カテゴリ:[函館]( 5 )


2012年 09月 28日

1812) 「ハコダテ・トリエンナーレ (石川潤の場合)」 函館 9月7日(金)~9月30日(日)

ハコダテ・トリエンナーレ


 会場:旧大黒湯、ギャラリー三日月、弥生町長屋 
     
 問い合わせ:アートフェス・ハコトリ実行委員会 
         電話 (0138)83-7721 

 会期:2012年9月7日(金)~9月30日(日)
 休み:無休
 時間:11:00~17:00

 【出品作家】
  

 主催:アートフェスタ・ハコトリ実行委員会 

※ (詳細はパンフを拡大して確認して下さい。)

ーーーーーーーーーーーー()

f0126829_9191581.jpg
f0126829_9192479.jpg


f0126829_9194269.jpg
f0126829_919554.jpg


 (パンフを拡大して確認してください。)


 第2回目の展覧会です。というか、2009年の前回は「ピエンナーレ準備展」のようなもので、今回から本格的に3年おきに始まります。1回でも多く続けてもらいたい。

 残念ながら見に行っていません。今週までですからその予定もありません。興味がないのではなく、こちらの把握不足です。こういう初物は見ておきたいところです。
 今回、参加者の石川潤君から、彼の作品のみの会場写真を頂きました。たった3枚の限定した「作品風景」ですが、全体の様子をうかがう資料にはなるでしょう。


○ 石川潤の場合


f0126829_9335612.jpg



f0126829_934713.jpg



f0126829_934185.jpg




 会場は「弥生町長屋」だ。
 昭和初期の木造建築家屋で、基礎の防火用煉瓦塀は明治時代とのことだ。

 画家のメッセージがパンフにある。「マクロの世界とミクロの世界。その視覚化と関係性の表現」と理解した。


 部屋全体を宇宙(コスモス)にしている。視野は空間全体から、描かれた細部密部にと向かい、そのミクロ世界からまたしてもマクロへと誘おうとしている。部屋中央の箱は工夫の演出だ。石川風ブラック・ホールか。
 シンプルな美学で明々快々、実に分かりやすい。宇宙を観る心の拡がりや落ち着きが主体で、宇宙という闇への不安や悩みという回路は少ない。驚きや意外性よりもマクロミクロへの拘りから生まれる心の開放感だ。それと、絵画で大きく見せることに主眼があったようだ。その限りでは目的は達している。「キャンバス画家が、インスタレーション表現や空間造形という現代的表現技法にどう取り組むか」というものだ。

 僕は過剰を欲する。極端な多さ、極端な少なさを愛する。今展の最大の欠点は「こんなものかな」という作家の自己規制、それに基づいた美学の反映が強すぎることだ。画家自身の自己認識姿勢が乏しくて、見る人たちの視線を気にしすぎていることだ。確かに、絵画(作品)発表は見られることを前提にしている。だが、見られる作られた世界と、湧いてくる生まれてくる画家自身の世界、そのせめぎ合いがないと面白くない。石川青年の課題はそこにあると思う。

 彼は自身のエネルギーを爆発させる過程で今の画風を築いた。執念深く描かれた花弁のような細かい部分はその痕跡だ。それは素晴らしい。だが、あまりに常識的「美学」なり「構成」に縛られすぎていて、そこから先への意識的自問自答を宙づりにしているようだ。確かにその作業は苦しいのだが、そこんところを徘徊し続けなければ。今の画家の意識は「見せ方」にあるようだ。
 ここは一つ、湧いてくる情念情動美学を掘り起こして、数段上の驚きワールドにチャレンジだ。



 

by sakaidoori | 2012-09-28 14:59 | [函館] | Comments(1)
2010年 08月 16日

1339) 函館 「ハコトリ ~若手作家による青函交流美術展出品作家展」 終了・8月3日(火)~8月8日(日)


○ ハコトリ PRESENTS
   21st CenturyArtists in Hakodate

    若手作家による青函交流美術展・出品作家展



 会場:NHK函館放送局ギャラリー彩(あやどり)
     函館市千歳町13-1
     電話

 会期:2010年8月3日(火)~8月8日(日)
 休み:無休
 時間:9:30~17:00

 【出品作家】
 第1回出品作家:石川久美子(陶芸) 井上千尋(絵画) 佐藤志帆(彫刻)
            隅田信城(絵画) 安田祐子(絵画)
 第2回出品作家:秋元美穂(絵画) 石川潤(絵画) 高橋亜希(写真)
            滝花保和(絵画) 向川未桜(彫刻
 

 主催:アートフェスタ・ハコトリ実行委員会 

ーーーーーーーーーーーー(8.5)

f0126829_11463315.jpg



 「若手作家による青函交流美術展」とはーーー2008年より開催された青森、函館の若手作家による合同展です。出品作家に「第1回ー」とあるのは、2008年度の函館作家。「第2回ー」とあるのは今年度の作家たちです。今年は10月に青森、11月に函館で予定されています。
 誰が選んだかが知りたいところです。残念ながらその辺の説明はない。地域興しと地域交流、若手の美術家の発掘・育成を目的にした展覧会と思いますが、「責任・中心の主体説明」がない。実に非現代的で寂しいところです。重複作家はいないし、作家自身の発案・設立ではないかもしれない。青森や函館で広い視野に立って人選できるのはお役所的な人間・美術館関係者以外には考えにくい。かれらが中心になっているのか?

 ところで主催の「アートフェスタ・ハコトリ実行委員会」とはーーー2008年から活動開始。アートの力で函館を盛り上げようという団体です。2012年からの「函館トリエンナーレ展」開催に向けて準備中とのことです。
 そして、「函館青森交流美術展」の函館主催をこの団体が担うことになった。その契機としての今展が在るのです。・・・実にわかったようでわかりにくい美術展背後関係です。

い主宰者ではありますが、美術の中味を紹介します。


f0126829_13401070.jpg


f0126829_1340361.jpg



 写真を見てもわかるように会場は狭い。そこでの10人展ですから顔見せ的な小品展になっている。その代わり、詳細な作家説明キャプションが会場を賑わせている。ワーク・ブックも用意されていて親切だ。

 作家数が多いので、好みに任せて簡単に書き進めます。
 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 まずは入り口の立体作品から。

f0126829_13511117.jpg
     ↑: 1974年 函館生まれ・石川久美子、「音色~ギターの旋律」・陶磁。

 ちょっと小太りで腰回りの大きな女性を連想させる。工芸的な美しさにも関心が強そう。



f0126829_1358910.jpg
     ↑: 1982年 函館生まれ・佐藤志帆、「大気の枷」・石膏 150×150×600㎜。

 コンパクトに良くまとめている。小さな誇張あり、写実あり、質感ありと過不足無い。


f0126829_1462943.jpg

f0126829_147250.jpg

     ↑: 1985年 愛媛県松山市生まれ・向川未桜、左から、「歪念」 「抱想」・テラコッタ。

 遊び心とリズム感のある女性的作品。若い感覚がストレートに出ていて好ましい。


f0126829_14242749.jpg
     ↑: 1875年 函館生まれ・秋元美穂、「パターン」・パネル ジュート布 石膏 アクリル M20号。

 以前、「サッポロ未来展」に参加していた。その時よりも今展のほうがよく目立つ。小品なのにいろんなことを細かく楽しく詰め込んでいる。色あり、布あり、糸あり、線あり面あり凸凹ありと好きな作品。


f0126829_14345332.jpg
f0126829_14351558.jpg
     ↑: 1984年 函館生まれ・高橋亜希、「everyday」より・モノクロバライタ紙 279×356㎝。

 なぜかしらこの2枚組が強く印象に残っている。日々の普通のスナップ写真なのになぜだろう?
 何でもないものを軽く撮るという撮影者のスタンスだが、結構対象を強く撮っているようにみえる。どうでもいいことを、強くないように強く大きく撮る。そんなことを感じた。


f0126829_151287.jpg
f0126829_152434.jpg


     ↑: 1975年 函館生まれ・滝花保和、「JUNK」・左から 550×400㎜ 900×900㎜。

 一人古風で重厚な作品。こういうのをジャンク・アートというのだろう。ガラクタだけど、芸術家が関わるとガラクタでなくなる。あるいは、ガラクタに見えるが愛おしい物・・・などなど。
 夢多き100均はガラクタ拡大再生産店ともいえる。鉄類の錆には美学がある。さて、廃プラには何があるのかな?


f0126829_15124095.jpg
     ↑: 1973年 函館生まれ・隅田信城、「GIGA N0.5(仮題)」・アクリル ボード 1930×728㎜。

 グラフィック漫画感覚で「愛とオドロオドロ」を表現している。
 いつの日かその時の近未来、楽しくも哀しい物語の一コマ。



f0126829_1728839.jpg
     ↑: 1982年 七飯町生まれ・石川潤、「micro cosmos」・木製パネル アクリル。

 一人気を吐く量の出品だ。出てくる出てくる石川パワーだ。
 石川風水玉模様に、石川風ムカデ虫の饗宴という感じ。要するに石川風「男と女」だ。うごめいているんだ。何が?そこんところの自覚がだんだんと問われるところだろう。
 とにかく10月の青森での本展を期待しよう。今年は国内旅行をしていないので、ついでがてらに見に行きたいものだ。



f0126829_17373828.jpg
     ↑: 1984年 旭川生まれ・安田祐子、「呼吸する樹」・パネル 油彩 600×1200㎜。

 額装には神経が行き届いてはいる。人物画自体はいかにも学生が描いている感じで面白味に欠ける。
 昨春、道教育大学・大学院を修了されたばかりだから、仕方がないのかもしれない。これからの人だ。


f0126829_17494698.jpg
     ↑: 函館生まれ・井上千尋、左から 「爬虫類」 「両生類」・紙にインクジェット 160×230㎜。

 版画に見えた。インクジェットとあうからパソコンを利用しているのか?それならば「版」作品でもある。
 こういうグループ展では弱い感じだ。個展なり、彼女に合ったムードの仲間展で見てみたいものだ。


 全体にアッと驚く作品には出会えなかった。しかし、函館でこういう展覧会を期待していなかったので、大いなる収穫であった。

by sakaidoori | 2010-08-16 15:32 | [函館] | Comments(2)
2010年 08月 16日

1338) ③函館駅構内 「空間アートプロジェクト (6名参加)」 終了・7月31日(土)~8月9日(月)


○ 空間アートプロジェクト

 会場:JR函館駅構内2階 イカすホール
     函館市若松町12-13
     電話(0138)23-3085

 会期:2010年7月31日(土)~8月9日(月)
 休み:無休
 時間:10:00~18:00
     (初日は、13:00~。最終日は、~17:00まで。)

 【出品作家】
 石川潤 岩田琿 佐々木仁美 鈴木悠高 外山欽平 林教司

 主催:北海道抽象派作家協会

 事務局:石川潤 090-9088-8904

ーーーーーーーーーーーー(8.5)

 (1335、1336番の続き)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

 残り3名の作品紹介です。


f0126829_9232359.jpg
     ↑:石川潤・「micro cosmos」。

f0126829_9254614.jpg



 僕にとっては一度見た作品であり、栄通記にも載せたことである。

 床に斜めに立てかけられた作品が照明にあたって波打っていた。白が目に迫り、黒が後ろに退くという視覚心理学がそのまま反映していた。花びらのような模様が波打ちながら人の意識を中央に吸い込ませていく。あたかもブラック・ホールへの道程のようだ。滑らかな凸凹感は暗闇に引っ張るのだが、ただそれだけだ。おそらく作家はこの「黒」にとりたてての精神性を盛り込んではいないようだ。では、この黒はどこに向かうのか?描くその時は、「モノトーンを描きたかった」だけなのだろう。その時はそれでいい。
 全ての作品はエネルギッシュだが、筆跡を残さず、綺麗にサラッと仕上げようとしている。現段階では精神性よりも美への憧れが強い作家なのだろう。

 石川潤はなかなか個展を開かない。そのかわり、この夏以降のグループ展参加の数はたいしたものだ。
 今展を皮切りに、函館の「ハコテン」、青森・函館美術館での「若手作家展」、今開かれている札幌・たぴおでの「サマー・ウエーブ展」、今日からの時計台「道展新人展」、今秋の「道展」、そのころの時計台「北海道抽象派作家展」、他にもあるかもしれない。素晴らしい。



f0126829_9475125.jpg
     ↑:外山欽平、「M」・「L」。

 たった2点だが、お洒落な展示で豪華さがあった。


f0126829_9524981.jpg
     ↑:岩田輝・「TURBO-10」。

 岩田輝は、一時作品をビニールで覆っていた。照明にあたってよく見えなかった。要するに作品を他人に見せることを拒んでいるようだった。
 そうい展示手段とはおさらばして、今ではビニールをはずして正々堂々と構えている。よく見える。
 同系色の色の重なり、輪郭も鮮明で丁寧で細かい作業だ。増殖を思わせるがグロテスクさを拒否している。のめり込む大人のおもちゃの世界だ。
 「ターボ」、いつか夢見た超音速のパワー・アップ、その力の源泉を探っているようだ。機械の構造を細密画で再現することによって、秘密のベールを一枚一枚剥ごうとしているみたい。

by sakaidoori | 2010-08-16 10:10 | [函館] | Comments(0)
2010年 08月 14日

1336) ②函館駅構内 「空間アートプロジェクト (6名参加)」 終了・7月31日(土)~8月9日(月)


○ 空間アートプロジェクト

 会場:JR函館駅構内2階 イカすホール
     函館市若松町12-13
     電話(0138)23-3085

 会期:2010年7月31日(土)~8月9日(月)
 休み:無休
 時間:10:00~18:00
     (初日は、13:00~。最終日は、~17:00まで。)

 【出品作家】
 石川潤 岩田琿 佐々木仁美 鈴木悠高 外山欽平 林教司

 主催:北海道抽象派作家協会

 事務局:石川潤 090-9088-8904

ーーーーーーーーーーーー(8.5)

 (1335番の続き)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)

f0126829_182698.jpg




f0126829_185970.jpg
     ↑:林教司・「飽食」。


f0126829_122894.jpg 林教司がバシッと函館に攻めてきた。彼は「鉄の人」である、一方で「愛と反逆の人」でもある。
 今作、実にこの空間に合っている。もーもー、物語が勝手に湧いてくる。自虐的反骨精神がパブリック空間に妖しき光を発散している。白が眩しい。

 「もっと光を!もっと光を!もっと肉を!もっと肉を!と呟きながら、暗闇で食する人はいつの間にかこの世から消えしまった。見えぬ姿が、「もっと光を!もっと肉を!」と叫んでいる。「もっと愛を!」という言葉を飲み込みながら。傾いたワイン・ボトルがやけに目立つ。


f0126829_12517100.jpg





f0126829_12648.jpg
     ↑:佐々木仁美、「存在」。


f0126829_1272187.jpg 金工造形作家の佐々木仁美

オーソドックスな主張だが、自分の関心を見る人にチャンと伝えている。全てに優しくありたいという願い、と受け止めた。金属の表面、そのウエーブ・ライン、金属の堅さと表現したい軟らかさ・・・。小さき世界に作家の集中度を感じる。

 台座に意を注いでいるのには感心する。ただ、板の貼り合わせラインと機能美が、妙に床と合い過ぎて目立ったのが残念だ。もう少しさりげない方が僕の好みだ。
 重箱の隅をを突っつくような意見をもう二つ言おう。
 作品の正面の空間領域が狭すぎた。足場を黄色い作品に侵されて、通路になってしまった。広い会場だ。もう少しゆったり見たかった。
 作品の性質が個展向きの気がした。小なりとも個展空間の経験を沢山積まれたら、こういうグループ展での自己表現の仕方が見えてくると思う。


f0126829_284895.jpg
f0126829_292097.jpg
     ↑:佐々木仁美、「ともがら」。



f0126829_2131553.jpg


f0126829_2134551.jpg
     ↑:鈴木悠高、「Yellow in hakodate」。


f0126829_2161049.jpg ご存じ、「黄色い人・鈴木悠高」だ。既発表の黄色い世界が床を流れ淀んでいた。

 これだけ黄色い作品が床を占領すると、展覧会全体の色模様なり空気感を決定している。全体が華やかになった。個展時に見る修行する影は、一つの装飾として華になっていた。

 残念なのは作品を傾ける足が丸見えで、作品下の闇の効果を半減させていた。足の見えない工夫が欲しかった。そうすれば、置かれたものではなくて、自立する流れになっただろう。


 (以下、続く。明日になると思います。)

 

by sakaidoori | 2010-08-14 09:20 | [函館] | Comments(0)
2010年 08月 13日

1335) ①函館駅構内 「空間アートプロジェクト (6名参加)」 終了・7月31日(土)~8月9日(月)


○ 空間アートプロジェクト

 会場:JR函館駅構内2階 イカすホール
     函館市若松町12-13
     電話(0138)23-3085

 会期:2010年7月31日(土)~8月9日(月)
 休み:無休
 時間:10:00~18:00
     (初日は、13:00~。最終日は、~17:00まで。)

 【出品作家】
 石川潤 岩田琿 佐々木仁美 鈴木悠高 外山欽平 林教司

 主催:北海道抽象派作家協会

 事務局:石川潤 090-9088-8904

ーーーーーーーーーーーー(8.5)

 函館美術館の「琳派・若冲と雅の世界」が見たかった。幸い、札幌での良き友人・知人たちの展覧会が函館駅で開かれている。車も前々日に手に入れたばかりだ。長距離運転に不安を感じながらも、久しぶりに妻との車泊旅行と、あいなった。

 無事、念願の「琳派・若冲絵画展」を見終えて、函館駅へ。

 昔の函館駅には仕事でもお世話になった。ホームの長い駅という記憶があるが、実際にはどうだったか。
 新装なった函館駅、全く昔の風情は無い。かなりの利用者で駅舎はにぎわっていた。駅というものはヤッパリ人だかりがないと面白くない。

 まずは駅周辺からの案内から始めます。

f0126829_2128975.jpg



f0126829_21283262.jpg


 赤いモニュメンタル作品は、ハヤシ ショウヘイ作「OYAKO」・2005年5月。

 制作年月はこの駅のオープン時だろう。5年が過ぎたのだ。

 展覧会場は2階なので、主に2階からの駅舎&構内風景。


f0126829_21352289.jpg


f0126829_21471981.jpg


f0126829_21355320.jpg


f0126829_21365833.jpg


f0126829_21373993.jpg



 ご自慢の函館の街だ。新旧2枚の大きな絵画と写真が、上からの目線を意識して拡がっている。

 さて、いよいよ2階のギャラリー空間・イカすホールへ行こう。


f0126829_21421520.jpg


f0126829_21434957.jpg



 エスカレーターの上り口の踊り場は飲食店街だ。目指すイカすホールは、松の廊下ならぬ「イカす空中回廊」を渡ったパブリック空間だ。天井の低さが唯一の欠点だが、空間の健康的な明るさ開放感は悪くはない。

 見慣れた作品群がお迎えだ。お化粧気分のハレの姿に見えてしまった。自然光の明るさ、パブリック空間ということが作品を晴れ晴れとさせたのだろう。
 「子供が走り回ったりして心配でした」ということを関係者から聞いた。この空間、子供が走らないようではお終いだ。作品を床に置くとは危険性を知っての行為だ。黄色い絵に子供が転んで穴を開けてもいいではないか。白い椅子に座り、お菓子のクズが作品のテーブルに付いてもいいではないか。両者の作品作家は札幌で活躍している。そういうことを勉強するための札幌組函館武者修行の旅なのだ。


f0126829_2158325.jpg


f0126829_2224313.jpg


f0126829_223058.jpg



 駅の紹介に力を入れすぎてしまった。
 項目を改めて、個々の紹介をします。人数が多いので何人かは割愛することになるでしょう。



f0126829_2263012.jpg


 ほんのわずかな距離だが「イカす空中回廊」は外にも出ている。上の写真はそこからのもの。駅構内がバッチリ見える。海も見える、遠くには山並みも見える。

by sakaidoori | 2010-08-13 22:23 | [函館] | Comments(0)