栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:札信ギャラリー ( 3 )


2009年 12月 26日

1144) 札信 「川上直樹・展 2009」 終了・9月24日(木)~9月26日(土)


○ 川上直樹・展 2009

 会場:プラザかけはし(札信ギャラリー)
    中央区南2条西3丁目
     札幌信用金庫本店西口
     営業プラザ「かけはし店」地下1F
     (駅前通り東側)
     電話(011)241-2141

 会期:2009年9月24日(木)~9月26日(土)
 時間:10:00~17:00
     (最終日は、~16:00まで。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・26)

 (3ヶ月前の個展です。以下、敬称は省略。)

f0126829_916977.jpg


f0126829_9165866.jpg



 上は展示風景で、今展の全出品作でもある。
 当館の黒い横縞壁面は、川上・風景画の横拡がりの構図とのマッチング、画家の好む世界だろう。

 川上直樹は、大作では風景画オンリーだったと思う。それらを、公募展に出品することによって、画量を高めていた。公募展出品とはいっても、つい最近のことではるが。

 さて、今展では道展出品予定の2点の大作が静物画・構図画になっていた。氏の過去の流れから見たら、新たな出発のような感じで見てきた。

f0126829_930108.jpg
     ↑:「静かなとき Ⅰ」・100F。

f0126829_9303032.jpg
     ↑:「静かなとき Ⅱ」・100F。


 氏は風景画を画いていたが、それをリアルに画くとか、対象の存在に迫るという感じではなかった。いささか几帳面過ぎるくらいに構図にこだわり、画面全体からある種のムード・思想を主張する感じだ。つまり、画家にとっての「風景」は仮の姿で、そこが「富良野の草原」であろうと、「手稲の山並」であろうと、その場の固有性を主張してはいなかった。「何を画くか」よりも、「いかに画くか」にウエイトがあった。

 その「いかに画くか」に的を絞った時に、「風景画」の制約が邪魔になったのだろう。
 氏にとっての「いかに画くか」の大きな入り口は「構図をつくる」にあるわけで、「構図絵」で、今の自分を試す。それに専念して、画力を高める。そのことによって、「何を画くのか、何を画きたいのか?」という絵のテーマもきっちりと自己確認していきたいのだろう。

 それでは「何のための構図か?」ということになるが、それは出来上がった絵を見て判断するほかはない。
 今展の2作に関しては、絵そのものよりも「川上直樹は自分自身を画家として見つめ始めたな」という印象が全てであった。

 こういう「構図画」は抽象画を目指すのでなければ、どうしても「何か」を画かねばならない。「構図そのものの力を引き出したい」とするならば、画題に引っ張られすぎは画家にとっては失敗作であろう。そして、「犬の絵」は画家にとっては失敗作だと思う。やさしい表情で、どこか「挽歌」の匂いがする。それを引き出すのを目的に画かれた絵ではなかったのに。
 だが絵とは不思議なもので、僕などは時に画家の主張などを無視して絵を見る。だから、「どういう意味で犬を画いたか?」よりも、「犬をやさしく画いた」事の方が好ましい。

 「構図画に専念して自己主張を全面に出す」が今個展の命題であったと思う。僕にはその自己主張よりも、「門立ち展に、大事な事柄(犬)」を画いた、その川上直樹という人間性が垣間見えたのが嬉しかった。それはあまりにも正直すぎるが。
 僕には川上絵画を語る基準がある。氏の課題である構図力、その構図からのっぴきならない緊張感が生まれる。氏の持つ人間を見つめるヒューマンな眼差し。、構図の緊張感と物・人・時・記憶を見つめる眼差しが絡み合い始める。その時が本当の川上・絵画の出発だと勝手に思っている。
 そういう意味では今展はまだまだだ。だが、「いかに画くか?」と「何を画くか?」がようやく絡み合い始めた。


f0126829_1032503.jpg
     ↑:「冬近い望来の丘」・30F。


f0126829_10375556.jpg
f0126829_10382749.jpg



     ↑:左、「木枯らし」・SM。右、「サクロと枯れたハス」・8F。

by sakaidoori | 2009-12-26 10:58 | 札信ギャラリー  | Comments(0)
2008年 09月 08日

753) 札信ギャラリー 「川上直樹・展」 終了・9月1日(月)~9月6日(土)

○ 川上直樹・展

 会場:プラザかけはし(札信ギャラリー)
     中央区南2条西3丁目札幌信用金庫本店西口・営業プラザ「かけはし店」地下1F
     (駅前通り西向き)
     電話(011)241-2141
 会期:2008年9月1日(月)~9月6日(土)
 時間:10:00~18:00
     (初日は13:00~、最終日は~17:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・6)

f0126829_20365680.jpg

f0126829_20433327.jpg


 メインは昨年の道展出品作と、2点の新作。当然大きい作品です。それに小品と父君の遺作。

f0126829_2050646.jpg
 ↑:①「冬の声が聞こえるーⅠ」・F120。

f0126829_20531238.jpg
 ↑:②「冬が聞こえるーⅡ」・F100。

 昨年の作品(③)が風景の一部を切り取った面的表現でしたが、今年のは風景を大きく表現しています。①の方が②より大きなサイズですから、作家の思い入れはこちらの方が強いと思います。僕の好みは②の方がメリハリがあって好きです。

 ①。風景は手の平の生命線のように3本の線・道で区切られています。緩やかなカーブや直線に囲まれて、各部分は強く主張することなくバランスを保ち、静かなボリューム感を形成しています。
 ②。手前の方が乱雑に描いた感じがして後ろとの違いが明瞭です。色のメリハリと主張が手前の方からドンドンとこちらに向かってくる感じ。冬近き秋の躍動感が伝わってきます。

f0126829_2102971.jpg
 ↑:③「鉄扉のある建物」・F100。


f0126829_2141468.jpg
 小品は手馴れているというか、味わいがあります。

f0126829_21251293.jpg
 ↑:?
 大きくもあり小さくもあり大胆な絵です。密度の濃い作品です。他の作品にもありますが、川上さんの小さな建物は媚びないヒューマンさがあります。非常に人間臭くて好きです。こういう大胆で繊細な作品の50~80号の作品も見たいです。

f0126829_21312587.jpg
 ↑:「午前4時のワイン(さあ、寝よう)」。
 軽妙でお洒落な作品です。
 おそらく遅くまで絵を描いているのでしょう。絵を描いている喜びが伝わってきます。
 緊張感のある作品も好きなのですが、時に理知的な強さが目立つと時もあります。こういう作品があると画家の違う一面が見れて楽しいものです。


f0126829_21472296.jpg

f0126829_21503849.jpg

 亡くなられた父君の作品群です。手の平太く、グイグイと色を乗せて、雪跳ねをする白い息が見えてきそうです。
 四方山話ばかりして、あまり父君のことは御伺いしませんでした。申し訳ないことをしました。


f0126829_21575613.jpg
 いつもながら「栄通記」登場、有難うございます。
 

by sakaidoori | 2008-09-08 22:04 | 札信ギャラリー  | Comments(0)
2007年 06月 14日

221) 札信ギャラリー 「NAS展」・油彩 ~6月23日(土)まで 

○ New Art Study(NAS 新美術研究)展

 会場:札信ギャラリー
     南2西3札幌信用金庫地下1F・駅前通り西向き
     電話(241)2121
 会期:2007年6月12日~6月23日(土)・日曜日は休み
 時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)

 小品ばかりのグループ展です。
 出品作家:梶原葵 石丸典 ヨーコ脇 百水 碓井良平(代表) の5名。

 階段を降りきったところに受付テーブルがあり、一枚の展覧会趣意書が置いてあった。全文を紹介します。

 「NASは、まる1年半の準備期間を経て、大通美術館の最奥にひっそりと誕生することになりました。
 一般にみられる何らかの企てや目的は最初から一切なく、ただただ愚直に様々な材料を駆使し、材料と戯れ、コミニュケーションをすることによって、結果として表現へ行き着くことを主眼として制作してまいりました。
 ですから、今回の展示行為(展覧会へのすべての活動)も自動性の結果と見ていただいて過言ではありません。
 先ず作家ありきの「個性」と称する考えを前提とした表現は、もはや硬直化し閉塞状況にあると推定して、「個性」を競う世界から一旦はなれて、自らの柔軟な潜在能力を引き出すためのWork Shopであることが、良質な作物をつくるための近道と考えます。
 NASのメンバーは材料を単なる作り手の手段と考えず、材料と合作する態度が大事と考え、それが即ち独自性を活かす最高の方法としています。自己の感覚、思考さえも素材と考える制作は、今後さらなる深さを増し拡大していくことせしょう。
 まだまだ各自の試行錯誤がつづくことでありましょう。その過程の一端を今回、ご高覧いただき、厳しいご批判、賜りますれば幸甚です。
                    NAS代表 碓井良平」

 それでは作品を紹介します。

f0126829_22253690.jpg
 

f0126829_22274129.jpg
           ↑:石丸典。

f0126829_22354933.jpg
f0126829_2237163.jpg











f0126829_2239198.jpg
           ↑:梶原葵。

f0126829_22404280.jpg
f0126829_22412341.jpg
f0126829_22421412.jpg
 





f0126829_2252428.jpg

           ↑:ヨーコ脇。

f0126829_2245229.jpg
           ↑:百水。

 このギャラリーの壁面は鉄板でできていて、作品を展示するために溝を利用するようになっている。だから、その溝の横線が最大の特徴といってもいいだろう。今展はその溝の間に作品が収まるように、小品ばかりの展示である。各自のスペースで配置している箇所と、二箇所ほどシャッフル状に展示している。厳密には作風は異なってはいるが、ランダムな中から、それぞれの作品を言い当てるのは難しいだろう。
 鑑賞当日は脇さんと梶原さんがいて、取り留めのない会話をしてきた。梶原さんのは色の配置で軽重を楽しんでいる感じ。鏡に取り付けた作品が一番好きだと言っていた。他の作品とムードが違っている。あまりに傾向が違うので少し戸惑う。
 脇さんはたまたま赤の作品が多かったので、それだけを写真に撮ってみた。ことさら強いメッセージを込めたとは思わない。全体に重くもなく軽くもなく渋いという印象。
 お二人に趣意書の補足説明を求めたが、代表の意見であってあまり深くは考えていないと、笑っておられた。きっとそうなんだろうが、積極的に言葉では言えない緩い相互信頼があるのだろう。作品の作家当てなどをして遊んできた。石丸さんは中に中に迫る描法で、小品でも個性の強い人だ。百水さんはかなりの高齢の人で、元気元気が漂っていた。華やかな帯のようだった。

 以前、碓井さんは作品の匿名性ということを展覧会の会場で書いておられた。だから、作家の「個性」とか、「個性を前提にした自己表現」ということに全面的信頼を寄せていないことは知っていた。美術表現を素材や人間を含めて関係性で捉えたいのであろう。賛否はともかくとして、言葉で言いたいことが展示会で成功している、あるいは深く試みているとも思えないところがあるから、これからも、より分り易い言葉を交えて活動していただきたいと思う。今展もことさら普通のグループ展と特別に変わった点は見受けられない。続けられることによって、確かな形になるのだろう。
 (碓井さんの作品の撮影を忘れてしまいました。全く他意はありません。すいませんでした。)

 

by sakaidoori | 2007-06-14 22:54 | 札信ギャラリー  | Comments(2)