カテゴリ:【北広島・由仁】( 4 )


2013年 12月 04日

2322)②「『Timeless:時の肖像』(大井敏恭 末次弘明 林亨)」由仁実験農場 終了・11月3日(日)~11月30日(土)

Art in Progress企画展 

Timeless:時の肖像

 大井敏恭 末次弘明 林亨
  


 会場:由仁実験農場
     北海道由仁町東光149
      (JR由仁駅から徒歩15分)
     電話 090-8902-1533 (大井)

 会期:2012年11月3日(日)~11月30日(土)
 休み:月曜日
 時間:土日祝日 ⇒ 11:00~18:00
     火水木金 ⇒ 開場時間は要連絡 

 主催 :北翔大学北方圏学術情報センター美術研究プロジェクト 
 
※ アーティスト・トーク ⇒ テーマ「それぞれの自作について」 初日(日) 14:00~15:40 
             作家・大井敏恭 末次弘明 林亨 聞き手・塚崎美保
 
            
※   トーク終了後はミニパーティー  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.30)


 2321)①の続き。


 個別作家を見ていきます。既に①で大ざっぱに印象を記しています。それ以上の言葉がでてくればいいのですが、重複することでしょう。


 (以下、敬称は省略させていただきます。)



◯ 大井敏恭の場合




f0126829_9302856.jpg




f0126829_9305294.jpg





f0126829_934741.jpg




f0126829_934235.jpg





f0126829_935715.jpg




f0126829_9352060.jpg




f0126829_9353298.jpg




f0126829_9395420.jpg




f0126829_9403166.jpg




f0126829_9365332.jpg




 タイトルはあったかもしれません。あったならば完全な見落としです。


 以前、「絵画の場合」という画家グループがあった。定期的に展覧会を開いていた。そこで、氏の作品を知り、見慣れている。
 その時の作品は、線描というかドローイング的なビルがあり、人が群れなし、それらがフラットに重層的に綾なして、美術でいうところの空間や構図を作っていた。ムードはアメリカンだ。アメリカンは構わないのだが、いかにも「実験しているんだ」という知的ムードと堅さに一歩退いて見ていた。

 今回も基本は同じなのだろうが、随分と感じが違う。お洒落に散らかした雰囲気が作品とあっていて、スルーッと入り込めたからか。それと、明瞭に和の雰囲気が立ちこめていた。直線を間違いなく愛する作家と思うのだが、「いかにも直線ありき」が退いていて、木版画的(シルクスクリーン的?)な色の重なり具合がたゆたゆしさを生んでいて目に優しかった。
 それに植物を描いているわけではないのだが、水面に見えたり、花びらが散っている感じもした。

 相変わらず実験的絵画であることは間違いない。というか、「試み絵画・大井敏恭」だ。「こうしたらどうなるのだろう、あ~したらもっとオレが出てくるかもしれない・・・アメリカの空気と日本の空気は違う、人も違う。同時代の忙しき現代人なのに明瞭に違う。この違いは文化の違いだ。そこを現代絵画人であるオレは見据えている。そこんところを視覚で表現する・・」などなど、電波は外に向かい、大井カンピューターは忙しなく「今」を問うている。


 すばらしい建物だ。おそらく、今までの美術活動の中から生まれた意図的施設だろう。しっかりした制作現場を持たねばならない、そこで画家や美術人などがいろいろとコミュニュケートせねばならないと思い詰めたのだろう。
 現代の象徴であるアメリカに繁く通う作家だ。そして札幌は重要な生活基盤だ。札幌、著名な地方都市ではあるがどこかおっとりして刺激が少ない。住むには良いが創造妄想という美術刺激には迫力不足だ。そして田園地帯の由仁町を美術の発信地として選んだ。アメリカ、札幌、由仁、氏の選んだ3本の柱だ。いわゆるインターローカルだ。

 インターローカル、その言葉はネーション(国家・社会・民族)という血なまぐさい問題を不問にしている。おそらく、そこから一端離れて世界を広々と見渡そうという意志が生んだ言葉だろう。国家に病んだ人たちが作ったのか?逆に国家を軽い存在と感じている人が育てた言葉か?いずれにせよ、しがらみからの積極的浮遊だ。が、その抜け落ちた部分に迫らないインターグローバルという美術造語は無意味で虚構だし、知的怠惰だと思っている。

 それはともかく、この建物および環境に不退転的決意を感じた。今後の作品なり活動に期待したい。


 思いのほか駄弁になりました。で、 ③に続きます

 

by sakaidoori | 2013-12-04 10:54 | 【北広島・由仁】 | Comments(3)
2013年 12月 04日

2321)①「『Timeless:時の肖像』(大井敏恭 末次弘明 林亨)」由仁実験農場 終了・11月3日(日)~11月30日(土)




Art in Progress企画展 

Timeless:時の肖像

 大井敏恭 末次弘明 林亨
  


 会場:由仁実験農場
     北海道由仁町東光149
      (JR由仁駅から徒歩15分)
     電話 090-8902-1533 (大井)

 会期:2012年11月3日(日)~11月30日(土)
 休み:月曜日
 時間:土日祝日 ⇒ 11:00~18:00
     火水木金 ⇒ 開場時間は要連絡 

 主催 :北翔大学北方圏学術情報センター美術研究プロジェクト 
 
※ アーティスト・トーク ⇒ テーマ「それぞれの自作について」 初日(日) 14:00~15:40 
             作家・大井敏恭 末次弘明 林亨 聞き手・塚崎美保
 
            
※   トーク終了後はミニパーティー  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11.30)




f0126829_0254965.jpg



 山際の高台に立っている真新しい建物。只今新築中だ。建物は概ね仕上がっているが、細かい処が残っているのだろう、建築関係者が忙しなく建物周囲で作業をしていた。

 立地条件からして由仁平原が一望されるだろう。そこからの眺めを想像すると心ワクワクする。羨ましい限りだ。



f0126829_0295692.jpg



 建物際の道路風景。左側が山際、右側には農地が拡がり、間近に道路と平行して線路が走っている。



f0126829_0323599.jpg




 会場は由仁町の大井敏恭スタジオ「実験芸術農場ギャラリー」だ。

 今展は施設内での絵画鑑賞という形をとっているが、ギャラリー自体は敷地や風景を含めて、いろいろと試みる場なのだろう。その全貌は定かではない。
 そして今展は企画展でもある。主催は「北翔大学北方圏学術情報センター美術研究プロジェクト」だ。具体的な運営者は不明。出品作家がそうなのか?企画者は塚崎美保。案内DMを頂いてはいるが、市内のギャラリー等でフライヤーも目にしてはいない。一般鑑賞者に積極的に告知をしている感じでもない。秘密の企画展ではないが、とりあえず小さな美術運動の一環なのだろう。建物が未完成だからか?その段階で鑑賞できることは幸いでもある。

 なにはさておき、この場と、ここからの風景と、絵画作品を楽しもう。


 気になる建物内部です。その様子をお伝えします。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)



f0126829_0545440.jpg



 玄関先の入口は半間と狭い。一間ほどの通路の向こうに作品が見える。末次弘明作品。真新しい白さにチラリズム的感覚でのお迎えだ。




f0126829_0575723.jpg




 中は広い。ギャラリーというよりもアトリエだ。展示会場は奥の部屋とこちら側の部屋の2ヶ所。2階もあるが、展示会場ではない。


 奥の部屋を見ましょう。


f0126829_14460.jpg





f0126829_142163.jpg





f0126829_1411457.jpg





f0126829_1323666.jpg
   ↑:(ベランダ越しの風景。遠くの山並みは夕張山系か。)


 ここは大家?の大井敏恭ワールド。梱包されたキャンバスなどが雑然と置かれている。「これを含めて作品だ」と、思う必要はないだろう。単に只今整理中だ。が、ニューヨーク・ニューヨーク的な大井絵画とのマッチングは良い。だからか、今までの氏の作品には感じなかった親しみが湧いてきて嬉しいような困ったような気分になった。

 後で個別作品を載せます。
 


f0126829_1141968.jpg



 右側の作品は玄関から見えていた。両者とも末次弘明作品でこの2点だけ(トイレに小品が飾ってあった)。120号。デザイン?装飾?絶対絵画?上の写真で見れば判断はつきがたいが、入れ込みの強い絵画だ。今展で真っ先に目にするので印象深い。


 右側の窓からの風景は---



f0126829_134088.jpg
   ↑:(遠くに由仁駅周辺の街並みを見ることができる。)





f0126829_1191444.jpg




 右側が先ほどの末次弘明作品。左側が林亨作品。色味は似ているが、原画は凄く違っている。末次作品はフラット、林作品は深み、そんな違いだ。両者とも後付けのようにして絵画面に意図的痕跡を残している。見た目は情緒たっぷりの二人だが、痕跡赤裸々な意図の人でもある。




f0126829_1211469.jpg



 先ほどの林亨作品を遠くから写したもの。部屋の拡がりと明るさを確認して下さい。




f0126829_1222845.jpg



 左に見える絵画群も林亨作品。




f0126829_1255388.jpg




f0126829_1264924.jpg




 この部屋から見える外の風景。



 個別作品を②で載せます。 ②に続く

by sakaidoori | 2013-12-04 09:18 | 【北広島・由仁】 | Comments(0)
2010年 12月 25日

1408) 北広島市芸術文化ホール 「あな展」 終了・11月19日(金)~11月28日(日)

○ あな


 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。
      札幌駅から当駅まで快速で16分。)
     電話(011)372-7667

 会期:2010年11月19日(金)~11月28日(日)
 時間:10:00~18:00 
    
※ 作家によるギャラリー・トーク ⇒ 11月20日(土) 13:00~

 【参加作家】
 上ノ大作 樫見菜々子 加藤祐子 吉成翔子 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(12.25)

f0126829_2243545.jpg
      ↑:(北広島駅、東口側。)

f0126829_22433946.jpg
     ↑:(当館敷地内のパブリック・アート。)


 「北広島市芸術文化ホール}は北広島駅の直ぐ傍です。駅はかなり立派です。そして当館も駅に負けず立派です。

 敷地内の立体作品を掲載しました。今日紹介する展覧会は「あな展」です。たまたま撮った写真ですが、まさしく「あな」になっています。本展へのささやかな導入です。

 今展は名辞にこだわった企画展。当館運営委員会の主催です。とはいっても、作家選定の中心人物がおられることと思います。どういう方なのでしょう?

 それはともかくとして、今回は僕のコメントは限りなく少なめにしたいと思います。北広島は札幌からは近いし、当館へはJRで安直に行けることでしょう。そうは言っても、市外となると腰が重いものです。僕の拙い写真だけでも楽しんで下さい。来年もテーマを替えて催されると思います。気が向けば是非どうぞ。


f0126829_230280.jpg
          ↑:(入り口の風景。)


f0126829_2304958.jpg
     ↑:(会場の全景。)


f0126829_2315497.jpg
     ↑:上ノ大作


f0126829_2331889.jpg
f0126829_2333872.jpg
          ↑:「アナ」。


 木彫り作品。
 木にはテーマに基づいた「あな」があるだけで、どうということはありません。どうということはないのですが、ざっくばらんなノミ跡や、木に向かう作家の何食わぬ遊び心や、真剣さを楽しめました。


f0126829_23111362.jpg
          ↑:加藤祐子

f0126829_23115169.jpg
          ↑:加藤祐子。壁の作品が「桃色袋」、床が「縁(ふち)」

f0126829_2313966.jpg



 テキスタイルの加藤祐子さん。
 ピンクの袋が面白い。穴が空いているのはテーマによるものでしょう。
 どうして三角錐なのだろう?どうして壁に引っ付けるのだろう?どうしてピンクなのだろう?と、質問にもならないことを軽く思いながら、綺麗な床に目をやり、そしてぼんやりと袋を眺めていた。
 同じ物が沢山あると、何故だか心地良く胸騒ぎする。ピンクピンク、軽く優しいピンク、立体壁紙のようなので、今展の壁一面に飾ったらどうなるのだろう?


f0126829_23215346.jpg
     ↑:樫見菜々子、「途中のトンネル」。


f0126829_23322679.jpg


f0126829_23325020.jpg



f0126829_2334890.jpg
f0126829_23342172.jpg



 これはもう、普通に普通にぬいぐるみ感覚の風景です。何ら奇をてらうわけでもなく、何を主張しようというわけでもなく、ただただ白さがくっきりと目立つだけです。松の木の姿が雪の白さと一緒になって手招きしているだけです。
 それでもハッとするのは、ちょっと曲がったトンネルです。トンネルの黒い穴です。曲がっているので向こうが見えません。小さな模型台に顔を引っ付けて、何とか向こうを見たいのですが、見たところで何があるわけでもないのですが、優しい白い世界の、黒いトンネルの穴に引っ張られてしまう。
 それは作家・樫見菜々子の作為なのでしょう。「『あな』、時にはポツネンと感じるのも良いことでしょう?」菜々子のさえずりでした。


f0126829_23351843.jpg
     ↑:吉成翔子


 まだ学生の吉成翔子君。
 田園調のロマンとメルヘン気分の持ち主です。好きな作家です。そのロマンやメルヘンの表現力に興味があるからではありません。彼女の魅力、それは夢みる気分のままに大胆に振る舞うことです。造形に大胆チャレンジチャレンジです。もし彼女から、そのチャレンジ精神が希薄になった時は、表現としての「ロマンやメルヘン」の型が落ち着いた時でしょう。それはそれで良いのですが、僕としてはもっともっといろんな形や発想を膨らませてもらいたい。
 今展、その可能性が膨らんでいるか?はわかりません。
 ヘンテコリンな穴の空いた円錐が面白い。やっぱりこういう作品は屋外で見たいものです。この作品に限らず、一度大きく野外展を!新年に向けての僕からのリクエストでした。


f0126829_0131899.jpg


f0126829_013423.jpg



f0126829_1154848.jpg


f0126829_11542270.jpg



f0126829_11551242.jpg




f0126829_11552829.jpg


by sakaidoori | 2010-12-25 23:36 | 【北広島・由仁】 | Comments(0)
2009年 12月 07日

1109) ①北広島市芸術文化ホール 「はこ展」  11月20日(金)~11月29日(日)

○ はこ展

 会場:北広島市芸術文化ホールギャラリー
     北広島市中央6丁目2番地の1 
     (JR北広島駅東口4番出口、徒歩1分。
      札幌駅から当駅まで快速で16分。)
     電話(011)372-7667

 会期:2009年11月20日(金)~11月29日(日)
 時間:10:00~18:00 
    
※ 作家によるギャラリー・トーク ⇒ 11・21(土) 13:00~

 【参加作家】
 田村陽子 西山省一 橋本祐二 林玲二 森迫暁夫 脇坂淳
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(11・25)

f0126829_7451628.jpg


 会場はJR北広島駅の東口の敷地内で、特徴のある建物ですぐわかります。
 そのドーム風のスタイルが何とも大仰な感じがしないでもありません。アッそうか、広島の原爆ドームを意識したのか。そう気付くと北広島市の心意気を伝えているよで、これはこれでいいのだろう、そんな感じで建物へ。
 中は綺麗で広々としている。入り口右側に図書館があります。書架も低く、ショッピングのような開放感、蔵書もしっかりしていて一見の価値があります。

 何も考えずに入り口から円形のホールを真直ぐに進むと展覧会会場です。
 ホールの円さに反して完璧長方形です。一番の特徴は天井の高さです。この高さが無味乾燥になりがちな四角さを生かしていて、明るさ清潔感と交わって市民的な公共空間を作っています。近代建築の持つ冷ややかさに不満を持つ方も居るかもしれません。ですが、この広さは立体作家には喜ばれるでしょう。

 「栄通記」初登場の会場ですから、前置きが長くなりました。

 さて、「はこ展」です。

f0126829_7462597.jpg



 「はこ」にこだわったテーマ展です。「はこ」をどう理解するかは自由。当然「箱」が主流のようですが、そんな常識で全てが終わるようでは芸術作家の名前が泣きます。
 何より好ましいのは、与えられたテーマによって、普段と同じ制作をしながらも作家心の可能性を広げていることです。芸術は自立自尊、独創性が常に問われますが、半強制的枠組みが作家自身の枠を開くことがあるのです。その小さな事例を本展で見る思いです。

 それぞれは知的な側面を備えた作品群です。正面から眺めてスッキリしたというものではないので、多角度から写真を載せたいのですが6人という中所帯、そのさわりだけでも伝えれればと思います。

f0126829_8131185.jpg


f0126829_8135287.jpgf0126829_8142817.jpg









 ↑:西山省一(1960年 札幌市出身)、「古代の鳥かご」。

f0126829_8203433.jpg


 上掲作品、ネーミングが素晴らしい。右から「ハコロガシ」、「ハコンドル」、「ハコガネムシ」。特にハコロガシとハコンドルは今年の栄通ネーミング大賞です。ただただ「ハ」を入れただけで、ただただ箱の作品を作っただけで、人の心に残るなんて。美術は作品そのものだけで語る時代ではない小さな小さな証です。
 作品自体は「ハコガネムシ」は色もあっていいのですが、余りにも普通で、箱の上に乗る鳥の「ハコンドル」(箱・運ンドル)の超常識を超えるものではないようです。


f0126829_832632.jpg
     ↑:脇坂淳(1961年 羽幌町出身)、「The Seed -二つの種ー」。

 籠二つがザ・ピーナッツみたい。中の丸い球には文字が張られていて、見る人のイメージを強引に作家の方に引っ張ろうとしています。おそらく、生命や社会と同時にそれらの桎梏のようなものも表現したいのでしょうか?今作の文字は作品との一体性が強くて、読むものの意識を膨らませるのには不成功と思いますが、真面目で真摯な作家だと創造されます。


f0126829_933349.jpg
     ↑:橋本祐二(1953年 網走出身)、「内にあるもの、なにもなにも」。

f0126829_95184.jpgf0126829_955030.jpg










 ガラスアートです。
 自己の展示空間を斜線という直線、箱形のL字形で切っている知的行為に着目すべきでしょう。
 ガラス作品は中は光を湛えた曇りガラス状で、中から表皮やボディーを美しく着飾るというものです。そして白と黒の対比、インテリア感覚ですが知的操作が心憎い。


f0126829_9122976.jpg




 思いの外長くなりました。久しぶりの続編スタイルということで。(②に続く。)

by sakaidoori | 2009-12-07 09:36 | 【北広島・由仁】 | Comments(4)