カテゴリ:レタラ( 2 )


2013年 11月 11日

2300) 「ELINA SIPILÄ (エリナ・シピラ個展) in Sapporo」 レタラ 11月7日(木)~11月17日(日)

ELINA SIPILÄ (個展)  in Sapporo 



フィンランドより、リトグラフ作家 エリナ・シピラ個展  
        




 会場:ギャラリー レタラ 
      中央北1条西28丁目2-35 MOMA place 3F
      (アメリカ領事館の斜め向かいの白いビル。)
     電話(011)621-5600

 会期:2013年11月7日(木)~11月17日(日)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:12:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで。)

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~
                  19:00~ 佐藤美津子カンテレ・コンサート 500円  

ーーーーーーーーーーーーー(11.9)


f0126829_10563963.jpg



f0126829_10572456.jpg



f0126829_10575327.jpg



 フィンランド人。30歳台前半。技法は石によるリトグラフが大半。見ても分かるように白と黒の世界。画題は生き物と自然。


 白夜、あるいは黒昼の国、フィンランドのラップランド地方、その中心であるロバニエミからの来道だ。昨年、作品のみだが札幌のグループ展に参加し、ここが気になっての来札だ。本当に嬉しい。ありがとう。

 やはり、日本人とは異質の感性だ。間違いなく生き物や自然、歴史風土に対する愛の眼差しで、言葉に置き換えれば日本人の対応と変わることはない。が、自他の分別は鋭く強く、最終的には自他は統合されているのだが、その接着剤として宗教的な精神性を感じる。
 会うなりクリスチャンかと確認した。「イエス」との返事だ。


 本人の写真を始めに紹介した。その潔い立ち姿を見てもらいたかったから。以下の作品で、彼女の直視を背に受けながら見て欲しい。



f0126829_1120585.jpg




f0126829_11201565.jpg




f0126829_11202564.jpg




f0126829_11203514.jpg




f0126829_11204615.jpg




 全体を二つの言葉でくくりたくなる。
 白と黒。厳しさと優しさ。冷たさと暖かさ。大ざっぱで繊細。風土と生き物。町と自然。今展の場合、それらは決して対立概念ではない。が、明解な「他者」を前提にしているから、一本の縦筋が貫いている感じだ。その縦筋の象徴のようなものが、作中に沢山浮かび上がる「顔」なのだろう。
 「他者」、社会とは自己と他人で成り立っているのだが、日本人は「自分と身内」に置き換えたがる。美術界も大半はそうだと思っている。他者無き自然賛歌であり、祈りだ。

 黒の表現と言ってもよさそうだから白夜は関係あるのかと尋ねた。(もちろん通訳者を交えて。)
 「白夜は生活の上では当たり前のことだから、そんなことは考えたことはない」
 黒い日中の世界、あるいは白い夜の世界に対する感慨を期待したが、アッサリとした返事だ。

 トナカイ、気になる作品だ。この作品は昨年見ている。形(造形)は変というか不思議なのだが、間違いなく愛情表現だ。
 トナカイの意味を尋ねた。
 「父がハンターで、私はトナカイの肉を食べて育った」。その返事に、私を含めて周りにいた訪問者は驚きの様子を浮かべる。間髪を入れずに言葉は続く。
 「トナカイは私を育て育んでくれた。(自然の中での大事な存在だ)」
 『「食べる」とはそういう意味か』と、たじろぎと安堵が交差する。



 (寸法は描かれた紙の大きさです。以下の写真での表現部分の大きさではありません。)



f0126829_1215025.jpg
   ↑:「Kylä/Village」・2012年 石によるリトグラフ 53×38㎝。


 街並みがあって、海があって、山のような風景があって、黒い空がある。山に見える部分が幻想的で自然の象徴みたい・・・そういう解釈も成り立つが、これは洞窟からの「風景」だろう。実際に見える風景かもしれないが、やはり全体を幻視と思いたくなる。なぜなら、その視点の位置が、古代に人が住んでいたかもしれないような洞窟だから。画中の時間は石器時代と今とを往還している。洞穴の向こうの風景・・・それは今なのだが・・・に対する不動の時間軸と、それを成り立たせている愛を見つめているのだろう。

 
 作品のリトグラフは「石」という古典的材料だ。まさしく石版画だ。作家の風土や歴史への拘りが「石」を選択したのだろう。




f0126829_12203056.jpg
   ↑:「Oksat/Branches 2013年 石によるリトグラフ 72×56㎝。


 
 「Branches」、「枝」が絡み合っているのだろう。



f0126829_12342782.jpg
   ↑:「Juuret/Roots」・2013年 石によるリトグラフ 112×78㎝。



f0126829_12384385.jpg
   ↑:「Kare」・2013年 セリグラフ 107×75㎝。


 他にもあるのだが、何かに巻き付かれた「顔」を表現している。一番上の作品、真ん中が顔に見えるが、作家の意図せざる結果とのことだ。 

 どういう意図かはわからないが、画家の根底には「人」がある。全てを築き上げて、これからも生きていかねばならない存在、「人間」を正面から見つめる行為の結果が作品になるのだろう。人は「他者」無くしては生きてはいけない。その他者とは「根」であり「枝」であり、自然の息吹なりを伴って存在している。父への感謝とか憧れへもあるのかもしれない。作家にとって自然とは「母」よりも「父」に近い存在なのかもしれない?




f0126829_12492987.jpg
   ↑:「Railo/Crevasse」・2012年 石によるリトグラフ 70×100㎝。



f0126829_12515635.jpg
   ↑:「Määränpää/Destination」・2010年 石によるリトグラフ 73×56㎝。


 「Destination」、「目的地」。洞窟という過去から明日を見つめている。変わらぬ自然であり、それに包まれた世界であろう。もちろん、願望を含めた理想郷だろう。



 以上、メモ描きのような感想です。
 やはり、きつい眼差しと、それと不可分の愛情表現が魅力の展覧会です。めったに見れない異人の個展です。来札の経費等は公費の利用があったかもしれないが、今展は非常に私的なものです。今展実現に至るまでの意欲、パワーにも感じ入ってしまった。



 追記:
 ラップランド地方でのハンターといえば、狩猟遊牧民族であるサーミ人が思い浮かぶ。国境をまたいで生活する少数民族、そんなテレビ番組を見たことがある。アイヌ同様に、今ではサーミ人とて伝統的生活スタイルを維持している人は多くないだろう。
 彼女がサーミ人かどうかは知らない。オーロラ同様に、まだ見ぬ未知の世界への入口展でもあった。

 今冬(2014/1/11~1/17予定)、札幌(北海道)から作品と人間がエリナ・シピラさんの処に行かれるとのことだ。交流展だ。更に拡がる交流の輪だ。月並みですが頑張って下さい。

by sakaidoori | 2013-11-11 13:31 | レタラ | Comments(0)
2012年 10月 21日

1837) 「野又圭司 展 -生きるためにすべてを放棄-」 レタラ 10月6日(土)~10月29日(月)

 
野又圭司

     -生きるためにすべてを放棄
        


 会場:ギャラリー レタラ 
      中央北1条西28丁目2-35 MOMA place 3F
      (アメリカ領事館の斜め向かいの白いビル。)
     電話(011)621-5600

 会期:2012年10月6日(土)~10月29日(月)
 休み:火曜日(定休日)
 時間:12:00~18:00 

ーーーーーーーーーーーーー(10.21)

f0126829_17583197.jpg



f0126829_17584790.jpg



 ボックス・アート14作品が一列に並んでいる。1作品のみが光が好きなのだろう、離れて一人でいる。何とも可愛らしくたたずんでいる。その全体が愛おしい。それ以上に、学生時代から一貫した制作態度に、驚きもし、さすがだとも感じ入った。


  1963年  函館市出身
  1989年  北海道大学文学部哲学科卒
  2007年  第16回道銀芸術文化奨励賞 (道銀文化財団)
    現在   北海道岩見沢市在住


 ユーモア、皮肉、風刺、怒りのオン・パレードだ。社会現象に対する意義申し立てであり、衝撃を受けた事件に対する覚え書き(記念作)だ。その精神は「生きることの意味」の問いかけだろう。さすがは哲学を修めた学徒だ。衰えることなく現在に至っている。

 しかし、今展の意義は作家の制作意図以上に、その制作性癖が赤裸々に垣間見れることだ。木作りを中心にしたマニアック的拘りで満ち満ちている。芸術家的破天荒よりも、物作り大好き少年が手抜かりなく大事に大事に作っているのがヒシヒシと伝わる。
 実は、氏は多くの大作を手がけている。「美」や「技」が目的ではなく、「社会批判」や少数者への感情移入を目的にしている。作品は決して未完成的な部分や荒々しさを残してはいない。綺麗に磨き上げ、コンパクト感をともなって、「完成形」として僕たちの前に鎮座している。どんなに大きな作品を提示しても、雄大な気分や、怒り天に達するという気分にならない。あまりに作品の一つ一つが可愛く綺麗に処理されているからだ。それは氏の優しさかもしれない。「虐げられし人々」への眼差し、その生活臭を汚く見せることに氏の美学が許さないのだろう。だから、静かな怒りとしてつねにそこにある。
 
 そのことは僕には氏の弱点、あるいは作品の弱さの原因ではと思っている。
 今、小品の中に、手作り少年の初々しさを見る。あるいは完結美を思う。

 学生時代の最初期に「体内回帰」、「旅行鞄」、「天動説」という作品がある。そのタイトルに注意したい。「自分が自分であること」、「放浪者」、「自分とは無関係に世界は動くという自他性(自他の区別)と他者の有り様」と僕は読み替えた。社会性を深めながらも弁証法的にグルグルと廻っている作家なのだろう。

 個々の作品感想および解説は限りなく省略します。タイトルを楽しんで下さい。



f0126829_198261.jpg
     ↑:左側、「体内回帰」・1988年。
     ↑:右側、「旅行鞄」・1988年。


f0126829_199287.jpg
     ↑:左側、「天動説」・1988年。
     ↑:右側、「鳥人」・1991年。

 鳥人は超人でもあり、ニーチェになりたかったのかもしれない。「神は死んだ」(ニーチェの言葉)、そして人だらけだ。


f0126829_1917857.jpg
      ↑:「昇天」。


 ニーチェ的に神のことを考える一方、生きることを神的比喩で思考したかったのだろう。所詮、欧米的神観念はいずれは払拭せねばならないだろう。



f0126829_1917436.jpg
     ↑:「20世紀の保存 (破壊されたレーニン像の右手の薬指)」・1992年。


 1991年、ソビエト連邦は崩壊した。その衝撃を受けての作品。


f0126829_19231472.jpg
     ↑:左側、「魚からダイオキシン」・1995年。     ↑:、右側、「終末論の安息 (携帯用サリン噴霧器)」・1995年。


f0126829_19233536.jpg
     ↑:左側、玩具の生命」・1998年。
     ↑:右側、「死ぬのはいつも他人ばかり」・1999年。


f0126829_19241093.jpg
     ↑:左側、「携帯電話」・199年。
     ↑:右側、「自販機作品」・2005年。


f0126829_19243339.jpg
     ↑:左側、「オンカロ」・2011年。
     ↑:右側、「生きるためにすべてを放棄」・2012年。


f0126829_20143137.jpg
     ↑:「20××年 日本再鎖国」・2009年。



f0126829_20144679.jpg




  

by sakaidoori | 2012-10-21 20:30 | レタラ | Comments(4)