栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:[洞爺]( 2 )


2007年 10月 18日

353) ②洞爺 「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ 2007年入賞作品展」 9月22日(土)~10月21日(日)

 (352番①の続き)
 
 好みを図録より。

f0126829_2328049.jpg ←:天野裕夫・「大鑑巨砲主義」。
 戦艦大和でしょうか。太平洋戦争時代の日本海軍の戦略思想を揶揄したようです。最近のヤマトに関する映画化に対しても反応したのかもしれません。巨額の富と英知の産物、結果は数千人の命と共に海底に沈んだ。その海底での亡霊のような姿を漫画的に造形化し笑い転げているようです。
 もっとも、大鑑巨砲主義は日本海軍の専売特許ではないでしょう。アメリカも大きな戦艦を造りたがったが、大西洋と太平洋を繋ぐパナマ運河の通行の為に、大きな船が造れなかったのです。

f0126829_23284830.jpg ←:杉山吉宏・「はじめ と おわり の あいだ」。
 (白いアルミ板が曲がっているのは写した本のめくれの為で、平らな板です。)板をくり抜いて、家を作ろうとした作品。しかし、よく見ると、クリ抜きをそのまま盛り上げても、作品のような家は出来ません。2枚は全部切り抜いて、繋ぎ合わせているのです。ちょっとしたトリックです。家は完成しそうなところで止めています。板という2次元が家という3次元になり、動きを止めることによって、四次元の世界に誘おうというのでしょう。そんな僕の屁理屈はどうでもよろしいのです。
 シンプルで美しく、何かが始まろうとしている。爽やかな時空と、「知の世界」に魅入りました。

f0126829_23534051.jpg
 ↑:CASTELLANOS(グアテマラ)・「飛んでいる涙の内側」。
セピア色のクリスタルの中にいろんな物が詰め込まれています。シュールでもあり、ロマンチックでもあります。ロマンとは言っても、外人のそれは甘ったるさがありません。鋭く気位の高さが感じられます。

f0126829_022628.jpg
 ↑:DARIZAV(モンゴル)・「太陽と月と空」。
 女房の好きな作品。
 実はこの作品の良さは僕にはわからないのです。こういうのを彼女が好きだとは知りませんでした。絵を見ていると、互いの感性の違いに驚くことがあります。まさしく、そういう一瞬でした。

f0126829_08399.jpg
 ↑:DELA SIERRA(メキシコ)・「自分の宇宙に手を伸ばす」。
タイトルの通りです。というか、作品を見た時に思った言葉が、そのままタイトルでした。素材の木の温かさ、人物の優しさ。いつも傍に置いて愛でたい作品です。素直な気持ちで「夢があるな~、希望があるな~」と、思いました。

 まだまだお気に入りは沢山あります。キリがありません。
 最高賞は200万円でお買い上げ。金額は知りませんが、他の入賞作品も賞金兼お買い上げです。旧村営の施設を改修して、美術館に衣替えになるそうです。そこに、今までのお買い上げ作品などを展示するそうです。町(村)では入選の中から適当に購入していて、それらのコレクションも同時に公開する予定。僕は「創造」をコレクションにするように、受付の人にお願いしてきました。旧洞爺村はビッキの作品も所有しています。収蔵設備不備で、お蔵入りの状態でした。晴れて立派な「場」に収まることが出来そうです。新美術館の完成時期ははっきりとは聞かなかったのですが、工事は現在進行形です。

 旧村民自身も入選作品を購入していて、個人コレクションもそれなりの厚みがあるそうです。幾等での購入かは気になるところですが、素晴らしいことと思います。今展、何点が町に残るのでしょう。

by sakaidoori | 2007-10-18 23:50 | [洞爺] | Comments(0)
2007年 10月 17日

352) ①洞爺 「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ 2007年入賞作品展」 9月22日(土)~10月21日(日)

f0126829_17214775.jpg
(↑:会場の入り口。小中学生の石膏作品が迎えてくれる。中学生の作品、飛び抜けて上手いというわけでは無いが、タイトルがかっこいい。)

○洞爺村国際彫刻ビエンナーレ 2007年入賞作品展

 会場:洞爺総合センター
    虻田郡洞爺湖町洞爺町132
    電話(0142)82-5111
 会期:2007年9月22日(土)~10月21日(日)・無休
 時間:10:00~16:30 (土曜日は~20:00まで)
 料金:無料
f0126829_17251371.jpg
f0126829_17255986.jpg
(↑:大賞及び入賞作品。パンフより)


 会期は今週の日曜日までです。是非是非。

 仕事で世話になっている現代作家に、「面白かった面白かった」と連発したら、とうとう行く決心をされた。決め手は道内(札幌)から3名の作家が入選していることだった。もっとも、彼は以前に見たことがあるので、この展覧会の魅力は充分知っている。
 阿部典英、「そーらん節ロックにのって祭り来る」・小田襄賞。杉田光江「腑海(ふかい)」。ヨモギ沢詳子、「森へ’07」。阿部さんのユーモア、杉田さんの気持ち悪さ、ヨモギ沢さんの不思議さと三者三様だ。ヨモギ沢さんのはいつもの新聞を小さく三角錐にして蝋で固めたものだが、技法を見慣れている目には迫力だとか、拡がり感が乏しいように思えた。

 20×30×40cmという立体作品の応募規定。「手のひらの宇宙」。「大きいことは良い事だ」という標語が昔流行った。旧洞爺村は人口2000人に満たなかった。小さい村が息長く小さい公募展をしている。小ささに作家の技術・思想を詰め込んで、一堂に会しての競争展は楽しい以上に迫力があった。国際展だから民族性からくる感性の違いも味わえる。しかも、最終審査は町民参加の公開だ。応募作品総数、46ヶ国・r450点。リバーサルフィルム(スライド)による東京での2度の予備審査通過作品は58点。その中から審査員によって5作品が入賞する。途中経過を町民が別室で知らされるのだ。最後に町民投票によって「洞爺湖賞」が選ばれる。応募点数はいままでで最低数。原因は合併による広報の事務的遅れ、一過性の問題。フィルム・エントリー方式が時代にあっていないかも知れないという問題。受付の方は、作品の質の向上も一因ではないかとのこと。58点の作品は例年とは決して劣るものでは無いと審査員の声を伝えていた。・・以上は図録に基づいた説明。次回はこの公開審査風景を見たいものだ。

 こういう展覧会の鑑賞は自分の好みが中心になりがちだ。「洞爺湖賞」などは市民選考だから考えてしまう。竹鶴寿男、「手の中の街」。透明の円いアクリル中に、ステンなどの三つの球体が重ならないように並べてある。デザイン的というかカッコ良いのだ。高層ビルのオフィスに似合う作品だ。全体が洞爺湖のイメージということだろう。

大賞はウィー・セボグ(韓国)、「宇宙の種」。大賞らしい作品。まさに「手のひらの宇宙」を表現している。

以下好み。
総じて具象的で解り易いのにが目に入った。(以下、図録より。)

f0126829_16493542.jpg
 ↑:OBERNEDER(ドイツ・イタリア在住)、「創造」。
ユーモラスでヒューマンな作品。記憶に残る第一等の作品。名前はドイツ読みで、オベルネデル、オバーネダーさん?
 誇張された体の線、創造上の生き物・妊婦が膣から誕生しようとしている赤ちゃんを両の掌で包み、妊婦の目と赤ちゃんの目が見詰め合っている。赤ちゃんと妊婦、股を広げた大胆なポーズが僕の言語化をグロテスクにしがちだ。わずかに膨れた乳房、妊婦の証の下腹部の張り、後ろから見ればヒップ・ラインが美しい。

(②に続く。)

by sakaidoori | 2007-10-17 17:27 | [洞爺] | Comments(0)