栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:★ 挨拶・リンク( 18 )


2017年 01月 23日

2555) 「2017年 元旦、近所の風景『運動公園 創成川 屯田神社』」2017.1.1



2017年元旦の風景


今日は2017年1月23日月曜日です。

今さら元旦の風景とか、近所の神社への初詣を書くのも気が引けます。
それでも一つの区切りでしょう。



f0126829_10094348.jpg




 近くの運動公園。
 北側が野球場になっている。南側は遊戯や四阿がある公園。写真はその南側の公園。
 公園と野球場の境界は丘になっている。写真右側の奥のこんもりしたのがそれだ。
 踏み跡もある。行って見た。




f0126829_10142568.jpg




 丘はそり滑りにちょうど良い。子供と大人の二人組が正月早々遊んでいる。

 知り合いに管楽奏者がいる。ここから吹いたら気持ちがいいだろうな~、聞いてみたいな~。
 音はどこまで届くだろう?あの家並みの、その向こうの原野の、その向こうの海原のカモメだけが遊んでいる青い世界に届くだろう。今日はどこまでも晴れ渡っている。冬に遊ぶ子供の声に混ざって、どこまでも、どこまでも音色は飛んでいく・・・。













f0126829_10292778.jpg



 創成川です。

 創成川・・下水処理水を流している。比較的暖かい水だから、雪にもそんなに覆われない。いつも鴨が泳いでいる。冬、鴨が見たい人はこの辺りにきたらいいでしょう。

 左側は国道。写真を真っ直ぐ進むと札幌市街地に通じる。
 直ぐ目の前には電車の線路がある。線路は国道を横断することになるから、丘橋で線路を跨ぐことになる。左側の丘状になっているがその丘橋だ。線路は太平駅と琴似駅を結んでいる。



f0126829_10385343.jpg



 丘橋の頂上付近からの風景。
 下を走るのが線路。
 遙か向こうに見える山は手稲山。



f0126829_104094.jpg



 我が家に帰る途中、先ほどの公園の反対側を通る。子供たちがそり滑りをしていた。



--------


 1月5日に初詣をする。
 屯田神社。正式名称は河南神社。発寒川の南に位置する、という意味だろう。それにしても「河南」とは大仰だ。日本には厳密には「河」に相当する川は一つも無いだろう。黄河、長江、これこそまさしく「河」だ。大地を切り刻み、龍か大蛇のごとく陸地をもてあそぶ・・大陸が生んだ水の流れだ。

 それでも日本人は漢字を勉強した。発寒川を絵空事のように大河に見立てたい。そしてこの場所を「未開の屯田地」にしたい。明治人の願望が生んだ言葉だ、「河南神社」。


 小さい神社です。五日という初詣です。それでも何人かがお参りに来ていました。


f0126829_1053477.jpg



 第一鳥居。




f0126829_1056752.jpg



 第二鳥居。




f0126829_1057749.jpg



 第3鳥居。



f0126829_1058399.jpg



 妻は何を祈願しているのだろう?夫の息災を?




f0126829_10593740.jpg



 妻は何を見ているのだろう?空高く天駈ける女心。




f0126829_1115485.jpg



 この日は無風で穏やかな冬の一日でした。旗も、国家も、丸島家も安泰盤石なものです。

 

by sakaidoori | 2017-01-23 11:31 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2016年 01月 08日

2475) 2016年 賀春

f0126829_1236348.jpg



 新年、明けましておめでとうございます。

 正月三が日も終わりました。
 くり返す新たな新年、くり返す日々の生活、くり返す春夏秋冬。
 新たに思いを巡らし、新たに思いを決め、そしてくり返す。

 何が変わるというのか、本当はいろいろ変わっているのだが、過ぎ去ったことをいちいち顧みるのは止める。
日本の四季、豊かでそして小さな変化がいつしか人をどこかに連れていく。安心という世界に。草花の芽吹きに自分を重ねてしまう。力が湧き出ているのだろうか?それも一時、平静という浪に落ち着いてしまう。

 四季の移ろいに「老」、「衰」を見るか、「新生」、「若さ」を見るか?自然を離れて徹底的に自分を見つめるか・・・、表現すると言うことは他者との対話だ。他者、それは「自分」であったり、「自然」であったり、「他人」であったり、「異人」であったり。「愛」、「憎しみ」、「喜び」、「哀しみ」、やはり「女を思い、男を思い」、いやいや「家族」「親友」「仲間」のことを気遣いもする。人は考え感じることを止めない。が、歳をとると全てはおぼろげに思う。落ち着きとも言えるし、無力さを実感する。

 このブログをご覧になっているみなさん。ありがとうございます。
 文章を書くという作業、ましてや他人のことを記すという作業は力を必要とする。長く休めばなかなか一歩を踏み出せない。ましてや体力、精神力の衰えたるや無残なものです。

 この一年、何が起こるか分かりません。何も起こらないかもしれません。また来年会えるのを楽しみにしましょう。良き一年をお過ごし下さい。




f0126829_13453755.jpg
   ↑:元旦、午前7時頃。


 屯田運動公園の四阿。何とも言えない檻模様だ。

  


 以下、江南神社(屯田神社)。1月2日。



f0126829_14243220.jpg






f0126829_1356058.jpg







f0126829_13572290.jpg







f0126829_13575928.jpg


by sakaidoori | 2016-01-08 14:25 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2015年 12月 24日

2474) 「引っ越しました、そして再開です」

f0126829_16264279.jpg



 先月の月末、11月30日に北区に引っ越しました。

 新住所は⇒ 札幌市北区屯田3条2丁目2番33号   です。

 場所的には創世川通りから西に100m、屯田防風林から北に100m、辺りでしょうか。
 特徴としては、とにかく静か、高い建物もほとんどなくて完璧な住宅街です。我が家は築造◯◯年ですが、大半が立派なものです。同じ札幌ですが、道路がやたらに広い、広いが交通量はしれたものです。ですから静かなのですが、我が家は袋小路的な中通りに面していて、通りすがりの車は皆無、子供の声もあまり聞くこともなく、「静か静かの屯田暮らし」です。


 屯田に引っ越したから、「栄通記」はどうしよう?「屯田3条記」にしようかと思っていますが、、、、
 来年の1月末から、美術展を開催します。その展覧会が終わるまでは「栄通記」でいきます。



 ところで、長きにわたる休眠でした。「充電期間で、これからはバリバリ」といいたいのですが、なかなかそういうわけにはいきません。展覧会を語るほどのエネルギーがあるのか、言いたい主張・感覚があるのか、と自問自答すればかなり寂しい思いです。「貧困なる精神」というよりも、「情念低く漂う老齢気」です。吐き出したい言葉が気化している。以前とは違った気分で書き続けるでしょう。とは言っても文体を変えるつもりはないです。傍目には硬く煩く独りよがりの文に見えるかもしれない。



f0126829_16483121.jpg


by sakaidoori | 2015-12-24 16:48 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2013年 09月 20日

「対展」に関しての管理者のメモ描き

 丸島均が企画・呼びかけをして、岩村亮太の賛同協力によるグループ写真展です。


 今展は以下の3点を契機にしたものです。

  ① 丸島均が写真展などで会話した学生たちのその後が見たい。
  ② 社会人として、自立的に作品発表者になる機会を作る。
  ③ 「対」という美術概念の可能性。



 そして、今思うことは・・・

  ④ 参加者の関係は見知らぬ者同士が大半です。それぞれの発表者が他人や他人の表現世界に触れ合い、今後の写真活動なり芸術・社会活動に資すればと思っています。当然、私(丸島均)自身も含めてのことです。



 今後に関しては・・・

  ⑤ 5年間位は続けたいと思っています。


 とりあえずは来年も「対展」と思っています。「対展」と一緒に、個展や少人数展、個性の強いグループ展なども実現できたらと思っています。

 写真展だけにこだわってはいません。写真も合成・加工・修正・トリミングなんでもありです。自己表現が核であり、他者との関係としての美術展が目的です。



 今回の出展者は、この数年の大学・専門学校卒業生がほとんどです。1人を除いて30歳以下で、大学院生3名を含んではいますが、社会人ばかりです。大学写真部OB/OGが半数ですが、いろいろな写真経歴・学歴者たちです。 


 個々の撮影者の作品や作風はここでは語りません。
 会場には関係者が誰かいると思います。会話に華を咲かせて下さい。では、宜しく。(2014年2月12日 記)  

by sakaidoori | 2013-09-20 11:44 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2011年 10月 17日

※ ご無沙汰しています


f0126829_1322027.jpg
     (↑:今日の菖蒲園。)


 随分と休んでしまいました。自分のブログだけでなく、インターネット自体から離れていました。その間、当ブログを覗いて頂いた方には失礼しました。また、展覧会の掲載を約束した方も何人か居られます。重ねて失礼を詫びねばなりません。 

 とつおいつと再会です。今後とも宜しく。

by sakaidoori | 2011-10-17 13:30 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2011年 05月 07日

1538) 今後の掲載予定

  
 最近の記事はかなり古い展覧会が多くなっています。お気づきのこととは思います。そういう、古い展覧会を当分は精力的に載せていく予定です。古いと言っても、今年のものが中心です。例えばーー

 ・ 高校生の年度末美術展 (大谷高校 他)
 ・ 大学生の美術科卒展 (道教育大学 大谷大学短期大学部)
 ・ 大学生の写真部卒展 (北大写真部 他)

 ・ 幾つかの個展、グループ展 (山田恭代美 ピストル3 道都大学生展 他)

 ◎ 三つの大きなグループ展(サッポロ未来展 ザ・ビギニング プレ・トリエンナーレ展)・・・来週の予定です


 当然、現在進行形の展覧会や近々終わったもので、気になる展覧会は書き続けます。
 6月から旅行に頻繁にでかける予定です。それまでは古い展覧会が頻出するので、お付き合い下さい。最終的には多くの展覧会を載せれないとは思います。一つでも多く書くつもりです。

 いつものように余りコメントの少ないブログです。どれほど読んで頂いているかは不明ですが、これからも宜しくお願いします。連絡、意見、希望、愛の苦言等宜しくお願いします。


      ~~~~~~~~~~

f0126829_216493.jpg


 今、近美で開かれている「シンカ展」。
 前半は考古展、後半は小綺麗コンパクトな遺跡文物展。その埋蔵品は工芸家、立体造形家や小品愛玩家を楽しませてくれるでしょう。
 最後の部屋にはおしら様のような埋蔵物、とても日本的なムードの一品が待ちかまえています。
 館内には随所にビデオが流れ、広いビデオシアターも用意されています。アンデスのフォルク・ローレも静かに響き、ゆったりと古代南米文明に思いが走ることでしょう。古代文明といっても、時は日本の平安末期が舞台です。


f0126829_21181685.jpg
     ↑:(近美2階からの風景。)

 今日は小雨模様の曇りでした。美術館の訪問者も適当な人数でうるさくはなく、しかし人の触れ合いを感じることができる空間でした。

by sakaidoori | 2011-05-07 21:21 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2011年 03月 02日


 先週の天気、早すぎる春気分から一気に冬に元戻り。その変化について行けずに風邪です。体調を崩すと回復が悪く、そういう訳でブログは小休止でした。

 コメントの返事を書いた後に、美術の感想を書きたいと思っています。遅い時間ですから明日が再開となるかもしれません。

 案内も何通か頂いているので、明日から「栄通の案内板」も再開したいと思います。

by sakaidoori | 2011-03-02 22:40 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2011年 01月 31日

※1446) 小休止です。5日から再開します。

 今日から旅行の為に休みます。
 フェリーに2泊、宮城県玉作温泉1泊、山形県天童温泉に1泊、4泊5日の船と温泉の旅です。
 旅行代金2万2千円という安直なチラシに乗っかかりました。殊更何をするでもなく、ただ船内をブラブラ、温泉宿の付近をブラブラ、そして温泉に入ってブラブラです。
 今年はしっかりと道内道外を漫遊したいと思っています。ブログは書く時はしっかり書いて、しっかり短中長期と休むと思います。

 寒い中、皆様もお体はにはご注意されて、しっかり遊ばれて下さい。

 4日には帰省ですが、5日は絵を見に行こうと思っています。もしかしたら再開は6日になるかもしれません。

by sakaidoori | 2011-01-31 11:35 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2011年 01月 04日

1413) 明けまして、おめでとうございます。元旦の風景

f0126829_1416274.jpg



f0126829_14163145.jpg




 平成23年、賀春。

 今日はすでに1月4日です。若干遅れ気味ですが、「明けまして おめでとうございます」。
 佳き朝を迎え、良き一日を過ごし、心地良く寝床に入り、つつがなく一日一日が過ぎていくように、そんな慎ましやかな願いが今年の初詣のお祈り事でした。とりたてて大願も浮かばず、大いなる夢を語ることもなく、絵仲間の皆さんと今年も何処かでお会いし、あれやこれやと絵や美術や芸術のことなどを語り合えればと、思っています。


 一気に作品や昨年の展覧会の報告から入ればいいのですが、それではやはり歳の区切りとしては何やら寂しいものがあります。いつもながらのことですが、正月三が日の風景からスタートします。


f0126829_1433351.jpg



f0126829_143508.jpg



f0126829_14354713.jpg



 12時12分頃の白石神社風景。
 天気は快晴。暖かく風もなし、足下の雪の心配もなく絶好の初詣日よりです。
 正規に並んでお参りをしたら2、30分はかかりそう。こういう時はショートカットです。脇からパンパンと軽く頭を下げての礼拝が一番。妻はお賽銭をあげれないので、何やら不満顔。無視無視。

 神社は高台に位置していて、下った所に水天宮などがあって、そちらの風景を載せておきます。


f0126829_14495531.jpg
f0126829_14502155.jpg



f0126829_14505792.jpg



f0126829_14514923.jpg
f0126829_14522786.jpg



f0126829_14533084.jpg



f0126829_1454039.jpg


f0126829_14543656.jpg




 白石神社は西の方に月寒川が流れ、北に向かってはそれなりの急傾斜になっていていて、川に面した高台になっています。明治の白石村開拓団は現国道12号線を東西に走る中心線にして、白石神社を東側の境界地域にしたようです。西は藻月寒川です。
 「川に面した高台」という神社付近からは縄文遺跡も見つかっています。鮭あり、水あり、おそらく豊かな森もあっったことでしょう。
 神社の向かいは「ダイイチ」という大きなスーパーです。元旦は休業して駐車場を参拝者に開放している。偉いものです。
 そのスーパーの隣は広い広い空き地になっていいる。病院の建設予定地です。多分、この場所だと思います。昨年、古代遺跡の発掘が実施された。細かい発掘成果はよくは知らない。知らないが身近なところに古代人の生活跡があるというのは小さな喜びです。


f0126829_15125556.jpg


f0126829_15132378.jpg




f0126829_1515459.jpg
          ↑:(帰宅時のサイクリング・ロード脇の風景。)

by sakaidoori | 2011-01-04 15:27 | ★ 挨拶・リンク | Comments(0)
2010年 12月 31日

1412) 大晦日。

 大晦日です。

 それほど忙しくもなく時を過ごしていて、どこか世間とは感覚がズレつつある年末の日々です。余りにゆったりしているので、逆にのんびりととブログを書くには気が退いてしまったところです。

 今日の近所の写真を載せます。

f0126829_1714356.jpg


 年末のサイクリングロード。


f0126829_17164381.jpg
f0126829_17202763.jpg


 はねられた雪。意味もなく昇ってしまい、そして降りてみる。
 冬のベンチ。なぜか被さる雪が暖かそう。

f0126829_17245143.jpg


 ちょっと気取って、トンネルからの風景。
 行き交う人が見える。そして、幾秒か後にその人とすれ違う。
 挨拶など無縁にその人は去っていく。


f0126829_17282117.jpg
f0126829_17284127.jpg


 やはり川を撮っておこう。
 川沿いの住人が雪撥ねをしている。良い景色だ。


f0126829_1731863.jpg


 スズメが鳴いている。数を減らしたスズメだが、ようやく回復したようだ。


 さて、今年はかなりブログ更新が途絶えました。
 原因はいろいろあります。休むキッカケはともかくとして、長引いたのは良くなかった。緊張する持続力の無さが最大の原因です。

 休み中は比較的作品鑑賞も少なかった。それでも適当に見に行って、そして会場でもブログのことを聞かれもした。
 幾つかご意見を頂いたので、その返事を兼ねて書き置きます。

・ 10年間は続けて欲しい。

 個展紹介をした作家が、いつから始めたのかと聞かれた。4年ぐらいになると応えたら、上記の言葉を頂いた。嬉しかった。くじけた時の励みにしよう。


・ グループ展で、何故全員紹介しないの?そして、続きを書くと言っているのに、何故書き続けないの?
 
 今後とも、グループ展は少数紹介で終わらせます。なぜなら、紹介を主な目的にしているブログではないからです。
 書くと言って書かなかったのは申し訳ないないことです。


・ マイ・ペースで続けて下さい。

 ありがとうございます。若干の「書く」という強制力をハードルにして、余り長期に休むことなくマイ・ペース記でいく、来年のメインの願い事です。


・ もっと美術史を勉強したら!

 ごもっともな意見です。
 僕のブログから美術の知見や、作品の見方などを期待しないで下さい。丸島均は如何に見たか感じたかを楽しんで下さい。結果として、札幌なりの美術現場の情報にはなると思う。適当に利用して下さい。


【来年の課題】

 毎年、いろいろと考えるのですが、おそらく今以上の行動力はないでしょう。
 トークとかイベントにはもう少し積極的に参加しようと思っています。
 実はただ今「禁酒中」です。40日程になります。実に画期的なことです。おかげで持続力が相当に高まった。今日から2日までは少しばかり飲むでしょう。その後どうなるかですね。


 それでは読者の皆様、良いお年を。
 来年も宜しくお願いします。
 明日、再びこの場でお会いしましょう。

by sakaidoori | 2010-12-31 18:24 | ★ 挨拶・リンク | Comments(2)