栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:(プラハ2+ディープ・・)( 6 )


2008年 12月 16日

850) p2+d 「小牧寿里 [Drift Vol.1 -暗夜漂路ー]」 終了・12月12日(金)~12月15日(月)

○ 小牧寿里(写真展)
    [Drift Vol.1 -暗夜漂路ー]

 会場:プラハ2+ディープサッポロ・1F 9J
     中央区南11条西13丁目2-12
     (東南角地の2階建て民家)
 会期:2008年12月12日(金)~12月15日(月)
 時間:11:00~19:00

※ レセプション:12月12日(金)、19:00~

ーーーーーーーーーーーーーー(12・15)

f0126829_1055576.jpg

f0126829_10575472.jpg

f0126829_10591553.jpg


 「動く光と動かない風景」

 光のプリズムを挿入した風景写真です。
 基本的に暗闇で海あるいは川を後ろから引き気味に撮影し、背景としての風景の中で光が踊り飛び交っている。

 光の線が落書きのように水面で踊っている写真がある。これは撮影者の遊び心で、作品としてはビシッと光が「存在」した写真の方が良い。
 かすかな姿ではあっても、どの写真も都会の光を写している。
 水平線上に蜃気楼のように灯る街の明かり、こっそりとしっかりと存在している。賑やかしい七色の光の隙間に都会のビル、小さくしっかりと写っている。光に気をとられてる、思わず視線を下げれば川が暗く大きく流れている。

 光と川(海)と都会、小牧の目はこの3者に注ぐ。これらが彼の風景だ。川(海)の静けさ暗さは向こうの世界への入り口のようだ。だが、入り口はそれだけではないようだ。むしろ、光も川も都会も、全てが向こうの世界の入り口のように開いている。三つのドアと言ってもいい。
 それらに撮影者は「暗夜漂路」と名づけた。「漂」には水の上に浮かば軽さ心もとさの響きがあるが、作品はそんなに軟(やわ)ではない。強い。写真家が向こうの世界を写せれるかどうかは知らないが、被写体の全てからはしっかり対峙する清々しさがある。

 光はトリックとして捕まえられ、川(海)はリアルな姿を曝け出し、都会は我等が住む分身として常にそこにある。薄暗い写真全体は全てを覆っている。
 「漂路」、それは「漂止」であり「漂視」でもある。「漂流」であってはならない。写真家は流されてはいけない。


※ 以下、個別写真を載せますが再現度が非常に悪いです。
 現物は被写体は小さくてもしっかりと写っていて、そこが今作の良いところでもあります。それらが僕の写真では迫ってきません。心象的な写真になってしまいました。

f0126829_12231388.jpg

f0126829_12361313.jpg

f0126829_12381572.jpg
     ↑:上段の写真群。左側には壁に「Water Front」と、直書きがされています。
 動いているモノレールから撮られたもの。何秒間のカメラ目の開いた景色。モノレールは海の上、海に囲まれた都会の景色。都会の虚実の姿。


f0126829_14232059.jpg

f0126829_14255083.jpg

f0126829_1427044.jpg ↑:下段の写真群。
 →:やはり写真の右端には、左のような経緯度を示す数字が書かれている。上段が本州のある都市の風景で、下段が北海道のある地点の風景。







f0126829_1430479.jpg

f0126829_14311793.jpg
     ↑:内側から光を当てて、グラデーション豊に表現されている。同じ作品が2枚重なっていて、その厚みと隙間が作品の質を高めているのだろう。
 目の楽しみだけを考えれば、この展示方法は素晴らしい。その代わりに、作品と視覚対話をしようとしたならば、その質の高さは言語の入る要素を狭めている。



f0126829_14394727.jpg
 「小牧寿里」。「寿里」を「ジュリ」と読んで、勝手に粋な女性だと思っていた。「ヨシサト」と読むのだ。充分に知っている男性であった。男っぽい顔だ、男らしい写真であった。

by sakaidoori | 2008-12-16 12:39 | (プラハ2+ディープ・・) | Comments(0)
2008年 11月 27日

820) p2+d 「チQ [山鼻宇宙0ランド 0+0+2]」 終了・11月21日(金)~11月23日(日)

○ チQ [山鼻宇宙0ランド 0+0+2]

 会場:プラハ2+ディープサッポロ・1F 9J
     中央区南11条西13丁目2-12
     (東南角地の2階建て民家)
 滞在期間:2008年11月1日(土)~
         不定期で鑑賞できます。
 会期:2008年11月21日(金)~11月23日(日)
 時間:11:00~19:00

※ レセプション:11月22日(土)、19:00~

ーーーーーーーーーーーーーー(11・27)

f0126829_1632356.jpg
 ↑:入り口からの眺め。ご覧のように9畳の部屋は全面黒く塗られている。

f0126829_167311.jpg


f0126829_168383.jpg


f0126829_16101364.jpg


f0126829_16111741.jpg



 今回、部屋中を黒く塗るとは聞いていた。わかってはいても、「黒い部屋」を目の当たりにして驚いてしまった。7月の真夏の部屋がカラー一杯、日の沈むのも早い冬本番のこの時期にモノトーンで沈鬱な世界。気持ちの天秤が左に大きく傾いていたのを、一気に右に揺れ戻したという感じだ。

 黒を沈鬱と語った。しかしこの黒は優しい。深く沈みこむような色ではある。人は白い部屋に作品があれば、白は単なる飾りか作品を壊さない存在としてみてしまう。黒は全然違う。黒自体に表現する意思がある。白は他者を引き立てようともするが、黒は自分の自立点から下がろうとはしない。確かにここの黒は優しいが、やはり沈鬱な部屋と言う他は無い。

 黒を塗るチQ君、それだけで展覧会では半分の自己主張をしたといえる。
 塗られた色はシルバー、ユーモラスな雷のように黒に攻めかかっている。マーカー特有の角張った線だ。前回との連続としてこの模様は見れば、目に見えなかったランドとしての古里の骨格を、浮き彫りにさせること事かもしれない。札幌という都会の黒いアスファルトの下に走るものは何か?都会の道標としての見えない道路を、それだけを見つめているようだ。

 ランドという言葉はテンポラリー主宰の中森氏が日々書かれている「テンポラリー通信」からの拝借だ。テンポラリーに出入りする二人の青年の作品を思い出す。
 一人は凹みの谷口顕一郎君。ベルリンの道路の傷跡を凹みの素材として再現していた。最終的には道路の傷跡とは無縁な美の構築の材料になっていく。
 一人は中嶋幸治君。鉄筆で札幌の地図を白い紙に掘り込んでいた。その白地(支持体)があまりに美しく、鉄筆跡があまりに鋭く、その両者の響きが痛ましさを感じた。

 チQ君は彼らに触発されたのだろう。若き表現者達の作品が古里へのこだわりを避けれないものにしたのだろう。意外にもチQ君の織りなす色の世界は、作るというよりも吐き出す過程に今はあるのかもしれない。その燦々とした無手勝流の色の華やかさに気を取られすぎたのかもしれない。

 古里ばかり見ているからいけないのだ。世間も世界も広い。


f0126829_16495136.jpg


f0126829_16512256.jpg


f0126829_165215100.jpg
 

by sakaidoori | 2008-11-27 16:33 | (プラハ2+ディープ・・) | Comments(0)
2008年 10月 11日

781) p2+d 「天野萌・『棲むもの』&武内貴子・『sina』」 10月10日(金)~10月12日(日)

○ 天野萌(京都) 「棲むもの」 & 武内貴子(福岡) 「sina」

 会場:プラハ2+ディープサッポロ・1F 9J
     中央区南11条西13丁目2-12
     (東南角地の2階建て民家)
 滞在期間:2008年10月1日(水)~
 会期:2008年10月10日(金)~10月12日(日)
 時間:11:00~19:00
tt
 主催:ノースマン企画
 共催:プラハ・プロジェクト
 助成:札幌市
 協力:アートスペース:テトラ(tetra)

※ レセプション:10月11日(土)、19:00~

ーーーーーーーーーーーーーー(10・5)

 「・・・。
 それよりもたったの3日間という会期が不満です。作家達が帰ってしまうから期間が短いのでしょうか?作品管理が大変だからでしょうか?短期発表に何らかの積極的理由があるのでしょうか?まるで開くことに意義があるようで、沢山の不特定他人に見せることには関心がないようです。
 不満不満、多いに不満です。」 (以上、「栄通の案内板」より。)

 昨日見てきました。とにかく、明日までです。場所もなかなかに行きにくい所ですし、感想は後にして、写真だけでも先にのせます。
 遠くからの訪人(まれびと)です。見て損の無い展覧会と思います。本日午後7時からレセプションです。(「案内板」に金曜日と間違って書いていました。失礼しました。)

  ~~~~~~~~~~~~~~~

 ギャラリー名は「9J」、9畳の広さという意味です。1.5間×3間(約2.7m×約5.4m)。
 この空間で、あくまでも相手の作品を殺さないという配慮のなかでのそれぞれの個展です。結果的には2人展風に見てしまうのは仕方がないでしょう。主人公である作家の方が大変でしょう。作業が自分と場とを見つめるだけではすまないのです。なおかつ、普段は付き合いの無い無関係な二人です。これも一つの経験でしょう。

 9日間の制作です。ワーク・シップの集積展示ではないのです。
 作品はいかなる条件でも結果を問うものです。一方で、レジデンスとは結果を問う行為ではないでしょう。見知らぬ土地に滞在して、そこの風土、歴史、人々との交流などが作家の今後の作品制作や人生に有意義だろうという趣旨だと思います。当然、地元(住んでいる場)に帰ってからの滞在地と住まいとの橋渡しになることも期待されているでしょう。だから、当該自治体も具体的な協力をするのだと思います。

 二人の作品という結果を見つめながら、結果以前の作家なり関係者の行為として「レジデンス展」を見ています。楽しんでいるわけです。


○ 武内貴子

f0126829_9293886.jpg
     ↑:(右端の床に置かれた小さな作品は天野萌・作です。)

f0126829_9313345.jpg
f0126829_9322087.jpg














 福岡県在住。
 蝋でコーティングされた白い生地を細長く裁断して結び合わせています。「sina」とはアイヌ語で「結ぶ」という意味だそうです。
 (以下、後日に記します。)


○ 天野萌

f0126829_9334774.jpg


f0126829_9353520.jpg
f0126829_937165.jpg
















f0126829_9392796.jpg



 福岡出身で京都に在住。
 吊るされているのは飴細工です。壁の下に山波が画かれているので、大空に宇宙に浮かぶ星というイメージで見てきました。

 飴は溶け始めていています。展示初日なのに、相当の飴の雫が床に落ちていて、模様が浮かび上がっています。溶けるのはある程度計算していたそうですが、こんなに早いスピードは予想外とのこと。多分、3日はもたないでしょう。作品の補強なり、追加があると思います。こういうアクシデントは大好きです。


f0126829_9402294.jpg


 (記を含めて写真なども追加の予定。)

by sakaidoori | 2008-10-11 09:15 | (プラハ2+ディープ・・) | Comments(0)
2008年 06月 11日

652) プラハ2+d 「今泉東子・展 『それからふと思い出した』」 終了・6月5日(木)~6月7日(土)

○ 企画・スパイラル  (スパイラル展に関しては⇒こちら
    今泉東子・個展
     「それからふと思い出した」

 会場:プラハ2+ディープサッポロ 9J(建物1F)
     中央区南11西13・東南角地の2階建て民家
 会期:2008年6月5日(木)~6月7日(土)
 時間:11:00~19:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(6・6)

 「柔らかな色彩・グラデーションで地平線をテーマとした絵画を制作」 (DMより)

今泉東子(もとこ)
 1984年3月生まれ。伊達市出身。
   教育大学大学院西洋画専攻1年目



f0126829_21214185.jpg

f0126829_21233284.jpg

f0126829_21242471.jpg


 昨年7月の2人展以来(⇒こちら)の、まとまっての作品鑑賞。前回はもっと細やかで、赤系の色も多かった。若き女性の風景に託す健康的な心象風景であった。今回は色も制限して(おそらく禁欲しているのだろう)、筆のおもむくままといった感じ。

 何と言っても、白い白い壁に直描きしたことだ。一種のボディー・ペインティングだ。スパイラル展の主旨の一つに、「場所とアートの関係性の再構築」とあるが、この直描きは「今泉東子の腕と筆の絵画運動の発見、画材と壁(支持体)との場や空気との新鮮な出会」でもあろう。「絵の体験」につきる。
 絵そのものは粗い感じがしたが、白と青と画家本人がやけに眩しかった。
 いろいろなことを、もっともっと、更に大胆にすればいいのだ。

f0126829_21555912.jpg
 ↑:「FLY FLY F」・アクリル
f0126829_2157415.jpg
 ↑:「FLY」・油彩(下の作品も同じ)。


f0126829_2214361.jpgf0126829_2223969.jpg










f0126829_2235788.jpg
 ↑:入り口にあった小品。この中で、一番のお気に入り。他の方にも人気があったそうだ。うねり感、ボリュームが絵の方から迫ってくる感じで、その勢いが新鮮だ。良い意味でも悪い意味でも、若い絵画群だ。ピチピチしていた。

※ 今後の予定
 6月12日~6月14日 11:00~18:00 於・岩見沢
 6月22日~6月24日 11:00~18:00 於・札幌教育大
  (同じ作品は出さないとの事。困ってしまうな。おそらく、見れそうもないから。)

by sakaidoori | 2008-06-11 22:10 | (プラハ2+ディープ・・) | Comments(0)
2008年 05月 31日

636) プラハ2+d 「ウリュウ ユウキ[南11条西13丁目停留所]」  5月23日(金)~5月25日(日)

○ ウリュウ ユウキ(写真展)
    [南11条西13丁目停留所]

 会場:プラハ2+ディープサッポロ 9J(建物1F)
     中央区南11西13・東南角地の2階建て民家
 製作期間:2008年4月23日~5月22日
 会期:2008年5月23日(金)~5月25日(日)
 時間:11:00~19:00
 レセプション:5月24日(土)、19:00~
ーーーーーーーーーーーーーーーー(5・25)

f0126829_1853759.jpg

f0126829_1864331.jpg


 札幌の電車路面図を床に手描きして、その上に写真をぶら下げて、電車関係ののストップ映像エンドレスで流して、電車音がまるで外の騒音のように聞こえてくる。上の写真を参考にすれば、おおよそ想像がつくと思う。

 今展の最大の収穫は写真家ウリュウ・ユウキがフリーハンドの世界を展示構成に取り入れて、写真表現の幅を拡げたたとだ。だから、今展の魅力は彼の手描きの線や文字を、写真とは独立して楽しむことだ。写真が付け足しというわけではないが、これだけの大作?の「絵画」を写真展の補助手段として捉えるのは、今展の意義を失う。絵を描く姿から、写真と写真以上のことをウリュウ・ユウキに見るべきだ。
 ぶら下げられた写真は、想定範囲の感じはするが、足元の絵を踏むのを避けようとして見る角度に制限を与え、心地良い緊張感を生んでいる。うるさく思われがちな電車の音響が、足元の線路と、なぜかしら不思議な一体感をなしている。

f0126829_18384071.jpgf0126829_18395654.jpg
f0126829_18404681.jpg

f0126829_18444640.jpgf0126829_18451812.jpg
f0126829_1844940.jpg


 部分図を掲載しました。楽しんでいただいただろうか?つまらなく見えたら、僕の写真紹介の下手さです。
 次に、メインの写真紹介をします。

f0126829_1848184.jpg
 ↑:DMにも使われている出発地点の写真。ここから始まる。いつになく力強い作品。

f0126829_1854239.jpg
 ↑:ウリュウ・ユウキのセルフ・ポートレイト的作品。曇天気味の空を背景にして、電線が画面を走る、直線が空間を切り裂くように。

f0126829_19443489.jpg
↑:栄通推奨の作品。
 左側のボケた黒い世界、しかもかなり広い。なかなかこういう写真を撮るのは勇気がいる。無意味と思える部分をどれだけ取り込んで、全体の距離感空気感を「写真の世界」にするか。写真が真実を撮らない姿だ。当然、心象とは無縁だ。
 写真というのは真似の出来る世界だから、自分でもこういう写真をチャレンジしてみよう。

f0126829_2001616.jpg


f0126829_2013685.jpg


f0126829_2023475.jpg


f0126829_203243.jpg




f0126829_2045111.jpg
 途中から展示風景をモノトーンで撮った。上の写真の大半がそれである。写真作品はモノトーンだから良いのだが、ウリュウ君の入った会場風景が不思議なムードで撮れた。



f0126829_2055087.jpg

by sakaidoori | 2008-05-31 18:54 | (プラハ2+ディープ・・) | Comments(0)
2007年 10月 14日

348)プラハ2+ディープサッポロ 「チQ [ギンギラギン]」  10月12日(金)~10月14日(日)

○ チQ [ギンギラギン]

 会場:プラハ2+ディープサッポロ 9J(建物1F)
     中央区南11西13・東南角地の2階建て民家
 製作期間:2007年9月19日~10月11日
 会期:2007年10月12日(金)~10月14日(日)
 時間:11:00~20:00
 レセプション:13日、19:00~

 以下、「栄通記の案内板」からー
「9月30日にこの建物に行った時には、一部を残して部屋全体を銀色に塗りつぶしているだけ。乾燥用の扇風機が入り口付近に置いてあるだけ。建物全体がシンナー臭く、少しくらくら。ギンギラ、くらくら。今日は7日、製作の追い込みに入っているかもしれません。何を描いているかというと、DMのような絵を落書きしているのでしょう。マーカーだから、やはりシンナー臭い。彼の頭はシンナーで少しラリっているかもしれない。それもまた良し」


f0126829_14335998.jpg

f0126829_12302798.jpg


f0126829_12322835.jpgf0126829_12333874.jpg












f0126829_1319159.jpg
f0126829_13232393.jpg

 DMには「・・・、氏の『線』は、描かれたり、消されたり、移動したりとドローイングの観念を計りながら色彩の在り方を、考えさせてくれる」とある。
 僕はこれほど難しいことを、チQ君のドローイングには考えていない。「面白いことをやっちょる、やっちょる。どれどれ・・」という気持ちで見ている。広い意味で心象画と思っている。彼の心の真ん中にランプを灯して、肉体にへばりついた陰影、それが映し出されたのが今展の壁面絵画だ。心の中心部にあるだろうドロドロしたものや、何やかやは絵のシルバーに埋め込まれて何も見えない。ハッピーな感覚や、スピード、リズム感が体を覆い、色となり線となり腕白小僧のように飛び跳ねてくる。闘う藤谷君の落書き、齋藤周さんの綺麗な綺麗な落書き、今展も踊る「ギンギラギン」の落書きだ。大人の落書きとは、限りなく「絵」という観念物に昇華され、見る僕達に忘れていたいろんなことを気付かせる。

 銀色の空間が照明に当たって、やけにまぶしい。ハッピーだが綺麗な部屋に仕上がった。それと分かる字や記号も見受けられる。たまたま出てき言葉、深い意味を込めた言葉・・余り詮索するのは止めにした。全てはデザインのような心模様として見た。マチエールとか深みとかには縁遠いべた塗りの世界。「太陽の塔」のような人物模様を中央にして、チQ部屋は踊り遊んでいる。

by sakaidoori | 2007-10-14 14:36 | (プラハ2+ディープ・・) | Comments(0)