カテゴリ:紀伊國屋書店( 4 )


2013年 06月 05日

2086) 「高橋彩美 詩と写真展 ことのは」 紀伊國屋書店 6月1日(土)~6月6日(木)


高橋彩美 詩と写真展 

    ことのは
 
 


 場所:紀伊國屋書店札幌本店・2Fギャラリー
      中央区北5条西5丁目7
      (大丸の道路を挟んで西隣) 
     電話(011)231-2131

 期間:2013年6月1日(土)~6月6日(木)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~18:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(6.1)


f0126829_22445721.jpg



f0126829_22451613.jpg



   キラキラした光とカラフルな色彩で
   一つのおとぎ話のような光景を
   写真と小さな詩を添えて展示します


 「おとぎ話」、会場を見渡して「そういうことかとなのか、おとぎ話か」と自分に言い聞かせた。

 高橋彩美は、一昨年札幌ビジュアルアートを卒業した。この学校は写真のプロ養成機関だ。卒業展では、技術の習得などを問う場なのだが、彼女はそういう校風には無頓着な作品を発表していた。
 ラフなピントで、被写体は茫洋としている。日常の切り取りなのだが、青とか黒とかは異様に強い。例えば、伸ばす手は何かに触れようとするのだが、直前でピタリと止まってしまう。時間を止めている。心象と言うより、被写体の中から何かをすくい取ろうとする姿勢だ。そえrは、「おとぎ話」だったのだろう。

 今展、カメラワークを鍛えたと見えて、これ見よがしのラフで茫洋な世界はない。以前の何気ない被写体、それでいてラフで強引な時空の切り取りに僕はしびれた。そういう意味では、今回はちょっと戸惑った。以前のカメラ・アイは不思議な強さがあった。そういう強さはどこかに追いやり、後ずさり的感覚で自覚的に物語をまさぐっている。



f0126829_22582614.jpg



 上の作品が今回のお気に入りだ。狼の野生と、月を包む濃紺色の組み合わせがいい。
 
 高橋彩美、物語を作る人だ。若い女性だから、物語の内容そのものはたゆたゆしいものだろう。内容よりもカメラ感覚が気になるところだ。



f0126829_23221194.jpg


 色味も人のシルエットも好みなのだが、ライオンが普通すぎた。可愛いのだが、それでは僕の中の「おとぎ話」には火が付かなかった。


f0126829_23223768.jpg



 左側のフラミンゴ、ちょっと変だ。作品としてはイマイチなんだが、こういうチョット変さは頼もしい。


f0126829_23225396.jpg



 右側の建物のシルエット、機械的すぎて夢が膨らまなかった。それにしても、彼女の影は魅力的だ。



 上掲の作品群、微妙なところで僕のアンテナとはマッチングが悪かった。が、彼女の見つめる世界、感じる世界を垣間見ることはできた。なるほど、なるほど、だ。



f0126829_23325286.jpg



f0126829_23331288.jpg




f0126829_23355722.jpg



f0126829_23364186.jpg



f0126829_2337416.jpg




f0126829_2341972.jpg



f0126829_23412231.jpg



 人物と風景との関係には驚く。
 子供の仕草はいきいきとしている。ただ立っていてだけだが動きがある。その動きに対して、背景の風景は一風変わったムードで包み込んでいる。世界を止めている。影も提出している。確かに花もあって明るいのだが、「明るくて幸せ」とばかりは言えないムードだ。やっぱりチョット不思議な高橋ワールドだ。撮影者自慢の作品だろう。



f0126829_23501680.jpg



 可愛い作品だ。こういうのがあるとホッとする。やっぱり女の子だ。



 小品で構成された壁面、ちょっと細く感じた。半歩下がった距離感が漂っていた。彼女の「おとぎ話」にとっては大事な距離感なのだろう。それは魅力的なのだが、作品としてはまだまだの感がした。成長するのを楽しもう。





f0126829_23494228.jpg


 この猫、小さいが大きい。この感性、やはり気になる。

by sakaidoori | 2013-06-05 23:58 | 紀伊國屋書店 | Comments(3)
2008年 07月 21日

695)紀伊國屋 「H.I.P‐A 紀伊國屋プロジェクト’08夏」 7月18日(土)~7月24日(木)

○ H.I.P‐A 紀伊國屋プロジェクト’08夏
    「日常をアートする」

 場所:紀伊國屋書店札幌本店 (大丸の西隣)
     展示→2階ギャラリー
     パフォーマンス→1階インナーガーデン
    中央区北5条西5丁目ー7 
    電話(011)231-2131
    注意⇒イベントに関する問合せ:080-5589-6650
 期間:2008年7月18日(土)~7月24日(木)
 時間:10:00~21:00(最終日18:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「芸術家・中居栄幸が札幌の若手芸術家と共に、この夏、紀伊國屋に終結!
 音楽家、画家、ダンサー、家具デザイナーなどのあらゆる分野の表現者が紀伊國屋を舞台に、『日常をあーと』します」

 
f0126829_9581374.jpg 2階のギャラリー空間だけを語ります。全体の関係者やイベント・プログラムは右の写真を見てください。








f0126829_1005963.jpg

 通路展ではありませんが、立派な建物の開放的な空間で、若者達のノンビリ展という感じです。若干オタク的な若者・作品が、明るい処での展示に戸惑っているみたい。それでも、店舗との間仕切りもないし、ガラスの向こう側に見える都会の景色は作品の個性を埋没させて、街の風景になっています。それは個性の強い作品・展覧会ではないということです。それぞれが羽ばたくための一里塚・展です。

 最近知り合った今井君の案内で見に行った。彼の作品の確認と、お気に入り作家・森本めぐみを楽しみにしてでもある。総合ディレクター・中居栄幸の仕事ぶりも見たかった。

f0126829_1015116.jpg
f0126829_10163477.jpg









f0126829_10185156.jpg
 ↑:森本めぐみ

 細い通路の円柱カーテンを抜けると「めぐみの部屋」だ(上のカーテンの写真は反対からの撮影)。アラビアン・ナイト風で美女が寝そべっているような間(ま)、チョッと学芸会風だ。
 壁にスケッチなどを貼り、正面には今展の彼女の力作。
 彼女は二十歳過ぎの学生だ。今は自分の中の闇を吐き出す過程なのだろう。楕円の好きな学生だ。花になったり口になったりする。今作は唇をかみ締めながら暗い部屋で悶々とするという地点から、花園との夢見る語らいへと振れている感じ。
f0126829_1055731.jpg だが、何と言ってもインスタレーション風の床の展示物に驚かされる。緑の芽を伸ばした展示物もあり、「いのち」ということを表現したいのだろう。そんな公式的な彼女の語りは無視して、ぞんざいに投げられ引きちぎられた服に驚いた。下着そのものはないのだが、それをリアルに感じさせる。彼女は少女とはいえないが、可愛くあどけない表情の持ち主である。「可愛い」と僕自身が彼女のことを語り、他人にもそう言われているだろう。おそらく、そう言われる見ばえの「自分」と、彼女自身の自意識としての「自己」との乖離、それでも笑顔で場をごまかす「自己嫌悪」、それらが「好きな絵」の裏側にあるのだろう。 
 一方で美しく清らかなものを求めているのだろう。ペンダントのような首飾りの御霊入れを陳列していた。「聡明さ」と「夢見る心」があれやこれやの表現になり、今は脱皮の過程なのだろう。


 以下、会場には懇切なキャプションが用意されているのですが、ほとんど読まなかった。作家のコンセプトを無視した鑑賞であり、感想記になりました。

f0126829_1101111.jpg
 ↑:山口悠生
 「包む」をテーマにした作品みたいです。それで、座ってみると意外に気持ちがいい。
 

f0126829_1175116.jpg

f0126829_1111194.jpg












 ↑:川内優加(かわうち・ゆか)、「底から」。
 展示作業中の風景。既に展覧会は始まっているので、何かのアクシデントがあったみたい。作業している作家に聞いてみた。「昨日展示したのです。照明で作品を見せたいのですが、明るいところに展示して全然効果がなかったので、急遽の暗室作り!」とのこと。
 恥ずかしい失敗ではあるがメゲナイデクダサイ。
 作品はドローイングの線描を裏側からの照明で浮かび上がらせようとするもの。だから「底から」、そして「そこから」始まるのでしょう。


f0126829_11243939.jpg
 ↑:今野晶人(こんの・あきひと)。
 変な写真を半円形の反射板を背景にしての展示。反射板に写るように裏表の重ね粘りの写真だ。
 本当の背景はガラス越しの風景で、作品もその風景と一体化している。その辺が表現者の意図なのだろう。どうということはないが、「作品」によって「場」を引き立たせるという目的は達せられていたと思う。
 他にも小品を展示していた。もっと大きく広く表現したものを見たいものだ。次回の課題だろう。


f0126829_11332320.jpg


f0126829_11364876.jpgf0126829_11383475.jpg










 ↑:滑川真由、右側は「まなざし」。


f0126829_11404633.jpg
 ↑:中居栄幸。
 この作品の趣旨は明快です。作品を触らせることです。「自由に触れてください」と但し書きがあります。それは「触れよ」という中居君の「心の命令形」でもあるのでしょう。だから僕は作品の裏側のキャンバスの生地を触ってきた。ざらざらしていた。
 
 展示作品には中井君のコメントが添えられていた。良い説明文だと思う。理知的な彼の一面がよく表現されている。「自己表現としての作品」を超えた、「社会化された作品」の探求が彼の問題意識だと思う。今展のような若き作家直前の人達と一緒になっての場の試みが彼の問題意識を大きく育てるのだろう。

 他に参加作家は、萩野華子 堺麻那


f0126829_1215039.jpg



 (追記:お詫び。人名の誤記が幾つもありました。失礼しました。)

by sakaidoori | 2008-07-21 12:11 | 紀伊國屋書店 | Comments(0)
2007年 09月 09日

318)紀伊國屋 「吉成洋子&内海真治・2人展」・陶他 9月8日(土)~9月13日(木)

○ 吉成洋子&内海真治 2人展
    セプテンバーウイング

 場所:紀伊國屋書店札幌本店ギャラリー・2F(大丸の西隣)
    北5西5 電話(011)231-2131
 期間:2007年9月8日(土)~9月13日(木)
 時間:10:00~19:00(最終日18:00まで)

 (吉成洋子さんがステンドグラスで、内海真治さんが陶・ステンドグラス・オブジェです。吉成さんはまだ見たことはありませんが、DMで見る限りでは楽しそうです。内海さんとの2人展ですから、きっとユーモアに富んだ作家だと思います。
 それにしても内海さんの今年の発表回数は凄いですね。溢れんばかりのイメージを直ぐに形にして、見てもらいたいのでしょう。)


 吉成さんの娘さん、吉成翔子さんがお母さんの作品の金属枠を作っています。そういう意味で3人展になっています。彼女は教育大学の3年生で金属造型の勉強をしています。
 明るく楽しい展覧会です。内海さんを囲んで笑顔が絶えません。(続く

f0126829_21254839.jpg

f0126829_21263447.jpg
f0126829_21271634.jpg
↑:吉成さん

f0126829_21284245.jpg
f0126829_212943100.jpg
↑:内海さん

f0126829_2131136.jpg
続く

by sakaidoori | 2007-09-09 21:31 | 紀伊國屋書店 | Comments(2)
2007年 01月 29日

32) 紀伊国屋札幌本店 「書(樋口雅山房)とひな人形展」 ~2月5日まで

f0126829_12381048.jpg
○ 書のしつらえ 名称のひな展  展示即売会

 書家:樋口雅山房
 監修:人形の瀧本

 場所:紀伊国屋札幌本店・2F特設会場(大丸の西隣)
    北5西5 電話(011)231-2131
 期間:1月23日~2月5日(月)
 時間:10:00~21:00(年中無休)

f0126829_13142257.jpg
 基本的にはひな人形の出店即売会。
 瀧本は段飾りでなく、人形の床飾りを勧めている。床ばかりでなく、棚であったり、置物であったり。その日その時期の気分に合わせて飾る数や人形の変更を勧めている。小さくてもいつも身近に人形を飾って愛でて、家族やお客さんたちとの語らいや和みの品々として使ってもらいたい、店主の人形に込める愛情である。

 各ひな人形にかなり詳しく職人の紹介プレートがある。申し訳ない、一切省略して記事を進めて行きます。その人形に合わせて書が展示されている。若干大きさを変えながらも、人形に合うサイズの書だ。品があって華やかな書だ。人形はテーブルに並べられているが、書を鑑賞する視線に邪魔することのない高さだ。瀧本店主の気配りだろう。最近の雅山房は漢字の古字に思いのたけをぶつけて、新境地を開いている。今回は「楽」のみ。一字一字に運筆の違いがあり、まさしく「楽」しめる。あらためて、「雅山房はうまいな・・・」と思ってしまった。書を見ること、考えること少ない僕にとって雅山房の引き出しの多さを思い知らされた。以前、氏に「印象記を書いてよ」といわれたことがある。ようやくその端緒をきることができた。油彩は北浦晃氏のオッカケをしている。書は雅山房のオッカケをして眼力、文力を鍛えようと思っている。
f0126829_13232794.jpg f0126829_13244775.jpg
 


 
   
  



 

by sakaidoori | 2007-01-29 00:37 | 紀伊國屋書店 | Comments(0)