カテゴリ:ATTIC( 6 )


2013年 10月 17日

2265) 「kensyo個展 『背骨/35.4°C』」 ATTIC 終了/9月27日(金)~10月2日(水)

   


kensyo個展
背骨/35.4°C
 



 
    
 会場:ATTIC
     中央区南3条西6丁目 長栄ビル4F
      (南3条通り北側)
     電話

 会期:2013年9月27日(金)~10月2日(水)
 時間:平日 ⇒ 18:00〜23:30
    土日 ⇒ 11:00〜23:30


※ プレ オープニングパーティー ⇒ 9/26 19:00~ (500円)

 企画・協力:当館

ーーーーーーーーーー(10.2)

 暗室の中での写真展です。セクシー・・・、女性、裸婦への賛歌でしょう。写真家にとっては祈りに近いかもしれない。

 会場に入るなり、「これは写真撮影は無理だな」と判断した。それでも、会場風景だけは掲載OKを頂いた。ありがとう。


 ということですから、ビルの入り口から写真を載せて、裸婦達を見る心の準備をしよう。



f0126829_21423290.jpg



 長栄ビルの入り口。ガラス戸に案内写真が貼られている。



f0126829_21431895.jpg




  ・・・・



f0126829_21441196.jpg




f0126829_2144448.jpg



 個別作品の掲載は今展のDMと、会場に置かれていたkwnsyoの名刺で代用します。
 この二つ写真で、三つの壁面の二つは代用できるでしょう。残り一つの作品群は写真家が女性器に果敢に挑んでいた。


f0126829_22213697.jpg



f0126829_2222051.jpg




 真四角に近い会場に、コの字の形で作品が配列されている。低い台座の上には写真の入ったケース、そこに一枚一枚の写真、一人一人の裸婦がコレクションのように、標本のようにして納まり、輝いている。
 台座の一つ一つは1m位の高さだ。ひざまずいて見るのにちょうど良い。対等に見てはいけない。身を屈めて、顔を近づけて、目を一点に集中させ、狭い世界に入り、意識を裸婦達と一致させ、包む空気と一体化する。そしてkensyoの求める美しさ、女を見つめる眼差しと同化していく。


 暗闇での静かな裸体、それらはkensyoにとっては既にオーソドックス過ぎる世界かもしれない。それでもまだ見ぬ美しさはないのか・・・、求めて止まぬ理想主義の男が祈るようにして美を追い求めている。

 秘部である性器にも挑んでいる。女性器、露わにしてはお仕舞いかもしれない。動物的本能と人間的官能の接点の場だ。そこは美しき皮膚と言うよりも、赤裸々な肉そのものだ。そして、見せない美の原点ではあるが、写真家として一度は赤裸々に迫らねばならない場でもある。女性美の追究者とはそういうものだ。もちろん美しく・・・。果たしてそれが上手くいったかどうか?そんなことはどうでも良いのかもしれない。女性への信奉者なのだから。

 そして、明るいケースには裸婦、否、娘達が処女のようにして柔肌を見せている、黒髪を添えて。暗闇とか、性器とか、そういう秘密性はない。ただただ楚々として美しくそこにある。体温「35.4℃」の暖かさで、しっかりした「背骨(バック・ボーン)」を内包して存在している。



 大仰な素振りは一つもない。美しきことに囚われた男の、正直な個展であった。




 

by sakaidoori | 2013-10-17 22:40 | ATTIC | Comments(0)
2013年 10月 06日

2247) 「CHIE(個展) 『FOPPISH GIRL ドアをさがして』」 ATTIC 10月4日(金)~10月7日(月)

 



CHIE(個展)
 

FOPPISH GIRL ドアをさがして
  


    
 会場:ATTIC
     中央区南3条西6丁目 長栄ビル4F
      (南3条通り北側)
     電話

 会期:2013年10月4日(金)~10月7日(月) 
 時間:4日  ⇒ 17:30〜22:00
    5・6日 ⇒ 13:00〜21:30
    7日  ⇒ 17:30〜21:30

ーーーーーーーーーー(10.4)


f0126829_1515452.jpg



 目的地は長栄ビル。ガラス戸を開けて、昇り階段を4階まで行く。




f0126829_152987.jpg



 白い鉄のドアに当展のDMが貼られている。
 思い切って、力強く入ろう。



f0126829_1561777.jpg



 会場風景、ちょっとボケています。暗くて良いのが少なかった。工夫の編集ですが、何とか雰囲気は伝えたい。


 展示は主に三カ所。左壁の面長の作品。正面の商品群。そして、右壁。上の写真では隠れてはいるが、女性が何やら見ている。


 その順番に載せて行きます。


f0126829_224761.jpg



f0126829_15282049.jpg
f0126829_15323269.jpg
   ↑:(長い作品を、あえて上下に分割しての掲載です。拡大してみた時に、大きく横拡がりで見れるのではないでしょうか。



f0126829_15374481.jpg



f0126829_1538455.jpg




 流れるような大作の提示でした。



 

 次は小品の連作。


f0126829_15413618.jpg
   ↑:(ピンボケですが、以下の写真でしっかり見て下さい。)


 彼女の線描は絵のための線、輪郭線が主体だ。何かを描くための手段だ。

 線描には他にも魅力があって、線のみによる主張だ。ただただ直線を引き続けるとか、腕の動きのままに線をのこすとか、だ。時にはそれらは背景の模様になったり、心象気分の表現になったり、水面の雫の跡のような輪郭線になったりする。
 絶対線描とでも言いたい場合がある。ただただ線の繰り返しで物言わぬ肉声を主張する。

 以下の作品、輪郭線とは違った、線を楽しんでいるチエがいる。いや、苦し紛れの痕跡かもしれない。
 今展、ようやくいろんな線が出てきた。前回の個展時にその気配があったが、力強く線のみを見せ始めた。



f0126829_15442184.jpg



f0126829_15445024.jpg



f0126829_15451188.jpg



f0126829_15455478.jpg





 さて、次の大作は展示における工夫だ。
 

f0126829_15474636.jpg




 四角四面の枠を壊し、切った貼ったで模様を作った。切った貼ったは作品内部ににも浸透していて、写真の切り貼りやコラージュ風の演出をしている。

 そして、以下の部分図でも見て取れるが、輪郭線や塗りつぶし以外の線の表現が増えてきた。

 今後も、絵自体の構想は問われるだろう。そういう内部の問題意外に、描かれない外部の問題も創作上重要になるだろう。
 内部外部の接点の問題として、「余白」の問題がある。一般的には背景処理と言われている白い部分だ。それと、絵の内部の輪郭線同士の間の空気感としての白。

 現在、チエ作品には描かれていない余白部分はかなり広い。今後もこの路線で行くのか?行くとしても余白を減らすのか?あるいは、自由連想のような線の世界が、チエの袋娘と張り合うようにして空気を少しずつ埋めていくのか?



f0126829_15493075.jpg
f0126829_15495833.jpg




f0126829_23413737.jpg




f0126829_23432646.jpg







f0126829_2343519.jpg







f0126829_15502026.jpg




f0126829_15533072.jpg




f0126829_23493280.jpg





f0126829_2350052.jpg




f0126829_23512597.jpg






f0126829_15535376.jpg



 彼女からのメッセージです。

 「続けて10月12日(土)~25日(金)まで。個展をします。次はカフェ&バー・ROOM大通西17丁目カサフォルテ2F)です。19:00~24:00、無休です。よろしくお願いします」


f0126829_094893.jpg  

by sakaidoori | 2013-10-06 15:58 | ATTIC | Comments(2)
2011年 05月 02日

1524)「yama(エンマ) 沼霧蔵の1週間24時間ライブイベント」ATTIC 終了4月10日(月)18:00~4月18日(月)24:00

   

○ nook zoo 9days marlblling moon see

  NUKILLIZO NUM EXHIBITION yama
 
     ヌキリゾー個展 『エンマ 閻魔』) 


   沼霧蔵による1週間24時間ライブイベント!!

     
    
 会場:ATTIC
      南3条西6丁目 長栄ビル4F
      (南3条通り北側)
      電話(011)676-6886

 会期:2011年4月10日(月)18:00~4月18日(月)24:00
 時間:上記の会期中休み無し。

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~24:00
            沼霧蔵と紅月鴉海との絵と舞踏とのコラボ.

※ クロージング・パーティー ⇒ 4月17日(日) 18:00~24:00
            沼霧蔵と紅月鴉海との音楽と舞踏とのコラボ.他ゲスト予定。

ーーーーーーーーーー(4.17)

 「沼霧蔵による1週間24時間ライブイベント」

 その制作最終日に見に行った。会期中の作品は、その後新さっぽろギャラリーで個展として発表された(⇒その様子。栄通記1511番)。
 「ヌキリゾー・マーブリング絵画」の手法が気になっていた。それに今展、精力的かつ意欲的、いかにも若者らしい行為でありイベントではないか。こうして報告できるのが嬉しい。


f0126829_81584.jpg


f0126829_811846.jpg


 「とんがり帽子の魔法使い」、そんな娘さんがかぶりつきで一人見ている。何てこの会場に合っているのだろう、良いムード良いムード。そのうち新たな訪問者も加わりライブは始まった。
 (今記は写真を中心にして、言葉は説明調でいきます。百聞は一見に如かず、です。)


f0126829_8255262.jpg
f0126829_828899.jpg


 合板をびっしりと黒ペンキ?で埋め尽くす。


f0126829_8321172.jpg
f0126829_832254.jpg


 タラーリタラーリと白ペンキ?を落としていく。ドロッピングだ。


f0126829_8354029.jpg
f0126829_836977.jpg


 2,3種類のしぶき跡のできあがり。いよいよドローイングだ。


f0126829_838593.jpg
f0126829_8391614.jpg


 手慣れたもので、大柄の花弁模様だ。
 ここで箸の登場だ!盛られた白ペンキに箸でかっちゃき、細密なマーブリングがにじみ出てくる。

 初めに言っておきます。
 ヌキリゾーは時折画面を仰ぎ見ている。おそらく顔の位置、その骨格、ボリュウーム、姿を白いドロッピングの中から見定めているのだ。その先見(せんけん)の下に、絵を画いている。「エンマ」という顔を、その世界を画いている。決して自由連想で筆の趣くままではない。ドロッピングという偶然の上で、マーブリングという偶然性を加味しながら、画家のデッサンで作品は立ち上がっていくのだ。
 だから、この箸裁きが生命線と言ってもいいかもしれない。形を変えた線描画でもある。


f0126829_8565051.jpg
f0126829_8584492.jpg


 黒線をマーブリングしていく。


f0126829_859323.jpg


 だんだんと箸先に気合いが入っていく。


f0126829_923568.jpg


f0126829_924897.jpg



f0126829_925520.jpg


 作品としては反対向きの映像なのだが、これはこれで絵になっている。中央が顔に見える。


f0126829_927954.jpg


 最後の追い込み。


f0126829_9274513.jpg


 遠見からの確認。


f0126829_9302797.jpg
f0126829_9304353.jpg


 最後のお化粧をして出来上がり。20分とはかからないライブだった。

f0126829_935640.jpg



f0126829_9354434.jpg


 制作後の、僕の質問に応えるヌキリゾー。


   ~~~~~~~~~


 そして直ぐにライブ制作は始まった。

 そして紅月鴉海との舞踏+音楽のライブが始まった。
 その様子は撮影不可でお伝えできない。

 他にも会場様子やライブ作品を載せたいが、余裕があれば続編ということで。

 舞踏ライブ終演後の写真です。


f0126829_9403813.jpg


 用意されたカレー。具は少ないと言っていた。会場はカレー臭漂いアジアンムードだ。
 美術鑑賞に励む医師とも話ができた。
 そして青年とも知り合った。その青年と小気味よい女性とのツーショットです。


f0126829_9411625.jpg





 エンディング・パーティーということで大勢で賑わった。確かに若い人中心だが、アングラ風でもなく、学生中心の空気でもなく、特に煌びやかな化粧で人目を惹くというものでもない。普通の感覚の都会人が、くだけた衣装で普通に集まり、そして普通に雑談に励んでいた。

by sakaidoori | 2011-05-02 09:57 | ATTIC | Comments(0)
2008年 01月 02日

454)ATTIC 「佐々木秀明・個展」 終了・12月24日(月)~12月30日(日)

○ 佐々木秀明・個展
    「雫を聞く2007」 
    
 会場:ATTIC
    南3西6 長栄ビル4F・南3条通り北側
    電話(011)676-6886
 会期:2007年12月24日(月)~12月30日(日)
 時間:13:00~21:00 (最終日、特に断りは無し)


f0126829_2123497.jpg

f0126829_21245385.jpg
f0126829_2125506.jpg















 エレベーターも無い古ぼけた建物を4階まで階段を昇っていく。踊り場や各階の廊下にはあれやこれやのDMやフライヤーが目を惹き、会場にはどんな作品があるのかと心地良い期待感が運ぶ足を早める。『こんな年末まで個展をするなんて、どんな人か見てみたいものだな』

 目的の4階、見知ったブロック壁の小室にクリオネのようなま~るい光の世界が迎えてくれる。足早に来て、少し呼吸を整えながら、一気に佐々木・ワールドに浸ることになる。
 それらは光の装置。なのに、まるで生き物のように揺らめきながら、見るものの心に迫ってくる。漏斗に角氷を2・3個入れ、溶けた雫が下の水の張った容器に「ポン」と小さい音を立てて落ちていく。水の入った容器は下から壁の方向に光が当たり、写真のような卵形の光の模様を壁に照らす。壁のブロック・ライン、デコボコ感が光と明確に呼応し、7・8個の光のサークルが妖しげに、幸せにしっかり其処にたむろしている。見入っていると、落ちた水滴が波紋を作り、まるで波風のように光の輪は揺れ心が躍る。ランダムに光の輪は揺れる。やや視線より高めに置かれたものもあり、少し見上げて見る姿勢が、何かを迎えるような明るい気持ちにしてくれる。
 (自室の広い会場がメインの設営と知りつつ、エピローグの小室で作家の心に呑まれてしまった。)

f0126829_21582839.jpg
f0126829_22074.jpg


f0126829_2232928.jpg


 メイン会場。
 光と音の装置は小室と同じ。違いは、先ほどの部屋が光が可愛いくて、全身を包んでいる感じ。こちらはイスも用意されていて、光を見る人、見られる光との対話だ。隔てている薄暗がりが人間臭い空間に変わっていく。時間が闇で飛び交い、今と過去を緩やかに、時には激しく去来していく。等身大ほどの細い光の線が膨らみが悩ましい。やはり時折落ちる水滴の音と光の揺れは幻想と現実を思い出させる。眠りを誘いながら、眠らせない光と音と空間の装置。

 自分が居て、包み込む空間があり、光の幻影があり、その向こうには何も無いのに深い闇が拡がっている。

f0126829_22251191.jpg


 (写された壁面はすりガラスです。四枚縦長にやや斜めに立てかかられています。そのすりガラスの後ろに10センチほど離れて、樹脂でコーティングされた紙が立てかけられています。ガラスと隙間と紙の反映が光や光の当たらない部分に微妙な光と黒の深みを与えているのでしょう。シンプルな装置は全然いやみが無く、その演出に時の経過を忘れそうです。)


「栄通記」の関連記事⇒204) af 「佐々木秀明・渡辺博史写真展」 ~6月9日(土)まで

by sakaidoori | 2008-01-02 22:40 | ATTIC | Comments(0)
2007年 11月 18日

403)ATTIC 「木村環・鉛筆画展」 11月10日(土)~11月18日(日)

○ 木村環・鉛筆画展
    「愛の挨拶」 
    
 会場:ATTIC
    南3西6 長栄ビル4F・南3条通り北側
    電話(011)676-6886
 会期:2007年11月10日(土)~11月18日(日)
 時間:11:00~20:00 (最終日18:00)

○ 藤谷康晴ライブドローイング⇒終了
    ー無言の警告ー 
    
 会場:ATTIC(木村環展と同じ)
    電話(011)676-6886
 会期:2007年11月10日(土)
 時間:15:00~19:00 

f0126829_12154513.jpg

f0126829_12165615.jpg


 ブロック塀に囲まれた一坪の空間、狭い。檻のような部屋だ。体をあまり移動せずにくるくる回りながらの鑑賞、12点の作品が焦点に集中するように心地良く迫ってくる。絵の大きさは1.8mの鑑賞距離を意識してのものだ。4点が瞬時に目に入る。

 ふくよかで優しい絵が多い。部屋全体がイコンで、マリアさんか菩薩さんのような笑顔だ。総合タイトルは、「愛の挨拶」。表情、体のうねり、人の絡まり・・・人と人との関係がこういうものであったら、本当に素晴らしいと思う。せめては挨拶だけでも愛らしく振舞いたいものだ。木村絵画の魅力は精神的な愛を謳いながら、一方で毒気というのか人の心に突き刺す面に出会うことだ。笑顔が心で、もしそれが善なるものの象徴・コスモスとしたら、頭が善悪を抱え込んだ混沌の世界の入り口のだ。頭から寄生物がはみ出した作品が多い。それが時には「ゲゲゲの鬼太郎」であったりする。今展ではそんな生き物は登場の余地が無いようだ。だが、頭から生まれるもっとも怪しげな存在=髪は大事な要素として絵画で遊んでいる。

 髪型、女性の化粧の真髄といってもいい。髪形無しでは女性の顔が浮かばない。特に長き髪がほどけて遊んでいる様は、本人らしさに関係なく自由でもあり、おぞましく怪しげに見るものに迫ってくる。髪そのものが生命体であり腫瘍のような存在だ。見た目のおとなしくしなやかな女性が、髪だけは夜叉のようにうごめく時があるのだ。

 木村絵画・鉛筆画はリズムの中でうごめくもの達を捕らえようとしている。捕らえられた者達が再び絵の中で音楽を奏でる。毒気と優しさを繰り返しながら、音楽が続いていくのだろう。見るものに、「こんな生き物が出てきて欲しい」という期待感を感じさせながら。絵画に触発された鑑賞者の願望の声が聞こえる。オタク性とアニメ好みの鑑賞者に揺さぶりをかける画家だ。


f0126829_1224534.jpg
f0126829_122587.jpg



 以下、頂いた案内文からー
 「12月末日・30日に『テンポラリースペース』にて開催予定の”木村環の画に藤谷康晴がドローイングする企画展”に先駆けて両者の作品を比較して観ることが可能な、異色企画の前哨戦とも云える機会となります。・・・」

 木村さんは相当にこのイベントに集中しています。日程的に忙しいとは思いますが、チラリと覗くだけでも。後日、改めて紹介します。

by sakaidoori | 2007-11-18 12:36 | ATTIC | Comments(0)
2007年 11月 13日

399)ATTIC 「藤谷康晴ライブ」 終了・ 11月10日(土)

○ 木村環・鉛筆画展
    「愛の挨拶」 
    
 会場:ATTIC
    南3西6 長栄ビル4F・南3条通り北側
    電話(011)676-6886
 会期:2007年11月10日(土)~11月18日(日)
 時間:11:00~20:00 (最終日18:00)

○ 藤谷康晴ライブドローイング
    ー無言の警告ー 
    
 会場:ATTIC(木村環展と同じ)
    電話(011)676-6886
 会期:2007年11月10日(土)
 時間:15:00~19:00


 長栄ビル4階のブロックに囲まれた一坪の部屋では木村環さんの個展。小さい部屋ですが、鉛筆画12点の展示。18日(日)まで。こちらは近々紹介するとして、今日はライブ・ドローイングでお馴染みの藤谷康晴君の報告。

f0126829_10584043.jpg
f0126829_1059010.jpg

f0126829_1057532.jpgf0126829_11022100.jpg














f0126829_1134932.jpg

f0126829_1151392.jpg


f0126829_11543137.jpgf0126829_1175326.jpg














f0126829_1191743.jpg

f0126829_11141631.jpgf0126829_11155547.jpg










f0126829_11181060.jpg
f0126829_111981.jpg


 会場のことは何も知りません。旧シアター・キノだということです。照明器具も用意されているので、現在は写真か何かのスタジオでしょう。
 照明には一切関係なく、グレーの壁に直書きです。始めは赤いマジックで適当に線を入れ、小さく、大きく墨やペンキで遊んでいました。今回はパフォーマンス性も強く、着ていたワイシャツを脱いで、貼り付けて、霧吹きで斑点を付けていました。

 4時間、彼の集中度は凄いのですが、こちらは適当に鑑賞者と談笑したり、隣室での木村環個展を息抜きや気分転換も兼ねて鑑賞してたりで、見飽きるということはありません。描かれた「絵」にも興味津々。幅広の刷毛で黒い模様を描くときなどは、それは「書」でしたね。筆先と壁が呼吸しあっているのです。描き手の力、筆先に込められる力、それを引き受けて撥ね返す壁の弾力性。書は紙と筆の力関係で成り立つと思うのですが、藤谷ライブはどうなのでしょう。鑑賞者の息遣いが彼のライブにどの程度影響しているのでしょう?

 次回は年末、12月30日です。木村さんの作品への直書きライブだと聞いています。破壊と創造ですね。場所はテンポラリー、夕方から始まり、終わりは藤谷君の気分次第だということです。詳細は後日に案内します。

by sakaidoori | 2007-11-13 11:58 | ATTIC | Comments(5)