カテゴリ:未分類( 52 )


2016年 05月 07日

2513) 「(独)森林総合研究所北海道支所 札幌桜名所」 2016年5月6日(金) 曇り

   

○ 独立行政法人 森林総合研究所北海道支所

    札幌市豊平区羊ケ丘7番地
     (羊ヶ丘展望台入り口付近から、歩いて10分)
     (電話)011-851-4131 / FAX 011-851-4167

 ※ 連休中は敷地内に駐車可能。

ーーーーーーーーーーーーー(5.6)


 昨日、用事があって白石に行った。ついでに花見だ。サイクリングロードの桜、平岡公園の梅、そして今回紹介する森林総合研究所のヤマザクラ。
 どこも満開直前で見頃だ。それにしても今年の開花は早い。この研究所の桜を5年前に栄通記で紹介している。その時も満開で時期は、5月17日だった。十日ほど早いことになる。記録のために掲載しておこう。

 この日は曇天だったから、見栄えとしてはほんのすこし遠慮気味のかもしれない。



f0126829_94302.jpg
   ↑:入口から。





f0126829_945042.jpg





f0126829_952277.jpg
   ↑:(桜並木は高台目指して道路の両脇に咲いている。昇ってきた道を撮ったもの。)



 桜写真といえば似たような物の紹介になってしまう。ましてや普通に撮った普通のスナップだから見飽きた風景でしょう。以下、定番の桜報告です。



f0126829_9142526.jpg





f0126829_9153185.jpg




f0126829_9155197.jpg





f0126829_920474.jpg




 僕は白樺花粉症だ。だから、上の写真はおぞましい。蓑虫のように「花粉」が垂れている。




f0126829_923974.jpg





 この研究所の楽しみは、敷地の奥に「オオバナノエンレイソウ」の群落があることだ。
 駐車場が奥まった所にあるが、そこを更に歩いて突き抜ける。途中から左の芝生から小川に沿って林道を歩けば辿りつく。



f0126829_9282436.jpg





f0126829_9284510.jpg





f0126829_9341838.jpg




 期待のお花畑だったが・・・


f0126829_9365235.jpg





f0126829_937247.jpg




 確かに、白くて大きな花のオオバナノエンレイソウは満開ではある。残念ながら、日当たりの悪い時だったので、大きく咲いていない!!綿雪が散りばめられたように白くちょこんちょこんと咲いている。



f0126829_9405951.jpg
   ↑:オオバナノエンレイソウ。




f0126829_9484119.jpg




 林道内には春の野花が沢山咲いていた。



f0126829_9475047.jpg






f0126829_949745.jpg
f0126829_9494351.jpg








f0126829_9503021.jpg



f0126829_9511030.jpg







f0126829_104241.jpg






 
f0126829_9564295.jpg





-------------



 平岡公園の梅が見頃です。白梅紅梅と、こんなに一緒の満開を見るのも珍しい。

 一枚だけ載せます。5月7日。



f0126829_9584862.jpg






f0126829_1011654.jpg


by sakaidoori | 2016-05-07 10:01 | Comments(0)
2015年 02月 15日

2457)「孫とロシア青年」

(2015年2月15日・日曜日記)

 無事に「丸島均と五つの展覧会」もすみました。
 
 私個人としては大満足で困っています。何を満足しているか・・・を書かねばならないのですが、瞬く間に日にちが経っていきます。会期終了後の2、3日は一休みでしたが、何やかやと纏まって時間が取れないのです。今日は今日で昨日からのお客さんで賑わっています。孫とロシアからの客人です。今少し落ち着いたら、今展を含めた展覧会感想を書いていきます。

 ということで、今日はお客さんの写真掲載で終わりになりそうです。




f0126829_11563829.jpg



 孫です。八ヶ月になります。





f0126829_1274463.jpg



 左側がロシア青年のJ君。29歳。
 右側が先ほどの孫でした。





f0126829_12113743.jpg



 某大学南口駐車場のJ君。

by sakaidoori | 2015-02-15 12:13 | Comments(0)
2014年 08月 02日

2436)「今日の風景 2014年8月2日」

  








f0126829_2323155.jpg



 大通公園のストリート・ミュージシャン。車上からの光景だ。

 暑いから木陰を利用している。なんだか日陰者ミュージシャンみたいだ。背中が丸まっているのも微笑ましい。白い肌の太り気味の人で、おそらく発汗作用もよくないから汗も出にくいだろう。きっと暑さに参っているはずだ。それなのに、木陰であっても唄っている。「夏の暑さにも負けず」の心境か。何が彼女を唄わせるのか?歌が好きだから?暑さに克つために?

 歌声は聞こえない。どんな歌だろう・・・。



f0126829_2331275.jpg







f0126829_23322386.jpg



 やはり同じ車上からの光景。
 暑いから背中を丸めているのではないだろう。でも、「夏の暑さに負けず」に歩いているみたいだ。







f0126829_23352764.jpg




 近代美術館に立ち寄った。1万円を払って友の会に加入。会員カードができるのに5分。その間日頃のコレクションルームの展示を駆け足で見る。

 札幌国際美術展だ。誰かが写真を撮っていた。会場の一部は撮影可能だ。今回はこのキノコ雲だけを撮影する。後日、撮影可能な作品を載せます。




f0126829_23412269.jpg




f0126829_23413645.jpg



 2階から撮る。キノコの頭上部分だ。

by sakaidoori | 2014-08-02 23:43 | Comments(0)
2014年 07月 19日

2418)周遊ニセコ「要諦山麓 半月湖の水面 2014年7月19日(土)」

  


 


 (前回の写真展は明日記します。)


 ニセコ町の有島記念館「夕張市美術館 コレクション展」を見に行った。

 その行きすがら、羊蹄山登山道近くの半月湖に立ち寄った。
 倶知安町に徳丸晋氏という写真家がおられる。氏はこの半月湖水面の写真展を何度も開いている。主に紅葉の時期が多い。淡く波立つ水面を望遠で拡大して撮っている。作品に関心があるのだが、そう繁く通う半月湖が気になっていて、本日念願の半月湖詣でになった。




 




f0126829_23133195.jpg
   ↑:半月湖散策のための駐車場。




f0126829_23193025.jpg




f0126829_2320989.jpg



 外輪山に登る感じで、初めは少しばかり登っていく。



f0126829_23203637.jpg



 数分歩けば、半月湖を取り囲む外輪山にたどり着く。わずかに歩けばすぐに下り道がある。



f0126829_23205814.jpg



 湖に至る最後の一本道、下り道だ。




f0126829_23593753.jpg






f0126829_23245835.jpg



 2、3分下ると湖が見えてきた。「エメラルドグリーン」を予期していたが、本格抹茶色で少し驚く。谷底での深緑に包まれた湖なんだ。



f0126829_23281515.jpg




 歩き出して13分、岸辺に着いた。岸辺に散歩道はない。その場所だけが水面に触れる場所だ。




f0126829_23311694.jpg





 さて、徳丸晋氏にあやかって、「半月湖水面」を望遠で斜めから撮ってみよう。たいした写真ではありませんが、我慢して見て下さい。





f0126829_2332121.jpg




f0126829_23324162.jpg






f0126829_23462065.jpg




f0126829_23464560.jpg




f0126829_23471612.jpg




f0126829_23474855.jpg




f0126829_2348725.jpg




f0126829_23482257.jpg




f0126829_234844100.jpg




f0126829_2349858.jpg




f0126829_23493489.jpg




f0126829_2350416.jpg




f0126829_23502715.jpg




f0126829_23505319.jpg



 さらば半月湖。




f0126829_23531153.jpg



 帰り道、目の高さの幹廻りが3m以上の巨樹を見つけた。コナラのようだが葉っぱの形がよくわからない。

 確かに幹廻りは3m以上はあるが、幹の中は見事な空洞のようだ。



f0126829_23562793.jpg


by sakaidoori | 2014-07-19 23:58 | Comments(0)
2014年 03月 29日

※※) 台北気まま旅行です。再開は4月2日?かな。



 最近は休みがちです。どうもすいません。

 今日から4泊5日の小旅行です。台湾台北に行ってきます。気ままな物見遊山です。帰国後再開したいと思います。4月3日頃からです。よろしくお願いします。

by sakaidoori | 2014-03-29 10:50 | Comments(5)
2014年 02月 18日

※※) 「対展」最終日



 企画の丸島 均です。

 本日、最終日です。「対」を見て下さい。
 12人の若者たちを見てあげて下さい。「マルシマヒトシ」が何をしたいのか、もついでに見て頂けたら嬉しいです。


 DMには明記していませんが、18時40分には片付けに入ると思います。宜しく。
 

by sakaidoori | 2014-02-18 09:12 | Comments(0)
2013年 08月 27日

2169) ①「政和アートFes2013 【幌加内町一泊二日旅行 ②】

f0126829_23351288.jpg



政和アートFes2013  



 会場:旧政和小学校
     雨竜郡幌加内町政和

 会期:2013年7月27日(土)、7月28日(日)
        8月17日(土)~8月26日(月)
        8月31日(土)、9月1日(日)
 
 ※  変則的な日程ですから注意して下さい。 
    
 時間:10:00~17:00


--------(8.21)


 遅れ気味の報告です。チャンと載せて、会期最後の日程に間に合わせましょう。


 まずは旧小学校の玄関からです。前回と同じ写真から始めます。
 
 (以下、敬称は省略させていただきます。)



f0126829_23294580.jpg



 作品展は体育館と2階の教室全室です。1階にも廊下にも作品があったり、バザーみたいな即売コーナーありで、要するに小学校丸ごとアートで一杯。


 何はともあれ、体育館に行きましょう。玄関からグイグイと真っ直ぐ進めばすぐです。途中の廊下にはいろいろペタペタ貼られている。





f0126829_23403785.jpg



f0126829_2341837.jpg




 体育館の入り口に立った時には驚いた。全空間作品だらけに見えて、一気に襲いかかってきた。おそらく、こんな展覧会を予想していなかったから。広い会場に鉄はよく似合う。

 その水平目線の写真を取り損ねた。2階から全貌を載せます。


f0126829_23482989.jpg




 上から見るとあまりに整然としている。


 奥から反対に見ると--


f0126829_041097.jpg



 階上の賑やかさが意外だ。意外づくしの政和フェスだ。



 鉄作品の大半は吉成翔子・作。その作品を載せて行きます。タイトルは限りなく省略します。
 何となく回りの空気というか親密感を感じて下さい。



f0126829_2352186.jpg




f0126829_23524978.jpg




f0126829_23535512.jpg




f0126829_021869.jpg




f0126829_08205.jpg
   ↑:中央の鉄作品 吉成翔子、「歯車はぐるま」。


 ここで一端吉成翔子・鉄から離れよう。



f0126829_0135246.jpg
   ↑:佐々木けいし、「枉(おう)」・ステンレス 銅。


 キャプションの説明によると、直線と曲線の融合。非鉄の銅とステンレスの融合。つまり、相容れないもの同士の融合というか関係性を試みているみたい。タイトルはあまり深く考えない方が良いでしょう。作家独自のこだわりです。

 全体が変な人型にも見える。「融合」ということでしたら、誰かと誰かの抱擁と言えなくもない。
 小難しい説明は美術的で宜しいのだが、意外にロマンと見果てぬ夢という文学的な世界かもしれない。



f0126829_0252891.jpg
   ↑:齋藤由貴、「夢のように消えた」。


 齋藤由貴が教育大を卒業して何年になるだろう?ようやく惚れ惚れする本格的大作を描いた。
 学生時代に淡い青色のモクモクで乙女の裸姿を隠していた。今作、かつての作品と根っこの処は同じだろう。が、魅入らせる姿に変身した。強さが良い。「隠す-隠れる」ということで満足していた画家が、奥に突っ込み始めた。
 女という媚びた姿もない。代わりに星が可愛く天空にある。強い絵になったが、なかなか可愛さからは脱皮できない。仕方がない。若い女(ひと)だから。




f0126829_04168.jpg
   ↑:齋藤由貴、「ふるさと」・油彩 キャンバス。


f0126829_0415632.jpg キャプションには作品にまつわる説明が書かれている。素直な良い文だ。
 齋藤由貴は吉成翔子の「ふるさと」にいたく感動した。あまりにもどっしりした存在感に。微動だにしない姿に。仕方がない、人それぞれの人生だから。











f0126829_0474836.jpg
   ↑:ともに小池暢子。左から、「晩方の卓 B作」・1966年 油彩。「白亜のドーム(イタリア)」・1971年 油彩。



 今展の作家は、中心人物の吉成洋子とその仲間達だろう。
 娘さんの吉成翔子が札幌から仲間に声をかける。主にアトリエ・ビーハイム所属だ。
 砂川の内海真治などなど。
 学校関係者や地元の作家もいるかもしれない。
 さて、「小池暢子」女史はどういう位置なのだろう?古い作品だ。かつての先生なのか?画家が何歳の時に描いたものだろう?


 古い作品だが、気持ちよく居場所に構えている。どこか誇らしげだ。



f0126829_12089.jpg


f0126829_120338.jpg
   ↑:(外では足場を組んで塗装工事をしている。なかなか見れない展覧会での風景です。)


 
 ひとまず体育館の大広間を終えよう。
 こんなペースでは全部の部屋を載せれないだろう。それはそれで構わない。④ぐらいは頑張ろう。

 ②に続く

by sakaidoori | 2013-08-27 01:22 | Comments(0)
2013年 08月 22日

2160) 「幌加内町字政和のソバ畑 【幌加内町一泊二日旅行 ①】

f0126829_23351288.jpg



政和アートFes2013  



 会場:旧政和小学校
     雨竜郡幌加内町政和

 会期:2013年7月27日(土)、7月28日(日)
        8月17日(土)~8月26日(月)
        8月31日(土)、9月1日(日)
 
 ※  変則的な日程ですから注意して下さい。 
    
 時間:10:00~17:00


--------(8.21)


「政和アートFes2013」を見に、 幌加内町旧政和小学校に行った。今日は時間がありません。近々、その様子をお伝えします。

 幌加内町といえばソバです。この月末の土曜日曜に「幌加内町新そば祭り」が開かれます。
 現在のそばの状況をお伝えしましょう。


 始めに、旧政和小学校の近くで昼食をしたので、その辺りの様子です。


f0126829_23354248.jpg




f0126829_2337528.jpg




f0126829_23374075.jpg



 ソバのついでに、空の様子も見て下さい。


f0126829_23405421.jpg



f0126829_23411181.jpg




 国道275線を北上していきます。政和地区から数分の所に「展望台」があります。何の展望台?ソバです。



f0126829_23454037.jpg




f0126829_23515567.jpg




f0126829_2346378.jpg



f0126829_23463317.jpg




 ソバ畑に東屋が見える。


f0126829_23552316.jpg



f0126829_23561145.jpg




f0126829_2357931.jpg




 飽きもせずにソバ畑ばかり載せました。


f0126829_23582955.jpg



 上の写真は政和アートフェス会場の入り口ムードです。
 見応えのある「美術展」だった。女性パワーみなぎる「アートフェス」でもあった。感想を含めて、その様子は暫時お伝えしたいと思います。

by sakaidoori | 2013-08-22 23:47 | Comments(0)
2013年 08月 13日

2147) 昨日の天気と、ちょっとお休みの連絡

  



 昨日は突然のにわか雨、凄かった。それ以上に参ったのは、雨が止んでも蒸し暑い。適当に雨模様になるが、いっこうに不快感は収まらなかった。
 思えば、雨が降り続いている時が一番爽快だったかもしれない。しかし、激しい雨だった。



f0126829_0461620.jpg



f0126829_042585.jpg



 我が家の前の駐車場は小川になっていた。




f0126829_0513653.jpg




f0126829_0515127.jpg




 雨を我がバカちょんカメラに納めるのは難しい。
 2階から何枚か撮ってみた。人に見せるには意味をなさない、ごくごく普通の写真でした。




f0126829_0544075.jpg



    ~~~~~~~~~


 今日(13日)から二、三日、帯広辺りに出かけます。

 たいした用事ではありません。最近、体調が回復したので、状態の良い時の小旅行です。

 ので、少しの間休みます

 皆さんも暑い中、いろいろと楽しんで下さい。

by sakaidoori | 2013-08-13 10:59 | Comments(0)
2013年 04月 03日

2001) 土曜日から再開


 現在、北九州市の実家に帰省中です。金曜日には札幌に戻る予定です。土曜日から再開します。

 宜しくお願いします。

by sakaidoori | 2013-04-03 23:09 | Comments(0)