み:基本的に火曜日
 料金:(当日)一般1100円 大学生400円
 
  ②黒川紀章展ー機械の時代から生命の時代へ (2000㎡)
 全て上記に同じ 2F
 料金:無料

  ③文化庁メディア芸術祭 10周年企画展ー日本の表現力 (2000㎡)
 全て上記に同じ 2F
 料金:無料

  ④異邦人たちのパリ 1900-2005  (ポンピドー・センター所蔵作品展) (2000㎡)
 期間:2月7日(水)~5月7日(月) 2F
 料金:(当日)一般1500円 大学生1000円

f0126829_10124090.jpg  道立近代美術館の常設展、企画展の敷地面積は共に1100㎡だ。①の記念展の展示面積は6000㎡だからいかに広いか想像できると思う。1階全部を使っての企画展だ。ちなみに、ここの美術館は2000㎡を1単位にしている。全部で3階、7単位14000㎡である。

 (続きは明日書きます。明日はギャラリーめぐりの予定。夕方はフォーク・ライブ。僕にどれだけ書く能力があるのか試されているみたいです。それではお休みなさい)

f0126829_1015503.jpg セザンヌの中品を先頭に500点以上の、この100年間の作品が並んでいる。簡単に書くには膨大な量だ。全体は三部構成。初めはオーソドックスな壁面作品。郷土の傑物、三岸好太郎もいる。和人、洋人問わず有名どころが並んでいる。近代美術史の格好の教材だ。日本人が何を吸収し、いかに消化したかを考えてしまう。ポロック、デュビュッフェなど初見でお気に入りの作家にあえて入場料のもとは取った気分だ。

 一部の後半から二部はインスタレーショウ、立体、広告、映像と何でもありの『本格的』現代美術の世界になる。暫時視界が変化して飽きることはない。厭きないがその広さに疲れてしまう。アメリカ的消費物流の美術的反映f0126829_1017915.jpgとも言える。ロシア人タリトンの「第三インターナショナルのモニュメント」と言う建築映像作品がある。連れがロシアの勉強をしていて教えてくれた。ロシア革命後、革命を記念してタリトンが壮大な建造物を設計した。金の問題もあるが、田舎者スターリンにとってそんなものは無用だから、机上の産物である。その建造物をCGを使ってペテルスブルクの川岸に再現した作品。説明を聞かなければ何の意味だか解らない。現代美術を試すような作品だ。

f0126829_102332.jpg  第三部は2000㎡にたった6人だけを選んで個展風のインスタレーションの紹介。アンドレア・ジッテル、シムリン・ギル、コーネリア・パーカー、高柳恵理、田中巧起、マイケル・クレイグ=マーティンの6名。

 分厚い図録だ。格安で2000円しない。また枕本が増えてしまった。

 退出したら再入場は不可である。希望として出入り自由の一日券を考えて欲しい。ゆったり構えて、腹を据えて新美術館を楽しみたい。
f0126829_1017496.jpg



 

 

by sakaidoori | 2007-01-26 23:17 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(0)
2007年 01月 26日

28)①東京、巡り記 「国立新美術館 四つのこけらおとし展」

 美術を目的に上京した訳ではないが、行けば気になって適当にというか、かなり観に行った。札幌でもそうだが下調べもせずに行き当たりバッタリの東京巡り記だ。先に概略を書いておきます。

 この記事の紹介の「国立新美術館」、「森美術館の入り口と展望台からの夜景」、「うらわ美術館」、「銀ブラと、ギャラリー巡り」。
f0126829_18323760.jpg

○ ①国立新美術館記念展 20世紀美術探検
         -アーティストたちの三つの冒険ー

 場所:港区六本木7-22-2 (六本木ヒルズより徒歩10分以内)
 期間:1月21日~3月19日(月)
 休み:基本的に火曜日
 料金:(当日)一般1100円 大学生400円

 浦和駅に降りて美術情報入手のために観光案内所に行った。東京のパンフはここしかない。そういえばテレビでここの紹介をしていたのを思い出した。他に当てはないし、迷わず行くことにした。

 総ガラス張りの立派な建物だ。大きな箱物だ。そして不思議な名称だ。ここの正式名称は「独立行政法人国立美術館 国立新美術館」である。最初から国の直営ではないのだ。規模と運営主体から直ぐに次のことが言えると思う。沢山の入場者と、赤字にならないこと、文化効果を経済効果など数値的判断の下に運営を議論されるということだ。それは名称に露骨に表れている。「新」美術館とは何と情けない名前だろう。場末のキャバレー「現代」と名づけた人たちと同じ発想でしかない。更に他の美術館にないユニークな日本的特徴がある。一切所蔵品を持たないということ。最大規模の公募展「日展」ですら容易に利用しやすいようにバックヤードが整備されているのだ。作品の搬入、審査、陳列が滞りなくできると謳っている。日本最大の貸しギャラリーなのだ。つまり何でもいいから企画なり、貸しなりで非赤字運営をして、沢山人を集めて文化的先進地帯として東京の顔にしようとしているのだ。傍に森美術館がある。近々、徒歩10分以内にサントリー美術館がオープンするという。そこは旧防衛庁跡地で、再開発によって東京ミッドタウンと呼ばれることになる。ちなみに、ここ新美は旧陸軍歩兵第三連隊、及び近衛歩兵第七連隊兵舎跡地だ。その一部分が美術館のレイアウトとして保存されている。森美ー新美ーサントリー美の美術館トライアングルが国家の文化政策の具体化として、今たち現れようとしている。ビル王、国家委託団体、企業がその担い手だ。館の説明が長くなった。

by sakaidoori | 2007-01-26 18:33 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(0)
2007年 01月 21日

◎ 4,5日のお休み

 急に旅行に行くことになったので暫く更新は途絶えると思います。

 帰ってきたら、またよろしくお願いします。返事等一切出来ませので、お許し下さい。

by sakaidoori | 2007-01-21 08:29 | ★ 案内&情報 | Comments(2)
2007年 01月 21日

27)アートスペース201「北海道教育大学 写真部 学外展」  ~23日まで

○ 北海道教育大学 写真部 学外展

 場所:アートスペース201 5F E室
    南2西1-7-8 山口中央ビル・北向き
 期間:1月18日~23日
 時間:10:00~19:00

 1,2年生の多い写真展です。僕は写真のことは判りません。まさしく印象記です。
 今後、彼/彼女等がどう写真に取り組むかはわかりません。自己表現の一環として他人に晒す作品として、息長く写真に取り組んでもらいたいです。
 強烈な作品はあまりありません。個々の関心の趣くままのものです。それを貫く何かを書けれたらいいのですが、未だ能力不足。写真の技術的なものも解りませんが、あまりそういうものを学生展に求めてないので解らないことが丁度いい。関心のある作家がいたのですが、残念ながら今展では不参加です。

 参加学生、2人を簡単に紹介します。

f0126829_0251849.jpg

f0126829_0271912.jpg 1年生、三橋夏稀さん。人物ばかり撮っていたので風景を撮ったとのこと。たまたま現像して日輪の後背のようなものがでてきてのお気に入り。楽しく緊張しながらも、屈託無く会話が出来ました。作品上のことでなく展示に関しての意見です。自分の写真作品集を編集して用意してもらいたい。写真部なので、常に写真は持ち歩いて欲しい。彼女はまだ1年生だ。4年生までにアートスペースのワンフロアーを貸しきるような意識的なグループ展あるいは個展をしてもらいたい。頭の隅に常に置いておいてください。







f0126829_0374584.jpg

f0126829_0403656.jpg 2年制、芳岡孝将君。人物をくりぬいた、遊びとトリッキーなところが印象に残りました。
 
 今年1年、しっかり写真を見よう。




  

by sakaidoori | 2007-01-21 00:44 | アートスペース201 | Comments(0)
2007年 01月 20日

26)大同「New Poiut Vol4」  ~30日(火)まで

○ 第4回 ニュー・ポイント展
    ジャンルを越えた様々な表現の新しい出会いの接点、新しい展開の地点

 場所:大同ギャラリー
    北3西3 大同生命ビル3F4F・南西角地
    電話(011)241-8223
 期間:1月18日~30日(火)
 休み:24日、水曜日
 時間:10:00~18:00 (最終日17:00)

f0126829_200119.jpg
 38名の若手の総合グループ展。広い部屋2室をつかっているから、作品が窮屈ということはない。年々参加者が増えてるようだ。作家同士の交流も意図しているから可能な範囲まで膨らむのだろう。

 上の写真。入り口正面からのもの。木造立体の伴翼君の「狩人」2点が縦に並んで迎えてくれる。本作品は遺跡展でおなじみの鹿の骨などで出来た釣り針の伴スタイル。伴君は具象作家で大きさは違うが見たものをそのまま造る。素材であれ、造られたものに対してであれ、内側から優しさがむっくりと滲むように表現する。僕自身は若い作家に起伏の激しいのを求める傾向があるから、最初は物足りなさを感じていた。慣れたからではない。作家自身の感性にこちらが作品を通して気が付かされたと言ったほうがいい。タイトル名に反して優しく意図し見たくなる作品だ。是非皆さんも手に触れて感触を楽しんでください。

f0126829_21252843.jpg 左、奥山三彩さんの「blue sun」。太陽だから奥の上のほうに展示されている。「空を思って欲しい。燃える太陽でなく、青い太陽を思って欲しい」との、作家のコメント。角張ってざっくばらんに彫っているのだが、太陽の彫り方が気になった、というか気に入った。下のほう、手のひらにあてがいたくなった。本人、作品に合わせて青いマフラースタイル。なかなか小粋でおしゃれな女性。


f0126829_21351240.jpg 

 久保さんリクエストのEmily Meyerさんの作品。もう一枚の「kubo-san」は左隣にあって、上の写真で見つけてください。なかなかワイルドに画面いっぱいに描く人です。

  

f0126829_2143559.jpg 



 前川アキさんの「戻ってきた冬」、PかMの50位と菅君が教えてくれました。不思議な風景の抽象画を描く人です。今回は新春ということでどこか生き生きした感じがしました。この人はきついのも描くのです。前川ワールドははまると薬(やく)のように電脳にこびりつきます。

f0126829_2151197.jpg

 上の写真は4階の会場です。
 正面の立体作品は川上勉さんの漆しあげ。横広がりがあって、包み込むような作品です。後ろ左から、山田恭代美さん。今作は白、緑、青の水面だと思います。白がアクセントになり今までの賑々しさの強い作品と少し違いを感じました。なるほど、なるほどと思いました。隣、合田千夏さんの「moco moc`s」。さいとう展と同様に茶系というか色が増えて、上のほうに可愛く何かを描いています。これが大作にどう顕になるのか興味があります。隣の2点、阿部有未さん。最近は次はどう表現するのかと楽しみにしている作家。隣、小林光人さん。グッと引き込む本格油彩画。

f0126829_2284896.jpg 菅定君の「FOOT PROOF(足型)」。菅君は北見市在住です。ご苦労さん、大変でしょうが頑張って札幌通いをして下さい。何にも出来ないけど、作品だけは見に行きます。38歳の気さくな青年です。皆さんもよろしくお願いします。彼は足型から出発して、切った貼った、具象抽象といろいろしている。今回はややうるさくコンパクトな仕上がり。どこかジュエリー風も感じます。



f0126829_2218610.jpg
 最後はベトナム人のダム・ダン・ライ君の「風画」。階段の踊り場に飾ってある大作。水彩と思います。小品を沢山つないで絵のフーガを表現しているのでは。この地に南のベトナム人がいて、作品を発表しているのです。僕はそれだけで応援したくなります。

 沢山作品があります。必ず好きな作品に合えると思います。

by sakaidoori | 2007-01-20 20:00 | 大同 | Comments(3)
2007年 01月 19日

◎ワイド変更

 以前から気になっていた画面サイズのことを、「見にくい」との指摘がありました。もっともです。

 サイズを変更します。それに伴い、おかしな写真掲載になっている記事もあります。修正しますので、不都合な点は今しばらく我慢してください。

 一応作業は終わりました。内容的にも画面のデザイン的にも何かご意見あれば、いつでも宜しくお願いします。(時間が無いので、下の記事は後で書きます)

by sakaidoori | 2007-01-19 13:48 | ★ 案内&情報 | Comments(3)