カテゴリ:☆函館美術館( 2 )


2007年 06月 11日

216) ②函館美術館 岸田劉生展」 ~7月29日(日)まで

 図録(2000円)より写真紹介をしながら、取り留めなく書き進めます。
 
 僕は劉生の実作品を見るのは初めてだ。彼の「切通しの写生」 (1915年・大正4年、24歳)に強い関心があった。肉筆油彩画が見れるので楽しんで函館に行った。
 名作「切通しの写生」が生まれたのは劉生24歳時、その2年前の作品が3点あった。

f0126829_21234532.jpgf0126829_21243037.jpg 
















 そのうちの2点が上の作品(左側・「男の像」、右側・「友の像」、ともに33.4×23.9cm、1913年)。実はこの作品は1枚の小さな板の裏表に描かれたものだ。劉生は裕福な家庭で育ったが、父の死後、意外な借金が判明し、キャンバスも思うように買えなかったのだろうか。この時期、自画像を含め多くの肖像画を描いている。麗子誕生後は彼女が肖像画の画題になった。日本では珍しい「自画像の画家」であった。上の2枚の作品を顔を中心に目をこすりつけて見てきた。遠視・近視・乱視で細かい描写は目を引っ付けないと見えないのだ。特に左の絵が面白い。板の黄色と重なり、顔が浮いて見えるのだ。細部は顔の毛穴まで描こうとしているのか、細f0126829_21561699.jpgかい筆跡が砂にハケ目を入れるように丁寧に力を込めて描いていた。左の絵はほとんどそういう描き方で、右の絵はそういう描き方と、べたっとゴッホ風の描き方との融合だ。劉生の細密描写はこういうものかと納得しながら何度も何度も見比べた。あえて表現目的の違いを言うならば、左は描かれた人の顔を通して内面に迫ろうとしている、右は画家自身の思い込みを画面に重ねようということだろうか。
 左の絵は「自画像」(1913年、45.4×33.2cm)で先程の二つの描き方が顔を覆っている。どこかゴッホの自画像を意識しているようだ。自分自身をどう見ているかも表現されている。力強く、傲慢さも露出している。他者に対するおもねりは微塵もなく、22歳で自己中心の生き方を貫く決断の絵とも見れる。




 札幌の異才・三岸好太郎は劉生よりも一回り若く、上京後劉生に影響された絵を描いている。静物と風景ががあった。三岸との同異が確認できて勉強になった。
f0126829_2281964.jpgf0126829_2291936.jpg









 やはり麗子像関係は取り上げないわけにはいかない。今展の目玉の麗子像は「童女図(麗子立像)」(1923年、53・2×45・5cm)だ。小品だ。この絵だけ壁は赤くて重そうな布地であった。布地は天井から床まで垂れ下がり、幅2mほどであった。写真で見るほどには異様な顔には見えない、明るいという印象。照明が顔を照らし、しっかりと浮き出ていた。仏様ではないが拝むような気持ちになってしまった。先人の画業に対する敬服の念がそうさせたのかもしれない。
f0126829_2218466.jpg

f0126829_22213168.jpgf0126829_22233368.jpg














 ↑:左側・「麗子之像」(木炭・コンテ・紙、30.6×23.4cm、1918年)。右側・「麗子十六歳之像」(油彩・カンヴァス、45.3×23.0cm、1929年)。絶筆ではないが最晩年の作品。

 劉生は西洋的写実表現から始まり、「写実の欠如の美」ということも言い出した。けっして前者を否定したわけではないが、当時の洋画壇からは後退と見られていたであろう。現在の評価はどうなのだろうか。マルチ表現者になればなるほど、文人趣味というのか東洋・日本の美の探究の度合いを深めていった。「麗子十六歳之像」など、全盛期(関東大震災以前)の凄みはない。中途半端な錦絵好みの作に見える。
 そうはいっても、彼の書・日本画は素晴らしい。

f0126829_2253039.jpgf0126829_22541239.jpg














f0126829_22545832.jpg


 次に版画。
f0126829_22555785.jpgf0126829_22581426.jpg








 最後に装丁画。
f0126829_22592664.jpg



タイトル等コメントは後で。

by sakaidoori | 2007-06-11 17:06 | | Comments(1)
2007年 06月 11日

215) ①函館美術館 岸田劉生展」 ~7月29日(日)まで

○ 画家・岸田劉生の軌跡   油彩画、装丁画、水彩画などを中心に
       駆け抜けた38年

 会場:函館美術館
     函館市五稜郭町37-6・五稜郭公園入り口近く
     電話(0138)56-6311
 会期:2007年6月9日~7月29日(日)
 休館:月曜日(7月16日は開館)、7月17日

 1891年・明治4年  東京・銀座に生まれる。吟香・勝子の4男、14人兄弟の9番目。
 1905年・明治38年 14歳。6月に父、12月に母を亡くす。
 1906年・明治39年 15歳。洗礼を受ける。この頃から絵画を始める。
 1908年・明治41年 17歳。黒田清輝の白馬会で油彩を学ぶ。
 1910年・明治43年 19歳。第13回白馬会第4回文展に入選。
 1911年・明治44年 20歳。武者小路実篤ら「白樺」同人との交流が始まる。
 1912年・明治45年・大正元年 21歳。第1回ヒュウザン会に出品。
 1913年・大正2年  22歳。小林蓁と結婚。
 1914年・大正3年  23歳。長女麗子生まれる。
                  二科会が創立され、監査委員を辞退する。
 1915年・大正4年  24歳。草土社第1回展に出品。
 1922年・大正11年 31歳。春陽会に参加。
 1923年・大正12年 32歳。関東大震災。
 1925年・大正14年 34歳。春陽会を脱会する。
 1929年・昭和4年  38歳。中国からの帰国直後、慢性腎炎と診断され、尿毒症を併発し急逝する。


f0126829_20543526.jpg 大正時代を代表する油彩画家の展覧会。出品ジャンルは油彩(18点)、水彩画・デッサン(13点)、日本画(26点)、装丁画(44点)、版画(13点)、書・陶器・その外(6点)の120作品。
 図録によると、劉生は生涯に280点の油彩画を描き、日本画は1000点近くを、それ以上の水彩素描を描いたという。「えりすぐりの展示作品」と謳っているが、そういう当事者の言葉に関係なく、楽しめばいいのだ。劉生が油彩画だけでなく彫刻以外のいろんな美術分野の表現者ということを確認できる。強いインパクトはないが、今展の最大の特徴は装丁画の展示にあるようだ。200点ほどの装丁画を残しているが、44点の展示は劉生研究者にとっては嬉しい事だろう。一般愛好家は油彩の少なさに寂しさを感じるかもしれないが、肩がこらずに人間・劉生を総合的に見れて、これはこれで良しとしたい。


 (②に続く) 

by sakaidoori | 2007-06-11 17:05 | ☆函館美術館 | Comments(2)