栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:[江別]( 4 )


2010年 07月 29日

1318) ども 「大島龍・作品展 RESONANCE・海の聖母」 終了・4月22日(木)~5月9日(日)

○ 大島龍・作品展
   RESONANCE・海の聖母
 
 

 会場:ドラマシアターどもⅣ
    江別市2条2丁目7-1
      ドラマシアターども内
    (JR江別駅近く。
     駅を降りて右側へ千歳川に向かって徒歩3分ぐらい。レンガ造りの大きな二階建ての建物)
    電話(011)384-4011

 期間:2010年4月22日(木)~5月9日(日)
 休み:月曜日(定休日) + 5月4日
 時間:10:00~19:00

ーーーーーーーーーーーーー(5・1)

f0126829_9553844.jpg




f0126829_10415432.jpg


f0126829_956388.jpg


f0126829_1152100.jpg
     ↑:「群狼疾走」。

f0126829_10493083.jpg
f0126829_1050910.jpg




f0126829_10525296.jpg
f0126829_1053243.jpg




f0126829_1059620.jpg


f0126829_1101730.jpg



 演劇会場を利用しての大島龍・版画展。「狼」と「青き海」だ。

 誰もいない会場に、いの一番に入場する。
 組み大作「群狼疾走」の中で、見事な「空白の部分」があった。剥げ落ちた作品は元通りに収まり復元された。だが、この「空白の部分・白い欠落」が気になった。


f0126829_1233817.jpg 闇夜に疾走する狼たち、怒れる獣たちだ。鋭いノミ跡といい爆発的様相を示してはいるが、動きに乱れはなく一方向を目指している。拡散志向であるべきなのに、僕には収縮的に見える。コスモス的な拡がり(闇)の中で、身近なある一点に「何か」を求めているような狼の動きだ。いかに狼の動きが激しくても、いかに多数の獣姿で群れようとも、この版画世界は感情爆発型ではない。迷いでもない。その「行き着く場・求める姿」の象徴として、この「白い欠落」があるように思えた。

 この「白い欠落」の探求が具象作品から抽象作品へ、青き海へ「海の聖母」へと受け継がれたのだろう。海、それはマクロコスモスだ。聖母、それはミクロコスモスだ。祈りにもにた男のロマンの旅路であろう。

 広い世界の中で、一点を求めて激しくのたうち回る。それが「群狼疾走」以前の画家の姿だったのだろう。以後の「海」シリーズでは、支持体の紙そのもの、紙に塗られる色そのものと対話しているようだ。「光を求めて、生命を求めて、その根源を求めて」という祈りにも似た精神行為かもしれない。
 だが、悟り安住する年齢には見えない。未だ65歳にならない。群れる狼の個としての哀しい表情、ここにも男・大島龍の姿がある。確かに「恋に恋する男のロマン」と指摘されるかもしれない。だが、見る者には愛おしくなる目だ。
 「海」の前で祈る姿は美しい。が、今は無き「狼」が「祈り」としてだけ再生されるのは寂しい。
 「海」に行かざるをえなかった精神、可能性を秘めた「海」なのだろう。


f0126829_128663.jpg
     ↑:全て「RESONANCE・海の聖母  風紋・古代の情熱」。

f0126829_12121092.jpg
     ↑:ともに「天地交響」。


 (以下、メモ。)

 「海」シリーズは味わって見る、あるいは時間をおいて繰り返し見るという作品でしょう。その淡さに水彩を、重ねる塗り込みに油彩を連想する。
 狼作品の左側の「海」作品、大作です。本来ならば、「狼」とにらみ合うべき好一対の作品で、壮大な拡がりを展示空間に生んだことでしょう。場所の間取りや作品背景との関係で矮小化されたのが残念。この2点の対峙に作家の可能性を見る思いです。

 喫茶室の隣室にも小品が展示されていました。小品中心で、等身大の心地良さがありました。

by sakaidoori | 2010-07-29 13:22 | [江別] | Comments(0)
2007年 06月 29日

240) 案内 ②江別・江別駅前 「7月11日 ギリヤーク尼崎」

○ 大道芸人・ギリヤーク尼崎

 会場:江別駅前、三角公園 (雨天時はシアターどもⅣ)
 時間:7月11日(水曜日)
     18:00~
 料金:投げ銭

 「来江22年連続、8月で77歳、円熟の舞
   『夢』『白鳥の湖』『じょんがら一代』『おから』『念仏じょんがら』」


 昨年の7月26日にシアターども内でギリヤークの芸を見た。ギリヤークとどもオーナーは古くからの知り合いで、その縁で北海道での公演の時には必ず江別でも実施している。「人あっての芸、芸あっての人」の見本である。たとえこれほどの長き縁でなくても、アートに携わる人達の人脈と、アートシーンは我々鑑賞者にとっては他人事であってもかけがいの無いものだ。それによる益は計り知れない。

 昨年のイベントの様子をミクシィーに報告したので写真と一緒に再掲。イベント時はギャラリーで佐藤久美子さんの個展も同時に開かれていた。彼女のギリヤークの熱い思いを作品化した個展であった。細かいいきさつは省略して、何点か紹介します。(写真は今から探すので少しお待ち下さい。佐藤さんの作品は写真に撮らなかったみたいです。今回はパス。芸の中の作品を楽しんで下さい。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f0126829_23211690.jpg

 26日19時、江別のシアタ-&喫茶{ども」に大道芸人ギリヤークのビデヲ・トーク・公演を観に行く。屋内だから独り芝居といったほうがいい。初めて見る。76歳。予想よりはるかに元気がいい。ビデヲで全貌を知り、トークで人間を知り、芝居で芸を知るという構成。2時間強、ドリンク付で千円とは格安である。お客は30人台か。トーク良し。話し出したら止まらない。大きな透る声で細かい年数やいろんな数字を忘れることなく挿んで具体的である。1968年から東京で大道芸をはじめたと言う。取り敢えずあと2年、40周年を筋目にしているようだ。体はかなりボロボロだと言っていた。さもありなん。

 なんと言っても本日の圧巻は芸だ。
 トークとは打って変わり、芝居道具を運び始めてからムードは一変する。表情は完全に鋭くなり役者モードだ。動作に無駄が無く近寄りがたく怖い。さすがに体は鍛えてある、動かない時の空気感はさすがだ。演目は四つ、お客を交えての踊りやらバケツに水を被っての熱演、これはおそらく羊水と体内回帰、死出の旅えの儀式なんだろう。佐藤さんの自分を描いた作品を勢いあまって運び込んで燃える演技と一体化し観客を沸かせた。76歳ギリヤーク、恐るべし。

f0126829_23224144.jpg


f0126829_23243290.jpg
f0126829_23261425.jpg














f0126829_2329058.jpg



f0126829_2330821.jpg

f0126829_2332272.jpg








f0126829_23332973.jpg


by sakaidoori | 2007-06-29 22:56 | [江別] | Comments(0)
2007年 06月 29日

238) ①江別・どもイベント 「木村環個展と寺山修司」 7月1?日まで

 江別のドラマシアターどもⅣで気になるイベントがいろいろあります。
 先ずは、最近札幌で精力的に個展をされている木村さんの個展です。

○ 木村環作品展  「夢見る人」

 場所:ギャラリー・ども
    江別市2条2丁目7-1 ドラマシアターども
    電話(011)384-4011
 期間:6月19日~7月1?日(日) ※延長の予定ですが、いつまでかは?
 休み:月曜定休
 時間:10:00~19:00

f0126829_23303919.jpg 木村さんについては2度も詳しく報告しているので、簡単にします。
 個展らしい個展になっています。こじんまりとした四角い部屋、白い漆喰風の壁なのですが、大きさ額縁とそろえて一つの物語になっています。物語と言ってもストーリー性というのではなくムードを造っているといったほうがいいでしょう。修道院のシスター達の静かな時間といった感じです。女性像も屈託無い表情で、目も大きく見開いてこちらを向いています。音楽は無く外光もあまり入らず、作品だけの力で鑑賞できると思います。個展・作品の完結度は以前紹介した個展よりも高いと思います。木村さんの充実感が伝わってきます。
 どもは札幌からは遠い場所ですが、散策がてらお奨めです。


○ ポーランドの寺山修次

 内容:映画上映「田園に死す」、トーク、ポーランド詩の朗読、修司の短歌などの朗読・・・
 場所:上記会場
 日時:7月1日(日)
    15:00~20:00
 料金:1000円・ワンドリンク付き

f0126829_23482952.jpg 木村さんの個展は左に掲載したイベントポスターの依頼がキッカケで実現したと聞いています。ポスター原画も個展会場に別枠の様な意匠で展示されています。
 僕はあまり寺山修司を知りません。一月ほど前に下北半島に旅行に行った折、たまたま三沢市のはずれにある公園で、かれの記念館を目にしたのです。旅行の記事を書かなかったのに、こういう形で紹介できるなんて嬉しいですね。
 建物はこじんまりとしています。外観はさすが寺山だと思わせるデザインです。文学館は見せる工夫が大変だと思います。入ってすぐのところでビデオ上映をしています。彼の作品映像ではありません。なぜ三沢で記念館ができたかを、ナレーター・三上寛が聞き役で探っていくという趣向です。郷土が生んだ誇りとして始まるのです・・・。
f0126829_011353.jpg
 寺山は終戦直前に疎開という形で親戚のいる三沢に来たのです。青森市大空襲で焼きだされたのが直接の原因です。館長?のいとこにあたる子供達が学友です。三沢の子供達にしてみれば寺山は着る服もムードも違う都会の少年です。一緒に遊ぶといいながら、その実いじめをしていたのです。墓を背景にしたかくれんぼをしている映画があります。あれは実際に彼ら少年達がしていた遊びで、寺山が鬼になると、少年達は示し合わせて寺山の鬼の番を解除させないのです。そういう子供達が大きくなって、寺山が有名になったことを我がことのように嬉しがったのです。亡き後に少年時代の罪滅ぼしという感じでこの記念館を建てたのです。寺山と彼の母の関係もひどいものでした。寺山亡き後遺品は母が預かり、母も三沢が大嫌いで仕方がなかったのですが、母も説得を受け入れて遺品を寄贈し、芸能関係の寺山の知人達もいろいろと協力してこの建物が実現したのです。
f0126829_111745.jpg こんな話をビデオで知るわけです。生前、寺山は三沢のことはあまり語らなかったそうです。消したい過去という見方もあるそうです。昭和20年から24年、9歳から13歳、小・中学時代の話です。三沢は戦前戦後と軍事都市です。戦後は米軍に利用され、戦争で死んだ父無きあとの寺山の母は米軍三沢基地で働き、修司を捨てて基地の関係者と逃げて行ったのです。それで修司は再び親戚に預けられるという形で青森に帰り、青森高校で短歌人・寺山修司の誕生です。この高校時代の短歌習作が記念館の目玉としての展示会場、暗いくらい空間の古い机の中で見つけることができます。引き出しを開けて懐中電機で覗く込むのです。机は20個ほどあって、引き出しの中は何があるのかなという感じで、秘められた寺山の過去を探索気分で時を過ごします。(後ほど写真を載せます

f0126829_1194263.jpgf0126829_1203742.jpg










f0126829_1482745.jpg

f0126829_128118.jpg
f0126829_12426100.jpg












 ↑:左側、「かくれんぼの鬼とかれざるまま老いて 誰をさがしにくる村祭」。
f0126829_1254420.jpg
 ↑:「君のため一つの声とわれならん 失ひし日を歌わんために」
 「一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき」

 菱川善夫選、「歌の海」より
 
○自らを瀆(けが)したる手でまわす顕微鏡下に花粉はわかし
○さむきわが望遠鏡がとらえたる鳶遠ければかすかなる飢え

           1983年5月4日 永眠。享年47歳。





 

by sakaidoori | 2007-06-29 00:01 | [江別] | Comments(0)
2007年 03月 04日

87) 江別・ども 「佐藤久美子(しちふく)個展」 ~3月16日まで 

f0126829_18454157.jpg○ 佐藤久美子(しちふく)小作品展覧会  

 場所:ギャラリー・ども
    江別市2条2丁目7-1 ドラマシアターども
    電話(011)384-4011
 期間:2月27日~3月16日(金)
 休み:月曜定休
 時間:10:00~19:00

f0126829_18441035.jpg
 佐藤久美子さん、昨年羽ばたいた一人であろう。

 昨春の当別駅近くの個展以来、札幌市内の料理店、レストランの常設展示、書籍の表装作品、今春からの道新文化教室の絵画教室講師と本人にとっては喜びの連続であろう。作品としてのこの一年間は新たな展開をみせるというよりも、技法や表現ジャンルの幅の拡がりの修得の年であったようだ。ギリヤーク尼崎との踊りと自作絵画との競演、CAIのFIX・MIX・MAX関連展の参加など交流面でも広がったことと思う。おそらく今後も仕事は増えるだろう、仕事と絵画研鑽・自己表現の両立に励むことであろう。

f0126829_18481891.jpg
 場所はJR江別駅を降りて右側、交番横を通り50mほど石狩川方面に進みます。幅広い道路の向こう側、バス停脇のレンガ造りの建物の2階。市民有志の演劇公演も可能な広くて大きい建物。喫茶店が隣にあるがそこを通らなくても観覧は自由にできます。こざっぱりとした空間。以前記事にした「ホワイト ルーム」が女の子の遊び場として例えましたが、「若い女性の宝箱」のような空間です。備え付けの椅子もテーブルも古めかしいのですが、不思議と合っています。展示してある高校時代の怖い顔のトイレの中の自画像の世界が7,8年の年月の流れでこういう部屋になりましたという感じです。冒険に挑む部屋というより、プライベート・ルーム、自己確認の空間のようです。

f0126829_18495813.jpg 作品は最近修行している陶板の小品や本人のブログにも紹介している写真などもあります。彼女の作風は賑やかでうるさくて楽しいということでしょう。銅版作品の上から手彩色を得意としているようです。
 僕はあるとき彼女の作品を平等主義と言ったことがあります。どういうことかというと、焦点が沢山合って、その一つ一つの焦点が小も大もみんな僕の目に平等に飛び込んでくるのです。音楽でいうところの強弱やメリハリはあまり意にしないようです。後から平等に付け足し付け足しで描いていると言い換えてもいいかもしれません。そして「私を見て」といって皆が同時に僕に迫ってくるのです。だから、見にくい作品に出会うこともあれば、普通の作品には味わえないような視覚体験をするときもあるのです。そんな所に注意しながら彼女の作品を楽しんでいます。

f0126829_1855469.jpgf0126829_18521287.jpg 
















f0126829_20224550.jpg
 《道新文化センターの講座案内から》

 「水彩絵の具を中心にパステルや鉛筆など好きな画材を使って描く、固定観念にとらわれない自由な絵画教室です。・・・・初めて絵を描く方でも大丈夫、一人一人に合ったアドバイスをします。・・・失敗を恐らず楽しく描いていきましょう。」
 ○ 定員 15名
 ◎ 土曜日 13:00~15:00
 ○ 4月~6月(12回)12600円、 7月~9月(12回)12600円
 ◎ 中央区大通3丁目6道新ビル大通館7階
   電話(011)241-0123

by sakaidoori | 2007-03-04 20:37 | [江別] | Comments(2)