栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:S-AIR( 6 )


2010年 03月 04日

1217) ICC 「アートな事情ワークショップ Vol.0 (八戸香太郎)」 終了・2月19日(金) 開演19:30~

○ アートな事情ワークショップ Vol.0
   ゲスト・スピーカー 八戸香太郎(from NYC)


 会場:インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 1階・カフェ
      豊平区豊平1条12丁目1-12
      (地下鉄東西線「東札幌」2番出口より徒歩10分。
       東北通りに面して、向かいが「むつみ公園」。)
    
    http://www.icc-jp.com/ja/access.html

 会期:2010年2月19日(金)
 時間: 開場 19:00 開演 19:30~ 
 料金:無料 

 主催 企画:(株)HandMade ICC
 制作 協力:MAGICALCAMP NPO S-AIR theMAGIKAL AAプロジェクト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・19)

○ 八戸香太郎プロフィール
   1977年 札幌生まれ
   1996年(19歳時) 書の修学の為に京都に移住
                 京都造形大学大学院
                 多くの国で個展・パフォーマンス・ワークショップを開催
    ・・・
     近年までロンドンと京都にアトリエを構えていたが、2009年よりニューヨークと札幌にベースを移す。


 2部構成のワーショップ。
 Ⅰ部は、70分程の海外アート事情の講演。
 Ⅱ部は、15分程の書のパフォ-マンス。

f0126829_17414581.jpg


f0126829_1742141.jpg

f0126829_1743458.jpg


 33歳と、若くて精悍な体つきのアーティスト(書家)だ。
 話の内容はイギリス、アメリカのアーティストから見たアート事情だ。知識としてはそれなりに面白いのだが、話の内容よりも、話しぶりの明快さには感心した。欧米で武者終業しているだけあって、「何を語るか」という姿勢がしっかりしている。話にブレが無く理知的にグイグイ進んだ。あっというまの70分だった。
 自分はどういう表現者か、何を目的に何をする人か、セールスポイントは何かを自己分析し、明快に語ることができる人だ。海外に出たい人、外人と何かを共同でしたい人は、八戸氏に学ぶところだいである。他者との関係を深め、構築する能力を身につけないといけないだろう。それは言語力以前の問題で、身振り手振りで積極的に相手に関わる姿勢だ。
 海外事情という知識よりも、自己PR能力という姿勢を八戸香太郎氏から学ぶべきだろう。彼は札幌生まれで高校まではここで育った人だ。生い立ちは道内だ。僕の廻りに、道内人で彼ほど明快な人を知らない。

 ということで、話の内容は省略します。


 そして、何よりも彼は表現者だから、本領発揮が一番興味があるわけです。どういう視覚表現とパフォーマンスをするのか、どういう「書」を書くのかです。

f0126829_17504679.jpg
f0126829_17511688.jpg


f0126829_17524434.jpg
f0126829_17563263.jpg


f0126829_17565940.jpg
f0126829_1757963.jpg


f0126829_17572494.jpg



 大きな筆で大胆な字を書くものと思いこんでいたので、小筆と映像&BGMによる舞台装置に一瞬戸惑ってしまった。精悍な体つき、明快な言葉の運びとは裏腹に、神経質な筆の運びはペインティング的で神経質でもあった。「書」というよりも、描きぶりのスタイルを見せる舞台になっていた。

 道具立てはこうだ。筆に映写機を取り付けて、その映像がバックに流れるという手法だ。手や紙は激しく動くが、カメラ目線は動かない。常に筆先に焦点があわせられて、その周囲が目くるめくようにして、鑑賞者の目に飛び込んでくる。実際の筆の運びはそれ程の早さではないのだが、書かれる紙を激しく動かすので、線の世界が我々の目を襲う。
 圧巻は白い小鉢の中の墨を筆で揺する時だ。激しい筆の動きは、そのままカメラの運動に転化される。カメラの写す小鉢は、流動体としての黒墨をモノトーンの荒れ狂う闇夜として画面一杯に映し出される。必要以上の墨の撹拌(かくはん)は、ガチャガチャと歯ぎしりのような音を会場にとどろかせ、うねる映像と重ねられて、まさしく八戸香太郎ショーとしての独壇場であった。

f0126829_1819570.jpg
f0126829_18192167.jpg



f0126829_18215293.jpg
f0126829_1822135.jpg



f0126829_1824589.jpg


 パフォーマンス、あるいは劇としては見事としか言いようがない。後に残るのは作品としての「絵」あるいは「書」の問題だ。
 八戸氏は自分の書を筆の運びとして語っていた。上手くいく時は筆が自然に流れるという。王義之的な神聖の境地だろうか?王義之に憧れて生まれたかもしれれない「かな」の世界だろうか?
 この日、遅れて書家・樋口雅山房がやって来た。氏は己の書を「腕の運び」と言い、八戸氏との違いを語っていた。書の持つ武器としての側面が雅山房の一面でもあるのだ。八戸氏は優雅・典雅さを併せ持ちたいのだろうか?

f0126829_18434287.jpg


f0126829_1844151.jpg


f0126829_18442273.jpg



f0126829_18453123.jpg


 無事ワーショップも終わり、パーティーへと移行した。沢山の参加者であった。当館の性格上、若手の人だかりといってもいいだろう。
 樋口雅山房と八戸香太郎氏も、共に書に情熱を傾ける者同士での一時である。大先輩と新進気鋭の若手の組み合わせだ。

f0126829_18455842.jpg
f0126829_18461866.jpg


f0126829_18464432.jpg


 誰もいないパフォーマンス会場を覗くと、片づけられた舞台に作品が綺麗に並べられてある。
 静かに見れた。基本的には「線」の人なのだろう。線が自動増幅するのを見守りたいのかもしれない。書の持つ胆力は、氏の場合には舞台の勢いに置き換えられているようだ。

by sakaidoori | 2010-03-04 19:43 | S-AIR | Comments(0)
2008年 07月 30日

707) S-AIR ②「レジデンス2名のオープン・スタジオ」 終了・7月26日(土)~27日(日)

○ レジデンス2名のオープン・スタジオ
    ウエイド・マリノウスキー(豪州)&チャン・ヨンチア(マレーシア)

 会場:インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 3階・アーティスト・スタジオ
    豊平区豊平1条12丁目1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(7・27 日)

 マレーシア人のチョン・ヨンチア君の個展のテーマは「死あるいは死者」です。彼の作品と交流者とのワークショップ作品の展示です。

f0126829_15472529.jpg

f0126829_1550165.jpg
 ↑:「ソヒーの世界(Sophio’s World)」・2008年 油彩。
 大作かつ力作です。あいにくと作品の説明を聞かなかったので画題説明はできません。
 黒色は色としての深みを出すというよりも、ベターとしたコルタール状の粘着力を感じます。三途の川の物語のような、死者との別れを表現しているようです。タイトルは「ソヒーの妄想世界、死の入り口」と理解しました。表現には日本漫画の影響があるのでしょうか?全体が不気味なヴェールに包まれていて、顔を描いたり描かなかったり、描いても妖気が漂っています。

 以下、キャプションの説明文。
 ---。日本到着直前に思わず起こった出来事に由来しています。作品はその出来事に対する私の反応です。
 友人の5歳の娘の死そのもの、娘を亡くした友人の胸の内、彼女が喪失に向き合っていることを想像し描きました。


 以下、「植物と動物シリーズ」という、手のひらに収まるような小物作品があります。貝などの食材としての廃棄物を再利用したペンティング作品です。タイトルは省略します。

f0126829_1681910.jpgf0126829_16163822.jpg











f0126829_1617419.jpgf0126829_16183088.jpg










 ↑:同じ作品を角度を変えて撮影。

f0126829_16283161.jpg
↑:本当に小さい作品です。接写しての撮影です。


 以下は、今展のもう一つの大事な展示空間です。

f0126829_1631117.jpg

f0126829_16333384.jpg
 ↑:「追悼の刺繍」
 ワークショップ作品。参加者が木綿の布に愛しい人(物・ペット)を刺繍したものです。3回行ったそうです。

 参加者が故人をしのび、個人の想い出を形にするということを通じて、参加者相互の語らいの場や人間信頼の契機にしようとするものでしょう。美術を利用してのグループ・コミュニケーションです。相互理解や情操教育に役立つのは間違いありませんが、過度な感情移入の危険性もあります。開かれた方法として、いろいろな美術的アプローチがあるのでしょう。
 キャプションによると30名の参加です。9割が女性です。テーマによるのか、関係者の努力不足なのか、あまりの男女比のアンバランスが気になります。
 このワークショップのおかげだと思います。ヨンチア君のスピーチ・タイムには多くの参加者がいました。


 キャプションにはヨンチア君の「死への関心」を綴ったメモがあります。
 彼は非常に若い青年です。中国系の敬虔な仏教徒ではないでしょうか。単に「死」への関心に止まらず、自然と宗教(仏教)が視野にあると思います。名辞宗教に疎い僕としては、「芸術と宗教」の日本との違和感を感じました。彼にとっては宗教心が芸術表現の内発的な力になっているのですね。
 同時に、最近義兄の通夜や葬式に出席していて、「死に顔」がリアル過ぎて、今展を深く考える余裕がありませんでした。
 
 f0126829_1741188.jpg

by sakaidoori | 2008-07-30 17:16 | S-AIR | Comments(0)
2008年 07月 28日

706) S-AIR 「レジデンス2名のオープン・スタジオ」 終了・7月26日(土)~27日(日)

○ レジデンス2名のオープン・スタジオ
    ウエイド・マリノウスキー(豪州)&チャン・ヨンチア(マレーシア)

 会場:インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 3階・アーティスト・スタジオ
    豊平区豊平1条12丁目1-12
    
    http://www.icc-jp.com/ja/access.html

 会期:2008年7月26日(土)~27日(日)
 時間12:00~19:00
 料金:無料 
   (1階受付にて、ご記名いただいてから3階にお入り下さい。)

※オープニング・パーティー:7月25日(金)、19:00スタート 


 主催:独立行政法人 国際交流基金、特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
 協力:インタークロス・クリエイティブ・センターICC、(財)さっぽろ産業振興財団

 問い合わせ先:特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
   札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12 ICC-401号室
   電話(011)820-6056 、FAX (011)820-6057
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(7・27 日)

 非常に面白かった。かつ、有意義であった。

 まずはウエイド・マリノウスキー(豪州)君の作品を紹介しよう。

f0126829_2234557.jpg


 良い写真だ。惚れ惚れする。西欧人というものは、常に自己主張するものだと理解している。そういう彼らのステータスが、僕の単なるスナップ写真でも彼らの魅力を充分に出ていると思う。さて、本題。

 二人はレジデントとして札幌に来た。そして、生活した。そして、作品を作った。自分の生活の場を開放して、滞在中に制作した作品を見せる展覧会だ。


f0126829_10313122.jpg


f0126829_10323749.jpgf0126829_10334257.jpg











 (↑:会場は3部屋です。上の写真が入り口の部屋で細長く、下の2枚の写真が右側の部屋。右側にはもう一部屋あって、普段はベッド・ルームかもしれません、今展では映写ルームとして使われていて、暗い部屋だった。)

f0126829_1042348.jpgf0126829_1043391.jpg
f0126829_10444881.jpg
 (↑:本人の横の作品「恋の季節」、左から「ワイセツナロボット」、「ほたてパンチマシーン」、「非植林」。)

 入って直ぐの部屋。「森林・ルーム」と名付けられている。
 マリノウスキー君の作品は非常に言い易い。
 まず、丁寧で綺麗だ。皮肉とユーモアに富んでいる。それは、彼の作品の暴力性の為の安全弁にもなっている。コンピューターの利用など、現代文明利器に対する理解・利用度が高く、同時に現代文明・社会に対する批判精神も旺盛だ。自分の体を利用することによって、人間の内面の負に迫り、ショーマン性豊に振舞っている。エロスに関しては、遠慮がちな表現だが、破廉恥を武器にして暴れまわりそうな作家だ。

 スタジオの作品群は小品で、一貫性としての展示ではないが彼の才能・可能性のダイジェストにはなっている。現代風・マルチ作家だ。

 札幌滞在色はいかんなく発揮されている。
 市内のゴミを拾って、綺麗に色を塗り、あたかも中古品として展示している。そのデザインセンスは、やはり西欧的で作家の意図以上に異国情緒があって関心させられる。
 オーストラリアにはないという、火災用非常装置に大いに触発されたようだ。本物のように部屋に再生して、ペンキで火災のおまけまで描いている。デザイン・皮肉・ユーモア・暴力・文化の違和感と考えさせる作品だ。タイトルは「火災招来装置」と記憶するが、忘れた。

f0126829_11172635.jpg


 札幌人との交流をうかがわせるビデオ作品がある。
 祭太郎君を伴って、洞爺のサミット会場近くでの映写作品だ。警察警備員との交渉で、会場から可能な範囲の近い場所での録画だ。祭太郎君が坐臥の姿勢で20分間瞑想している現場を撮っただけだ。他にも映像が流れていて、静と動、自然と日本文化、文化の滑稽さなどを表現している。当然、「アンチ・サミット」というメッセージだ。見事なインスタレーション作品だ。
 インスタレーションを一回限りの場(空間)の展示、と理解するのは狭すぎると思う。実施されるまでのプロセスを含めて考えるべきだろう。そのプロセスで一番大事なのは人との交流・交渉ではないだろうか。人間同士の信頼関係の構築、制度を最大限に利用する為の関係機関との交渉という政治性だ。社会批判を秘めた美術表現は、「既存の国家や公共機関」との対決という側面があると思うのだが、「闘い」は交渉の中に埋め込まれているのだ。
 さすがにマリノウスキー君は西欧の血を持つ男だ。作品の本質を語ることはなかったが、西欧流美術のエッセンスを僕に示してくれた。


f0126829_11384472.jpg


f0126829_11412456.jpgf0126829_11423039.jpg






 





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 (以下、余計な雑談)

 僕は安易に「レジデント」と云う言葉を使った。僕なりにのその言葉の理解度を書いておきます。
 作家が生活基盤を離れて、海外なり国内なりに訪人(まれびと)として居住し、未知の世界で創作活動をすることだと思う。受け入れるほうが、何らかの目的があって成立する美術制度だと思う。つまり、未知の人間がそこで生活し、人々と触れ合い、相互に心の交流を果たし、受け入れる側は彼の創作の今後の糧になるようにいろいろと便宜を図ること。その為の滞在経費を応援するのです。当然、若い人が対象です。(交通費、滞在費、生活費、制作費と作家にとっては多くのお金が必要ですが、どこまで負担するかはケース・バイ・ケースです。)

 僕はこの展覧会を見るまでは「滞在」と云うことを中心に考えていた。それは明らかに間違いであった。レジデントの眼目は「そこの人達との交流」であり、作品はあくまでも結果なのです。作家の「芸術生活の過程」が大事なのです。
 だから、この展覧会を見る視点ははっきりしています。ひとまず、作品の質なり、今展のコンセプトを問うことではないのです。彼らが札幌でどういう人と交わり、この地の何に触発されたかを見ることです。その結果が今展の作品の集合です。
 もちろん、作品の質の悪さは、彼らが単に札幌で遊んでいたのではないかと受け止められるでしょう。だが、彼らを結果だけで見てはいけないのです。それは、受け入れるスタッフの力量が問われるべきなのです。なぜなら、作家は何が何だか分からなくて札幌に来たわけですから、彼らの好奇心や志向性を理解して、いろんな機会や場(サービス)を提供するのは受け入れスタッフの情熱・力量以外にはありえない。ですから、「レジデント・展」は作家自身の札幌での関わりを見ること、彼らに対して受け入れスタッフはどういうアプローチをしたかを見ることだと思う。

 今展の作家には札幌の税金が使われたと思う。厳しく暖かく関係者を見、今後も語りたいと思う。
 「彼らの作品の質は問わない」、と言ったが、今展はそうでは無かった。人間もハッピーで、好感の持てる青年達であった。
 それだからエス・エアーの広報活動に、「しっかりせいや!!」と言いたい。良い青年、良い作品を札幌市民に見せる場を考えるのはエス・エアーの仕事だと思う。

by sakaidoori | 2008-07-28 22:41 | S-AIR | Comments(0)
2008年 07月 21日

697) 情報・S-AIR 「レジデンス2名のオープン・スタジオ」 7月26日(土)・27日(日)

 S-AIRから案内を頂きました。有難うございます。
 「栄通記」仕様に直して、そのままの再掲です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 6月から約2ヶ月間札幌に滞在した、レジデント・アーティスト2名による「オープンスタジオ」を行います。
 
 滞在中に制作した作品を公開します。
 アーティスト本人のいるスタジオに遊びに来て下さい。


 会場:インタークロス・クリエイティブ・センター(ICC) 3階 アーティスト・スタジオ
    豊平区豊平1条12丁目1-12
    (市営地下鉄東札幌駅、豊平公園下車アクセスはICCホームページをご覧下さい。)
  http://www.icc-jp.com/ja/access.html

 会期:2008年7月26日(土)・27日(日)
 時間12:00~19:00
 料金:無料 
   (1階受付にて、ご記名いただいてから3階にお入り下さい。)

※オープニング・パーティー:7月25日(金)、19:00スタート 

 くしくもこの日は『道新・UHB花火大会/豊平川』です、ICCの窓からのんびり見ることが出来ます。
 また、コスプレの方は手ぶら参加で、出来ない人は、差し入れお願いします。

 主催:独立行政法人 国際交流基金、特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
 協力:インタークロス・クリエイティブ・センターICC、(財)さっぽろ産業振興財団

 問い合わせ先:特定非営利活動法人S-AIR(エスエア)
   札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12 ICC-401号室
   電話(011)820-6056 、FAX (011)820-6057

--------------------------------------------
 【作家紹介】

◎Chang Yoong Chia チャン・ヨンチア(マレーシア)

 チャン・ヨンチア(章 永佳)は、1996年にマレーシアの美術大学を卒業し、その後マレーシア国内、海外での展覧会に多く参加している。2005年に開催された「第三回福岡アジアトリエンナーレ」で「キルト・オブ・デッド」を発表した。札幌では、貝やカニの甲羅に作品を描いたり、「キルト・オブ・デッド」に関わる刺繍のワークショップを行う予定。

  http://www.changyoongchia.com/
 

◎Wade Marynowsky ウエイド・マイノウスキー(オーストラリア)

 ウエイド・マイノウスキーは、オーストラリアのメディア・アーティスト。活動領域は、体験型のインタラクティブ・インスタレーションやオーティオ・ビジュアルのパフォーマンス、音楽、ビデオ、内蔵機械を使った彫刻など多岐にわたる。現在、彼自身がロボット・アート概論について研究を進めているシドニーの大学で、さらに電気工学系美術に関する博士号取得を目指している。彼のへんてこで不気味な作品、活動に関しては、ホームページをどうぞ。

  http://www.marynowsky.net

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 たった二日とは短い感じですが、レジデンスの場合ははこれが一般的なのでしょうか?

 公的なレジデンスの実体を全然知らないので、是非見に行って、いろいろと確認したいものです。報告も書かねばならないと思っています。
 折角海外からの訪人(まれびと)なのです。お互いに刺激し合いたいものですね。

by sakaidoori | 2008-07-21 16:14 | S-AIR | Comments(0)
2008年 07月 10日

688) S-AIRからの情報 「今晩のトーク・イベント(オランダ編)」

 S-AIRさんから情報を頂きました。オランダ滞在歴のあるかたのオランダ事情のお話し会があります。行く行かないは別にして、S-AIRの活動の一つとして、美術情報の一つとして残したいと思います。
 以下原文のまま載せます。アクセス・地図は関係H.P.からの無断掲載です。後日、事後的なお詫びと了解を得たいと思います。


G8最終日に突然ですが・・・(笑)
明日の夜(注意⇒今日の夜のこと)ICCでアーティスト・トークをカジュアルに開催します。


【日本人アーティストはどう生きのびるのか?オランダ編】


◎トーク・ゲスト:エンドウ・サト(コレオグラファー、オランダ在住)+バス・ノールデルメール(06年度S-AIRレジデント)

◎日時:2008年7月10日(木)19:30-21:30

◎会場:インタークロス・クリエイティブ・センターICC 1階カフェ
    (注:住所:札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12
       電話:011-817-8911 )

◎内容:オランダ滞在歴10年のコレオグラファー、エンドウ・サトさんが、日本人アーティストの視点で眺めたオランダの文化事情や暮らし方。山あり谷ありのオランダ生活を語ります。

また、06年度に滞在したアーティスト、バス・ノールデルメールが帰国後に完成させたビデオ作品を上映します。

個人的な質問も受け付けます、どうぞ海外での活動に興味をお持ちの方、お立ち寄り
下さい。

◎参加無料:ただし食べ物、飲み物の差し入れ歓迎です。

--------------
問い合わせ先:NPO法人S-AIR

f0126829_795778.gif
 (↑:地下鉄東西線・東札幌駅から10分以内のところです。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あー、行ってみたいなオランダへ。できることなら船でマレー海峡を渡り、スエズ運河、地中海、ジブラルタル海峡、スペインを望遠鏡で見ながら、英仏のドーバー海峡、最後海洋都市アムステルダムへ。
 オランダ、やくざな国だ。海賊の国だ。きっと治安もあまり良くは無いだろう。個人主義があまりに強いからサッカーと云うチーム・プレーでは勝つことを放棄しているようだ。
 かつてチューリップで投機神話を生んだ。チューリップで破産した人や自殺した人まで出る社会問題まで発展した。

 海より低い土地だという。海と川との闘いが国を創ったといってもいいのだろう。テレビで見たが、護岸保護の為にねずみ駆除を国家に奉献する天職としている人もいるという。今後の海水上昇を考えて、「海と陸との分離・格闘」という考えを改めて、「海と陸との共存」という価値観の転換を図っているようだ。具体的にはある地域の陸を放棄して、他の陸地を守ろうということらしい。一種の遊水池的考え方だろうか。これも一つの国造りだろう。

by sakaidoori | 2008-07-10 07:33 | S-AIR | Comments(0)
2008年 03月 25日

571) レジデンス情報&お詫び



 以下、NPO法人S-AIR 小田井さんからのレジデンス情報です。原文をそのまま転載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 海外派遣アーティスト、クリエーター募集のお知らせ。

 今年一発目の募集は、北アイルランド(ベルファスト)QSSスタジオへの三ヶ月間:1名です。詳細は、S-AIRホームページでご覧下さい。

http://www.s-air.org/award/index.html

 応募に際し年齢の制限はありません。ただし札幌圏で活動を行っている方を対象にしています。

 最終選考は、QSSスタジオのディレクターが来日して行います。

 申請書類の〆切:2008年6月2日(月)必着

 08年度の海外派遣は、もう1枠の募集を予定しています。内容に関して現在検討中です。情報公開は4月中旬を予定しています。
また、ポートフォリオ作成講座(有料)複数回実施を5月に開催予定です。

 海外のアーティストを対象にしたレジデンス・プログラムの募集も、同じく4月中旬を予定しております。

 転送歓迎・・・

 NPO法人S-AIR 小田井
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 以前、S-AIR関係者との連絡で当方のメールを間違って知らせていました。情報が来ないのを不思議に思っていたのです。
 昨夜、ふとしたことで自分のメール確認をしていたところ、使っていないと思ったアドレスにS-AIR関係の通知が沢山来ていました。全然使っていないアドレスを知らせていたのです。本当に関係者の方には失礼しました。お詫びをすると同時に、レジデンス関係の記事は今後積極的に取り上げたいと思います。(通知を読むと、最近某所・ICCでの久野さん達若手三名の帰国報告会&作品発表会があったとのこと。トークの夕べもあったとのこと。そこは豊平区とはいえ、我が家からは遠いところではない。残念なことをした。)

 レジデンスは北海道人が外国に行く場合、反対に外国人が札幌周辺に来る場合があります。彼らとのトークとか接近の機会はいろいろ考えられますが、作品発表が最大のイベントだと思います。自分がミスしてこういうのは何ですが、それらの情報が巷に流布されているとはとても思えません。マンパワーや金銭的不足などいろいろと原因はあるのでしょうが、残念なことです。
 今後は私自身がしっかり通知を咀嚼して中継ぎとしてでも情報伝達の役割を果たせればと思います。


 冒頭の記事、転載という形式をとりました。事務的情報が主だからです。今後はなるべく転載だけでなく、何らかのコメントを付記していきたいと思います。連絡先はH.P.をご覧になって、そちらからして下さい。

by sakaidoori | 2008-03-25 14:16 | S-AIR | Comments(0)