カテゴリ:アートスペース201( 79 )


2017年 01月 16日

2538)「札幌国際情報高等学校 美術部展」 アートスペース201 終了/1月5日(木)~1月10日(火) 

札幌国際情報高等学校
       美術部展
 



 会場:アートスペース201 5階E室   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2016年1月5日(木)~1月10日(火)       
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~18?:00
    (最終日は、~17?:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.5)



f0126829_14263871.jpg



 札幌国際情報高校美術部-顧問先生の指導よろしきを得て、抜群の写実力を誇る美術部だ。要するに高校生にしては上手い絵画が多い。まるで、道展予備軍という卵みたいだ。
 以下、全作品を掲載します。


f0126829_14442695.jpg





f0126829_14443816.jpg




f0126829_14444994.jpg




f0126829_1445778.jpg





 高校生の段階で、こうしてキチッキチッと描いている姿は好ましい。素直で端正で、与えられた表現方法を直向きに精進している。
 驚くべき事は、大半の生徒がこの美術部で油彩を覚える。そしてこの成果!かなりの高校生が美術系の大学を希望しているようだ。実際、道教育大学美術課程に進学する生徒も多い。
 今後はより個性重視で頑張って欲しいものだ。なぜなら、ただ上手い大学生は道外に山のようにいる。自分らしさを意識的に磨いて欲しい。

 この日は、受付学生の二人と会話した。僕の方は夕方までたっぷりと時間があるので沢山お喋りをした。学生君達、老人に付き合ってくれてありがとう。

 以下、何点か個別作品を載せます。
 1,2年生の多くの作品は、道展主催U-21出品の途中段階です。


f0126829_1547593.jpg

   ↑:1年・徳本柚希、「散歩」。


 (ただ今制作中。)

 屯田防風林内の風景だ。屯田に住んでいる私にとっては身近な場所だ。

 実景としてはいかに枯れ葉が落ちた秋でも、これほど梢の隙間感はない。遠景が、どこまでも透けて見えるということはない。実際、木々の隙間は何やかやで埋められ、遠景の木立には透明感はなくなるそうだ。

 ところが、僕にとっては隙間だらけの木々が上に向かって行く姿、何かを求めてひたすら背伸びしている立ち姿のほうが好ましい。高校生の、未熟な樹の表現力がたゆたゆさを増している。その頼りなげとアッケラカンな木立の姿に若さ・その生命力を感じる。

 とは言っても、完成形の作品は日の光は上部だけになり、より一層「光と木立の影」が引き立つのだろう。



f0126829_1622398.jpg

   ↑:1年・平山和(油彩)、「北の踊り子」。


 (ただ今制作中)

 全体が薄暗くぼんやりしている。だから、めりはりを付ける着色・上塗りが施されるのだろう。
 この学校は、「光と影」を表現の大きな手段にしている。そういう意味でよりメリハリを求められるだろう。

 しかし、この暗がりは不気味だ。何かが画面全体から出てきそうだ(上掲の写真は、丸島の加工のし過ぎで秘密性が薄らいでいます)。踊り子は画面の鶴の舞ではなく、暗がりにうごめく絵画自体のよう。作品が踊っている。空も、森も、大地も、生き物も暗がりの中から這い出てきそう。そういう意味で、僕はこの作品は素晴らしいと思う。
 ただ、描き手の学生に、絵画における「暗闇とは何か?」という意識と追求心が薄い。あくまでも制作の流れの中で薄暗い作品になったまでかもしれない。
 仕上がりを楽しみにしよう。



f0126829_162855100.jpg

   ↑:3年・鈴木紗弥、「静観」。


 この学校特有の光表現だ。やさしく暖かく・・・を大事にしている。
 壁のレンガの並べ具合がかわいい。光表現という技術的暖かさもいいが、こういう積み木具合の高校生らしさが愛おしい。




f0126829_16341094.jpg

   ↑:2年・近川亜希、「あきにさようなら」。


 (ただ今制作中)


 「あき(亜希)にさようなら」・・・なかせるな~。「(近川)亜希」という自分に「さようなら」と言っている。
 成長脱皮する区切りのために描いたのかな?
 おそらくバレーを習っているのだろう。そのバレーともお別れをするのだろう。

 「秋」の色の輝きは良い。しかし、人間が表情を含めてぎこちない。本人もわかっている。「これからもっと動きや存在感をだせるようにしていきます」・・・期待しています。




f0126829_16422759.jpg

   ↑:2年・西谷彩乃、「街いろ」。


 (ただ今制作中)

 高校生に限らず、若い女性が夜の街並みを描くと、ネオンの七色がとてもやさしい。

 「ネオンちかちか夜の街」には彼女たちが思うような優しさばかりではないだろう。そこが絵描きの限界か?はたまた実社会にお構いなく、色の可能性を楽しめる存在なのか?そこが絵描きの健全な証拠なのかもしれない。社会は無意識にそういう健全さ・あどけなさを求めているのかもしれない。特に日本では。

 お嬢さんたち、夜の街はもっともっと危険ですよ。ロマンには虚偽や暴力も引っ付いている。気をつけてね。



f0126829_16542132.jpg

   ↑:2年・斎藤和奏、「高揚」。


 「高揚」って、この絵のどこが高揚なの?確かに、ゴミゴミした世界を描き手の色彩感、まとめ具合で秩序化されてはいるが、この作意性が「高揚」なの?

 不思議に思って描き手の説明書きを読む。
 そこには、「この場所を発見した時のわくわくした気持ちを『高揚』という題名に込めました。

 なるほど。いろいろな「高揚」があるのか!命名する喜びがわからなかった!




・・・・


by sakaidoori | 2017-01-16 17:28 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 04月 30日

2504) ②「群青(ぐんせい) ②前期『対展』」 アートスペース201 終了/前期:1月28日(木)~2月3日(火)

 群青」(ぐんせい)展

  ぐんじょうと読まないで下さい。
  ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。

ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
 
前期・6階C室
○「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人、佐々木練・・・(以上11名。)

前期・6階A室
○「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階B室
○「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

ーーーーーーーーー(1.28)


 2501)①の続き。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)




f0126829_9341596.jpg






f0126829_9343753.jpg
   ↑:小野寺宏弥(北海学園大学Ⅰ部写真部3年)、「ポートレイト」・A3。



 モデル嬢と対作品の掲載です。モデルにしたくなる女性だ。そこに目を付けた小野寺宏弥、そして、しっかりモデルにした。そこは間違いなくアッパレだ。崩れているような、ちょっとエロチックな仕上がりだ。
 「普通の女の子」を撮る学生が多い中で、モデル選びの美学はたいしたものだ。
 惜しむらくは、ここに写真そのものの魅力が加われば最上だが、そこは今後の課題だ。今作はあくまでも被写体ありきだ。多くの商業雑誌で、「美女」に迫るプロの写真作品を沢山見ている。ここに、アマチュアイズムとしての小野寺・写真テクニックが加われば、と思った。大いに期待しよう。





f0126829_9405929.jpg
   ↑:庄内直人(札幌大学写真部OB)、「揺れる想い」。



 左側の少女の作品、物憂い気分で初々しい。顔が見えなくて、いっそう男心をそそる。
 対して、右側のウエディング女性、見慣れたブライダル・ファッションで、見る側に想像とか妄想が働かなかった。組み合わせにもう少し工夫が欲しいところだ。
 庄内直人は「対」を狭く考え過ぎたようだ。というか、今展への参加打診が遅すぎたので、準備不足だったと思う。





f0126829_9465494.jpg
   ↑:鈴木悠高(造形作家)、「Gegensätze ziehen sich an.」・ミクストメディア フォト光沢紙。



 この対展は「写真の要素を含んだ作品、そしてA3以上の2枚の組み合わせ」という出品規定だ。
 今作は。自作の手描き絵画をパソコンに取りこみ、そこで適当に加工して製版したしたものだ。それで、どこが「写真の要素」かというと、「写真のように見える作品にすること」だ。「こういう美術表現もあるんだよ」というメッセージだろう。他の参加者のバリバリ直球写真の中で、展覧会としての変化とか遊び心発見だ。






f0126829_9423043.jpg
   ↑:佐々木練、「かえりみち」・A3。



 実は、今展は10人構成の予定だった。展示をしてみると少しスキッパーになった。同時開催の「男展」参加者から、急遽作品を廻してもらった。だから、今作は「対展」用の作品ではない。だが、佐々木連は昨年も「対展」に参加していた。その参加経緯から意図的に「対」という視点でも写真を撮っていたのだろ。

 佐々木練の作品に関しては「男展」で多く語ろう。
 今作、申し訳ない点が一つある。作品は額装無しのスッピンだ。他の作品がそれなりに浮き出ているので、佐々木ワールドが小さく這いつくばった感じになった。見栄えとしては問題有り、なのだが、その消え入りそうな展示ムードが作品の持つ「日常性の埋没と主張」と重なっていて面白かった。






f0126829_942498.jpg
   ↑:加藤エミ(浦河町地域おこし協力隊)、「風土」・A3。


 
 加藤エミは空気を撮りたいのだと思う。「ふわーっと拡がる空気、そこを見つめる、浸っている私・・・う~んシアワセ!!」
 だが、空気一般が相手ではないのだろう。どこにでもありそうな作品風景だが、「風土」と命名している。「その時、その場、その空気」という具体的な世界が背景にないといけない。そして、作品は「どこにでもある風景」としてそこにある。実体は追求しないが、実体に連れ添う空気で夢を膨らませている。





f0126829_9472666.jpg
   ↑:加藤良明(株式会社加藤デザイン顧問)、「俯瞰」。



 被写体をがっちり強く撮る加藤良明だ。写真情報を沢山見せたい人でもある。だから余計にしっかり撮りたい。ピンボケ利用などの特異なムード表現を潔しとしない。だから、もっと大きくすればと思った。
 加藤良明は大ベテランだ。しかも、20代の大学写真部関係者とのグループ展は初めてだろう。仕上げに遠慮が働いたようだ。

 作品としては、左側の作品が気に入っている。
 上部の建物群、下部の岩塊、右側の海の丸さ、これらを海岸線がうねりながら繋げている。撮影者はこれら4者の模様を意識して撮ってはいないだろう。なぜなら、撮りたいモノゴトを中央にバシッと撮る人だから。多分「海」を中心に撮りたかったと思う。だが、建物群が気になったのだ!そこでいつになく浮気心が湧いてきて、上部にもサービス精神が働いた。その上部は頭でっかちで重く、普通ならば作品をアンバランスにさせるのだが、先に言った「岩魂」、「海」、「海岸線」が絡みあって、王者的風格に仕上がった。

 それと、作品下部のローマ字は無いほうが良かった。「試み」として出品したようだ。




 さて、最後に、見に来てくれた若者に・・・「乾杯!」


f0126829_0143391.jpg




f0126829_0182747.jpg


by sakaidoori | 2016-04-30 23:39 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 02月 08日

2499) 「群青展 後期会場風景」

 

 群青展も今日と明日で終わりです。というわけで、


 みなさ~ん、来てね!のラブコール3連写。


f0126829_6284324.jpg
   ↑:前期出展者の篠原奈那。



f0126829_6325426.jpg





f0126829_6341691.jpg






 以下、後期出展者の「自作を語る」風景です。



f0126829_639530.jpg





f0126829_6404821.jpg
 


 書家の樋口雅山房と篠原奈那との対話風景。書を語り、人生を語り、見果てぬ夢を後輩に語っている?






f0126829_648508.jpg
   


 左から2番目が佐々木幸の作品。タイトルは特になし。タイトルが無いのは別に気取った訳ではありません。ただ今熟慮中、ということにして下さい。



f0126829_652351.jpg



 樋口雅山房に自作を語る佐々木幸。




f0126829_6523680.jpg




 丸島、「来年も一緒にするかい?」
 佐々木、「ハハハ、私でいいの?」
 丸島、「いいに決まってるでしょう!」
 佐々木、「ははは、やりますか!」
    ・・・という会話でした。










f0126829_763694.jpg








 自作を朗読する小西まさゆき。
 恥ずかしがり屋の小西まさゆき。
 ちょっと引き籠もりの小西まさゆき。
 これから飛び立つ小西まさゆき。




f0126829_782757.jpg



 杉﨑英利はいつも穏やかだ。
 だから淡々と語る。
 杉﨑英利はチョーク画家だ。
 だからか、画材のチョークを多く語る。
 本格的に発表する喜び、他者の中での自分の位置、まさに新たな一ページのこの日だ。





 ちょっと気分を変えて、6階の「対展」の部屋からパチリ。

f0126829_659768.jpg




  ~~~~~


 沢山報告したいのですが、なかなか出来ない栄通でした。

by sakaidoori | 2016-02-08 07:20 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 02月 05日

2498) 「群青展 後期会場風景」


 群青展も今日から後期です。相変わらず気ぜわしい日々が続いています。とても中身を書く余裕はないです。せめて会場風景でもお楽しみ下さい。



f0126829_163568.jpg




f0126829_16543.jpg




f0126829_173312.jpg




f0126829_1155012.jpg
   ↑:(以上、5階D室。「元気展 ~線の部屋~」




f0126829_114325.jpg




f0126829_1142358.jpg




f0126829_1143935.jpg
   ↑:(以上、「元気展」~色・物語の部屋)




 次は6階の「対展」の部屋。


f0126829_1221577.jpg




 上の会場風景、右から2番目の対作品は竹中春奈。
 彼女は大阪に住んでいる。わざわざ今日の為に来札だ。外で彼女とその仲間たちをパチリ!一番左側が竹中春奈です。



f0126829_1262545.jpg





 今日はここまでです。



 2月5日金曜日は「催し」の日です。17:00~ドローイングマンのライブドローイング、宜しく!!

by sakaidoori | 2016-02-05 01:30 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 02月 03日

2497) 「群青展の『自作を語る』風景」




 群青展も昨日で前期が終了です。今日は展示替え、そして明日から後期です。

 会期中に展示の様子や作品の紹介をしたかったのですが、とてもそういう状況ではないです。
 とりあえず、何枚か写真を載せます。

 以下、「自作を語る」風景です。

f0126829_838133.jpg
   ↑:千葉貴文



f0126829_838304.jpg
   ↑:鈴木悠高



f0126829_8384751.jpg
   ↑:橋本つぐみ



 それでは、丸島は今から会場に行きます。そして、後期の設営です。会期は明日から、是非来て下さい。






by sakaidoori | 2016-02-03 08:44 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 01月 30日

2496) 「群青(ぐんせい) 6階の風景」  アートスペース201 前期:1月28日(木)~2月3日(火)


        「群青」(ぐんせい)展。

  ぐんじょうと読まないで下さい。
  ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。

ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
     

◎前期展覧会 1月28日(木)~2月2日(火)

前期・6階A室
まる「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階B室
○「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

前期・6階C室
○「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人、佐々木練・・・(以上11名。)

ーーーーーーーーー(1.28)

 早、展覧会も二日が過ぎました。細かい話は後回しにして簡単に三っつの部屋に様子を載せます。


 まずは6階エレベーター前風景殻です。

f0126829_2171743.jpg

 



f0126829_2195522.jpg
   ↑:6階B室「鉄の灰」(写真2人展)。



f0126829_2374713.jpg
   ↑:6階A室「男展」の入口。(今回は入口だけの紹介です。ゴメン!)




f0126829_2412659.jpg
   ↑:6階C室「対展」入口風景。


 以下、「対展」の会場風景。



f0126829_2415199.jpg




f0126829_242713.jpg




 だいたいこんな感じです。
 暫時展覧会の様子を伝えます。
 以下、予告編?



f0126829_2471055.jpg
   ↑:篠原奈那子(藤女子大学写真部2年)、「曖」。




f0126829_2505248.jpg
   ↑:橋本つぐみ(藤女子大学写真部OG)、「ジグソーパズル」。

by sakaidoori | 2016-01-30 02:52 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 01月 29日

2495)「写真を語る集い 酒井広司 山岸せいじ 橋本つぐみ」アートスペース201 終了1月28日(木)18:00~20:00

群青オープニング・トーク:
   終了 1月28日(木) 18:00~20:00
 
  「写真を語る集い 
    丸島均+ゲスト、そして参集者」

ゲスト:酒井広司氏(写真家)、
     山岸せいじ氏(写真作家)、
     橋本つぐみ(群青代表)

            会場:アートスペース201 6階


第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418


ーーーーーーーーーーーーーーーー(1.28)

f0126829_1443555.jpg



 昨日、「写真を語る集い」は無事終了しました。

 「対展」は若手の発表の場という支援的側面もあります。そして、今回の対展参加者には現役の大学写真部在籍者や写真部OB/OGがかなり参加している。まずは「大学写真部はどんな様子なんだ?」ということから始まり、ゲストの橋本つぐみさんの現在の写真心や、他のゲストの写真遍歴・・・それから・・・参加者が結構来てくれたので、丸島が知っている方に、それぞれの現在の写真心を語ってもらった。何やかにやと話が良い感じで続いていった。ここで細かく報告できればいいのですが、「まずはそれなりに大成功」という言葉で、この集いの報告です。

 写真だけでも沢山載せてこの日の雰囲気をお伝えしたかった。残念ながら丸島は司会に夢中になって撮れなかった。


 

 

by sakaidoori | 2016-01-29 02:55 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 01月 28日

2494)「写真を語る集い 酒井広司 山岸せいじ 橋本つぐむ」アートスペース201 1月28日(木)18:00~20:00

●群青オープニング・トーク: 1月28日(木) 18:00~20:00
 
  「写真を語る集い 丸島均+ゲスト、そして参集者」

    ゲスト:酒井広司氏(写真家)、
         山岸せいじ氏(写真作家)、
         橋本つぐみ(群青代表)

            会場:アートスペース201 6階



第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
     

◎前期展覧会 1月28日(木)~2月2日(火)

・6階A室 「男展」(写真展)
・6階B室 「鉄の灰」(写真2人展)
・6階C室 「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)

◎後期展覧会 2月4日(木)~2月9日(火) 
 
・6階A室 「女の空間」(女性写真展)
・6階B室 「神成邦夫 写真展」
・6階C室 「対展 Ⅱ」
・5階D室 「元気展 ~色・物語の部屋~」(多ジャンル美術展)
・5階E室 「元気展 ~線の部屋~」



●催し:  2月5日(金)17:00~20:00 
17:00~  ドローイングライブ(ドローイングマン)
18:00~   出品者紹介
18:45頃~20:00  パーティー

●企画者: 丸島均(ブログ「栄通記」主宰)
 連絡先: 090―2873―2250、marushima.h@softbank.ne.jp
 住所  : 札幌市北区屯田3条2丁目2番33号

ーーーーーーーーーー

 昨日、無事設営ができました。

 そして今日はオープニング、更に「写真を語る集いです」。

 何を語るかというと、若い人の写真に取り組む姿勢を尋ねたり、逆に、写真を続けられた秘密というか秘訣というか、心構えを尋ねたり・・・そんなことから始めたいです。後は流れに身を任せましょう。


 というわけで、今日の「語る集い」、是非にとはいいません、気が向いたら来て下さい。

by sakaidoori | 2016-01-28 07:42 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 01月 17日

2482) 「展覧会を開催します。『群青(ぐんせい)』 1月28日(木)~2月9日(火) アートスペース201」

f0126829_1503975.jpg



f0126829_1513385.jpg




群青」(ぐんせい)・・・です。

ぐんじょうと読まないで下さい。ぐんせいと読んで下さい。「群れる青い人達」です。


展覧会用の発注チラシを載せました。

我が家に師走か正月に届きます。ちょっと遅い制作でした。市内ギャラリーには適当に置かしてもらいます。三つ折り状態での陳列でしょう。

上の写真をクリックすれば大きく見られますが、内容を文章で以下に記します。


ーーーーーー

●第3回 丸島均(栄通記)企画

群青(グンセイ)
  八つの展覧会
  〔写真、絵画、書、ドローイング、テキスタイル、立体〕

 「群れる青い人達」による自己表現展です。
雪固まる1月、2月・・・
寒い・・・
少しでも元気になれれば・・・ 

●会場:
アートスペース201
札幌市中央区南2条西1丁目山口ビル5&6階
電話:011―251―1418
   
●会期:
前期⇒2016年1月28日(木)~2月2日(火) 
後期⇒     2月4日(木)~2月9日(火)
(前期は6階3室のみ。後期は全館5室の展覧会。)

●時間:10:00~19:00 
    (各会期最終日は、~18:00まで)
     

前期・6階A室
◯「男展」(写真展)
金侑龍 小林孝人 佐々木錬 松尾泰宏  

前期・6階B室
◯「鉄の灰」(写真2人展)
阿部雄 千葉貴文

前期・6階C室
◯「対展 Ⅰ」(写真中心の美術展)
西口由美恵 小野寺宏弥 加藤良明 黒澤智博 笹谷健 篠原奈那子 鈴木悠高 加藤エミ 橋本つぐみ 庄内直人
・・・(※DM記載者は以上10名。) 
 
後期・6階A室
○「女の空間」(女性写真展)
外崎うらん 高澤恵 平間理彩 小澤千穂

後期・6階B室
◯「神成邦夫 写真展 
   HORIZON-北海道-  
    ~内界と外界の境界線~」


後期・6階C室
◯「対展 Ⅱ」
佐々木仁美 高橋徹 竹中春奈 杉下由里子 村田主馬 宍戸浩起 高橋智乃 酒井詞音 石澤美翔
・・・(※DM記載者は以上9名)


後期・5階D室
○「元気展 ~色・物語の部屋~」(多ジャンル美術展)
碓井玲子(テキスタイル) 小西まさゆき(絵画) 佐々木幸(現代美術) 杉崎英利(絵画)   
 
後期・5階E室
◯「元気展 ~線の部屋~」
久藤エリコ(切り絵) 佐藤愛子(クロッキー) ドローイングマン(ドローイング) 樋口雅山房(書)


●オープニング・トーク: 1月28日(木) 18:00~20:00 
       「写真を語る集い 丸島均+ゲスト、そして参集者」
        (※ゲストはすでに決まっています。追ってしらせます。)

●催し:  2月5日(金)17:00~20:00 
17:00~  ドローイングライブ(ドローイングマン)
18:00~   出品者紹介
18:45頃~20:00  パーティー

●企画者: 丸島均(ブログ「栄通記」主宰)
 連絡先: 090―2873―2250、marushima.h@softbank.ne.jp
 住所  : 札幌市北区屯田3条2丁目2番33号


ーーーーーーーーーー


以上です。

展覧会のことはそれなりに語ることにしましょう。

この記事を見られた訪問者の方々、「丸島が、栄通記が展覧会を開くって、1月末から2月始めだって」と、口コミで宣伝して下さい。


この項目は適時冒頭に置きます。


ーーーーーーーーーーーー


f0126829_16173251.jpg



 本日の午後の屯田三条近辺風景。
 今日はそんなに寒くはないが、雪の有り様が白石区とはひと味違う。

by sakaidoori | 2016-01-17 16:25 | アートスペース201 | Comments(0)
2016年 01月 12日

2477)「札幌国際情報高等学校 美術部展」 アートスペース201 1月7日(木)~1月12日(火)    

札幌国際情報高等学校
       美術部展
 



 会場:アートスペース201 5階E室   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2016年1月7日(木)~1月12日(火)       
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~16:00
    (最終日は、~17:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.10)


f0126829_11401838.jpg



 新年開けのギャラリー巡りで、いの一番の楽しみな展覧会だ。
 札幌国際情報高校美術部、実力高だ。特に美術高として特化しているわけではない。なぜだろう?おそらく顧問先生のよろしき指導によるのだろう。その指導と学生のやる気とのマッチングが良いのだろう。

 以下、ほとんどの作品を載せます。見ればわかるように、堅実な写実絵画です。少々下手だが若者気分満杯ではない。そこが唯一の不満だが、高校生が「絵画」に、「絵を描くこと」に何を求めているのかを代表している。ありのままを綺麗に描きたい、絵画伝統に則って、だろう。
 17歳前後の日本画風写実力をいつも堪能している。



f0126829_812626.jpg




f0126829_81393.jpg




f0126829_815127.jpg




f0126829_82753.jpg




f0126829_821870.jpg




f0126829_82287.jpg




f0126829_823923.jpg





 何点か個別作品を載せます。当然、栄通好みです。
 それと、本作品のいくつかはは2月に開催される「道展U-21」への出品予定作です。なので、未完成作かもしれません。逆にその辺りも楽しんで下さい。



f0126829_9333839.jpg
   ↑:1年 斉藤和奏、「自然の舞台」・油彩。


 これは素晴らしい。一押しの栄通好みです。
 何が良いかというと、主題は明解に真ん中の何にも描いてない空白(空間)だからだ。その空間を覆うように自然の木々や道がある。画家は絵の全体を「自然の舞台」と謳っているのかもしれない。が、僕はそう見ない。この真ん中の目に見えない空間でのドラマを夢見る。その舞台に唱和する形で花や木が覆っている。樹木の立ちラインがリズミカルだ。
 しかも描き手は若い。若き生命力、乙女の青春が充満している。ピンクに華やいでいる。ただ明るいばかりでは絵はダメというのか、チョッピリ「生きる悩み」のように木立の影もある。いや、それも一つの乙女のお喋りかもしれない。



f0126829_1002054.jpg
   ↑:1年 斉藤和奏、「閑散」・油彩。





f0126829_1032796.jpg
   ↑:1年 近川亜希、「いえで」・油彩。



 青春の負のイメージを主題にしている。今展の中では唯一だ。
 家出した女の子がこちらを睨んでいるのが憎い。
 「家出」とはいっても、もしかしたら自分ちの物置かもしれない。そして家出しようが何しようが人は何かを食べないといけない。それにこの姿勢、トイレにいるみたい。食べたものは出す、そして生きる、「さー、家を出るんだ」




f0126829_1012843.jpg
   ↑:2年 近藤佑美、「OMG!」・アクリル。



 僕は単純に線描画が好きだ。感情なり性格なり感覚がストレートだからだ。緻密な線、構図を意識した四角四面の線、感情ストレート線・・・どれをとっても好きだ。
 それに、線画は道具立てが軽くて良い。砂絵などはその極みだ。絵も消滅してしまう。

 というわけで近藤佑美。もう一点の作品は直線主体だ。おそらく曲線、直線、破線、感情線、精密線と何でも好きなんだろう。




f0126829_10202053.jpg
   ↑:2年 佐藤里奈、「哀椀」・油彩。



 モデルは同じ高校生。何とも地味な作品だ。それに色気もない。色気の無いのは高校生だからではない。女性が描く女性画は総じて色気はない。
 女中というか仲居さんが仕事中のくつろぎタイム、女の一つの自然なスタイル・・・なんだが、こういうのを高校生が描いたことが驚きだ。四角や直線の背景などの空間処理も日本画的で、そういう意味では描き手の技量ではこの種の作品を油彩で決めるのは無理だろう。無理だからこそ面白い。ふと・・・絵の魅力を考えてしまった。



f0126829_10321451.jpg
   ↑:(上掲の部分図。)




f0126829_10343940.jpg
   ↑:(ともに)2年 首藤愉珍。左側 「暖炉にあたるどさんこ」、右側 「RINA in the sky world」・油彩。


 ともに似たような構図。きっと首藤愉珍はこんな角度でいつも夢見ているのだろう。可愛い可愛いロマンチストかな?
 左の絵、手が温かそう。
 右の絵、パラソルなどはこれから描き込んでいくのだろう。もっともっと絵にリズムやポエムが生まれるだろう。




f0126829_10421113.jpg
   ↑:2年 高橋瑠衣、「歯車」・油彩。



 昨年の高文連全国大会出品作品。
 さすがの作品だ。地面に描かれた歯車の影がめくるめく空間になり、影と対比する形で何もない道が延び、消失点へと誘っている。

 画家は道をもっと描き込むべきか?と記している。僕はそう思わない。地面がキャンバスの下地のような役目をしていて、絵画の生まれる場を演出している。描き込めばもっと道らしくなるだろう、だが道である必要はないだろう。絵画としての道であることの方が大事だ。



f0126829_10514638.jpg
   ↑:3年 中畑栞奈、「童戯」、油彩。

by sakaidoori | 2016-01-12 11:02 | アートスペース201 | Comments(0)