栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:★アバウトの写真について( 34 )


2017年 01月 19日

2545)アバウトの写真・34回目 「篠原奈那子(藤女子大学2年) 『若さ』」某会館 2016年1月7日入手

篠原奈那子(藤女子大学2年) 『若さ』



f0126829_22573619.jpg

   ↑:約18㎝×13㎝。


 2016年1月7日に篠原奈那子(当時 藤女子大学写真部2年)さんから頂いたスナップ写真。

 篠原奈那子さん、昨年2016年1月28日からの群青(ぐんせい)「対展 Ⅰ」に参加した。

 その前年12月中旬、資料館でのドローイングマン・ライブ時に初めて出会った。素直な笑顔が印象的で、小柄で着ぶくれした可愛い高校生という感じだった。

 その後、対展の説明をするために彼女の住んでいる会館に出かけた。
 彼女の作風を知らないので、スナップなどを用意するように頼んだ。
 とりたてて凄いというものは無かった。

 気になったのが今回の写真だ。 
 腕を差し出した姿にメイプルソープのセルフポートレートを思い出した。
 
 「篠原・腕作品」、おそらく習作だろう。ただ単に腕を撮ってみたかったのだろう。身近な知り合い、写真部の仲間かもしれない、「ちょっと、手伝って!腕を撮りたいから、その白壁の前に立って。手を開いて腕を横に伸ばして~。撮るわよ~」、そんな感じの作品だ。

 メイプルソープのセルフポートレート・・・朝目覚めた、オレは生きている、その喜び生きている証を自分自身が見たい、できれば皆も見て欲しい・・・というものだ。死相漂ったその表情。しかし、無邪気な笑顔、裸の上半身をこちらに向け、左腕を横に伸ばし、体はやや左に傾けて揺れている。
 裸なのは誰かと寝ていたしぐなるか?彼はホモだから女ではないだろう。だが寝た相手が男だとか女だとかは関係ない。死を悟った男の目覚めの喜び!しかも誰かと抱擁した後の・・・。

 篠原写真にはそんな印象的なところは微塵もない。有るわけはない!二十歳の女性、見るもの聞くもの触るものがあたりまえのようにそこにあり、普通に日常を送っているのだから。

 不思議なものだ。壁に貼って毎日それとは無しに眺める。始めは手のひらや腕に注意していた。「もっと女性らしさがあれば・・」と、普通に素通りしていた。そのうちに白いブラウスと腕の境界付近が目につくようになった。
 「女の子なんだな・・・あ~、若いな~」、そうか、「若さ」か。飽きもせず眺めることができたのは!
 惚れ惚れする良い写真ではない。注目すべき1枚ではない。動きもなく、普段着のままで少女が腕を横に伸ばしている。ただそれだけだ。ただそれだけだからこそ、「若さ」のみが伝わってくる。

by sakaidoori | 2017-01-19 17:38 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2015年 02月 19日

2462)アバウトの写真・33回目 「CHIE(個展) FOPPISH GIRL/ドアをさがして」ATTIC '13年10月4日(金~7日(月

CHIE(個展) 


FOPPISH GIRL ドアをさがして  


    
 会場:ATTIC
     中央区南3条西6丁目 長栄ビル4F
      (南3条通り北側)
     電話

 会期:2013年10月4日(金)~10月7日(月) 
 時間:4日  ⇒ 17:30〜22:00
    5・6日 ⇒ 13:00〜21:30
    7日  ⇒ 17:30〜21:30

ーーーーーーーーーー(10.4)


f0126829_18523077.jpg





 アバウトの写真(右上の写真)は上掲の部分図です。


 覆面包丁娘が暴れている。血なまぐさいが可愛い。
 この写真で毎日見て、元気印をもらおうと思った。ですが、画面が小さくて中身がよく見れない。もっと拡大した詳細図にしたいのですが、会場が暗くて部分図の精度がよくありません。

 仕方がない。我慢して下さい。



 そういえばチエ作品とはご無沙汰している。しっかりと道外で発表してはいる。きっと見れるだろう。三段跳びで飛躍したドローイング・ウーマンだ。楽しみにしよう。






   ----------

 その時の感想&報告記をそのまま載せます。


f0126829_1515452.jpg



 目的地は長栄ビル。ガラス戸を開けて、昇り階段を4階まで行く。




f0126829_152987.jpg



 白い鉄のドアに当展のDMが貼られている。
 思い切って、力強く入ろう。



f0126829_1561777.jpg



 会場風景、ちょっとボケています。暗くて良いのが少なかった。工夫の編集ですが、何とか雰囲気は伝えたい。


 展示は主に三カ所。左壁の面長の作品。正面の商品群。そして、右壁。上の写真では隠れてはいるが、女性が何やら見ている。


 その順番に載せて行きます。


f0126829_224761.jpg



f0126829_15282049.jpg
f0126829_15323269.jpg
   ↑:(長い作品を、あえて上下に分割しての掲載です。拡大してみた時に、大きく横拡がりで見れるのではないでしょうか。



f0126829_15374481.jpg



f0126829_1538455.jpg




 流れるような大作の提示でした。



 

 次は小品の連作。


f0126829_15413618.jpg
   ↑:(ピンボケですが、以下の写真でしっかり見て下さい。)


 彼女の線描は絵のための線、輪郭線が主体だ。何かを描くための手段だ。

 線描には他にも魅力があって、線のみによる主張だ。ただただ直線を引き続けるとか、腕の動きのままに線をのこすとか、だ。時にはそれらは背景の模様になったり、心象気分の表現になったり、水面の雫の跡のような輪郭線になったりする。
 絶対線描とでも言いたい場合がある。ただただ線の繰り返しで物言わぬ肉声を主張する。

 以下の作品、輪郭線とは違った、線を楽しんでいるチエがいる。いや、苦し紛れの痕跡かもしれない。
 今展、ようやくいろんな線が出てきた。前回の個展時にその気配があったが、力強く線のみを見せ始めた。



f0126829_15442184.jpg



f0126829_15445024.jpg



f0126829_15451188.jpg



f0126829_15455478.jpg





 さて、次の大作は展示における工夫だ。
 

f0126829_15474636.jpg




 四角四面の枠を壊し、切った貼ったで模様を作った。切った貼ったは作品内部ににも浸透していて、写真の切り貼りやコラージュ風の演出をしている。

 そして、以下の部分図でも見て取れるが、輪郭線や塗りつぶし以外の線の表現が増えてきた。

 今後も、絵自体の構想は問われるだろう。そういう内部の問題意外に、描かれない外部の問題も創作上重要になるだろう。
 内部外部の接点の問題として、「余白」の問題がある。一般的には背景処理と言われている白い部分だ。それと、絵の内部の輪郭線同士の間の空気感としての白。

 現在、チエ作品には描かれていない余白部分はかなり広い。今後もこの路線で行くのか?行くとしても余白を減らすのか?あるいは、自由連想のような線の世界が、チエの袋娘と張り合うようにして空気を少しずつ埋めていくのか?



f0126829_15493075.jpg
f0126829_15495833.jpg




f0126829_23413737.jpg




f0126829_23432646.jpg







f0126829_2343519.jpg







f0126829_15502026.jpg




f0126829_15533072.jpg




f0126829_23493280.jpg





f0126829_2350052.jpg




f0126829_23512597.jpg






f0126829_15535376.jpg



 彼女からのメッセージです。

 「続けて10月12日(土)~25日(金)まで。個展をします。次はカフェ&バー・ROOM大通西17丁目カサフォルテ2F)です。19:00~24:00、無休です。よろしくお願いします」


f0126829_094893.jpg  

by sakaidoori | 2015-02-19 19:05 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2014年 02月 12日

※※)アバウトの写真・32回目「対展 若手による2点1組の写真展(企画/丸島 岩村)」DM 2/13(木)~2/18(火)

f0126829_2153424.jpg
f0126829_21531483.jpg







対展 若手による二点一組の写真展              



 会場:アートスペース201 6階C室   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2014年2月13日(木)~2月18日(火)   
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00

 問い合わせ:丸島均 電話・090-2873-2250 

 企画:丸島均 岩村亮太

 DM担当:宮崎茜   

 【参加作家】
 阿部雄(札幌大・写真部OB)    岩村亮太(小樽商大・写真部OB)    
 風間晴香(小樽商大・写真部OG)       金侑龍(CAI・卒)     
 酒井駿(札幌学院大・写真部OB)    清水隆利(小樽商大・卒)
 高橋彩美(札幌ビジュアルアート・卒)   多田浩二( )
 二宮翔平(札幌市立大・卒)       細野佑太(札幌ビジュアルアート・卒)
 宮崎茜(北海道教育大・写真部OG) 酒井樹生(みきお 北海道工業大・写真部OB)
 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)

 (以下、「栄通の案内板」の文章を再掲します。
 今展終了まで、この項目を比較的上部に置きます。)


 私こと丸島均が呼びかけをして、岩村亮太の賛同協力によるグループ写真展です。

 院生3名を含めて、ほとんどが30歳以下の若き社会人です。この数年の卒業生が中心です。

 テーマやコンセプトはありません。「対(つい)」という形式だけに拘ってのものです。
 写真の要素があれば可、トリミング、合成、加工なんでもありの写真展も視野にいれていましたが、おそらくオーソドックスな写真展になるでしょう。
 大きさは、一枚がA4以上で極力A3~A2以下をリクエストしました。なるべく大きいものを私自身が見たいからです。

 今展は明快に丸島均の企画です。

  ① 学生写真展などで会話した学生たちのその後が見たい。
  ② 社会人として、自立的に作品発表者になる機会を作る。
  ③ 「対」という美術概念の可能性。

 
 呼びかけをし、仲間と会話する中で、いろんなことが夢膨らんでしまった。
 で、今後の抱負として5年間ぐらいは継続したいと思っています。①と②は常に基本。他の要素が膨らむでしょう。例えば、参加者同士とか見る人との交流の問題、参加者の今後の個展なり、より密度の高いグループ展形成への協力。当館の5階なり6階全室を使っての美術展。何よりも、展覧会としての密度、レベルも考えないと・・・。それ以上に、仕掛けとしての企画美術展と丸島均との関係・・・しかし、そんな行動力があるのだろうか・・・。


 「企画」というからには、以上のような内部的な事情よりも外部への発信力が問われるべきです。そして、私が見たい撮影者たちがグループ展として実力を発揮できたかどうかも。

 今回、金銭負担は等分です。(私が若干多めですが自慢できるものではありません。)企画者としては不甲斐ないですが、等分負担をする人を今後も前提にしています。


 DM制作者は参加者の宮崎茜です。キカクキカクと騒いでいますが、岩村、宮崎の協力がなければどうにもならなかった。

 3人の裏方、12人の参加者、そんな小さな写真展です。
 私は基本的に街に毎日通います。会場にいなくても、連絡あり次第に直ぐ駆けつけます。

 時間があれば立ち寄って下さい。



 追記:DM制作後に、未定だった酒井樹生の参加を得ました。



 
 

 

by sakaidoori | 2014-02-12 01:22 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2012年 05月 19日

1757) アバウトの写真・31回目 「高橋彩美・写真展 『ゆめのわ』」より 2012年5月3日(木)

    
○ 高橋彩美・写真展 『ゆめのわ』」 より        

 会場:札幌市資料館2階3室
      中央区大通西13丁目 
       (旧札幌控訴院。
       大通公園の西の果て)
      電話(011)251-0731

 会期:2012年5月2日(水)~5月6日(日) 
 休み:
 時間:10:00~19:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(5.3)

f0126829_78453.jpg



 今回は高橋彩美さんの写真です。


 この作品は組作品の一つで、組作品で構成された壁面の中央に展示されていた。展示効果のために大きな顔を目立つ場所に据えたのかもしれない。一方で、「この作品を見よ!」という撮影者の強い意図もあると思う。
 素直に少女をアップで撮っている、ただそれだけのことかもしれない。それだけのことだから、ブログの顔として毎日見るには良いかもしれない。

 普通に真ん中で撮る、しかも接近して撮る、何だか基本のような気がする。しっかりと相手を見る。それから先は、突き放したり、遊んだり、覗き見したりと、いろいろ付き合い方も生まれる。
 実際、彼女の写真個展はそうだった。


 「この写真、どんな感じで撮ったの?」
 「・・・、ただこう・・・、カメラを向けてバッシ・・・何ですけど・・・あんまり考えてないの・・・」
 そう言いながら、写真を撮るポーズを見せてくれた。
 被写体に半歩近づき、カメラを持つ手の仕草も子供っぽく、全く普通の少女然としているだけだ。だが、彼女の目線は強い。愛情を持って被写体に迫る。カラーで可愛く撮ってはいるが、茫洋とした質感はフックラとしてたくましい。

 児童期の作品ばかりだった。自画像として見て構わないだろう。
 直ぐに大人を老人を撮ってくれとは言わない。できるならば、思春期青春期を、見たい気持ちは膨らむ。


f0126829_8152363.jpg



f0126829_8155321.jpg




f0126829_821954.jpg


f0126829_8212889.jpg



f0126829_822224.jpg
     ↑:会場からの大通公園の様子。ここは2階だから、はるかに見晴らせて気持ちが良い。まるでお伽噺の世界だ。



f0126829_824778.jpg
 お礼状が届いた。個展時の写真を使っている。
 会場の作品はもっと光沢が強かった。それは紙質によるのかもしれない。茫洋とした雪の中、赤い少女は夢が一杯だ。
    


  

by sakaidoori | 2012-05-19 08:36 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2011年 04月 30日

1518) アバウトの写真・30回目 「佐藤萬寿夫 ドローイング展Ⅲ」より 2011年4月26日撮影

  
○ 佐藤萬寿夫 ドローイング展Ⅲ」 より


 会場:札幌時計台ギャラリー 2階
      中央区北1条西3丁目
       札幌時計台文化会館
      (東西の中通りの北側にあるビル)
     電話(011)241ー1831

 会期:2011年4月25日(月)~4月30日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(2011.4.26)

f0126829_9343896.jpg
               ↑:「白樺」。


 今回は佐藤萬寿夫さんの色鉛筆画を掲載します。

 個展には50点ほどの小品があります。この中から好みとはいえ一点を選ぶのは大変です。もし違った日に選んだならば別の作品になると思います。きっと家のある作品になるでしょう。家の作品でも、並んでいるのがいいのか、広場のあるのにしようか、たった一軒だけの明るいのにしようと迷うでしょう。
 そして選んだのが「白樺」です。

 白樺の枝先が震えながらそろって上を目指している。線の震え、微妙な揺れ、なぜだか胸がキュッと締められる。決して哀しい絵ではありません。哀しい気持ちにさせるというものでもありません。でも、心がハラハラするのです。そして道が一本、スルーっと横切るようにしてどこまでもどこまでも伸びています。緑の野地、茶は土色、黄色は・・・、お日様が浮かんでいます。

 もしかしたら、期間をおいて違う絵になるかもしれません。たった一点の掲載に忍びなくなるでしょうから。

by sakaidoori | 2011-04-30 09:45 | ★アバウトの写真について | Comments(1)
2011年 01月 05日

1414) アバウトの写真・29回目 「谷口顕一郎・展 『凹みスタデイ #19』より 」 2010年9月23日撮影


○ 谷口顕一郎・展 「凹みスタデイ #19」 より


 会場:テンポラリー・スペース
     北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側。
      隣はテーラー岩澤。)
     電話(011)737-5503

 会期:2010年9月21日(火)~10月3日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーーー(2010.9.23)

f0126829_7451638.jpg



f0126829_7453665.jpg



 会場風景写真の作品部分のみを今回のアバウト写真に使わせてもらいます。

 谷口顕一郎君の魅力は、遊び心とバランス感覚の良さにあると思っている。

 上の作品はベルリンのある路上の傷をトレースして、折りたたみ式プラスチック作品に変身したものだ。怪獣や化け物という空想動物を思わせる。
 もし、作品の原点になった「路上の凹み・傷」に焦点を当てれば、社会批判の旺盛な作家といえる。作品は都市から立ち上がるモンスターであり、現代文明の有り様を考えさせる道具だ。。
 もし、素材の意味を無視しての作品作りに焦点を当てれば、溢れる想像力の持ち主とみることができる。作家の行為を通した現代の「暇」を堪能するわけだ。

 谷口顕一郎君は社会性と遊びを美学という天秤棒で楽しんでいるようだ。「遊び心」という行為の源泉を、上手い具合に「歴史性、社会性」とドッキングできたとも言える。趣味人的表現者が社会性を帯びた作家にスライドした。
 作品は遊び心に反して、荘重で重々しい。遊びの中の「過剰なエネルギー」をなすがままに放置したからだろう。今のバランス感覚の現れでもある。

 問題は作品の中での「社会性」にあると思う。
 バランス感覚の良さといっても、左のポッケの中の「夢」や「遊び」を減らしたら、「凹み」はたんなる模様になるだろう。
 右のポッケの中にある「歴史性、社会性、文明性」という道具立ての中で、左のポッケがどこまで遊べるかである。どこまで遊びながら「社会性」を膨らますことができるか。時には「社会性」を捨てきるかにかかっているだろう。バランス感覚は虚々実々との闘いへと変貌するかもしれない。「遊び心」は虚なのか実なのか、「社会性」は虚なのか実なのか?難しき皮膜を歩くかもしれない。



 お家の中でレゴの積み木で遊んでいたら、家では一人で面白くない。レゴを持って窓から外へとお散歩。いつしか手元のレゴは何処かに行って、「凹み」という傷模様がレゴの代わりになってしまい、気が付けば大きな大きなモンスターを作ってしまった。

by sakaidoori | 2011-01-05 09:31 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2010年 08月 19日

1342) アバウトの写真 28回目 「『水戸麻記子・個展』より 『引っ越し協奏曲』」 2008年2月24日撮影


○ 水戸麻記子・個展」より 


 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:2008年2月24日頃の一週間
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーー(2008.2.24)



f0126829_8212476.jpg



 タイトルは「引っ越し協奏曲」です。

 2008年2月のさいとうギャラリーでの個展からです。随分と古い撮影です。

 てらい無く中央にドーンと花嫁花婿を描いて、同心円状に2人を祝っています。
 水戸さんの絵は、描かれたものが真ん中から割れて爆発しそうなムードがあって、そこが僕には魅力的です。だから、画題をシュールに描くことによって、その特徴を生かそうとしています。時に、シュールに描くことによって、画題に引っ張られて水戸気質が反映されない時もあります。この絵は全編はみ出す勢いがあって好きな絵でした。

 本当は遅まきながらでもこの個展を紹介したかったのです。使える写真が余りに少なかったので断念、残念なことです。当日はお客さんで賑わっていたのと、作家に遠慮して撮影枚数が少なすぎたのが原因です。


 水戸眞紀子さんの絵は、醸し出すムードに気を取られがちです。そのムードを最大限に生かす構図に作家は意を払っていると思う。より積極的に「水戸風構図」に励んで頂きたい。安定的であっても、「拡散型のめくるめく構図」、です。「水戸風構図と水戸風破裂です」です。
 (2010.8.19)

 

by sakaidoori | 2010-08-19 09:15 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2010年 04月 05日

1254) アバウトの写真 27回目 「『第40回記念 北海道教職員美術・展』より 竹津昇作品(水彩画)」

○ 第40回記念
   北海道教職員美術・展

    (絵画・彫刻・工芸・書道・写真) 

 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2条東6丁目
      (北西角地)
     電話(011)271-5471

 会期:2010年1月9日(火)~1月13日(日)
 時間:10:00~17:00
     (最終日は ~15:00まで。)

ーーーーーーーーーーーー(1・9)

○ 竹津 昇

f0126829_1882216.jpg
     ↑:招待・竹津昇(千歳市立東千歳中学校)、「光陰」・F120 水彩。(1月9日撮影。)


 にぎにぎしく力強い作品です。
 あたかも、余白を無視するかのような勢いがあります。
 余白無視の姿勢は、いかに骨格を作りきるかに意を注いでいるみたいです。いわゆる、構図の問題です。
 F120はかなり大きい。大きいが作家の意欲が大きく成りすぎていて、収まらない。だから、構図も狭い世界でいろいろと作っている感じがして、拡がりをせき止めているみたい。
 その構図をも砕きたいほどの意欲と胆力が素晴らしいと思う。

 「壁」の好きな画家です。「壁画」画家になるかもしれない。

by sakaidoori | 2010-04-05 18:34 | ★アバウトの写真について | Comments(0)
2010年 02月 09日

1190) アバウトの写真 26回目 「『多摩美術大学版画OB展 2010』より ネモトサトコ作品」

○ 多摩美術大学版画OB展 2010 

 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。
      1階が日産のショールーム。)
     電話(011)222-3698

 会期:20010年1月26日(火)~1月31日(日)
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~16:30まで)

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 16:30~

 【参加作家】
 多数。

ーーーーーーーーーーーーーーー(1・28)

○ ネモトサトコ

f0126829_22573134.jpg
     ↑:ネモトサトコ、「すごいためいきだった」・混合技法 パネル。

 エジプト文明のような横顔です。他の作品もそうですが、どこか間延びして、キリリとこちらをうかがう視線。ダブル画像には、どんな思いを込めて作品を立ち上げているのでしょう?古き二重画像の作品は、崩れる自我の象徴でした。今の若き表現者はそういうことにこだわらない。夢多き「ダブル画像、二重画像」に果敢に気楽に挑戦している。

 大らかな空間表現、こだわりのないダブル画像、見つめるまなざしの少年の自由さ、そんなところが気に入ってのアバウト写真への登場です。


 本展の紹介時に、彼女の個別作品の紹介がありませんでした。以下、2点つなぎで紹介します。

f0126829_2314396.jpg
     ↑:左から「風の門」、「水の門」・F80 混合技法 パネル 2009年。

 

by sakaidoori | 2010-02-09 23:17 | ★アバウトの写真について | Comments(2)
2009年 12月 07日

1110) アバウトの写真 25回目 「(門馬) ミカミイズミ・展 『水は夜でもなられる』より」

○  水は夜でも流れる
   ミカミイズミ in 門馬


 会場:ギャラリー 門馬ANNEX 
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38
      (バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055

 会期:2009年9月7日(月)~9月13日(日)
     (会期中無休)
 時間:11:00~19:00
     (初日は、13:00~。最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(9・13)

f0126829_1062037.jpg
     (↑:下の作品の部分図。タイトルはあるのですがこちらのミスで不明。)


 
f0126829_1075295.jpg



 思わず泣き笑いたくなるクラゲ?タコ?。ドーンと赤。ミカミ・クラゲ!

 「食べちゃうぞ~、食べちゃうぞ~、恐いぞ~」
 「恐くはないけど、食べられちゃうのは困っちゃうな~、コマッチャウゾ~」

 食べつ食べられつつ終わり無き水底でのドラマが続く。流れているようで流れていないようで、声帯のないのどで唄っているようで、どんな声だろう?「コマッチャウ」という響きが輪唱になったり和音になったり、ソプラノ・アルト・テノールと抜けた音で水に溶け込みそう。
 夢は夜開く。生き物たちの水という世界での終わり無き生活です。


 (記事1100番に会場様子が載せてあります⇒こちら

by sakaidoori | 2009-12-07 10:20 | ★アバウトの写真について | Comments(0)