カテゴリ:北のモンパルナス( 3 )


2013年 10月 20日

2269) 「西田宏道(ひろじ)遺作展」 北のモンパルナス 10月1日(火)~11月2日(土)

 


西田宏道(ひろじ)遺作展 

池袋モンパルナス・アトリエ村 最後の絵かき         




 会場:ギャラリー 北のモンパルナス
      西区二十四軒4条3丁目3-15
       清水マンション105
       (札幌第一病院の東隣。
        地下鉄琴似駅5番出口より徒歩5分。)
        ※ 駐車場無し
     電話(011)302-3993

 会期:2013年10月1日(火)~11月2日(土)
 休み:日曜・月曜・祝日
 時間:11:00~18:00

 企画:当館

ーーーーーーーーーーーーーーーー(10.19)


 昨年の2月に、93歳で亡くなられた水彩画家の遺作展。

 L字型の会場風景を載せます。


f0126829_15512545.jpg




f0126829_15513421.jpg




 遠目に作品を眺めるだけならば、普通の風景画が並んでいるだけでしかない。(以下、沢山の写真報告をしますが、おそらく「普通の風景画」としか見えないでしょう。やはり原画を見に行って欲しいものです。)
 チャンと作品の前に立って対面すれば、その画力に驚かされる。印象を簡明に記そう、「バックボーンがしっかりしていて強くて太い、大きい」に尽きる。おそらく光のとらえ方が良いのだろう。風景の中の光と、そこを見つめる画家自身の光が合わさって、作品を大きく明るくしている。当然健康的で若々しい。全ての源は風景を見つめる強さだと思っている。


 真っ先にお気に入りの個別作品を3枚載せます。



f0126829_1672583.jpg
   ↑:「緑萌えなす森」・水彩 15号。


 達者な作品だ。光、色、線が乱れ舞っている。




f0126829_15542653.jpg
   ↑:「ナナカマドの実に雪」・水彩 8号。


 凛とした存在感だ。何が?全てが。

 今初めて「ナナカマド」と知った。「雪」だとも知った。冬の北海道か?
 「何を見ているのか?」と言われそうだ。 絵は見た!絵から受ける印象に引っぱられ過ぎた。画題は視野から飛んでいた。お気に入りの作品は全てそうだった。逆に言うと、画題が真っ先に飛び込んでくる作品は、僕にとっては世界が違うということだ。




f0126829_15543431.jpg
   ↑:「ヤマブキの花」・水彩 8号。


 黄色が膨らむ。やはり燃えている。その根っこで線という姿で、何やらが妖しく飛び交っている。妖しいと言ってもどこまでも健全な姿だ。



 
 やはり、自然の生命力に惚れ込んだ人なのだろう。絵だから風景として草木を主人公にしているが、それは仮の役割であって、自然丸ごとが眼中にあるのだろう。
 男が花を描けば、どこかに「女」がいちらつく。彼の場合は「女」ではなく「青年」を常に見つめているようだ。その「青年」の性よりは生命力に、ぞっこん惚れ込んで、一生の伴侶にしたようだ。



 以下、全作品を載せます。僕の選択は彼の一部でしかありません。あえて、その一部で「西田宏道」の全てとひとまずは理解しています。



f0126829_16341410.jpg




f0126829_16342452.jpg




f0126829_16343476.jpg




f0126829_16344547.jpg




f0126829_16345794.jpg




f0126829_16371065.jpg
   ↑:画魂(画板)。


 画板(ガバン)です。板画だと思った。長い作画歴のある人だから、押し入れに仕舞い込まれていた若き頃の作品かと。
 画家はこれを持ち歩いて風景の中に入り込んでいたのだ。まるでゴッホのように。ゴッホは余りに情熱過ぎてそのエネルギーが絵からはみ出てしまった。 
 画家は変わることなく自然を伴侶にしてしまった。仙人のような振る舞いだが、作品は常識の範囲以内で大きく輝いていた。



f0126829_16443638.jpg




f0126829_16445266.jpg




f0126829_1646138.jpg
   ↑:「たまねぎ」・油彩 10号。


 この作品が、今展の中では一番古いのでは、とのことです。
 作品には全く制作年を示す痕跡がない。画遷なりを語ろうとすれば、故人の知人や関係者の聞き取り調査から始めないといけないだろう。大変な努力だ。「池袋モンパルナス」の美術関係者がどこまで彼に関心があるかによるだろう。




 以上、右回りで作品を見てきました。



 もう少し個別作品を載せます。




f0126829_1554783.jpg
   ↑:「白い花・黄色い花」・水彩 6号。



f0126829_173723.jpg
   ↑:「川辺の紅葉」・水彩 8号。




f0126829_175163.jpg
   ↑:「川辺の集落(秋)」・15号。




f0126829_1754185.jpg
   ↑:「武蔵野の農家(ワラ屋根)」・水彩 8号。



f0126829_177487.jpg
   ↑:「自画像」・エンピツ 5号。



 亡くなられた場所は、東京都の「池袋モンパルナス」と呼ばれているアトリエ付き住宅。戦前は一世を風靡した名称だが、今は取り立てて美術界に位置を占める場ではない。
 お名前は西田宏道(ひろじ)さん。独り身。
 彼が水彩画家であることは、狭い友人知人以外にはほとんど知られていない。評価が低かったのではない。発表歴零だから、評価以前の人だ。だから、生前は絵を描く人ではあるが、画家とは呼ばれない人だろう。今、終の棲家からはるか離れた場所ではあるが、北国での初登場画家になった。




 隣室は喫茶ルームになっている。そこにも壁一面にいろんな絵画が並んでいる。
 西田作品も場を占めていたので、載せておきましょう。もう二度と本編への登場が無いかもしれないから。



f0126829_17115156.jpg





f0126829_17122715.jpg
   ↑:「春の木立(奥武蔵)」・水彩 15房。

by sakaidoori | 2013-10-20 17:38 | 北のモンパルナス | Comments(0)
2013年 03月 13日

1971)「亀井由利 展」 北のモンパルナス 3月5日(火)~3月30日(土)

亀井由利     


 会場:ギャラリー 北のモンパルナス
      西区二十四軒4条3丁目3-15
       清水マンション105
       (札幌第一病院の東隣。
        地下鉄琴似駅5番出口より徒歩5分。)
     電話(011)302-3993

 会期:2013年3月5日(火)~3月30日(土)
 休み:日曜・月曜・祝日
 時間:11:00~18:00

 企画:当館
     次回の企画展 「北のロマン 真鍋敏忠の世界 4/2~4/27」

ーーーーーーーーーーーーーーーー(3.9)

 L字型の会場。入り口手前に色のある小品、それに続くようにしてやや大きめな黒い作品。赤から黒へ、小品から中品へ、近作からちょっと古い作品へ、そして最後は近作の赤い世界にもどる。


 以下、会場の流れで全体作品を載せていきます。



f0126829_9533768.jpg



f0126829_9545039.jpg



f0126829_955884.jpg





f0126829_955433.jpg



f0126829_957138.jpg



f0126829_9571480.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 亀井由利はしっかりと個展を続けている。人気があるのだ、ギャラリーの呼びかけにチャンと応えて、小品、中品、油彩、デッサンといろいろと形を変えて、それでも極力近作を踏まえて個展を開いている。新道展にも属しているから、そこでは大作で勝負だ。
 「勝負」と言ってしまった。要するに、どんな場合でも「力んで、踏ん張って、頑張って、一所懸命に自分を、女を、性を、女が生きること」を表現している。

 今回は小品に近作を散りばめて、やや古い作品との競演だ。
 かつての裸婦像は形もしっかりして古風さがあった。今は、ドロッピングの世界で輪郭は消え、黒くて暗くて、落ちて流れる抽象画になった。流れたのだ、いろんな意識が。落ちたのだ、拘りが。代わりに色と華やかさが降りてきた。樹や花の形をひっつけながら、絵画に楽しさが加わり始めた。それが入り口の小品群だ。
 その色具合に三岸節子張りのざっくばらんな色を思う。同じ女性性を表現しているが、節子は「女という存在感と、絵としてのボリューム感」が、最後は大胆さが眩しかった。亀井由利は、「生きる喜びや愛の賛歌」が絶対のようだ。

 年配女性作家は恐ろしい。社会のしがらみとか、面倒くさいものを無視し始めるから。自分の生命力や信じることをよりストレートに出し始めるから。亀井由利、今展で見せた小品の華やかさ・・・益々あふれる元気さの素と受け取った。



 何点か、概ね制作順に載せます。


f0126829_15262170.jpg
          ↑:「道化師」・1977年。


f0126829_15282017.jpg
          ↑:「かかえる」・1996年。



f0126829_15291349.jpg
          ↑:「丸」・?年。(当方の記録不備のため)


f0126829_1530461.jpg
          ↑:「病める月」・2012年。



f0126829_15321414.jpg
f0126829_15353133.jpg
     ↑:左側、「元旦」・2012年。     ↑:右側、「血脈」・2013年。



f0126829_15365261.jpg
          ↑:「風」・2013年。     

by sakaidoori | 2013-03-13 15:57 | 北のモンパルナス | Comments(0)
2012年 11月 22日

1880) 「風の画家・本田滋の世界 《風の彩》」 北のモンパルナス 11月6日(火)~12月1日(土)

    

風の画家・本田滋の世界 

       《風の彩
     


 会場:ギャラリー 北のモンパルナス
      西区二十四軒4条3丁目3-15
       清水マンション105
       (札幌第一病院の東隣。
        地下鉄琴似駅5番出口より徒歩5分。)
     電話(011)302-3993

 会期:2012年11月6日(火)~12月1日(土)
 休み:日曜・月曜・祝日
 時間:11:00~18:00

 企画:当館
     
※ 次回の企画展:「丸木俊 生誕百年記念展」 12/4~12/29

ーーーーーーーーーーーーーーーー(11.17)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 「ギャラリー 北のモンパルナス」、初登場です。
 会場は「カフェギャラリー 北都館」のすぐ傍です。北都館に面した道路を横断すると第一病院があり、道路が延びています。その病院を左に見ながら進んでいき、やはり左側にある清水マンション1階が目指すギャラリーです。。


f0126829_20101553.jpg
f0126829_20103478.jpg


 清水マンション、右側にギャラリー入り口があります。

 
f0126829_20221289.jpg



 左の方に入り口のドアが見えると思います。奥の空間は喫茶ルームで、その部屋の作品は常設展のような雰囲気。今展では本田作品もないので、その部屋の紹介は割愛します。小熊秀夫達を綴った、「池袋モンパルナス」という本が目に飛び込んだ。読みたい本だ。


f0126829_20315718.jpg



f0126829_20322276.jpg



 会場は窓無しのL字型。穴あき吸音壁にアンティークな調度品、そこに賑やかな本田滋・風景ワールドだ。明るい話し声が聞こえそうな空間になっている。

 今回の「本田滋展」は、既発表作品がほとんどだ。見慣れた世界ではあるが、本田絵画の整理に丁度良かった。
 氏の発表歴はすさまじい。遅れての画家活動だから、それを取り戻そう、いろんな試みをしようと、意欲盛んだ。今では取り戻す力を追い越して、グイグイと先に行こう行こうとしている。自分自身の手綱の引き具合を楽しみながら精力的に活動している。

 何点か気になる作品のみを記して、後は凡調な言葉を省略します。


f0126829_2156693.jpg
          ↑:「歩道橋渡ると」・S15。

 「青ライン」が目を見張る。それは道路なのだが、まるで川だ。横断歩道の白い線も、何が何だか意味不明の模様になっている。青い部分が道に見えなくてもかまうことはない。デコボコ躍動感でゴチャゴチャとした「生命」が感じられるではないか。


f0126829_2251720.jpg
          ↑:「テレビ塔見いつけた」・S15。

 テレビ塔はともかくとして、剥き出しの「都会の壁」だ。それは塊としか言いようがない。氏は決してこの光景を負のイメージでは描いてはいないだろう。だが、僕には「都会という化け物の裸」に見える。


f0126829_22101323.jpg
          ↑:「秋なずむ」・F40。


 今展では氏のことを「風の画家」と謳っている。
 「風」、この言葉にだまされてはいけない。確かに風には違いないが、「人畜無害の微風」ではない。常に「生命」を見る画家だから、その優しさ清らかさばかりでなく荒々しさや不可思議さもつかみ取る。都会にはそういう不可思議な場が、微風の隣に同居している。そこをも氏は見つめ讃歌している。


f0126829_22175375.jpg



f0126829_22181737.jpg
          ↑:「明日みる街」・F30。


f0126829_22221324.jpg



f0126829_22224131.jpg



f0126829_22234317.jpg
          ↑:「夢待ち高架」・S8。



f0126829_22244340.jpg




f0126829_2226054.jpg



 激しい躍動感だ。喜怒哀楽、善悪彼岸此岸、全てを飲み込む勢いがある。都会とはそういうものだ。
 画家・本田滋、正直な画家である。老木は負けずに屹立している。

by sakaidoori | 2012-11-22 22:52 | 北のモンパルナス | Comments(0)