カテゴリ:[深川]( 6 )


2013年 10月 31日

2281)②「あかとき発信 元気なアート展」 (深川)東洲館 10月16日(水)~10月31日(木)

 

  

あかとき発信   元気なアート展   
    

  
 会場:アートホール東洲館 
      深川市1条9番19号 経済センター2階
       (JR深川駅を降りて直ぐの左側のビル)
     電話(0164)26-0026

 会期:2012年10月16日(水)~10月31日(木)
 休み:月曜日 
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(10.30)

 2280)①の続き。



f0126829_23204552.jpg




f0126829_23213575.jpg




f0126829_23474751.jpg





 極力全作家を載せたいと思っています。さて・・・。

 個別作家に行く前に、展覧会の全体印象を記しておきます。
 個々の作品はエネルギー充満型が多い。また、単純な出来映えがかえって泣き笑いをもらう感じで、まさしくタイトルの言う「元気なアート展」を感じる。だが、基本は「一作一作を軽く楽しく見て下さい」という作品展だ。だから、エネルギー充満型の発散度は影を薄め、上品なおすましさんみたいだった。作品のギラギラ感をもっと強く出してもいいのではと思った。どこかに遠慮があるのかな?会場が単に綺麗で広いからかな?


 さて、①ではフランスでの「アール・ブリュット・ジャポネ展」参加作家2名から始めた。
 ②では、彼等に勝るとも劣らない作品から始めます。もっとも、作品の優劣はあるかもしれないが、選者の好み次第でしょう。それほど充実している作品展だと思う。




f0126829_23503675.jpg
   ↑:得能サチ子、「うれしいこともあるだろさ、かなしいこともあるだろさ」。



f0126829_23532838.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 参っちゃった!この精密さ、この華やかさ、この集中力!まるで折り紙を切って、織り合わせたみたいだ。間違いなく直筆です。
 装飾模様に強い驚き、さらに生き物にも小さな驚きだ。しっかり描いてはいるのだが、ちょっと変で可愛い姿が、万華鏡模様と一緒になって楽しさ倍増だ。素晴らしいとしか言いようがない。



f0126829_23583788.jpg
   ↑:得能サチ子、「サチ子」。



f0126829_005021.jpg


f0126829_012581.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)


 確かに同じ技法なのだが、全体イメージは全然違う。何なんだろう?





f0126829_03086.jpg
   ↑:得能サチ子、(ぶら下がり作品と台座の上の作品)「サチ子 Ⅲ」。



f0126829_05053.jpg
   ↑:(ぶら下がり作品の部分図。)



f0126829_063355.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 やはり「織り」というか、「折り紙」で作られる世界が原点にあるのかもしれない。折り紙自体を自分で作って、その折り紙を織って「得能ワールド・桃源郷」ができあがる。万華鏡のようなキラキラした世界だ。







f0126829_0111940.jpg
   ↑:小野寺明子



f0126829_0123781.jpg
   ↑:小野寺明子、「アッコの世界 2013-2」。



 ゴーギャン張りの色面が世界を作る華やかな装飾だ。可愛くはないが憎めない変てこ坊主たちだ。






f0126829_022067.jpg
   ↑:輪田勝枝、「とり・とり・とり」。





f0126829_0234232.jpg
   ↑:山谷好一、「やまやこういち」。


 自分の名前を描き連ねている。アウト・サイダー作品では時々見ることができる。
 おそらく、自分の名前の「書き方」を教えてもらったのだろう。そして、自分という存在が、「文字」という外の世界に飛び出ていく瞬間を関知したのだ、「文字」を理解したのだ。何かが自分から離れ、再び自分に戻ってくる。それは反復され、名前が自分自身の分身のようにして自動運動を起こしていく。「文字」が「生き物」に飛躍したのだろう。自己確認であり、他者確認も含まれているのだろう。自分が自分であること、他者の存在に気づくこと、そういうアイデンティティー的行為として理解している。





f0126829_031939.jpg
   ↑:坂下信八



f0126829_0315764.jpg
   ↑:坂下信八、「母」。



 下手な文字と侮ってはいけない。拙い文章と見下してはいけない。明々快々な言葉であり、意見、感情表現だ。無駄は一切無い。敬語等の装飾もない。見習いたいと思う。

 そして、亡くなられた「母」に対する感謝の言葉。見習いたいとは思うが、なかなか腹の底からはでてこない。そもそも「感謝」という発想が乏しい。考えねばならない。情けないが仕方がない。とりあえずは、「妻」に対する感謝の念を腹の底の底にきちんと仕舞い込まねばならない。そして、いつでも出し入れしないといけない。




f0126829_052234.jpg
   ↑:坂下信八、「友達からの手紙」。






f0126829_0525435.jpg
   ↑:小俣裕己、「おばけ」。



f0126829_0552821.jpg





 いろんな表現があるものだ。
 楽しい展覧会ではあった。同時に、考えさせられる時間でもあった。

by sakaidoori | 2013-10-31 01:19 | [深川] | Comments(0)
2013年 10月 30日

2280)①「あかとき発信 元気なアート展」 (深川)東洲館 10月16日(水)~10月31日(木)

 

  

あかとき発信 元気なアート展   
    

  
 会場:アートホール東洲館 
      深川市1条9番19号 経済センター2階
       (JR深川駅を降りて直ぐの左側のビル)
     電話(0164)26-0026

 会期:2012年10月16日(水)~10月31日(木)
 休み:月曜日 
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(10.30)


f0126829_20571842.jpg
   ↑:(JR深川駅前の風景。)


 JR深川駅に隣接している「アートホール東洲館」に行ってきた。「坂本順子回顧展」を見るためだ。が、今月の前半で終了していた。まったく、いつもながらのトンチンカンな動きをしたものだ。幸い、受付の関係者から展覧会の様子を写真で見せてもらった。展覧会の様子なども簡単に伺うこともできた。遅まきな訪問ではあったが、得た収穫を良しとしよう。

 しかし、明日までの展覧会「元気なアート展」を見れたのは望外な喜びでだった。


 以下、会場風景を載せます。


f0126829_2163881.jpg



f0126829_2165137.jpg




 当展の紹介文なり説明は一切無い。「あかとき発信」という表題だけが唯一の情報だ。おそらく、福祉施設「あかとき学園」に通われている人たちの美術作品展だろう。「福祉施設美術展」といってもいいし、レベルの高さから「一福祉施設によるアウトサイダー・アート展」と難しく呼んでも構わないだろう。
 実は、つい半月前に福岡市美術館で「アール・ブリュット・ジャポネ展」を見てきたばかりだ。三年前にフランスで日本人だけによる「アール・ブリュット展」が開催された。その凱旋展だ。134名によるもので、全く圧倒されっぱなしであった。その展覧会に、今展出品作家も2名いた。

 そんな前置きをして、とにかく個別作品を見て下さい。まずは「アール・ブリュット・ジャポネ展」参加の作品からです。



f0126829_2139889.jpg
   ↑:平瀬敏裕。左から、「としひろの世界 2013-1」、「としひろの世界 2013-2」




f0126829_2138286.jpg



 ややピンボケ気味ですが上掲作品の部分図を載せます。


f0126829_21433011.jpg



 緻密に×印のようなものが規則正しくただただならんでいるだけだ。実に細かい。その描かれた集合体が海苔のような面になっていて、何となくグラデーションがかってそこに鎮座している。おそらく描き手はグラデーションなどという意識は無いであろう。「どんな意識かって?わからない」ただただ、描くことに意味があるのだろう。

 その緻密さには、さして驚かない。僕の驚きは、この海苔のような面が時によってはふわふわと動き出すことだ。生命体と言ってもいい。あるいは僕の単なる3D的な錯視なのかもしれない。そういう錯視をした時にその細部を見つめると、遺伝子染色体の集合体のようなものを感じ、何やらおぞましい気分になる。ミクロに解体した自己(作家)を見た気分にもなる。







f0126829_2212882.jpg
   ↑:大梶公子、「公子の世界」。


f0126829_2201714.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



f0126829_2233319.jpg
   ↑:大梶公子、「公子の世界 2011」



f0126829_225512.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)



 先ほどの平瀬敏裕と同様にモノトーンで過剰性も似ている。こちらの方が可愛い?人顔もあるからわかりやすい。わかりやすい分だけ、単純明快に狂おしい。人形が水の中で楽しく泳いでいるのか?苦しんでいるのか?ただただ丸々模様を描き連ねて画面を埋めていき、埋め尽くし終えた後でも残る姿、それを確認しているような楽しんでいるような描き手だ。







f0126829_22132940.jpg
   ↑:諸橋宏昭。左から、「トラック」、「トラック野郎」。



f0126829_2214338.jpg




 端正で大きなトラックたちだ。数をそろえて、「トラック万歳」と三唱したい。







f0126829_22183092.jpg
   ↑:久慈香代子



f0126829_22201699.jpg
   ↑:久慈香代子、「疲れたわ」。



f0126829_2221412.jpg
   ↑:久慈香代子、「宇宙人じゃないよ」。


 全く、「孤独」と「愛」を感じてしまって笑い泣きだ。愛すべき「人物」であり、「人群れだ」。
 「宇宙人じゃないよ」、それは楽しんでの言葉だろうか?哀しみのツブヤキだろうか?もっとも、タイトルの命名者は作家本人ではないだろう。作品と作家とタイトル命名者(企画者?)と鑑賞者、変形四角関係だ。







f0126829_22352094.jpg
   ↑:冨澤知子、「時計 2013」。



f0126829_22373510.jpg
   ↑:冨澤知子、「時計 2002」。



f0126829_22382940.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)


 時計だけの絵だ。「時」を止めたいのだろうか?その一瞬一瞬の時空に意識が全部貼り付いているのだろうか?それは生きることを意味しない行為だ。「今」がないから。「今」が無限の過去の集合体なのか。そもそも「今」とか「過去」などという「時の流れを持っている人なのか?
 旧作は本当に「時計」、「時」だけだった。近作はデザイン性が加わり、「時」を楽しんでいる感じだ。作家自身の心境の変化か?いろんな「時」を見たいものだ。







f0126829_22481541.jpg
   ↑:成瀬裕、「ぼく、才能ある!Part2」。


 表現が重厚明解で力強い。才能はあると思う。そのストリート落書き感覚を沢山見せて下さい。支持体は色々なほうがいい。新聞紙、段ボール、広告紙、包装紙、エトセトラ・・・。




 この項目は続けて②を書きます。続く

by sakaidoori | 2013-10-30 23:12 | [深川] | Comments(0)
2012年 12月 12日

1914)①「上條陽子 ~解体と再生、そして試行~」 (深川)東洲館 終了10月16日(火)~10月30日(火)

   

上條陽子 

   解体と再生、そして試行
  
    
  
◎ 会場:アートホール東洲館 
      深川市1条9番19号 経済センター2階
       (JR深川駅を降りて直ぐの左側のビル)
      電話(0164)26-0026

 会期:2012年10月16日(火)~10月30日(火)
 休み:10月9日(火) 
 時間:10:00~18:00
      (最終日は、~16:00まで)


◎ 会場:網走市立美術館

 会期:2012年11月23日(金)~12月16日(日)

ーーーーーーーーーーーーー(10.20)

f0126829_22265337.jpg
     ↑:(会場受け付けルーム兼ホール。)


 上の写真の右側に見える入り口が第一室。
 以下、その部屋の展示風景。


f0126829_22171970.jpg
     ↑:(第一室)。 


f0126829_22174963.jpg
     ↑:(第一室)。


f0126829_2218297.jpg
     ↑:(第一室)。


 次は写真の奥に見える第二室。


f0126829_2236173.jpg
     ↑:(第二室入り口。)


f0126829_2237559.jpg
     ↑:(第二室。奥に見える空間が出入り口。)



f0126829_22375260.jpg
     ↑:(第二室。奥が出入り口。)


f0126829_22384238.jpg
     ↑:(第二室。入り口側から会場奥を見る。)


 非常に刺激的な個展だった。

 タイトルは、「解体と再生、そして試行」というもので、解体にしろ再生にしろ試行にしろ、何か美術造形的な命題でも追究しているのか?あるいは、思想的な問題探求の一過程か?そういうイメージで深川まで見に行った。何が「解体」であり、「再生」であり、「試行」かという主語や目的語をはっきりさせることだ。

 展示は二部屋だ。
 第一室はそれぞれ別々に発表したような個別作品を一堂に会して、「過去」、「現在」、「その次への展望」ということを構築的に表現しているのでは。

 第二室も壁面作品の連続だが、よりリズミカルで、「流れ」るよな精神のありようだ。

 こちらの整理不十分なところがあるので、とにかく第一室だけでも紹介します。思想的にはこの部屋だけでも充分でしょう。

 一番印象的だったことを、忘れないうちに先に記しておきます。

 間違いなく、「上條陽子」は過剰な精神の持ち主だった。男が過剰性を表現すればどうしても重たく汚く混乱めいたものになりがちだ。彼女の場合は「美しさ」を保とうというバランス感があるようだ。それは女性性と言えるかもしれない。
 自己の過剰性をどうするか?今展を見る限りでは、「パレスチナ」との出会いが一つの方向性を暗示させたようだ。今展のタイトルに即して言えば、自己の過剰性が「解体」で、パレスチナとの出会いが「再生」で、これからはパレスチナの子供と関わりながら、自由な心で前に進むのだ、それが「試行」と言えるかもしれない。
 作品全般に「血の気」を感じたので、「汚濁した自身の血」が解体で、「邂逅による清められた血」が再生で、「血の自由なリズミカルな生きざま」が試行、と言い換えてみたい。

 もちろん、彼女は造形作家であるから、作品そのもので美術造形として「解体」、「再生」、「試行」を実践している。基礎にあるのは肉声としての線描が全ての基礎で、今では切り紙細工の中に埋没している。切り紙は面としての構築され、立体として発展している。表現の有り様は綺麗な順番を織ってはいるが、僕には過剰な精神の整理された姿に見えた。あるいは女性の持つ具体的な姿への溺愛が昇華されたとも言える。


 あー、ささやかな駄弁のつもりがいつものように超駄弁になってしまった。作品を見ましょう。そして、僕の言う「過剰な精神」と、「その美しきバランス」が当を得ているかどうか、判断して下さい。


 以下、全て第一室から。


f0126829_22553680.jpg



f0126829_22554911.jpg


f0126829_2256346.jpg
          ↑:(上の作品の部分図。)



f0126829_2312068.jpg



f0126829_2313872.jpgf0126829_232679.jpg
f0126829_2321742.jpg



 パレスチナの指導者の顔が見える。イスラエルと闘うパレスチナは、当然正当性はある。が、彼等自身の腐敗等の問題も山積みのはずだ。パレスチナと交流するようになった作家は、パレスチナの現実を直視しているのだろう。
 ×印は何を意味するのか?政治に対する意義申し立てか?何かへのモンクか?生きていることの証か?



f0126829_232556.jpg



f0126829_2335566.jpg



 長くなりました。 ②に続く。  

by sakaidoori | 2012-12-12 23:21 | [深川] | Comments(2)
2009年 12月 11日

1118) 深川・文進堂 「松島正幸・名作展」・コレクション展 7月1日(水)~9月30日(水)

○ 松島正幸・名作展

 会場:文進堂画廊
     深川市新光町1-2-12・赤川文進堂2階
     電話(0164)22-2312

 会期:2009年7月1日(水)~9月30日(水)
 時間:10:00~17:00
 休み:日曜・祝祭日(定休日)

ーーーーーーーーーーーーー(10・29)

f0126829_16102098.jpg


 当館を運営している赤川文進堂とは、この地域の文教保育施設に図書などを卸している問屋さんです。その社長のコレクション画廊です。

 今回、社長の奥様が居られて、快く写真撮影・ブログ掲載の許可を頂きました。ダメとばっかり思い込んでいたので、いままではただ見るばかりでしたが、これからは機会があれば紹介していきたいものです。なかなかのコレクションですから。


 今回は松島正幸・名作展ということで、オーソドックスで地味な展覧会です。
 ところが僕は彼の風景が大好きですから、心地良く時間を過ごせた。
 そして、地味な松島作品の間に館主ご自慢の小品がちりばめられていています。なかなか贅沢なものです。それに反して部屋の空間やレイアウトがアバウトというか、普段着感覚なので、自分の書斎感覚になれるのです。

 まずは部屋の模様から載せます。

f0126829_16201112.jpg
     (↑:2階の会場への階段踊り場。窓下の彫刻小品群が憎い。)

f0126829_1623318.jpg
     (↑:2階の廊下。奥の右側が階段に通じていて、手前が会場入り口。 
 この作品の並べ方!距離が近いだけに、作品との親しみ度はとても高い。ザックバランな館主の性格が見えます。その贅沢さは見るほうもリッチな気分にさせてくれます。美術館では作品との間に目に見えないガラスがある。ここにはそれがない。)


f0126829_16325825.jpg


f0126829_16334828.jpg


f0126829_16365140.jpg


f0126829_16352792.jpg
     (↑:テーブルの上は、いつもは図録の読み返しで乱雑なのですが、この日は片付けたばかりのようです。
 館主は全国公募展や美術館の企画にも相当関心が高く、図録もしっかりしています。それらの一部は一階入り口近辺の廊下の書庫に収まっています。)


 さて、松島作品を先に載せて、後で気になった作品を何点か載せましょう。
 あまり作品のことをゴチャゴチャ言うのは止めにしておきます。


f0126829_16511251.jpg
f0126829_16515545.jpg



     ↑:左、「札幌新緑」・4F。右、「函館の港」・10F。


f0126829_16534927.jpg
f0126829_16551597.jpg
     ↑:左、「大坂の港」・10F。右、「小樽の港」・1975年 10F。

 松島風景画といえば暗いイメージをお持ちの方も居られるかもしれない。ここにあるのは明るく楽しいものばかりです。そういうのを選んでの収集なのか、それとも小品の時の画家心はこんな感じなのか?画家が目に見える物事を色や形、その重なりでリズミに置き換えて、情緒的な世界に作りかえようとしている。構図は詩心のための入り口のよう。童心を抱えた詩人のよう。
 ほとんどの作品には制作年が記されていません。いつ頃の作なのかを研究したら、画家のことがもっと身近になるのでしょう。絵というものが、より深く見れるかもしれない。

 さて、自慢の他のコレクションです。

f0126829_1771144.jpg
f0126829_178196.jpg



     ↑:左、ケーテ・コルヴィッツ・「自画像」。右、同・「囚われの人々」。

 素晴らしい作品です。もしかしたら、いつもいつも展示しているのかもしれない。


f0126829_2211527.jpg
     ↑:神田日勝、「湿地帯」・8F。

 角張った几帳面な絵です。いつ頃の作品でしょうか?売りを意識した作品かもしれない。良いものを見れた。


 以下、廊下に並べられた作品。色のあるのを載せます。


f0126829_22143920.jpg
     ↑:赤穴裕、「二つの壺」・60F。

 激しい絵です。しかもピンクです!静かな壺と背景のざわめくピンクの対比、画家は何を見ているのでしょう?


f0126829_2219045.jpg
     ↑:第44回 二紀会・昭和会賞・美波恵理、「春の萌し」。(新聞紹介には受賞作は「光にとけてく」とあります。キャプション名とは違っていますが、そのまま書いておきます。)

 遠目にはCGのように見えます。機械的透明感とリアルさです。近づいて見ると、光を取りこんだ一瞬の美しさ、画面が切られていて象徴感たっぷりです。その切り取りは透明ガラスの多面鏡の一部のような視覚効果で、やはり都会的な繊細さや女性美を思う。

by sakaidoori | 2009-12-11 22:35 | [深川] | Comments(2)
2007年 05月 04日

167) 案内 深川・うながめーゆ館の年間スケジュール

f0126829_22462424.jpg
 深川市のうながめーゆ美術館から年間スケジュールの案内状を頂きました。連絡します。

 館長   :渡辺通子(全道展会友)
 場所   :うながめーゆ美術館
        深川市9条17番44号
        電話(0164)22-3597
 休館日  :月曜・金曜日
 開館時間 :10:30~17:30

○ 小柴節子短歌「にゅうろんの茎」展 5月15日~5月31日
○ 渡辺通子展   6月2日~6月14日
○ 中間弥生展   6月16日~6月30日
○ 内海真治展   7月1日~7月15日
○ 梅津薫展     7月17日~7月31日
○ 桔梗智恵美展  8月1日~8月15日
○ 西村徳清展   8月16日~8月30日
○ 「櫂」小品展   9月1日~9月15日
○ 高橋靖子展   9月16日~9月30日
○ 佐藤仁敬展   10月2日~10月16日

 「うながめーゆ」とは、反対から読むと「ゆーめがかなう」になります。ここは自宅の一角に建てられていて、不思議な庭とハーモニーを奏でていて、一度訪れるとまた行きたくなる所です。会場は四角な小さい部屋ですが、小品を飾るには全くうってつけで、おそらくジャズが会場に流れていると思うのですが、光も入ってきて幸せな気分になります。隣の部屋は喫茶室になっていて、館長・渡辺通子さんの作り物がさりげなく並べられていて、通子さんがコーヒーを出してくれると思います。そうしたら、礼儀として100円か200円をカップに入れたほうがいいでしょう。2階もあるのですが厳密には何に使われているのかわかりません。ご主人の渡辺貞之(全道展会員)さんの大作が壁に飾ってあると思います。断れば覗けれると思います。コーヒーを飲みながら、きっと通子さんと話が盛り上がることでしょう。行きも帰りも庭はしっかりと眺めてもらいたいです。一見無造作な庭模様ですが、自然におまかせ風のガーデニングで、なかなか真似ができないと思います。「庭はその人を表す」という格言?を思い出します。

 個展は月に2回のペースで予定されているみたいです。月・金曜日が休みなので気をつけて下さい。作家は全道展関係の方が多いようです。短歌で一年が始まるとは心憎い取り組みですね。真ん中が若い桔梗さんで、全道展に発表の場を築いている人です。きっと、小品を書き溜めるのに一所懸命に励んでいることでしょう。最後は佐藤仁敬君で、かれは未来展にも出品していて、札幌にもファンがいるかも知れません。顔だけ見ていると怖そうで、とても20代には見えないのですが、絵は顔ではないからその実力を小品で確認したいものです。

 地図を葉書から載せましたが、わかりにくいかもしれません。探しながら行ってもそんなに道草はしないでしょう。JR深川駅からでも歩いて30分くらいだと思います。是非是非、一度訪問して下さい。

  

by sakaidoori | 2007-05-04 22:46 | [深川] | Comments(0)
2007年 03月 18日

104) 深川アートホ-ル東州館 「北の日本画展」 ~3月29日(木)まで 

○ 第22回 北の日本画展   深川移動展

 会場:深川アートホール東洲館
    深川市1条9番19号深川市経済センター2階・(JR深川駅を降りて直ぐ左側のビル)
    電話(0164)26-0026
 会期:3月17日~3月29日(木)
 時間:10:00~18:00
 休み:月曜日

f0126829_23533041.jpg
 80番、81番で紹介した「北の日本画展」の深川移動展です。広い二部屋を使って、札幌とは一味違っています。個々の作品紹介は省略します。会場全体の写真を載せて、東州館の雰囲気を伝えたいとと思います。

 此処は名前でもわかるように、深川出身の書家・小川東州と洋画家・ 松島正幸の常設展示を母体に芸術紹介をしています。館長が全道展会員の渡辺貞之さんですから、年々常設展示という枠をはみ出して積極的に絵画紹介を進めています。もっとも、年に数回しか観てないので詳細を書くことはできません。旭川への行きでも帰りでもこういう場所があるということを確認の為にも立ち寄ってもらいたい所です。

f0126829_23545134.jpg

f0126829_014858.jpg

f0126829_03532.jpgf0126829_035437.jpg










f0126829_05132.jpg

f0126829_055396.jpg


 展示の都合上と思いますが、深川で出品されていない作家もいます。逆に、高橋潤さんは新たな作品を出品しています。下の写真で「花の時計」。それにしても高橋さんの画風の変化には驚きですね。以前は明るく楽しく賑やかというものでしたが、色調・画題・テーマと変貌の時期です。共通点は若く可愛い女性を描いていることでしょうか。現在は少し観念的な感じがしますが、完全変身後はどうなるのでしょう。
f0126829_0161488.jpg






 

by sakaidoori | 2007-03-18 23:55 | [深川] | Comments(2)