栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ハルカヤマ藝術要塞2013( 2 )


2013年 10月 04日

2242) ②「ハルカヤマ藝術要塞 2013」 小樽・ハルカヤマ 9月8日(月)~10月5日(土)

ハルカヤマ藝術要塞 2013   

    

 会場:(小樽市)春香山山麓

 会期:2013年9月8日(月)~10月5日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、18:00から宴会です。)

 【参加作家】
 多数。

※ 参加メンバー、会場などは別にパンフ等を載せますので、そちらを参照して下さい


f0126829_9585542.jpg
f0126829_95959.jpg



 (写真に付いている番号は、パンフの作品番号です。)


------------(10.2)

 2239)①の続き。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)



f0126829_1195291.jpg
   ↑:荒井善則。


 
 前回紹介した荒井善則作品を振り返って見る。
 白い石塚を作品と思っていた。仏様群として見た。こうしてみると手前の白石の残骸?も作品を構成しているようだ。




f0126829_11144541.jpg




 道は右の方に折れ曲がっているが、正面の小道にも作品がまとまってあるようだ。小さな脇道で袋小路回廊だ。



f0126829_1117679.jpg
   ↑:02番常設展示。渡辺行夫、「不織紋様柱」・2008年 札幌軟石 花崗岩。


 これぞまさしく道祖神だ。魔除けだ。「心して入れよ」だ。
 



f0126829_11231768.jpg
   ↑:26番。古賀和子、「ファーストシューズ -ハルカに生まれてハルカに還る」・2013年 鉄 ミクストメディア。


 古いオモチャが鉄の檻に入っている。
 幼少頃の想い出?それを起点にしていろいろと振り返っているの?何かを言いたげなオモチャ達だ。
 その辺の難しいことはあまり考えないで、オモチャを楽しんだ。これから先の他の作品群にも、こんなオモチャは登場しない。少し多く載せます。



f0126829_11305576.jpg



f0126829_1131286.jpg




f0126829_11315224.jpg
f0126829_1132412.jpg






f0126829_11375611.jpg
 



 脇道を先に進もうとすると、妻が何やら見ている。確かに右の方に作品がある。



f0126829_11392916.jpg
   ↑:58番。松井茂樹、「ハルカヤマノシンワ」・2013年 杉杭。



f0126829_11402835.jpg



 虫が止まっていた。作品?ではないでしょう。




f0126829_11475632.jpg




 なかなか先に進めませんが、気にすることはないでしょう。どうせ最後までは報告できないでしょう。のんびりと行き着くところまで行きましょう。




f0126829_11492258.jpg
   ↑:14番。上之大作、「森ノ生活」・2013年 木(イチイ ニセアカシア) 森。



f0126829_11514978.jpg




f0126829_1153233.jpg 今度はキノコだ。

 それにしても、この作品が「森ノ生活」か?作家とはタイトルに色々な思いを詰め込むものだ。




 本道に戻ることにしよう。


f0126829_1234979.jpg





f0126829_11593612.jpg



 作品ではありません。廃墟?でしょう。




f0126829_1274669.jpg
   ↑:16番。大石俊久、「地がほころんでいく」・2013年 陶 ガラス 土 山。



f0126829_1292239.jpg
   ↑:(ピンボケですいません)。


 アイデアとしては普通だ。だが、こういう自然を生かしたイベントには欠かせないものだ。残念なのは規模が小さすぎた。日本人的な「可愛い収まり具合」なのが残念。
 「規模を大きく、かつ剥き出しの自然破壊感を出さないで表現する」、言うに易く、行うには難しいだろう。今後のな為の試金石だ。


 いかに今展の作家達が自然を賛美し、ここを神域・再生として見立てようとも、実用性を欠いた美術行為とはもっとも人間らしい行為で、自然破壊の最先端とも言える。何かをすれば自然は破壊されるから。もっとも、自然の立場に立てば、何が破壊で何が想像だかは、人知をこえたものかもしれないが。
 それでも、表現に「破壊」を見るか、「共生」を見るか?「自省」や「謙虚さ」、「戒め」を制作の動機にし、「悩み考え模索する人間の営み」という清き言葉で結ぶか?
 少なくとも今展の作家達は「要塞」と自称している。破壊を越えて守り抜き創造する、そういう闘う集団なのだろう。





f0126829_12145915.jpg




 突き当たりは会場本。道路脇にはまだまだ作品が続く。



 ③に続く

by sakaidoori | 2013-10-04 12:55 | ハルカヤマ藝術要塞2013 | Comments(0)
2013年 10月 03日

2239) ①「ハルカヤマ藝術要塞 2013」 小樽・ハルカヤマ 9月8日(月)~10月5日(土)

ハルカヤマ藝術要塞 2013   

    

 会場:(小樽市)春香山山麓

 会期:2013年9月8日(月)~10月5日(土)
 休み:日曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00
     (最終日は、18:00から宴会です。)

 【参加作家】
 多数。

※ 参加メンバー、会場などは別にパンフ等を載せますので、そちらを参照して下さい。


f0126829_9585542.jpg
f0126829_95959.jpg



 (写真に付いている番号は、パンフの作品番号です。)


------------(10.2)





 会場は、札幌から国道5号線を小樽方面に向かう。
 ラルズ・ストアーを越えて、オーンズのスキー場入り口看板を越えて、程なく左側に看板あり。



f0126829_23522969.jpg








 多くの人が見に行っていることでしょう。そして多くの報告がインターネットに飛び交っている展覧会(イベント)でしょう。改めて本編で報告するには及ばないかもしれません。でも、それなりに楽しんだので、写真だけでも載せておかないわけにはいかない。何かの役にたつかもしれない。



 65名の作家が参加している。
 (以下、敬称は省略させていただきます。)

 なるべく順番に話を進めます。掲載するのに楽だからです。好みの関係でいきなり飛んだりしますが、気にしないで下さい。言葉はなるべく端折りたいですが、どうなるか。

 まずは入り口から散策気分で進みましょう。会場は足場が悪いということで知られています。登山靴、長靴と、なかなか皆さん準備万端です。



f0126829_0105812.jpg




f0126829_0111131.jpg



 早速、目の前に石の作品が見える。常設展示(渡辺行夫)です。
 先に進みましょう。



f0126829_0124633.jpg
   ↑:64番。渡辺行夫、「ワーム・ホール」。


 道は真っ直ぐに続くのだが、ショット・カットの美術作品だ。石を階段のようにして一気に上に昇る。



f0126829_0191187.jpg



 階段を昇れば景色が一変すると書いたあったような気がしたが・・・。上掲は上に昇っての左側の風景。



f0126829_0211240.jpg
   ↑:2番。赤坂真一郎、「プールサイドの更衣室/遣り方」。



 ようやく作品らしいのが目の前にあった。
 妻は思案し、中に入る。何となく見ているとアホな風景だ。


f0126829_0243267.jpg


f0126829_0244534.jpg



 たどり着いた先が、昔の池のたもと。それをプールサイドに見立てたのだろう。



f0126829_0294197.jpg
   ↑:02番常設展示。阿地信美智、「使い物にならない領域(七)天国へのハシゴ」。


 お気に入り作品なので写真が一杯になります。


f0126829_037178.jpg


f0126829_0371427.jpg



f0126829_0373898.jpg



f0126829_0383849.jpg






f0126829_0404867.jpg
   ↑:59番。森学、「spirit Journey」。


 よく分からないが、池の中の石に色が付いているようだった。それらが作品か?




f0126829_045593.jpg
   ↑:ここに55番、藤本作品があったのだが、盗難にあった模様



f0126829_0465273.jpg
   ↑:55番。藤本和彦、「端緒・循環」。(現場にある写真より。)






f0126829_0491299.jpg
   ↑:65番。渡辺洋平、「堤」。 

 池の中に積まれた石が作品のようだ。



 ここまでは、園地跡地を利用した作品サイド。
 園地そのものが収縮的なので、作品もコンパクトに見えた。




f0126829_0523922.jpg



 妻は相変わらず熱心にキャプションを読んでいる。


 この辺りは、ショート・カットをしないで、普通に下からの道との合流点近くだ。

 道祖神のようにして、白い墓標気味の作品があるわけだ。



f0126829_0562486.jpg
   ↑:6番。荒井善則、「Soft Landing to Field in HARUKAYAMA」。


 道祖神か?お地蔵さんの集合体かも。



 何となくここで第一ランド終了にしよう。


 ②に続く。(本編に関しては何番まで続くか未定です。ということは、常に次があるかは保証の限りではあいません。)

by sakaidoori | 2013-10-03 09:51 | ハルカヤマ藝術要塞2013 | Comments(0)