栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:☆旭川美術館( 3 )


2008年 02月 13日

※)旭川美術館 ③「アール・ブリュット/交差する魂・・戸來貴規の場合」  1月16日(水)~2月17日(日)

 日本側出品者の特徴が分かるので、はたよしこ・さんの会場キャプションを全文載せます。描かれた模様(文字)と、その束と、今日までの「日記」の扱われ方に深い感銘を受けた。アール・ブリュットがどういう意味かが想像できると思います。
 以下。会場キャプションより

 B5版の紙に不思議な幾何学模様が描かれ、高さ約30cmに積み上げられて、事務用の黒い綴り紐で、中央部あたりで無造作に綴られている。それは1000枚以上もの束であった。描いたのは、戸來貴規(ヘライ・タカノリ、1980~)。知的障害者施設の職員によると、これは文字であり、彼の日記なのだという。よく見るとその「日記」は日付と気温の部分の数字が毎日違っているだけで、ほかは全部同じことが書いてあった。「きょうはラジオたいそうをやりました(中略)みそしる うめぼし・・・」そして裏面には「3月15日水曜日 天気晴れ気温16℃ へらいたかのり」。図形とも記号ともつかない模様を指でなぞりながら、職員が本人から聞きだした記述の翻訳だ。

 幼少のころはおとなしい少年で、千葉県にある普通学校の知的障害児特殊学級に通っていたが、小学5年生のとき、父親の転勤に伴い岩手県に転居した。そのころから大きな癲癇発作が起こるようになり、乱暴な行動に困り果てた両親は仕方なく児童養護施設に入れた。自閉症と診断されたのも、このころらしい。現在暮らす施設「やさわの園」は、成人の知的障害施設である。入所当初は態度も粗暴で、職員の誰もが理解困難でお手上げだという存在だった。そこに、彼の描く連続模様の美しさに心魅かれたふたりの女性職員が丹念に歩み寄り、薄皮を剥ぐようにして彼の表現の謎を一枚づつめくりはじめたのだった。

 一つの図形が言語としての姿を現す。まるで、古代文明の文字を解読してゆくように、人間としてのと戸來が立ち現れた。彼の孤独の営みが、少しづつ交信の回路となっていったのである。しかし、過去10年以上の日記は、すでに破棄されていて存在しない。(了・2月13日記)

f0126829_23522875.jpg



 (記は続く

by sakaidoori | 2008-02-13 23:48 | ☆旭川美術館 | Comments(0)
2008年 02月 13日

530) 旭川美術館 ②「アール・ブリュット/交差する魂」  1月16日(水)~2月17日(日)

 (以下、あくまでも私見ですので、認識の間違いの指摘を待ちます。)

【概要】

 ○「アール・ブリュット」とは何か?

 芸術家&収集家ジャン・デュ・ビュッフェの造語(1947年に提唱)。この言葉の英語訳が「アウトサイダー・アート」(1972年に批評家ロジャー・カーディナルが使い始めた)。日本ではアウトサイダー・アートの方が有名で、一般的に流布されている。
 その意味は直訳的には、「生の芸術」。高い表現力をもった作品が前提だが、作家そのもののありようも問われる概念である。ジャン・デュ・ビュッフェが提案した明確な主張によって作品及び作家が関係者によって選定される。もちろん、アートはアール・ブリュットであるかないかを価値判断とはしていない。限りなくアール・ブリュットを限定することによって、「アートとは?」「創作とは?」「表現とは?」を人に問いただし、深めることが可能になるという価値判断だ。

 ・正規の美術教育を受けていない
 ・メジャーな存在ではない
 ・見せよう、評価を受けようという意識の無いもの
 ・流行や社会や伝統の影響をあまり受けてはいない
 ・作家自身のやむにやまれぬ何かの思いが制作動機であること
 ・創造性に富んだ作品

 ※今展の日本側の企画担当者と招聘された人たちとの違いは「障害者アート」の比重の違いだろう。日本側はその関係者と言ってもいいだろう。コレクション側は全く関係ない。作者に障害があるかないかは、この概念にとっては問題にしていない。もちろん、彼・彼女等がその担い手の一翼ではある。

 ※一昨年(2006年11月10日~21日)、コレクション側が日本のアール・ブリュットの作家・作品の調査・発掘のために来日した。
 日本側は福祉施設を中心に、50箇所の人数にして300人の作品を用意した。結果的には今展に選ばれた10人が今回のアール・ブリュット作家ということになる。選定には日本側は一切関係しない。勿論、手厚いアドバイスや配慮は当然である。日本側は福祉関係者で、視野には障害の有無という垣根を絶対にはしていないが、まずそこから出発したというのが実情だ。今後は美術館学芸員、評論家、地方の芸術愛好家たちによってアール・ブリュット的作品・作家の掘り起しがなされるだろう。美術・芸術を狭義の美術史に捕われない視点での関わりが進むと思われる。

 ※日本側関係者にはたよしこ・女史がいる。肩書きは・ボーダレス・アートミュージアムNO-MAアートディレクター&絵本作家とある。
 会場には要を得たキャプションが貼られてある。日本側担当は彼女の仕事であるが、素晴らしい。図録にはまとまったレジメ風の寄稿文があるが、難しい言葉も過剰な表現も無い。彼女自身の関わりと日本の現状を無駄なく書いている。

 日本側を中心に個別作家のことを後日書いていきたいと思う。

 17日・日曜日まで。

f0126829_1474387.jpg

 ↑:本展の図録。紀ノ国屋書展、はたひろこ編著「アウトサイダー・アートの世界」・定価2400円(+税)・P176。
 一般書店発行の図録。会場風景はないが、ほぼ全ての作品を収録。会場キャプションの説明書も掲載。本の性格上、文章の全てに英訳があるが、文字や写真作品は大きくて見やすく読み応えがある。見れなかった人には良い資料・読み物だが、現物作品の伝わりやすい作品とそうでないのがある。それは仕方がないことで、是非観覧を。

 (来週に③を書きます。)

by sakaidoori | 2008-02-13 14:22 | ☆旭川美術館 | Comments(0)
2008年 02月 13日

529) 旭川美術館 ①「アール・ブリュット/交差する魂」  1月16日(水)~2月17日(日)

○ アール・ブリュット/交差する魂
   ローザンヌ・アール・ブリュット・コレクションと日本のアウトサイダー・アート

 会場:北海道立旭川美術館
    旭川市常盤公園内   
    電話(011)25―2577
 会期:2008年1月16日(水)~2月17日(日)
 時間:9:30~17:00 (入館は16:30まで)
 休み:基本的に月曜日
 料金:一般 450円、高大生 350円
 主催:
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・11)
f0126829_1275166.jpg


 アール・ブリュット・コレクション(スイス・ローザンヌ市にある美術館)とボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀県近江八幡市)との連携企画展。

 ○北海道会場・・旭川美術館、1月16日(水)~2月17日(日)
 ○滋賀会場・・・ボーダレス・アートミュージアムNO-MAと旧吉田邸、2月28日~5月11日
 ○東京会場・・・松下電工汐留ミュージアム、5月24日~7月20日

 ※関連展覧会:今年中にアール・ブリュット・コレクションにて、今展出品作家の日本人作家の企画展の予定。

 【日本側出品作家】:小幡正雄 久保田洋子 辻勇二 本岡秀則 戸來貴規 富塚純光 喜舎場盛也 西川智之 坂上チユキ 澤田真一・・・以上10人。

 【アール・ブリュット・コレクション出品作家】:アロイーズ カルロ ジョゼフ・フォッシャー ヨハン・ハウザー ヴィレム・ファン・ヘンク アドルフ・ヴェルフリ ジャンヌ・トリビエ レイノルド・メッツ ラファエル・ロネ マッジ・ギル ネック・チャンド・・・以上11名。

 (②以降に続く

 

by sakaidoori | 2008-02-13 12:28 | ☆旭川美術館 | Comments(0)