カテゴリ: Room11( 3 )


2011年 11月 06日

1608) ②「Apporoach デザインとアートの接近 山本雄基 他(5作家)」 Room11 11月1日(火)~11月13日(日)


○ Apporoach デザインとアートの接近 

    伊藤千尋 (プロダクトデザイナー)
    藤沢レオ  (彫刻家)
    村田佳彦  (漆作家)
    山本雄基  (画家)
    Julia lohmann (デザイナー)
      


 会場:Room11 (アート・スペース+カフェ)
      中央区北3条東5丁目355
      (北海道ガス社屋の向側。北向き。)
     電話(011)208ー1010

 会期:2011年11月1日(火)~11月13日(日)
 休み:11月7日(月) 
 時間:11:00~19:00

 企画:本間真理

※ ギャラリートーク & パーティー ⇒ 11月5日(土) 15:00~ 500円(1ドリンク付き)
                       出演・伊藤千尋 藤沢レオ 山本雄基 
       ※ トーク終了後も、お飲み物と軽食を用意しています。

ーーーーーーーーーーーーーーー(11.2)

f0126829_1752351.jpg



 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


f0126829_17313322.jpg



f0126829_17533387.jpg



○ 山本雄基の場合。

f0126829_17375710.jpg
     ↑:(タイトル・制作年及び素材等は全て同じ) 「ふかしのすきま」・2011年 木製パネル アクリル絵画 26×26㎝。

f0126829_17384473.jpg
     ↑:21.7×16.2㎝。

f0126829_17392420.jpg
     ↑:33×42㎝。


f0126829_17395810.jpg
     ↑:130×162㎝。

 今回は控えめな色具合だ。偶然の出品ではないだろう。意図的に鮮明な色味を抑えた。 
 色で遠慮した分、地味で派手な大作を用意した。一番下の作品がそれだ。円と円の隙間は黒味が強い。大きな大きな円の中に、小さな小さな日の丸だ。

 青年・山本雄基は自信をもっていろんなことを試みている。一方通行の明るさで迷いがない。まだまだ色の強さの手加減は修得中だが、手応えを感じる今日この頃だろう。

 「まる」は明るく幸せ気分な形だと画家はいう。それは違うだろう。「まる」と、その形の増殖模様となれば、恐怖やグロテスクさにもなる。全ては画家の美学と価値観が決めることだ。
 「まる」に託して完全無欠な美しさと満足を求める山本雄基。それは見果てぬ夢かも知らない。その夢が彼の作品をデザインにするかもしれない。デザインからは遠いところから出発し、現に今もデザインなどは一顧だにしていないだろう。だが、間違いなくデザインに近いところに作品はある。「まる」の暗部も見つめつつ、それでも清々しく拡がる山本ワールド、そういうものを期待したい。それがデザインかアートかは他人が決めればいいことだ。作家は己に正直に進めばいい。


○ 藤沢レオの場合。 


f0126829_19291345.jpg
     ↑:①「今はいつ?」・ステンレス 鉛 エナメル 鉄 20×12×61㎝ 2011年。


f0126829_1932688.jpg
     ↑:②「静かな日」・鉄 エナメル 50×14×12㎝ 2011年。


f0126829_19333094.jpg


f0126829_19352385.jpg
     ↑:③「死ヌコトヲ知ル 生キルコトヲ知ル 生マレルコトヲ知ル 知ルコトヲ知ル」・アクリル 不織布 鉄 60×60×60㎝ 2011年。


 「線の人・藤沢レオ」だ。その線が骨格か輪郭かは分からない。だが、「一本の線で全てを表現したい」、そういう作家だと判断している。その線とは、間違いの許されない工芸職人の巧の世界、あるいは日本画の中の描き直し不能な線跡といえる。それは美学としてだが、画家自身の体質的なものかもしれない。自己の存在理由としての屹立する一本線だ。

 画家はトーク時に「小品は苦手だ」と語っていた。僕は、その線の細さが大作の弱さになっていると思っている。コンパクトな小品は生娘のような緊張感がある。初々しさがある。
 ①や②の作品など、モチーフは違うが夢そそる宝箱だ。線が立体としても膨らみ、重層的に夢を育んでいる。①は線の中の空間が暖かい。②は影を意図的に作り、その作為性人為性が微笑ましくもあり優しい。
 
 さて、③がアートマンとしての課題を露呈している。彼は「生死」を問うていたのだ。僕は「線の人」と早くから決め込んで彼の作品を見ていた。大振りの作品のひ弱さが気になっていた。今作は何かのエスキスのようだ。そのタイトルとの関係では語れないが、抽象作品として興味深い。つまり、小品としての「考える人」段階は良いのだが、大きくなると思弁性が勝ちすぎて造型性が弱い。日本美術の歴史は「無」には強いが直裁的な「生死」には疎い。西洋の「メメントモリ(死を思え)」的美術品には圧倒される。
 圧倒するわけでもない等身大の強さで「生死」を表現したいのだろう。派手にならず自分に言い聞かせて、倫理的作品の成就を願っているのだろう。成功を祈る。


○ 伊藤千織の場合


f0126829_2010945.jpg



f0126829_20462455.jpg



f0126829_2047439.jpg
f0126829_20474735.jpg


f0126829_20481294.jpg
     ↑:(タイトル・制作年・素材は全て同じ) 「out/fold」・2011年 紙 60×7㎝ 60×5㎝ 60×7㎝ 32×5㎝ 60×7㎝。

 デザインで活躍されている作家だ。
 トーク時に作品をスライドで見ることができた。「線の人・藤沢レオ」とは違って、フックラとしたボリューム感を特徴としているようだ。
 木製品などが多いようだが、今回は紙だ。分厚めの紙を手際よく切り、厚みを出して光と楽しんでいる。月桂冠のようだ。

 彼女の作品群は、窓際を独占はしていたが、あたかも他作品とは没交渉のような感じがした。その作品性に注目するのならば良い展示だとは思う。だが「アプローチ」となると、一人だけの世界になっていて今展の主旨とは少しズレを感じた。絡みが欲しかった。


○ Julia Lohmann の場合。(ユリア ローマン、1977年 ドイツ・ヒルデスハイム生まれ。現在、ドイツ・ハンブルクで活躍。)


f0126829_2152448.jpg



f0126829_2155481.jpg


f0126829_2161626.jpg



f0126829_2163823.jpg



 一人の外人の作品がちょっと見慣れぬ空気を作った。良いですね。
 数年前、札幌にレジデンスとして滞在した。その折りに企画者の目に止まったのだろう。(多くの外人作家が札幌に来ている。その大半を知らないとはどうしたことか。意欲的に関わらない僕が悪いのか、情宣不足の関係者が悪いのか、互いに反省せねばならない。)

 素材が「日高コンブ」というのがユニークだ。色や形が気に入ったのだろうが、それだけではないようだ。自然との関わりを自己のデザインの中に取り込みたいのだ。プラスチックという化合物ののっぺんだらりとした物をデザイナーは好む。その無機質性や色を自由に操れることが良いのだろう。何と言っても没個性なのが最大の理由かもしれない。

 ユリア・ローマンは無機質性に距離置いて、文明・社会再考の手段として自然物をデザインかしている。
 間違いなくデザイン化する時に、自然の肉声の何かがそぎ落とされるだろう。かわりに作家のデザイン観と文明観が挿入されるだろう。上手く行くことを祈ろう。

 僕自身はコンブであることには驚かない。コンブという肉体の透過性と、その美しさに感心した。

by sakaidoori | 2011-11-06 21:50 |  Room11 | Comments(2)
2011年 11月 06日

1607) ①「Apporoach デザインとアートの接近 山本雄基 他(5作家)」Room11 11月1日(火)~11月13日(日)

f0142432_19533666.jpg
○ Apporoach デザインとアートの接近 

    伊藤千尋 (プロダクトデザイナー)
    藤沢レオ  (彫刻家)
    村田佳彦  (漆作家)
    山本雄基  (画家)
    Julia lohmann (デザイナー)
      


 会場:Room11 (アート・スペース+カフェ)
      中央区北3条東5丁目355
      (北海道ガス社屋の向側。北向き。)
     電話(011)208ー1010

 会期:2011年11月1日(火)~11月13日(日)
 休み:11月7日(月) 
 時間:11:00~19:00

 企画:本間真理

※ ギャラリートーク & パーティー ⇒ 11月5日(土) 15:00~ 500円(1ドリンク付き)
                       出演・伊藤千尋 藤沢レオ 山本雄基 
       ※ トーク終了後も、お飲み物と軽食を用意しています。

f0126829_1055473.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーー(11.2)



 今展は完璧な企画展です。企画展とは企画者の主張を問う事です。今展は「デザインとアートの関係性の問いかけ」です。
 作品・作者は企画者の駒です。良き駒としてふるまったか、良き駒として振る舞わせたか、振る舞う場として適していたか、美学として、あるいは主義主張として楽しみ喜び刺激を与ええたか、個々の作品を越えて企画者の行為を語らねばならないでしょう。
 語らねばならないのですが、個々の作品と作家の心を書きつづる当ブログです。そこまで言及する時間がない。以下の個々の作品と僕の作家観を「企画者に至る窓」として下さい。
 
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 作品風景です。

f0126829_10493092.jpg



f0126829_10495641.jpg



f0126829_105051100.jpg



f0126829_10534541.jpg



f0126829_11161033.jpg
     ↑:村田佳彦(1977年 群馬県生)、全て「シルエット」・漆 楓 2011年。

f0126829_11402029.jpgf0126829_11404837.jpg
f0126829_1141854.jpg



f0126829_11413150.jpg



 初めて見る作家だ。漆色がしなやかに泳いでいる。小品ばかりだが、消去美としての日本画だ。日本画を思うが、洋式空間にピッタリだろう。
 作品をいかに配列するか?参加型の美術展だったら、実際にいろんな人に作品を並べさせたらいい。そのことがデザイン性だと思う。
 手にした時の心地良さに想いを寄せる人がいるかもしれない。愛おしくて持ち帰ってみたくなるかもしれない。それが「アート性」なのだろう。


 以下、②に続く。この項目は続けて書きます。



      ~~~~~~~~~~

 以下、私的デザイン雑感です。趣くままに書いてみました。凡長です。


 壁面や空間を過剰なまでに埋めるのが西洋美だろう。その過剰性に「光」があった。始めに「光ありき」だ。
 ルネサンスの視覚的「光」は明暗であり「黒」の表現だろう。近代の物理的「光」の発見は、「無」の気付きであり「白」の再発見だ。そこに東洋美なり日本美を必要とした西洋人があった。

 光のみで何もない都市空間、そこに「何か」を置くことによって目に見えない光の裏側が乱舞する。そして、作品の「何か」から、作品の独自性や自己主張や作家の個性を排除して、「光」の世界をつくった。都市空間が生まれ、「作品」を必要としない空間が生まれた。それはデザインの誕生だろう。同時に完璧な「抽象」も生まれたと思っている。

 もし「デザイン」と「アート」を繋ぐものがあるとしたら、「抽象美」と「空間美」だろう。
 デザインは常に作品の個性を否定する。不特定多数者への心地良さを求める。だから、「デザインの競争展」は可能だ。何を大衆が求めているか、どのデザイン作品が上位に位置するかを判断することはできる。近い将来のデザイン美学も推測可能だろう。良いデザインかどうかは、その競争をくぐり抜けた「識者(デザイナー)の多数判断」が勝利者を決めるだろう。

 だが、今は「豊かな物の時代」だ。不特定多数者(大衆)は強烈な個性を求めない。が、自分なりの小さな楽しみを謳歌する。そしてデザイン作品の楽しみに変化がきた。「剥ぎ取られた個性」を求めだした。暗くならないこと、楽しい気分にさせること、それらが日本人のデザインに求めることであリ、それは同時に「アート」に求めることであろう。おそらく、日本では「デザイン」と「アート」の境界は不鮮明になるだろう。「いつでも、どこでも、だれでも」が参加する美学の場だ。

 西洋人は少し違うだろう。原点に「個」がある。他人を排除する「個」がある。「アート」はその強烈な「個の主張」だから、対峙する側の「個」を破壊しかねない。デザインは「個」の安定に奉仕する。デザイン空間は「個」が裸の王様になれる。その意味で、デザインに優しさを求めるだろう。デザインによる安直な安定で物足りなくなった時、「アート」に「個の心底からの癒やし」を求めるかもしれない。

by sakaidoori | 2011-11-06 12:45 |  Room11 | Comments(0)
2011年 05月 25日

1567)「pistol3(齋藤周+武田浩志 2人展)」 Room11 終了2月26日(土)~3月13日(日)

f0142432_14193665.jpg





○ pistol 3 
   ピストル スリー

   (齋藤周武田浩志 2人展)
      


 会場:Room11 (アート・スペース+カフェ)
      中央区北3条東5丁目355
      (北海道ガス社屋の向側。北向き。)
     電話(011)208ー1010

 会期:2011年2月26日(土)~3月13日(日)
 休み:3月7日(月) 
 時間:13:00~21:00

※ オープニング・パーティー ⇒ 初日 18:00~

ーーーーーーーーーーーーーーー(3.12)


 2ヶ月前の融合2人展だ。楽しき時間を過ごしたが、書くとなると記憶もあやふやだ。写真を見ながら、思いだし思いだしの文章です。

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 
 初めてのギャラリーだ。会場の手前と奥の風景から始めよう。

f0126829_1642020.jpg


f0126829_2228616.jpg



 白い部屋だ。男三人がくつろぐには野暮ったい。ましてや中間色が軽く飛び交うやさしい空間だ、とまどいがちにもなる。だが、見慣れた作家であり作品だ、女性っぽい部屋にも慣れてくる。まったるくイスに着く。
 座るなり、芝居の一コマに投げ出さてしまった。私はどんな役を演じたらいいのだ・・・。文学青年と若き画家と通りすがりの中年、人生と芸術を、愛と夢とを語り合う物語にしようか。作品が女性だ。上昇する作家二人、彼等を見つめる作品という女性、そして落ちゆく中年、話が上手くかみ合えばいいのだが・・・。


              ~~~~~~~

 融合展と書いた。確かに、中間色を使った淡い作品群は、どれが誰だか分かりにくいところがある。とろけそうな作品の群れではある。だが、武田浩志の変な人物作品は明快な個性を発している。それに反して、齋藤周の息吹のか細さが、会場を一つの世界にしたようだ。その意味で齋藤周の画くテンションが融合展にしてしまった。

 彼は今展の風景的な役割を演じてしまった。目鼻口無し人物画群を中心にした武田浩志ワールドの前座を務めた。そのおかげで、展示全体の奥行きと深みが生まれた。中間色という美が重なり合って、あたかも個展のようになった。
 齋藤周が意図的にそういう絵を画いたとは思えない。彼の現在の心境がそうさせたと思っている。つまり、強く何かを主張したいという位置にいない。何かにもたれかかって、そのもたれを楽しんでいる。もたれるのは自然という実景でもいいし、武田浩志という画家であってもいい。極端な話、誰でも何でもいいのだ。心地良い気分にさせてくれるのであれば。
 以前の「女性への見果てぬ夢を追う少年」ではないのだろう。窓から光をもらい、好きな音楽を聴いているハンサム青年のようだ。青年は少年とは違った夢を見ているのだろう。だが、記憶に残る程の強い夢ではなさそうだ。画くことによって、その夢とまどろんで遊んでいるようだ。画家としての中間期・のんびり期かもしれない。


f0126829_1873467.jpg


 右側が齋藤周、左側が武田浩志。DMの作品だ。入り口の前で迎えている。


f0126829_1881475.jpg



f0126829_22153798.jpg


f0126829_22161680.jpg


 武田浩志の目鼻口無し人物画。今の彼はこの「人物画」にはまっている。愉快な仲間達かもしれない、あずかり知らぬ奇人変人かもしれない。淡々と武田浩志は人を画いている。日記のようにして、その日の気分を人に置き換えている。色作りなどの技術的なことを試しているのは間違いない。そして、将来の大作なり物語の準備作業も兼ねてもいよう。
 しかし、技術や準備のことは、自然に将来が応えてくれるだろう。そんなことより、今のこの「顔」と「色合い」に何とも言えない魅力があるのだ。
 こんなに人を画くから、画家は人が好きなのだろう。ケンカとか、いがみ合いとか、憎しみ会うのが嫌いな人かもしれない。なで肩のやさしいシルエットはどこか夢見心地だ。リアルな人間模様とは縁がなさそうだ。人間の生理を削っていって、それでも個性的な人間達、そんな武田浩志ドラマの登場人物だろう。
 モグラタタキで叩いてみたい。彼等はどんな反応をするだろう。武田浩志に棹さしてみたい。ひねくれ小僧を一匹、この中に入れて、悪戯をさせたい。それでも彼等は目鼻口無し顔でやさしく迎えそうだ。それは画家のサービス精神の賜かもしれない。限りなくマイペースなありようだ。芯が無さそうな人物風貌、しっかり僕の記憶に残るのだから芯のある絵かもしれない。


f0126829_1811599.jpg
f0126829_18133451.jpg


 齋藤周の縞模様の世界。いつになく直線を多用していて不思議に眺めていた。ふと暗闇の外に眼をやった。「何だ、この風景を絵にしているのか!」画家は窓枠を画いているのだ。間違いない。窓の模様に見とれて、色遊びをしているのだ。
 「何かを画く」という心境ではないのだろう。目に映るよしなしことを画きつづれば、妖しうこそ物狂ほしけれ。



f0126829_21593078.jpg


 楽しそうな二人の遊び場だ。奥にも部屋がありそうだ。覗いてみよう。


f0126829_2212992.jpg


 トイレのようだ。愉快なトイレだ。気になるところにチャンと作品もある。


f0126829_223438.jpg


 武田浩志の世界。
 このコーナーは間違いなく夜に見た方が良い。格子縞の空の色と作品の形や色が響き合っている。夜鷹の星のようだ。



 適当に作品を載せます。


f0126829_2222378.jpgf0126829_2223358.jpg
f0126829_22232282.jpg



f0126829_22243051.jpg


f0126829_22251291.jpg




f0126829_2292173.jpg





f0126829_2295471.jpg


f0126829_22101071.jpg


by sakaidoori | 2011-05-25 23:05 | | Comments(0)