栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:☆道外公共美術館ギャラリー( 5 )


2007年 02月 15日

60) ⑤東京巡り記 「銀座と銀ブラ」

東京は坂が多いところだ。ビルが林立した隙間から広い道路からの視界はゆったりとしていて、こちらに迫る空気感がある。民家密集地での坂も都心とは違うがやはり不思議なムードを持っている。海岸沿いの街、例えば小樽なども坂は多い。だが昇り一方で起伏間がない。平地を歩いているというよりも丘に登っているといったほうがいい。関東ローム層と称されるが、日本一広い平地がわずかな高低差で、うねる様に形成されているのであろう。タレント・タモリが東京坂百選のようなことを言ったが、さすがというべきか希代の芸人が東京の坂に何か異質な物を感じたのだろう。

 銀座は坂が無い。江戸時代に埋め立ててできた地域だ(1603)。当然江戸湾に面し、船による物の流れの利便性はあるわけだ。現在の駿河台の神田山から土を持ってきたという。その後(1612)、幕府の銀貨鋳造所を意味する「銀座」を現銀座2丁目に移し、町名は新両替町となった。銀座とも呼ばれていた。もっとも、「銀座」のために造ったのか、中心街に近いので膨張する人口を考えてのことなのか新興都市「江戸」の都市計画の意図までは分らない。「武家街ー寺社街ー町人街」、「遊郭ー繁華街ー製造地域ー生活地帯」こういう視点で江戸を考えたくなった。

f0126829_13171335.jpg
 JR有楽町駅に降りる。目の前の大きなビルをすり抜けたところから銀座は始まる。外堀通を横断し、なにはともあれ目抜き通りとおぼしき晴海通りを下っていった。携帯電話を使っている男性が目に付く。オッとするほどの女性にも会わない。というか、人の多さの割には垢抜けた人に出会わない。時間帯だからか、銀座とはそういうところなのか目の楽しみが少ない。ビルに収まっている教会で日曜教室の発表会のような作品を見る。和光ビルの最上階での「日本陶磁協会賞受賞作家展」をのぞく。販売も主なる目的にしているから、居心地が悪いが構わず目の保養をする。歌舞伎座の賑々しい門構えを見て、「東京に来たんだな」と嬉しくなってしまう。遠くに「演舞場」と大きなビルに書いてあるのが見える。何かを確認しに行く。

 いよいよギャラリー巡りだ。といっても何一つ情報もない。中小路を網の目のように歩けば見つけれるだろうと判断した。街は札幌と同じく碁盤の目のようになっていて、色気はないが歩き易い。銀座を南北に晴海通り、東西を中央通り(国道15号線)に区切った南西の一角を歩き回った。富士フォトサロンのような「銀座ニコンサロン」(屋久島 沢と源流 加藤文彦写真展)を皮切りに心配することなく次々に見ることができた。この辺りは銀座中心街からから少し離れていると思うのだが、オーソドックスな壁面作品の展示が少なかったように思えた。少し古い薄汚れた4階建てくらいのビルの貸しギャラリーが多い。飛び抜けて驚くような作品には合えなかったが平均値は高い、作家達がうごめいてるのが伝わってくる。のんびり歩いた。数多く見たかったので話しこむことはしなかった。だんだんと札幌でのギャラリー巡りと同じような感覚になってきた。直ぐに初物のギャラリーが現れるからうきうきしてしまった。話し込みはしなかったが、問われればそれなりに会話をすることになった。f0126829_13233951.jpg「青樺画廊」(銀座7-11-10)でのこと。オーナーが「絵を描くのですか?」と尋ねてきた。「いえ、見るだけです」「描かないとダメですよ」「・・・男が女になれないのと同じで、絵描きにはなれません」と応えた。ギャラリーは見る・見せる場と決め込んでいる。描く人同士のかかわりの場は否定しないが作品そのものにとっては二次的な事だと思っている。しかし、自分のギャラリーの目的を明快に主張するオーナーには感心した。さすが東京だと思った。ちなみに、その時は「特別企画 日本版画協会 第74回版画展 『準会員受賞者による作品展』」をしていた。若い作家を積極的に紹介したいところと見受けた。地下の「KEY gyallery」も運営している。近々、銀座を離れるとのこと。資金面でのことだと思う。機会があれば行きたい所。

 別の場所、「風景画」の展示会場。かなりの年配作家。「折角だから、お茶をどうぞ」と勧められる。飲みながら「どれぐらい時間をかけるのですか?」と意味も無く聞いてしまった。「時間、実に詰まらん質問だ」と鋭い返事。確かにつまらない質問をした。が、あまりに攻撃的対応にこちらもむきになってしまった。「お茶のお礼に社交的に聞いたまでのことです。いったい、初対面の人との初めての絵の会話にどれほどの期待を貴方は持っているのです。ならば聞き返します。どういう状況になったら、筆をおくのですか?」杖を持ってはいたが元気な老人であった。東京人の気合には驚くと同時に感心した。

 こんなことを書けばきりがない。見に行って良かったと思う。札幌は厚みに欠けるが見応えのある場所だと確認することができた。所詮、自分の住んでいる所が美術鑑賞の大半になる。その場所がどんな所かを見定める為に他所が必要なのだ。他所そのものの楽しみは日頃見れないという「旅」との関わりで作品を楽しみたい。他所の作品はまさしく一期一会的出会いとして楽しみたい。書きもしたい。
f0126829_1325576.jpg


 (後で写真の案内を書きます)

by sakaidoori | 2007-02-15 23:54 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(2)
2007年 02月 10日

53) ④東京巡り記 「森美術館入り口と展望台」

 森美術館入り口を尻目に展望台に直行。

f0126829_20151096.jpg
 入り口は真っ先に東京タワーが見える位置にある。 
f0126829_20291690.jpg
 貰ったパンフで風景を確認する。もう僕は忘れたがタワーの後ろに小さくディズニーランドの観覧車がある。妻はしっかり覚えている。右側後方にはお台場の観覧車が色づいて廻っていた。左側にはびっしりビルが道路に沿って一塊にならんでいる。JR東京、上野駅周辺のビル群だ。

f0126829_2050034.jpg
 右回りに進む。カップルがそれなりに居る。ガラス張りに沿って適当に椅子が並んでめいめいくつろいでいる。西方、箱根方面を見ながらのんびり歩く。天気が良い日には富士山が見えるはずだ。展望台はビルの3面しか使っていないので一周することはできない。最後の方に新宿の一大ビル群が薄く摩天楼のように鎮座している。距離的には上野方面と同じなのだが、天気の加減かぼんやり見える。手前左右が黒く明かりがない。左が代々木公園、右が新宿御苑。手前にもぽっかり黒い部分、青山霊園。その手前眼下に昼間行った国立新美術館がまだ明々と輝いている。

f0126829_20544121.jpgf0126829_20585866.jpg

by sakaidoori | 2007-02-10 21:10 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(0)
2007年 02月 10日

52) ③東京巡り記 「森美術館入り口と展望台」

f0126829_2114032.jpg
f0126829_21125770.jpg

 新美術館から歩いて10分で六本木ヒルズに着く。本当に近い。正面にビルの合間にこの建物を見ながら歩くことになる。壁に巨大な絵を描いている地下道をくぐり、広い道路をこえると六本木文化エリアだ。
 美術館はこの建物の最上階なのだが、入り口は離れの建物になっていて、3階の渡り廊下を伝ってエレベーター入り口に着く。面倒そうでもこの離れを利用した方が間違いが無い。
 展望台入場料金は大人1500円。恥ずかしながら逡巡すること15分、美術館が企画合間の休みに励まされて昇る決意をした。美術館も見ることにしたら2人で幾ら払うことになるのだろう。そこまでの金銭的勇気がまだ持ち合わせていない。

 先程「六本木ヒルズ」、「この建物」と書いたがこれは間違いで、このあたりを六本木ヒルズと言い、美術館のある建物は53階建ての森タワーである。更に美術紹介で面倒臭いのは美術館が二つあるのだ。更に更に付け加えて言うと、現在都合3企画の展覧会をしている。

f0126829_16285652.jpg
    新旧・笑いのダブル展
① 「日本美術が笑う」
     縄文から20世紀初頭まで 若冲、白隠、円空、劉生
② 「笑い展 現代アートにみる『おかしみ』の事情」
     1.前衛の笑い 2.小さな笑い 3.笑いの裏返し 4、逸脱する笑い

 場所:森美術館
    港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
 期間:1月27日~5月6日
 時間:10:00~17:00(3月20日、5月1日は22:00まで延長
 料金:①に②併せて大人1500円

③ 「グレゴリー・コルベール写真展 animal totems」
 
 場所:森アーツセンターギャラリー
    六本木ヒルズ森タワー52F   
 期間:1月25日~4月1日
 時間:10:00~22:00
 料金:大人1200円(展望台とのセット券 大人2200円)

 もし絵も展望も楽しんだら夫婦で5400円。新美術館と合わせて7600円。あそこで食事をして図録を買ったから・・・・・う~ん、東京巡りはお金がかかることよ。妻は折角の機会だからと、微動だにしないのだ。見習うべし、この根性。

 展覧会の中身ですが、観ていないのでパンフから紹介します。

 ①は「土偶や埴輪などの考古遺物から20世紀初頭までの・・絵画、木彫りを展覧し、日本美術における『笑い』をユニークな視点で探る展覧会です。」

 ②は現代アートとユーモアやジョークの似た役割を指摘した後に「脇役的存在であるこの『笑い』の要素を集め、現代アートにある『おかしみ』を通して、作品のメッセージを読み取ろうとする試みです。・・世界中から集結した50名の現代アーティストによる、映像、写真、インスタレーションなど約200点。・・」

 ③は「人間と動物の驚異的な交流の姿を捉えた作品の数々。そこには両者の間に存在する境界線などありません。・・・グレゴリー・コルベールによる大型写真作品15点の展示と短編映画『俳句』を2本上映します。」

 僕はここの美術館と新美術館、金沢にある20世紀美術館、四国の直島美術館の大型新規美術館を気に留めたい思う。「経済ー芸術ー人の流れ」、「地方ー美術ー経済と人」などがキー・ワードだ。

by sakaidoori | 2007-02-10 00:15 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(0)
2007年 01月 26日

29)②東京、巡り記 「国立新美術館 四つのこけらおとし展」

f0126829_23174839.jpg
 ①国立新美術館記念展 20世紀美術探検 (6000㎡)
         -アーティストたちの三つの冒険ー
 場所:港区六本木7-22-2 (六本木ヒルズより徒歩10分以内) 1F
 期間:1月21日~3月19日(月)
 休み:基本的に火曜日
 料金:(当日)一般1100円 大学生400円
 
  ②黒川紀章展ー機械の時代から生命の時代へ (2000㎡)
 全て上記に同じ 2F
 料金:無料

  ③文化庁メディア芸術祭 10周年企画展ー日本の表現力 (2000㎡)
 全て上記に同じ 2F
 料金:無料

  ④異邦人たちのパリ 1900-2005  (ポンピドー・センター所蔵作品展) (2000㎡)
 期間:2月7日(水)~5月7日(月) 2F
 料金:(当日)一般1500円 大学生1000円

f0126829_10124090.jpg  道立近代美術館の常設展、企画展の敷地面積は共に1100㎡だ。①の記念展の展示面積は6000㎡だからいかに広いか想像できると思う。1階全部を使っての企画展だ。ちなみに、ここの美術館は2000㎡を1単位にしている。全部で3階、7単位14000㎡である。

 (続きは明日書きます。明日はギャラリーめぐりの予定。夕方はフォーク・ライブ。僕にどれだけ書く能力があるのか試されているみたいです。それではお休みなさい)

f0126829_1015503.jpg セザンヌの中品を先頭に500点以上の、この100年間の作品が並んでいる。簡単に書くには膨大な量だ。全体は三部構成。初めはオーソドックスな壁面作品。郷土の傑物、三岸好太郎もいる。和人、洋人問わず有名どころが並んでいる。近代美術史の格好の教材だ。日本人が何を吸収し、いかに消化したかを考えてしまう。ポロック、デュビュッフェなど初見でお気に入りの作家にあえて入場料のもとは取った気分だ。

 一部の後半から二部はインスタレーショウ、立体、広告、映像と何でもありの『本格的』現代美術の世界になる。暫時視界が変化して飽きることはない。厭きないがその広さに疲れてしまう。アメリカ的消費物流の美術的反映f0126829_1017915.jpgとも言える。ロシア人タリトンの「第三インターナショナルのモニュメント」と言う建築映像作品がある。連れがロシアの勉強をしていて教えてくれた。ロシア革命後、革命を記念してタリトンが壮大な建造物を設計した。金の問題もあるが、田舎者スターリンにとってそんなものは無用だから、机上の産物である。その建造物をCGを使ってペテルスブルクの川岸に再現した作品。説明を聞かなければ何の意味だか解らない。現代美術を試すような作品だ。

f0126829_102332.jpg  第三部は2000㎡にたった6人だけを選んで個展風のインスタレーションの紹介。アンドレア・ジッテル、シムリン・ギル、コーネリア・パーカー、高柳恵理、田中巧起、マイケル・クレイグ=マーティンの6名。

 分厚い図録だ。格安で2000円しない。また枕本が増えてしまった。

 退出したら再入場は不可である。希望として出入り自由の一日券を考えて欲しい。ゆったり構えて、腹を据えて新美術館を楽しみたい。
f0126829_1017496.jpg



 

 

by sakaidoori | 2007-01-26 23:17 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(0)
2007年 01月 26日

28)①東京、巡り記 「国立新美術館 四つのこけらおとし展」

 美術を目的に上京した訳ではないが、行けば気になって適当にというか、かなり観に行った。札幌でもそうだが下調べもせずに行き当たりバッタリの東京巡り記だ。先に概略を書いておきます。

 この記事の紹介の「国立新美術館」、「森美術館の入り口と展望台からの夜景」、「うらわ美術館」、「銀ブラと、ギャラリー巡り」。
f0126829_18323760.jpg

○ ①国立新美術館記念展 20世紀美術探検
         -アーティストたちの三つの冒険ー

 場所:港区六本木7-22-2 (六本木ヒルズより徒歩10分以内)
 期間:1月21日~3月19日(月)
 休み:基本的に火曜日
 料金:(当日)一般1100円 大学生400円

 浦和駅に降りて美術情報入手のために観光案内所に行った。東京のパンフはここしかない。そういえばテレビでここの紹介をしていたのを思い出した。他に当てはないし、迷わず行くことにした。

 総ガラス張りの立派な建物だ。大きな箱物だ。そして不思議な名称だ。ここの正式名称は「独立行政法人国立美術館 国立新美術館」である。最初から国の直営ではないのだ。規模と運営主体から直ぐに次のことが言えると思う。沢山の入場者と、赤字にならないこと、文化効果を経済効果など数値的判断の下に運営を議論されるということだ。それは名称に露骨に表れている。「新」美術館とは何と情けない名前だろう。場末のキャバレー「現代」と名づけた人たちと同じ発想でしかない。更に他の美術館にないユニークな日本的特徴がある。一切所蔵品を持たないということ。最大規模の公募展「日展」ですら容易に利用しやすいようにバックヤードが整備されているのだ。作品の搬入、審査、陳列が滞りなくできると謳っている。日本最大の貸しギャラリーなのだ。つまり何でもいいから企画なり、貸しなりで非赤字運営をして、沢山人を集めて文化的先進地帯として東京の顔にしようとしているのだ。傍に森美術館がある。近々、徒歩10分以内にサントリー美術館がオープンするという。そこは旧防衛庁跡地で、再開発によって東京ミッドタウンと呼ばれることになる。ちなみに、ここ新美は旧陸軍歩兵第三連隊、及び近衛歩兵第七連隊兵舎跡地だ。その一部分が美術館のレイアウトとして保存されている。森美ー新美ーサントリー美の美術館トライアングルが国家の文化政策の具体化として、今たち現れようとしている。ビル王、国家委託団体、企業がその担い手だ。館の説明が長くなった。

by sakaidoori | 2007-01-26 18:33 | ☆道外公共美術館ギャラリー | Comments(0)