栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:アートスペース201( 82 )


2017年 08月 08日

2570)③「『moment』 篠原 奈那子(藤女子大学4年)写真展」 アートスペース201 8月3日(木)~8月7日(火)




moment

篠原奈那子写真展

(藤女子大学写真部4年)



会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年8月3日(木)~8月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


3度も続けて「篠原個展」、見飽きたことでしょうが、しかたがないのです。今展は丸島均が企画している展覧会「群青(ぐんせい)」の企画展だからです。会場のアートスペース201さんも協賛しての個展だからです。

企画および協賛の主旨は、「群青参加者の若手を『個展開催』という形で支援する」という、明解な目的で誕生した「個展」だからです。




f0126829_10140956.jpg

総合タイトルは「moment」。

もし副題を丸島流に名付けるとしたら、
「花とナナコ、海とユキ、そして22歳の7月」  (「ユキ」はモデル嬢の仮の名前。雪のように美しく。)


二日目、8月4日の篠原奈那子は忙しかった。
中央バスターミナル地下は食堂街になっている。その一角に「自由空間」と絵画展示コーナーがある。喫茶レ・ノールが管理している。その日が「サマーウエーブ展」終了で、「篠原個展」の宣伝を兼ねて篠原奈那子も参加した。作品の撤収のために、個展終了後に喫茶店におもむいた。

展覧会の打ち上げも終わろうとする時間だった。残っていた画家と篠原は議論?に参加した。






f0126829_10364776.jpg






f0126829_10352877.jpg






f0126829_10374349.jpg



会期中、多くの知人先輩達が来てくれた。
感謝を込めて、篠原奈那子に集う人達を伝えましょう。




f0126829_10512972.jpg




やりなおし!


f0126829_10520941.jpg


f0126829_10525925.jpg


「シノハラ!ばはは~い」
(恋する乙女は元気が良い。しかし、後輩の後塵を踏むわけにはいかない。心に記す思いで帰ったことだろう)



f0126829_10583019.jpg

「わたし、人物、撮り慣れないの~。男の人~、撮っても良いんですか~」

ぎこちなく構える◯◯◯◯さん。

更なるポーズは・・・・




f0126829_11014925.jpg



f0126829_11051363.jpg


翌日の日曜日。

ちょっと遅れたナナコ。
そして、かなり早めに帰るナナコ。


今日が最終日です。
彼女は一日います。
よろしくお願いします。












by sakaidoori | 2017-08-08 11:08 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 08月 07日

2569)②「『moment』 篠原 奈那子(藤女子大学4年)写真展」 アートスペース201 8月3日(木)~8月7日(火)




moment

篠原奈那子写真展

(藤女子大学写真部4年)



会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年8月3日(木)~8月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~18:00まで。)
 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


今展の特徴をザックリと書きます。

①最大の特徴であり、長所は、バライタ紙のみで(当然、手焼きモノクロ)39点展示したことだ。しかも学生が!
金銭的にも、労力的にも、手焼きのレベル的にも、制作する緊張度といい立派としか言いようがない。

実力のある大人の写真家諸君!機材の自慢ばかりをしていても仕方がないのだ、やれ構図がどうだとか、焼き具合が悪いとかを言う暇はないのだ!篠原奈那子展をみるべし。君たちが忘れていた写真心の原点がここにはある。

窓のない展示会場は、篠原奈那子好みに包まれている。一人静かにボーッと何かに浸っているという・・・。



②誉めるのはそこまでだ。

確かに悪くはない。が、さて・・・。
個展は他との比較が出来ないから、だからこそ発表者の意志、意欲、情念、情緒がストレートに伝わる。今展の場合は、「22歳という女子大生の、深くもなく浅くもない乙女心。沈むでもなく、浮かぶでもない不安定なムード。重くもなく、軽くもない明日への夢。そしてほんのチョッピリ美しくありたい自分。

おそらく、若い女性にとっては落ち着く会場になっている。だから、今展を大成功と言えば言えるのだが、僕には大いに不満が残る。

拡がりがない、冒険心がない。あまりにも小さな小さな視野狭窄の世界だ。
現在の位置に止まっていたら、発表する材料に尽きるだろう。

自分に浸るロマンはあっても、自己愛は感じるが・・・作品とはそういうものなのだが・・・若さのかわいさがあっても、新たな乙女心や不安定感を感じない。

・・・・・・

だが、無い物ねだりを篠原奈那子に求めているのかもしれない。
彼女が「撮影者」に止まるのならば今で充分なのかもしれない。
「22歳の女」、「22歳の篠原奈那子」にはもっともっと沢山の心があると思うのだが。
少ないとしても、いろんな見方があると思うのだが。

女とは化けるのを楽しむことができる。もっともっと化ければいいのに。
おてんば娘が女の原点だと思っている。もっともっと好き勝手に遊べばいいのに。いろんな「不安」を見つければいいのに。



f0126829_10574862.jpg



左回りで作品を載せていきます。



f0126829_11073525.jpg





f0126829_11081954.jpg









f0126829_11113610.jpg





f0126829_11130659.jpg









f0126829_11141532.jpg

会場は壁面毎にシーンを替えている。
上の写真群は一番最後のコーナー。友人をモデルにしている。この壁で盛り上がらねばならないのに、一人の女性をほんの少しだけ変えているだけだ。変化に乏しかったのが今展の最大の問題点だろう。今後を期待しよう。








by sakaidoori | 2017-08-07 11:22 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 08月 05日

2568)①「『moment』 篠原 奈那子(藤女子大学4年)写真展」 アートスペース201 8月3日(木)~8月7日(火)

f0126829_08304107.jpg


moment


篠原奈那子 写真展

(藤女子大学写真部4年)



会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年8月2日(木)~8月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)

(ご無沙汰しています。久しぶりの投稿です。)

展覧会「群青」企画、アートスペース201協力による個展です。

既に始まっています。


バライタ紙による手焼きモノクロ39点が、ビシッと会場を埋めている。清々しい。

発表者はたかだか大学4年生だ。だが、今展のようなバライタ・手焼きのみで埋め尽くす写真展は見たことがない。
内容は見事・・・と、言いたいが、そこは22歳だ。高度なものを求めてはいけない。
どれだけ「22歳の女性の感性」が表現できたか、を楽しんで下さい



以下、設営時の風景を載せます。


f0126829_09134161.jpg




f0126829_09142865.jpg







f0126829_09153481.jpg

f0126829_09151467.jpg



by sakaidoori | 2017-08-05 08:38 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 02月 21日

2567)⑧「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 終了・2017年1月26日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ~ぐんせい



2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会



 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


f0126829_114285.jpg

(   ↑:5階D室)

f0126829_11422771.jpg

(   ↑:5階E室)

f0126829_11431271.jpg




 第4回群青展も無事終了しました。

 参加していただいた表現者の皆さん、
 見に来ていただいた方々、
 何かと協力を頂いた会場のアートスペース201の関係者さん、
 本当にありがとうございました。

 54名という多大な参加者、それは「群れる」と言われても仕方がない。が、二つの「対展」以外はかなりの発表面積がある。単に群れるでは消化できない。それぞれが時間と金をかけての発表だった。誇るべき発表量だと信じている。

 それでは「質」の面ではどうか?
 一所懸命な姿は提示できたと思う。
 一所懸命ならば質の良い展覧会と言えるのか?言えない。が、それなくしては他人に自信をもって見て貰えない。その限りでは誇るべき展覧会だ。
 今展の特徴を一言で言えば、「若さ」だ。「若さ」故の技量不足、展示の未熟さ拙さ・・・これは認めなければならない。また、若さの持つ無手勝流の奔放さもそれほどではなかった。それでも、当代の「若さ」は充分に発揮していた。真面目さ、直向きさ、ロマンスとして。
 後は見る人の判断に委ねよう。

 この展覧会は有志展ではありません。あくまでも丸島が呼びかけ、それに応えてそれぞれが参加費という自己負担をし、最終的には参加者の協力で出来上がった展覧会です。協力の程度はバラバラです。あくまでも「参加」の一点で関わった人、かなりの時間を今展の準備や展覧会に注いでくれた人、いろいろです。が、これだけの規模の展覧会、いろんな形での関わり、協力が無ければ実現はできなかった。

 私は有志展ではなく協力展と言った。自己表現に安易な有志・同士は必要ない。有志を募る気もない。形は「丸島に協力」ではある。が、作品を論じ合うことはないが、互いの作品がここにあるということで共鳴を生んでいる。共鳴という協力展だ。
 
 
 発表スタンスもいろいろです。その違い、組み合わせを楽しんでもらうのが呼びかけ人の一つの企てです。上手くいったかどうか?これも見る方に判断をゆだねよう。


 表現とは片思いのようなものだ。愛して愛して作品を作り上げても、その作品が報いてくれるとは限らない。それでも愛し続けなければ作品という形にならない。それに、作品は本当の他人ではない、困ったことに自分でもない。愛とは他人に認めてもらうことだろう。作品が自己愛の対象になりえても、作品が作者を愛するとは限らない。だから、作者は作品を続けなければならないのだろう。続けなければ愛を失うかもしれない。

 今後、個々の作品を載せて行きます。


f0126829_16105160.jpg



 2月4日は会場で軽食パーティーだった。8時で終了。別れがたく、二次会に行った。それでも別れがたくラーメンを食べに行った。そのラーメン行脚での写真か?
 僕はよっぱけていて全て忘れた。

 今、この写真を楽しく眺めている。
 モノクロ展参加の橋本つぐみだ。
 昨年の群青展のおり、「次回も出よう」と誘った。「2枚の作品発表でなら・・・」。か弱い反応だった。
 が、その後「モノクロ展を3人でしませんか?」「えっ、良いな~、やりましょう!」

 今回は僕が尋ねる前に、「次回は何が良いかな~」と提案してくれた!橋本スマイルでやる気満々だ。

 ということです。来年の群青展もよろしく!

by sakaidoori | 2017-02-21 16:36 | アートスペース201 | Comments(1)
2017年 02月 04日

2566)⑦「(後期)群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.2)


 日々、楽しい思いをしてアートスペース201に通っている。
昨日の朝はバスの時間を間違った。仕方がないから地下鉄まで歩いた。地下鉄、、チカテツ・・口をしっかり開けて強く発音する・・・チカテツチカテツチカテツ・・・慌ただしくするーっと乗り込む。座る。
 目の前の人をノンビリと眺めてはうつむき、思わず居眠りをしそうになり、はっと我に返っては、しばし沈思黙考。・・・

 昨日はほとんど写真を撮らなかった。数少ない記録スナップを載せます。


f0126829_06030143.jpg


 仲良き4人衆だ。平均年齢は・・・25歳弱・・かな?
 全員今回の群青展参加者です。
 左側から、宍戸浩起(北海学園Ⅱ部写真部・2年)、佐々木彩乃(藤女子大学写真部OG)、阿部雄(札幌大学(写真部OB),平間理彩(藤女子大学写真部4年)。





f0126829_06073441.jpg


 素知らぬ関係の4人。
 見知らぬ関係・・・無視する関係・・・群れたくない人達?




f0126829_06263797.jpg


画家を交えての群青鍵を急遽開催。議題は群青第6回展の構想です。

左端に吾が愛妻が久しぶりに登場。




f0126829_06305821.jpg



 ところで、今日はイベントがあります。
 
 「ドローイングマンのドローイングライブ
  今田朋美の書ライブ
   鼓代弥生の打楽器・ジャンベ(縄文太鼓)」です。

 3人に一切を任せているので詳細は全く不明。言えるのは、音楽をドローイングマンのBGMにしないことです。対決関係か調和を重んじるのか・・・それではドローイングマンライブと書ライブは具体的にはどんな感じなのか?無関係な描き描きマンと書き書きウーマンが背中を向き合って勝手に描いて書いていくのか・・・乞うご期待!




f0126829_06495031.jpg





by sakaidoori | 2017-02-04 06:52 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 02月 03日

2565)⑥「(後期)群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.2)

 群青展も昨日から後期です。折り返しです。是非、見に来て下さい。

 昨日、会場風景を撮りました。今は3日午前7時6分、時間のあるまで各部屋の様子を載せていきます。


◎5階D室 元気展 ~ライブの部屋~





f0126829_07171262.jpg




f0126829_07225503.jpg

 ドローイングマンの細密画を魅入る学生。
 ドローイングマン、今回はカラーで勝負!



f0126829_07244301.jpg

 右側は杉崎英利、チョーク画。
 左側は書の今田朋美。


f0126829_07525471.jpg

 右側は書の今田朋美。
 真ん中は刺繍の碓井玲子。
 ここには将来、今田朋美のライブ書が展示されます。
 左側は鼓代弥生の絵画。


f0126829_07554284.jpg

 右側が絵画の鼓代弥生。
 左側がドローイングマンの細密画。



◎5階E室 元気展 ~立体に絵画に写真に~



f0126829_07595029.jpg

 


 エレベーターから左のD室を覗いたところ。まず、碓井玲子の刺繍が目に飛び込む。
 「元気展」という字見える。藤女子大学書道部の作品。
 写真の塊は、前期「3人のモノクロ展」出品の篠原奈那子。



f0126829_09055372.jpg




f0126829_08145654.jpg





f0126829_08154924.jpg


◎6階B室 外崎うらん個展 (現代美術)


f0126829_08202474.jpg



f0126829_08213864.jpg



◎6階A室 「女の空間」 (写真+α展)



f0126829_08324948.jpg



f0126829_08335274.jpg



f0126829_08343665.jpg



◎6階C室 「対展」 (2点一組の写真+α展)



f0126829_08392476.jpg

f0126829_08400445.jpg


 それでは以下ランダムに写真を載せていきます。

f0126829_08422602.jpg

 前期対展参加の野口琴里(北海学園大学Ⅱ部写真部所属)。
 「琴里」・・・「ことり」・・・どうしても「ことりちゃん」と呼びたくなる。そう呼んでいる。
 彼女を侮ってはいけない。写真に火がついた女になった。その意欲、なかなかのものがある。




f0126829_08483944.jpg


 あやしげというか、大馬鹿野郎というか、愛すべきというか・・・写真家の佐藤準さんです。

 僕は女性一般は好きだ。が、こういう大笑い人間が一番好きだ。群青劇場に華を添えていただいた。ありがたいことです。




f0126829_08540594.jpg


 哲学する外崎うらん。「鉄腕アトムと鉄人28号・・・どちらが強いか?空の青と、海の青、違いはいかに・・・」



f0126829_08581702.jpg


 「女の空間・展」に参加の竹中春奈
 わざわざ展示のために関西から来た!そして、写真を並べた!貼った!そして、丸島の顔を見た!そして慌ただしく帰られた!
 ありがとうございました。



by sakaidoori | 2017-02-03 09:01 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 02月 01日

2564)⑤「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.31)

 何はともあれ、昨日で群青前期は終了しました。来ていただいた方、来られなくても気にしていただいた方、他にもいろんな方、ありがとうございました。

 展覧会の中身を報告する余裕はありません。かといって何も書かないのでは群青展の盛り上がりに欠けます。本展出品者の様子を載せていきます。


f0126829_05385190.jpg

 左から、同室で写真出品の阿部雄。背景の切り絵作家・久藤エリコ、久藤さんのお友達。

 久藤さん、ホスト役でなかなか良い感じ。




f0126829_05411141.jpg

 写真で参加している阿部雄君。
 その写真作品が背景に見えます。みえるのは写真ばかりではありません。背筋伸びやかな女性が作品に魅入っています。


f0126829_06002976.jpg

 写真のモデル君です。
 6階のモノクロ写真の部屋・「夢から醒めるまで」(千葉貴文作)でのワンシーンです。

 千葉貴文は25歳前後の青年です。鉄塔が好き、モノクロが好き、人とかの人間臭をさけて写真に取り組む人だった。要するに、モノトーンを生かしたカッコイイ写真作りに励んでいたのです。
 しかし、こともあろう「夢から醒めるまで」というテーマに、涙無くしては語れない初恋ロマンが蘇った。そしてそして、今展では、語るに恥ずかしいロマティックな写真での参加だ。あ~、あまりに臭い、青臭い、しかししかししかし、予期すべき丸島の失礼千万な言葉も何するものぞ!ロマン路線まっしぐらで青春を謳歌している。この、自分の心に正直忠実なのが表現者というものです。それが現在の若者です。僕のような初老の硬き美術論などはお払い箱だ。センチメンタル・千葉にはもっともっと赤恥をかいてロマンの河を流れてもらおう。



f0126829_06184697.jpg

 右側が千葉貴文。左泡が、前期対展参加の小林孝人



f0126829_06165294.jpg




f0126829_06223769.jpg

 西口由美恵、対展に参加。昨日、このブログで作品を語り終えています。
 気持ち良さそうな笑顔です。女性は笑顔が一番!苦しくっても、辛くっても、甘くて美味しいものを食べて・・・笑顔!



f0126829_07163791.jpg
 
 右側は、はるばる関西から参加の竹中春奈
 左側はモノクロ三人展の篠原奈那子
 二人は藤女子大学の先輩後輩です。
 「まるしまさ~ん、どうせ撮るなら近くから撮ってよ!」という心の声が聞こえる。「大丈夫、明日、チャンと撮るから」と、音にはならない心で伝えた。



f0126829_07220894.jpg
 5階の元気展左部屋の風景。
 ギャラリーって、人がいると絵になります。



f0126829_07272828.jpg

 元気展右側の部屋。





f0126829_07290464.jpg

 左側、「風景展」参加の神成邦夫
 右側、対展参加の野呂田晋


 最後はビシッと男で決めます。







by sakaidoori | 2017-02-01 08:03 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 01月 31日

2563)④「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)




第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.29)

 さて、6階は三個の写真展。
 ザックリとその特徴を言えば・・・
 「対展」は爽やか空間、
 「モノクロ3人展」はロマンティック・ルーム、
 「それぞれの風景」は闘う人達、・・・です。



その爽やか空間「対展」の個別作品を何点か掲載します。


f0126829_08412403.jpg



f0126829_08440687.jpg


f0126829_08462802.jpg
   ↑:西口由美恵、「Q:世界に境界線はあるか」。


 「世界に境界線はあるか?」と問われれば、明快に応えよう。「境界はある」と。
 この解は現代人にとってはいかんともしがたい真実だ。なぜなら、そう指向するのが現代人だから。
 境界線の中身はひとそれぞれ千差万別だ。国境、海と川の境、男と女の狭間、子供と大人の違い、宇宙と地球の境目、民族線、自己と他者、愛と憎しみ・・分別し、価値に序列を作り、どこかに自分の居場所を設けてなんとか心地良い場所を確保する。哀しきかな現代人。

 そんなややこわしいことを西口由美恵が考えているのかどうかは知らない。知らないが、「モノクロ写真」には「真理を求める追求心」のような面持ちがある。
 撮影者は、モノクロばかりを見ていて、白と黒の境界を、画面と画面の境界線をの中に夢見心地でさ迷っているのかもしれない。
 どこかレトロ調な都会の姿。重み無き手のひら・・・若くて・・若くて・・愛らしい・・いじらしい・・。




f0126829_04405355.jpg
   ↑:永倉理子(北海学園大学Ⅱ部写真部所属)、「白露」。



f0126829_04455423.jpg


 とにかく爽やかな写真だ。綺麗で、可憐で・・・そんあ美辞麗句を沢山並べたくなる。

 対展は対的2点の作品とタイトルで何かを訴えよう、という展覧会だ。たったの2点の写真だから直ぐできる!と誰でもができると思う。ところがどっこい、2点選ぶのが難しい。そもそも「何を訴えるのか?」で悩んでしまう。その2点をくくるタイトル(名付け)で悩んでしまう。あ~、苦しきかなツイテン、だ。

 しかし、永倉理子は悩まない。というか、彼女は生き物と花とカラフルな静物しかとらない。しかも、何を撮っても今回の出品作品みたいにしか撮れない。そういう意味ではいつも同じ物ばかりを同じように切り取るマンネリ撮影者と言っても良い。

 マンネリ表現!!その中身は、何ともたゆたゆしい可愛さだ。いつもいつもくり返される七色ファンタジックな乙女心だ。しかもぶれない!
 こういう作品は壁一杯並べるべきかもしれない。間違いなく可愛い世界だ。可愛さのみだ。癒し作品万歳!だろう。




f0126829_05065515.jpg
   ↑:岩佐俊宏、「Way of Vewing」。

 反転し色補正をした、誠に単純明快な対作品だ。
 だから安易に見ていた。写真特有の反転による対作品と。

 毎日毎日見ていると、作品のシンプルさがかえって記憶に残りがちになる。
 最初は単なるシンプル風景と。
 次ぎに「都会」のイメージが膨らみ始める。被写体が道路だから「足下」になり、見る僕の視線はうなだれかげんになる。「うなだれる、うなだれる」、そして「目をつむる、目を開ける」。
 もうこうなると「都会の風景」と「自分」との関係のみを感じ考え始める・・・。

 反転されて描かれた二本の線、それは全体で都会の風景の象徴のようにして目の前を覆う、そして都会に住む自分に考えを巡らす・・・都会への入口、そういう装置として岩佐作品であった。



f0126829_07180643.jpg
   ↑:岩田千穂(藤女子大学OG)、「insaide/outside」。

 お店に入るドアと、お店の中の風景、そういう2枚の組み合わせ。
 単純な理解へと見る人を誘う。
 一つ、ドアを開けて中に入って、店内の賑やかさを見つめている。
 一つ、同じようにお店に入るのだが、なぜだか透明人間になって、自分を消して店内の様子を見渡す。
 一つ、「中に入ろうかな?」そこでちょっと立ち止まる。「中はどんな感じかな?」そこで中の様子をうかがう。
 ・・・

 中に入る、入らない、店の賑やかさを喜ぶ、傍観する・・・そんな二律背反的な情景を作品に見てしまう。
 そういう意味では、興味の尽きない作品で丸島のお気に入りだ。

 が、タイトルがよろしくない!
 「insaide/outside」は「内側/外側」だ。これでは藻岩山を描いた絵のタイトルを「藻岩山」にしたのと同じだ。単なる、写真作品の情景説明だ。説明することによって、作品の中身を限定しているから、良くない以上に悪いというべきか。

 作品には表現者自身の「孤独」あるいは「寂しさ」を感じる。
 丸島流のタイトルです。「出たい出れない、入りたい入れない・・・私」



f0126829_08000020.jpg



f0126829_08032210.jpg
   ↑:
長内正志(札幌大学写真部4年)、「変遷}。


 撮影者自身から、作品の主旨は伺った。しかし、僕は企画者ではあっても、彼等の気持ちを代弁するメッセンジャーボーイではない。ことさら撮影者の言葉を聞きたい作品でもない。彼の説明を無視しての若干のコメント。

 都会の風景を力強く切り取る若者、そんな印象だ。
 だから、対作品とはいっても、左側の露わな姿がメインだ。かたくなに橋として存在している姿を表現したいのだろう。「老兵は黙して去るのみ」と言いたくなるような痛みを露わにし始めた。
 その姿を見せはしない夜の姿。二つの自分自身の立ち姿に惚れ込んでいる自分自身(橋自身)を誉めているみたい。

 いずれにせよ、単なる都会の一風景としてパチリだ。
 
 タイトルは「変遷」。移り変わりを主張したかったのか・・・。僕は日夜そこにある「不動」を見てしまった。


f0126829_08224417.jpg







残りの対作品は後日掲載します。

他の群青展風景を載せます。
前期は今日までです。よろしくお願いします。




f0126829_08383965.jpg
   ↑:「モノクロ3人展」から。



f0126829_08251961.jpg
   ↑:「風景展」から


f0126829_08263289.jpg
   ↑:「風景展」から。



f0126829_08291329.jpg


f0126829_08335764.jpg
   ↑:「風景展」から。
f0126829_08342956.jpg
   ↑:美術「元気展」から。



f0126829_08415211.jpg
   ↑:美術「元気展」から。




f0126829_08431875.jpg
   ↑:美術「元気展」から。












by sakaidoori | 2017-01-31 08:43 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 01月 30日

2562)③「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.29)


f0126829_06553122.jpg


 「群青展に来て下さ~い」と、群青色で呼びかけている。
 ピースマークは女性の遺伝子に組み込まれている。「女性だけ」と思いきや、男子にも組み込まれていた。
 左側は後期対展参加の村田主馬(北星大学4年)。
 右側はただ今対展で展示中の岩田千穂(藤女子大学OG)。

展覧会の事を色濃く語りたいのだが、全く余裕がありません。参加者の様子だけでもお伝えして、こちら側の「元気さ」だけでも受け止めて下さい。


f0126829_07060827.jpg

 美術「元気展」(5階)に参加の佐々木幸(こう)。
 彼女は第2回から継続して参加している。丸島とは腐れ縁のようなものです。そえrは良いことなのか、良くないことなのか・・・、きっと、日々自問しつつ、ご自身の発表スタイルや美術姿勢を暗中模索していることでしょう。



f0126829_07113375.jpg

 ご両人は「モノクロ3人展」のお二人。そして藤女子大学の先輩後輩。
 左側は、後輩の篠原奈那子(4年生)。
 右側は、先輩の橋本つぐみ。
 遠くから二人を見ていると姉と妹みたい。同じクラブだからか?女子大だからか?二人の相性だからか?仲良き二人です。



 さて、6階は三個の写真展。
 ザックリとその特徴を言えば・・・
 「対展」は爽やか空間、
 「モノクロ3人展」はロマンティック・ルーム、
 「それぞれの風景」は闘う人達、・・・です。



その爽やか空間「対展」の個別作品に目をむけましょう。


f0126829_08412403.jpg



f0126829_08440687.jpg


f0126829_08462802.jpg
   ↑:
西口由美恵、「Q:世界に境界線はあるか?」




続く。ただ今編集中。)


by sakaidoori | 2017-01-30 08:49 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 01月 29日

2561)②「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.28)


f0126829_07170404.jpg



f0126829_07174249.jpg
 小雪ちらほら・・・良い感じ、そんな昨日の朝模様です。

 丸島均は日々の繰り返し、会社への出勤のために・・・ではなくて、札幌から文化を発信するために・・・ではなくて、展覧会企画者としてのお勤めを果たすために会場への朝がよいです。


 工藤エリコはこの日も頑張っていた。日々、黙々とはさみとカッターを酷使して、まるで切り裂き女将の形相で壁と闘っていた。


f0126829_07260011.jpg


f0126829_07285084.jpg


f0126829_07330098.jpg

 工藤エリコの造形は、裸の女を中心にして切り絵が発展していく。だからどうしても、その裸婦を見ざるをえない。
 裸婦だから、どうしてもエロスと言うことを考えざるをえない。そこで、久藤切り絵裸婦にエロスや官能美が蓄えられていて、「う~ん、感じる感じる男と女の絡み合い」になれば問題は無い。しかし、久藤切り絵にエロスやセクシャルを感じたことがない。安定した様式美以上のものではない。だから「エロスを感じない」と、僕は言う。
 言われた方は面白くない。だから、僕はより突っ込んで、「女が表現した絵画に、僕はエロスをほとんど感じない。それで分かったことがある。そもそも、女性はエロスを求めて、あるいはエロスを無意識にでも発散しながら美術行為をしていないということを。だから、エロスというものが『美術結果(作品)』に反映されないということを。それでは何が表現を支えているか?『美しさ』なんだ。
 それでは男はどうか?男はいつもいつも女のことが頭に占めている。だから、何を描いてもエロス的なものが作品ににじみ出いていないと、作品としては失格なんだ」そんなことを久藤エリコ女史に語った。

 その真偽やいかに?
 それはともかくとして、工藤エリコの切り絵魅力を語らねばならない。そうしないと、「エロスがないから面白くない作品」と、言ったも同じだから。
 そのうちに語ろう。今は会場の風景なり作品を時間まで載せます。


f0126829_08321792.jpg


 とんがりコーン、ではなくて、ロード・コ-ンに拘る北一樹

 今回の作品群、していることはいつもと同じなんだが、何だか優しくなった感じ。
 どうしてそう見えるんだろう?一面の壁を横拡がりで表現したからかな?写真に白味が多いからかな?会場中央にも「イス」という作品があるからかな?
 何だか分かりませんが、優しい感じのするロード・こーんでした。


f0126829_08330146.jpg


f0126829_08425308.jpg


 酒井彩の着色木彫り。
 色が可愛い、形が可愛い・・・というか、蕾のような生命力です。若さの瑞々しさがなんともいえないです。

 古いタイプの彫刻愛好者だったら、「着色はいらない!木の魅力を、彫りの味わいを見せるべきだ!」と言うにつがいない。それはそのとおりだ。しかし、酒井彩はそんなことには構いはしない。手のひらに納まるように、慈しんで愛でるようにして色添えていく。

 そんなことよりも、この作品は見ようによってはかなりスケベな作品だ。「子宮」なり「下腹部」なり「性器」なりの影がうろついている。それは、作品そのものが「種」だからだろう。性的対象の「メス」ではなくて、最後は母体に繋がる社会的「母性」が作品に埋め込まれているのだろう。女が作る「女」はどこまでも美しくさわやかだ。



f0126829_08571018.jpg
   ↑:阿部雄、「ほんのすこし、歩みをとめて」。



f0126829_08582974.jpg

 阿部雄はバカでかい写真の持参だ。1.2m×1mだ。

 無名の写真家が大作を4点も披露している!丸島均が、「大きいのを沢山だそうよ」といつもいつも叫んでいる。だから、こういう作品が生まれた!
 阿部雄は万感の思いでこの大作を見つめているだろう。
 人は言うかもしれない。成功したや否や?この大きさは作品に似合っているか?そもそもこんな大作が必要なの?
 そんな言葉に耳を傾ける必要はないだろう!撮影者が大きな作品を出さざるを得ない心情を理解できないのだ。人間の止むに止めない情動、ギャラリー空間とはそういうエネルギーの交錯する場だ。作品という結果は厳粛な事実ではある。だが、その事実という静的な中に若者の直向きな愚かさを見て欲しい。



f0126829_09125614.jpg


f0126829_09142987.jpg
   ↑:
山本和来(わこ)。12ヶ月の猫シリーズから。



by sakaidoori | 2017-01-29 09:16 | アートスペース201 | Comments(0)