栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:[石狩]( 3 )


2014年 08月 07日

2440)①「福岡幸一版画展 1億年のアンモナイトたち」いしかり砂丘の風 7月19日(土)~8月31日(日)

f0126829_11121827.jpg





福岡幸一版画展 
1億年のアンモナイトたち 

~いしかり砂丘の風資料館の場合
 




 会場:いしかり砂丘の風資料館
     石狩市弁天町304
     電話(0133)62-3711

 会期:2014年7月19日(土)~8月31日(日)
 休み:火曜日
 時間:9:30~17:00
 料金:300円

※ ギャラリートーク ⇒ 7/27(日) 16::00~ 於・当館 「化石からのメッセージ」

※ いしかり館ネットワーク4館同時展覧会。他会場の日程等の詳細はチラシ参照

 主催:(石狩市)



ーーーーーーーーーーーー(7.27)




f0126829_11172665.jpg



f0126829_11174134.jpg






 今展掲載の前に、版画家・福岡幸一氏に関する若干の予備知識を記しておきます。

   1947年 北見市生まれ
        以来、高校まで地元に暮らす。
   1965年 19歳時、札幌圏の会社に勤務。
        以来、札幌を生活、発表の拠点にする。
      何年か前に石狩市に転居。現在に至る。

 22年前の1992年に日本古生物学会員になり、10年前位からもっぱらアンモナイトばかりを銅版画制作している。
 北見在住時は原色で勝負する自己発露型作家だった。それは青年特有のもので、その時だけのものか人生を貫くものかは未定だろう。その後絵画を止めて版画家になった。自己爆発型から対象をじっくり見つめる方向に転換していった。古き民家、生活感のあるたたずまい・・そして、りんごなどの樹木を描き始めた。そこまでは同じ画家や美術ファンからも注目されていた。

 しかし、絶対に動くことのない「アンモナイト」ばかりを描き始めておかしなことになった。売れて売れてお金になるわけでもなく、誰かに依頼されたわけでもない。その作画姿勢に友人知人のなかには、「そんなボタニカルアートのような自分の無い表現は止めたら」と、ジョークで言う人もいる。友を失いはしないが作家としては見放され気味だ。

 ところが、事態はいよいよおかしな事になって、博物関係の方達が注目し始めた。道内の博物館はもとより、本州でも展示予定が続く。


 僕は福岡幸一の追っかけマンだ。「アンモナイト」よりも、人間・福岡幸一に多大な関心があると言った方がいい。仲間に疎まれても、倦まず飽かず黙々と「アンモナイト」に向かう姿に並々ならぬ好奇心を持っている。
 僕はもともと社会史や歴史は好きだが博物誌、地誌は苦手だ。時系列指向派だから、因果律に関係しない空間律にはピントが合いにくいタイプだ。民俗学でたとえれば柳田国男よりも折口信夫を選ぶ。
 だが、僕は福岡幸一を見続ける。 

 以上、「福岡幸一とアンモナイト」の現況です。
 美術表現者、愛好者にはいささか疎まれ、しかし、博物関係者などの美術を取り巻く人達からは一部ではあるが歓迎されるという矛盾も秘めています。そんな福岡幸一の問題点、魅力などを今回の4館同時展覧会で少しでも記すことができればと思っています。






 



f0126829_11185623.jpg




 会場は狭い。ゼミ教室のような雰囲気だ。博物館らしくアンモナイト化石と版画作品を組み合わせている。

 今回の「福岡幸一銅版画展」は4会場だ。図書館、植物センタ-、市役所ロビー、そしてここ博物館なのだが、それぞれにテーマがあるとのことだ。この会場は「化石」そのものを見てもらう。版画に合わせて化石があり、版画を見ることによって化石もちょっと見方が変わるかな?深まるかな?空想も拡がれば、そういう主旨だろう。





f0126829_14141649.jpg




 始まりは、アンモナイト・プロローグ。

 アンモナイトは現在では絶滅している。今に生きている生物としてはイカが最も近い親戚か?オウムガイはアンモナイトの規則巻き(円形巻き)と形は似ているが遠い親戚みたいなものだ。そのオウムガイの貝殻が展示の始まりを飾っている。
 氏にしては珍しくアンモナイト模型なども置いて遊んでいる。模型の足の部分、化石としては現れないから想像されたものだが、イカタコからの類推だろう。想像模型を展示に使うとは、氏にしては珍しい。いよいよアンモナイト版画制作も終盤、いや、ゴールにさしかかったからだろう。余裕の産物とみた。





f0126829_14241162.jpg




f0126829_14245567.jpg
f0126829_1425860.jpg







f0126829_14252966.jpg
f0126829_14254367.jpg
   ↑:左側、「アナゴードリセラス属」・2004年制作 20×16.2㎝。
   ↑:右側、「テトラゴニテス属」・2012年制作 40×24.7㎝(2枚組)。





 こういう感じで化石と作品を組み合わせての展示だ。時には、作品のモデルになった化石もあり、実物との見比べも楽しいものだ。


 以下、作品を載せて行きます。作品に関係なく適当に化石も載せていきます。「何故組み合わせて載せないのか?」って。面倒だからです。スイマセン(^_^;)。






f0126829_21344981.jpg
   ↑:「メヌイテス属」・2008年 20×36.2㎝(2枚組)



f0126829_21335676.jpg
f0126829_21341112.jpg




f0126829_21381569.jpg





f0126829_21384664.jpg
f0126829_21385629.jpg
   ↑:「テシオイテス属」・2006年 20×20㎝。






f0126829_2143776.jpg
f0126829_21431973.jpg





   ↑:「キャナドセラス属」・2005年 20×20㎝。







f0126829_21475884.jpg
   ↑:「ユーボストリコセラス属」・2004年 20×30.4㎝(2枚組)。




f0126829_21503697.jpg





f0126829_2231922.jpg
   ↑:「ポリプチコセラス」・2004年 20×24.7㎝。




f0126829_2233255.jpg










f0126829_21583514.jpg





f0126829_21585768.jpg





f0126829_21591683.jpg




 この日はギャラリートークだった。お客さんの入りを心配しだが、狭い会場だが埋め尽くした。質問も飛び交って、なかなか盛況だった。





f0126829_2201731.jpg

by sakaidoori | 2014-08-07 23:32 | [石狩] | Comments(0)
2014年 07月 27日

2429)「今日の風景(2014年7月27日) 石狩海水浴場の海岸」









 「福岡幸一 銅版画展 1億年前の北海道のアンモナイトたち」を見に石狩市・いしかり砂丘の風資料館へ行った。日帰り温泉・番屋の湯の直ぐ側と言えばわかるかもしれない。石狩川の河口近くだ。資料館から東に行けば石狩川が見えるはずだ。今日の夕方はひどい天気だったので、川の散策は取り止め。西側には海が見える。海水浴場だ。雨と風、とくに風が強かった。傘はさせない。少し濡れながら海岸の様子を急ぎ足で撮った。





f0126829_2238399.jpg
   ↑:(17:40)




f0126829_22392564.jpg





f0126829_22395370.jpg





f0126829_224078.jpg





 次は、海水浴場の駐車場の様子です



f0126829_234586.jpg



 車はほとんど無い。たぶん関係者の車だろう、数台あるだけだ。




f0126829_2351117.jpg



 低い場所には水がたまっている。





f0126829_2352474.jpg





 海だけでは申し訳ない。展覧会場の「いしかり砂丘の風資料館」辺りを載せます。個展の様子は少し遅れます。




f0126829_23131729.jpg
   ↑:(展覧会場の資料館。)




f0126829_2314366.jpg
   ↑:(資料館に隣接する旧長野商店。)




f0126829_23163560.jpg
   ↑:(資料館前の道路。北の岬突端方向。資料館の前の建物は、閉館した「番屋の宿」。)




f0126829_23185467.jpg
   ↑:(日帰り温泉・番屋の湯。今も「番屋の湯」と言うのだろうか?資料館パンフには「魞の湯」とある。)




 資料館の様子を少しだけ載せます。


f0126829_2321575.jpg







f0126829_23213332.jpg







f0126829_23214454.jpg





 それでは続編は3、4日後

by sakaidoori | 2014-07-27 23:26 | [石狩] | Comments(0)
2013年 11月 07日

2294)「第2回 石狩美術協会展」 石狩ArtWarm 11月3日(日)~11月10日(日)

第2回 石狩美術協会展 




 会場:ArtWarm(アート・ウォーム)
     石狩市花畔1条1丁目56番地
     (道道石狩手稲線沿い東側。
      石狩市役所より北方向へ500m、
      レンガ造りの建物。)
     電話(0133)64-4664

f0126829_14172563.jpg 会期:2013年11月3日(日)~11月10日(日)
 休み:
 時間:10:00~18:00
     (最終日は、~16:00まで。)

 【参加作家】
 (チラシを拡大して確認して下さい。)

 主催:当協会
 共催:当館

ーーーーーーーーーーーー(11.6)





f0126829_9555849.jpg




f0126829_9562032.jpg




f0126829_9564984.jpg




f0126829_9573659.jpg






 
 「ArtWarm(アート・ウォーム)」、何回か行っているが、当ブログには初登場みたいだ。初めて見に行ったのは、教育大学の院生展だったか?10年ぐらい前だったか?

 初掲載だったらもっと周りを載せたかった。暗かった。次回の楽しみにしよう。



 昨年立ち上げた「石狩美術協会」。会場風景を載せます。
 倉庫を改造したギャラリーです。ワンフロアー、広くて高くて、なかなか利用しがいのある空間です。本格的大インスタレーションも可能だ。そんな個展を私的にする、そういう作家が道内でいるだろうか?いれば最高だ。個展が無理なら、3人展でも。札幌からも遠くはない。駐車場もあるし、利便性は良い。



 気になった作品を何点か載せます。



f0126829_115833.jpg
   ↑:石川康夫、「古潭の丘」・油彩 F50。

 「古潭の丘」、時期は夏か?暗さと色爛漫さが混じり合い、一本気な元気さを越えて執念すら思う。80歳に近い大ベテランの気合いの入った力作だ。いつまでも濃い愛情表現をされる方だ。

 「古潭・・・30年ほど前に住んでいました。7、8年暮らしましたか。当時スケッチしていたのを探し出して、今展のために描きました。先日、当地を見に行ったのですが、誰もいない。だから、民家は想像ですよ。・・・近くに漁港の堤防がありましたが、当時は無かったですな。・・・絵は15年ほど描かない時期もありましたが・・・今年、お誘いがあったので頑張って描きましたよ。・・・」

 午後5時過ぎの訪問。屋外は既に真っ暗。会場は受付の石川康夫氏以外にはだれもいない。ギャラリーと玄関の間には、それなりに広いくつろぎスペースがある。小綺麗さだけを残して深閑としたものだ。もしかしたら、この大きな建物に、僕と石川氏だけかもしれない。異様な静けさだが、絵好きにとっては慣れれば天国だ。そこで、何とはなしに作家と会話を楽しむ。石川氏、声の通りも良く、矍鑠(かくしゃく)たるものだ。


 「古潭」、会話では望来と聚富の間であったが、もしかしたら望来の向こうの古潭川河口近辺かもしれない。近くに漁港があったという。それを目安に訪問しよう。






f0126829_1243034.jpg
   ↑:中谷美枝、「裏通り」・油彩 F50。


 家も密集しているし、シャッター街という場所でもないし、山の季節を自然を謳歌しているし、明るい日差しもあるし、なのに寂しい雰囲気だ。青を基調にしているからか?タイトルが「裏通り」だからか?几帳面な絵だ。輪郭をはっきりさせ、縦ラインを強く意識している。見る視線は膨らんだ下から、道路に沿いながら上に持ち上がり、山姿の壁にぶつかる更に山、そして空。拡がる視界とは裏腹に、人気の無さがいつまでも付きまとう。






f0126829_131321.jpg
   ↑:大黒利勝、「旧渡船場」・水彩 F60。



 石狩川の旧渡船場跡地だろう。知らなかった。「古潭」同様に見に行こう。
 画家はここで何度も船に乗ったのだろう。川岸から対岸を眺めてみよう。きっと広々しているだろう。だが、画家は辺りの風景を無視する。ただ渡船場跡のみを絵筆に納める。






f0126829_13242486.jpg
   ↑:岩崎道子、「向日葵(黄昏)」・水彩 F60。


 向日葵をしっかり強く描いているが、海が描きたかったのかもしれない。思い出を心象世界で再現しているのだろう。
 色もタイトルも「黄昏」だが、描き手は「暁(あかつき)」を見つめているみたい。おそらく、向日葵に画家らしい「祈り」のようなものを暗示したいのだろうが、のたうち回っている姿は現在進行形だ。目的は過去表現だろうが、今を踏ん張っている。






f0126829_1336442.jpg
   ↑:平原郁子、「野-花の記憶」・水彩 F80。



 森の中の暗いムードは個人的に惹かれる。どこまでも暗さを僕は求めるが、この絵の暗さは明るさのための暗さだ。
 画家は端正な人だから、妖しげにとか不明瞭には描かない。むしろ闇の中での大事なものに精を尽くす。そこに光を当てて白い空間と明るく花を描く。個人的にはこの花はいらない。もう十二分に花の心を絵は表現し尽くしている。女性は欲張りだ。なかなか足下の一輪だけでは満足しない。






f0126829_13481669.jpg
   ↑:川本ヤスヒロ、「夕暮れ」・油彩 M80。


 明るく暗く激し夕暮れだ。
 ロクロでお馴染みの川本ヤスヒロ氏だ。ロクロも良いが人や生き物のいない世界も魅せてくれる。絵が人間臭いから、何を描いてもマンパワーが渦巻いている。
 人はいないが、今回は曲がる道と、夕焼けの照らす水平ラインが見た目の主役だ。






f0126829_13555182.jpg
   ↑:福岡幸一、「白亜紀カンパニアのアンモナイト」・版画 60×50.4㎝。



f0126829_14192882.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 ご存じ「アンモナイトの福岡幸一」です。

 「アンモナイト!?もういいよ!!!・・・!!!。

 ま~、そう仰らずに見ましょう。「執念の人・福岡幸一、恋する人・福岡幸一」なのですから。発表者にとって「執念と求愛」は究極の原点かもしれない。それを素直に見せているのですから、見方によっては「可愛い人・福岡幸一」かもしれない。実際、今回のアンモナイトは可愛くないですか?


 

 こんな駄弁を書いていては石狩美術協会に失礼でしょう。お詫びに全作品を載せます。





f0126829_11413512.jpg






f0126829_11414555.jpg





f0126829_114506.jpg





f0126829_11451125.jpg





f0126829_11452130.jpg





f0126829_11453384.jpg






f0126829_1145556.jpg







f0126829_1462962.jpg
   ↑:川名義美、「I子」・彫刻 50×40×70。



 皮膚のもじょもじょラインがセールス・ポイント。少し痛々しい。

by sakaidoori | 2013-11-07 14:19 | [石狩] | Comments(0)