カテゴリ:【2012年上海旅行】( 5 )


2012年 04月 11日

1699)⑥上海旅行 「3件のもめ事ケンカ編ー地下鉄&路上にて」

  

 長江編、公園編と続き、、次は美術ブログらしく「美術・芸術編」のつもりでした。とこごが、上海の人混みの喧噪さ元気良さを一度もお伝えしていません。メイン記事の前に、中国らしさの一端を報告します。


 まずはサワリとして地下鉄出入り口の一コマ。

 上海の地下鉄で、日本にはないシステムが二つあります。
 一つはセキュリティー施設。入り口改札付近に、飛行機並みの荷物検査があります。背に背負ったリュックなどを機械に通すのです。その写真は後日にでも載せましょう。

 もう一つは、やはり出入り口付近にインフォメーションサービス・センターがあります。乗車切符は自動販売機ですが、何かと役に立つ施設です。言葉の使えない観光客にとっても、とても重宝です。。例えば、札幌で言えば「スピカ」のようなデボジッド・カード、その補充金支払いなどができます。無言でカードとお金を出せばいいのです。地下鉄はもちろん、タクシー・バス・渡船などにも利用できるので、もの凄く便利です。

f0126829_774973.jpg


 さて、そのサービス・センターでの出来事。
 私の場合、デポジッド・カードは旅行会社からサービスでいただいていた。10元が既に入っていた。地下鉄の初乗りは3元、ほとんど残っていないから、勇気を奮ってチャージにチャレンジ。妻のカードと一緒に2枚、ついでに100元の提出、同時に、「100元 50元×2人」とメモ紙も見せた。電光掲示板の数字を確認し合って無事OKです。ちなみに、10元=14円or13円と単純に考えればいいでしょう。

 ところで、受付では先ほどから若い女性が何やら訴えています。写真で言えば、センターの前に立つ3人の女性、その一番奥の人です。残念ながら、その女性の姿は見えにくいですが・・・。何を彼女が係の人に言っているのかはわかりませ。か細い女声で、だんだんと泣き出しそうな感じ、「まさか泣かないだろう」と、思っていると、おいおいと泣き出し始めたのです。勝手な翻訳でその様子を伝えたいが、状況が全く飲み込めない。ただ、言葉のムードはこんな感じです。
 「あのね、私は毎日毎日地下鉄を利用しているの。だからね、落とし物がないように気をつけてるの、でもねでもね、昨日大事な大事な傘を忘れたの、届いてない?エッないの!困ったな、あの傘とても大事なの、あれがないとお母さんにおごられるの、お願いお願い、傘、探して、持ってきて、アレがないとお母さんにしかられるの・・」と言って、おろおろと目から涙です。声は小さいが、泣けば何とかなる、まるで駄々っ子です。係員は何も喋らずに困り顔。一体何を訴えていたのでしょう。


 さて、次は市内の路上です。

f0126829_7303888.jpg



f0126829_732074.jpg



 横断歩道のあたりでメガネをかけたオッチャンが大きな声で騒いでいます。オバチャンにケンカというか、モンクをまくし立てているのです。オバチャンはカバンを首にかけていて、お金袋でしょう。何かの集金人?黒い車はそのオッチャンのものです。モンク顔のオッチャンの剣幕は写真でもわかるでしょう。真剣白羽でコワイコワイ。背中を向いているのがオバチャン。
 駐車違反の切符でも切られたのかな?でもオバチャンはポリス関係者の雰囲気はありません。どうも、路上駐車する車から駐車料金でも徴収しているみたいです。そう思うのですが、何をオッチャンは大声でわめいているのでしょう?対するオバチャンは普通の対応で素っ気ないです。、二人にバトルの花が咲くとはならない。 『あんた、何言っているのよ。話せばわかるでしょう。静かにできないもんかね。まっ、いいけどさ』
 そのうちにオバチャンは淡々と離れ、業務遂行という感じでその辺をウロウロし始めます。対するオジチャンはモンクが言い足りないのか、ワイワイ一人で騒ぎ立てて車で立ち去った。


 さて、次は正真正銘のケンカです。ケンカする二人を挟んで、人の輪もグルリグルリと大きくなった。バッチリとその光景をお伝えしましょう。


f0126829_754514.jpg



 道路の反対側で、いきなりただならぬうるささだ。直感的にケンカとわかる。写真の中央のチェックの赤シャツの青年、見えにくいが、だれかと取っ組み合いだ。
 場所は旧上海城内余園に隣接する大観光地帯の脇だ。だから、人は一杯いる。


f0126829_7565944.jpg



f0126829_7572597.jpg



f0126829_75922.jpg



 勝負は、赤シャツよりも年配の黒服の勝ちだ。見てもわかるように力勝負では決着はついている。しかし、ここからは口喧嘩だ。赤シャツは座り込ん、何だかんだと啖呵をきっている。思うに、『僕が悪かった。許して下さい』などとは絶対に言わないだろう。勝った黒服も、相手が立ち去りも屈服もしないから、どうしたものかと次の手をうちあぐねている。見上げる赤シャツはチンピラ然とした態度だが、何があっても負けないという根性はアッパレだ。見下げる黒シャツ、怒鳴るでもなく勝利者の風格はあるのだが、いかんせん決着がつかないのには困りが顔だ。


f0126829_862520.jpg



f0126829_864139.jpg



 対座すること2,3分、そのうちに離ればなれになった。観衆も一安心と思いきや、それでも負けないのだが赤シャツだ。画面左の方で、右側にいる黒服を挑発している。「カモン、カモン」と手招きして、左手首にジャンバーを巻いて、ボクサースタイルで相手を威嚇する。かといって殴り込みをかける元気はない。元気の良いのは声とポーズだけだ。だって、力では既に負けたのだから、それでも力を鼓舞するのがケンカなのだろう。
 黒服は赤シャツの挑発をただ見ているだけだ。
 そのうちに人だかりの輪は膨らみ始めた。
 どうなるのか・・・、黒服は相手をせず立ち去るのか・・・、それでは背中に赤シャツの罵声を浴びるだけだ。攻めても勝ちはするが、赤シャツはめげないだろう。声も出せないぐらいにやっつける、それは互いに死にもの狂いで、ケンカの世界を越えている・・・。さて、どうなるか・・・。

 決着はアッサリとついた。
 黒服は赤シャツに近づく。何かを一言二言。何を言ったのかは聞こえもしないし、分かりようがないが、二人は肩を組んで建物の中に消えていった。

 元気一杯、迫力あるケンカだった。赤シャツが血染めの唇をなめまわしていたのが忘れられない。プッと吐き捨てては目尻を吊り上げていた。
 服も建物も道行く人も赤く燃えていた。



f0126829_8184212.jpg


by sakaidoori | 2012-04-11 09:52 |  (2012年上海旅行) | Comments(4)
2012年 04月 08日

1693)⑤上海旅行 「公園編①ー砲台湾湿地森林公園」

  
f0126829_11214071.jpg

 


 前回までは長江編。今回からは、長江を引きずりながらの公園編です。
 「砲台湾湿地森林公園」、これから先に登場する上海市内の公園とは大分様子が違います。園内には大きな喫茶店や科学館もあり、観光気分です。


 ランダムに公園の様子を載せていきます。


f0126829_11203190.jpg



f0126829_11204228.jpg


 
 ボートのある池です。なぜだか中年の男ばかり、それも立っていて息苦しそう。そしてウソみたい。



f0126829_11225965.jpg



 自前の音楽が響いています。女性は伸び伸びと社交ダンスです。男性はパチリパチリ。
 ご夫婦でしょうか?

 妻はオドリ、夫はミツメル。
 空青く、鳥啼き、訪人(まれびと)は笑む。
 人生は短い、さー、踊ろう謳おう語り合おう。
 水が流れるように、月が輝くように楽しもう。
 風が通る、木も動く、鳥も去らず、音楽も続く、朋もいる。
 ・・・
 刻は行く、
 さー、ダンスだダンスだ。


f0126829_11312239.jpg



f0126829_1133975.jpg



f0126829_11382093.jpg





f0126829_11454770.jpg




f0126829_11464817.jpg



f0126829_11471668.jpg


f0126829_11474672.jpg



 登る女の子に下から声をかけた。振り向いた。写真を向けた。ポーズをしてくれた。やっぱり「謝謝」が言えなかった。「サンキュー、バイバーイ」



 公園編はコーヒータイムのようにして時々載せていきます。
 次回からは美術編です。

by sakaidoori | 2012-04-08 13:57 |  (2012年上海旅行) | Comments(0)
2012年 04月 08日

1692)④上海旅行 「長江編④ー長江河口の公園散策」

f0126829_11152840.jpg



f0126829_11143970.jpg



 上海メイン・ストリートに入る前に、長江で長旅をしています。「はるかなる我が長江」などと力んで、漢詩でも認(したた)めたいところです。そんなことよりも上海現場写真を載せていきましょう。とりあえず、長江編は今回で終了します。


 さて、「砲台湾湿地森林公園」、直線にして2㎞弱はあるでしょう。よく整備されています。有料ということもあり、中国の公園ではお馴染みの市民のたむろする場にはなっていません。雰囲気はやや観光的です。有料無料を問わず、上海の大きな公園は庭園気分に満ちています。ここはより自然を生かしてはいますが、札幌の中島公園みたいで、人工色が一杯です。門限は午後5時、市内の大きな市民公園も門限ありです。それと、出入り口がしっかりしていて、有料であろうが無料であろうが、むやみやたらに出入り口はありません。こそっと入る部分はないと思って下さい。要するに塀に囲まれた場で、限られた時間だけ遊ぶのです。この「塀」ですが、「壁」にしろ「鎖」にしろ、とにかく中国の街作りは何かに覆われ塞がれていて、「門」が構えているのです。この「塀」が空間を実に狭くしている。建造物や道路はあきれるばかりの大きさ広さですが、人の生活空間というものは迷路のように狭い。実際、中小路に入ったら、異様な圧迫感で迷路そのものです。が、決してふん詰まりでもないのです。必ず出口があります。もしそこが施錠されていたら元にもどらねばならないでしょうが、新たな進入口でなければ必ず出られます。
 話がそれました。「塀」の事はそのうちに街の賑やかさの中で紹介したい。

 さて、ここの公園のセールス・ポイントは、わずかばかりですが昔のままの湿地帯があることです。もちろん、意図的に保存しているのです。それと、砲台湾公園という名称です、大砲が公園中央で海に向かって睨んでいます。道順を無視して、その二つを紹介します。


f0126829_956281.jpg



 岸からわずかばかりの木道で、雄大な長江を展望するのです。岸辺道はほんの少し、のびのび大長江というのはここだけです。しかし、この河口付近の湿地帯はなかなか見れないでしょう。
 まずは左側からグルリと追っかけていきます。


f0126829_1091933.jpg

 

 船の見える部分を望遠で見ると・・・

f0126829_10105988.jpg



f0126829_10144081.jpg



f0126829_10154683.jpg


 上の写真、遠くで鳥が見えます。鴨ですか?「カルガモ」でした。何となく見覚えのあるような生き物を、憧れの地で見るなんて、これを幸せというのでしょう・・・


f0126829_10212184.jpg


f0126829_1021482.jpg




 泥の様子など、近景を載せます。


f0126829_10255955.jpg



f0126829_10264243.jpg



f0126829_10273183.jpg




f0126829_10311083.jpg



  見晴台には望遠鏡があるのです。妻は一所懸命に見ていますが、曰く、「何も見えない。お金を入れるところもない。飾りかな・・・」
 そうこうしていると、ものものしく係員が車でご登場です。有無を言わずに望遠鏡を載せて立ち去っていきます。修理かな?まるでおとぎ話の光景、どこまで本当で、どこからが芝居でしょうか?旅はどこか芝居気分です。

f0126829_10384165.jpg 帽子を被っていない二人の男性は鳥の撮影にこられた中国市民。「あの鳥はなんですか?」と、日本語で尋ねれば、デジカメを拡大して撮った鳥を見せてくれた。いろいろと言っていたが何を言っているのかわからない。そのうちに見晴台の案内板に行って、「これだ」と、教えてくれた。「謝謝」と言おうとしたが、言葉が出ない。頭を下げてお礼をした。
 (写真は沢山ある案内板の中からの一枚。おそらくマガモでしょう。)



f0126829_10431037.jpg



f0126829_10434091.jpg



f0126829_10441718.jpg 新郎新婦の結婚記念撮影。白、良いですね。
 しかし、この日の風は冷たい。新婦さんは全然微動だにしません。気合いが入っているのでしょう。新郎さんは風にやや気後れしています。
 しかし、もっとも気合いの入っているのは撮影兼舞台監督です。「何しているんだ!愛の真剣さがないぞ!!もっと体を引き締めて、体当たりで結婚しろよ!!!」と言っています?・・・何せ中国語は分かりません。分かるのは、監督の怒鳴る迫力です。真剣白羽の勝負師です。誰の為の儀式か分かりません。



 次は遺跡大砲のある大砲広場です。



f0126829_10592625.jpg



 もっと物々しいかと思っていたのですが、親しみのもてる広場です。兵器も数は少なく可愛い。


f0126829_1123618.jpg



f0126829_11584.jpg 「そこのおばさん、何をしているのですか?」

 背景の大砲は1640年代の清時代初期のもの。1980年代に、このあたりの史跡で発見されました。と、書いているのでしょう。








f0126829_1191834.jpg
f0126829_1195148.jpg



f0126829_11114843.jpg



 見えにくいですが、茶色い台の上に先ほどの発掘故砲が据えられています。遥か長江を向いている。この背後に砲台山という丘が見える。そちらにも行ったのですが、公園にしていなくて登れない。ちなみに、この丘は第一次上海事変時の砲台跡地ではないようです。跡地は東浦江と長江の出会い頭みたいです。


f0126829_1117548.jpg




 さて、最低限での公園紹介でした。これで締めたら公園のムードがわかりません。
 次回に公園編①として載せます。

by sakaidoori | 2012-04-08 11:15 |  (2012年上海旅行) | Comments(0)
2012年 04月 03日

1682)③上海旅行 「長江編③ー長江を見ながら歩く」

 

f0126829_19372774.jpg
f0126829_17424424.jpg
     ↑:(左の地図は市内と北部の全貌。右中央辺りに「H」のマークが我が家のホテル。
 右側が目指す「宝山地区」の詳細図。エンピツ線が歩いた経路。)


f0126829_12204684.jpg
     ↑:上海淞戸抗戦紀念館タワー展望室内部。背後に見えるのが長江。


 前回は長江側の写真を載せました。陸側の風景から始めます。


f0126829_12244978.jpg



f0126829_1225344.jpg



f0126829_12264592.jpg



f0126829_12272558.jpg



f0126829_12293437.jpg




f0126829_1233520.jpg



 さて、上掲の工事現場を横断する道を伝い、長江沿いを歩いた。遠目にフェリー乗り場が見える。地図にもある向かいの離島(中洲)への舟だろう。乗ろう。道すがら適時写真を載せます。


f0126829_1248237.jpg
f0126829_12481617.jpg



f0126829_12485385.jpg
f0126829_1249764.jpg



 整備された海岸沿いの道も途切れ、適当にショートカット気味に歩く。
 作業のおじさん。


f0126829_12522680.jpg



 屋根瓦のうねりが気になった。


f0126829_125451100.jpg



 思わぬところで凧揚げを見ることができた。5,6人の老人が自転車に乗り合わせての楽しみだ。


f0126829_12575634.jpg



 あの橋を渡ればフェリー埠頭だ。
 おじさんは単なる散歩人のようだった。



f0126829_133542.jpg



 この橋は古い橋で、新しい橋がすぐ右側に走っている。どちらも通してくれなかった。橋を通った左側がフェリー乗り場と思うのだが・・・。奥の方では近代的な建物を建造中だ。この付近一帯は臨海公園として整備されるのだろう。その中心になる記念館のように見えた。
 しかし、長江渡りができなくて残念至極。予備知識不足、準備不足だから仕方がない。



f0126829_13113564.jpg
f0126829_1312694.jpg



 右の写真、欄干に置かれているのは生活用品。ゴミではない。この写真の男女が岸壁に用意して、迎えの船を待っている。まるで北朝鮮の風景みたい。


f0126829_1315165.jpg



 待つこと5,6分、僕の予想通り、右側からポンコツの生活船?がやって来た。スワッと男性は欄干を越えた。船が着岸すると思いきや、中から女性が大声を上げて、反転しては立ち去った。渡船するのに何か不具合があったのだろう。荷物をそのままにして男女は適当にあたりを彷徨っていた。



f0126829_13261522.jpg

f0126829_1326439.jpg



 しばらく行くと、狭い通路を通り公園入口に着いた。「砲台湾湿地森林公園」だ。珍しく入場料が必要。だから、中国市民公園名物の人の溜まりや集団ダンスは見ることができない。
 ここは上海の海からの守りの要だ。地図にある「砲台山」から黄浦河を大砲で守っていたのだろう。日本は日中戦争の間に、二度上海を攻めた。第一次、第二次上海事変といわれる。

 公園内は広く綺麗に整備されている。池あり橋あり洞窟ありだ。大砲山から出土した大砲もあった。隠れた魅力として、長江の河口の往事の姿を一部分保存していることだ。

 (以下、④に続く。)

 

by sakaidoori | 2012-04-03 07:02 |  (2012年上海旅行) | Comments(0)
2012年 03月 26日

1670)②上海旅行 「長江編② 長江を見る」

  

 滞在八日目(3月21日)、長江を見に行く。
 目安は「上海淞戸抗戦紀念館」・53mのタワーだ。その展望台から長江が一望できるという。その展望後に、近辺の散策という計画だ。あいにく、市内地図の圏外で、細かい場所はわからない。だが、一週間も当地でブラブラ漫遊をしたのだ。何とかなるだろう。

 最寄りの地下鉄・8号線「黄興路」駅から出発。その前に、地下鉄までの市民市場をのんびりと堪能したのだが、市場は今回は省略。「四平路」、「海佗路」、「宝山路」で乗り換えて、高架鉄道3号線「友誼路」で下車。そして友誼路をひたすら東に行けば長江に着けるだろう。


f0126829_19372774.jpg
f0126829_17424424.jpg
     ↑:(左の地図は市内と北部の全貌。右中央辺りに「H」のマークが我が家のホテル。
 右側が目指す「宝山地区」の詳細図。エンピツ線が歩いた経路。)

 友誼路を真っ直ぐ西に進めば記念館タワーのある臨江公園だ。道すがら、いつものように路上販売を楽しみながらすすむわけだ。

f0126829_17562054.jpg
f0126829_17563625.jpg



 靴磨き屋さんに床屋さんだ。両方とも当地では初めて見る路上店舗だ。床屋さん、良いですね。


f0126829_17591915.jpg



 途中本屋に立ち寄り、ようやく目指す「臨江公園」に到着だ。
 少し大きな公園は、どこでも厳しい門構えだ。入るのは無料だが、門限がある。ほとんど午後6時以降は入れない。「門と塀」、これは中国の町並みの大いなる特徴だ。だから、日本式に自由自在に出入り可能にはならない。占有空間が明確なのだ。いずれこの事は記しておきたい。


f0126829_1863858.jpg


f0126829_1871133.jpg
f0126829_1873979.jpg



 公園の散策も面白そうだが、今日は長江中心の行動だ。
 ところで、このタワー&記念館(「上海淞戸抗戦紀念館」)は上海事変における抗日抵抗運動を記念してのものだ。観光気分で行くのに気が引ける方も居られるかもしれない。だが、「抗日記念館」とはどういうものか?それを簡単にイメージすることも当代の観光だと思う。一通り館内を見学した。確かに照明も落とし暗いムードではあるが、それほど日本人が見てもショックを覚えないだろう。この館のことは後日に報告します。

 さー、展望台からの景色を見て下さい。


f0126829_18202014.jpg


 ほぼ真北です。地図を置いて景色とにらめっこをした。そこには巨大中洲・「崇明島」が見えるはずなのに、見えない。望遠鏡で水平線を見れば、何となく陸地があるようだ。


f0126829_18255364.jpg



f0126829_18261869.jpg



f0126829_18333218.jpg



f0126829_18343436.jpg



 「長江」、日本人は揚子江と言って親しんでいる。僕もそうだった。だが、揚子江は揚州を流れる川の意だろう。全くの一般名詞である「長い江(かわ)」、第一級の長さの川のみに与えられる名辞だ。
 その長江、長さよりも今は幅の広さに驚く。この高さから望遠鏡でようやく対岸に何かがある感じのみだ。実に大きな気分になる。

 中洲の離島に向けてのフェリー乗り場が見える。地図にあるとおりだ。時間は充分にある。「フェリー、乗るべし!」見た目は近いが、かなり歩いた。が、何故だか橋を渡ることができなかった。残念ではあったが、次に上海に来たならば、必ず行くことにしよう。


 岸辺では工事中だ。広い臨海公園になるのだろう。渡れなかった橋の向こうには、何やらモダンな記念館が建造中だ。

 ずーっとこの臨海を南下した。その様子は次回に。

 

by sakaidoori | 2012-03-26 19:38 |  (2012年上海旅行) | Comments(0)