栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 21日

2567)⑧「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 終了・2017年1月26日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ~ぐんせい



2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会



 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


f0126829_114285.jpg

(   ↑:5階D室)

f0126829_11422771.jpg

(   ↑:5階E室)

f0126829_11431271.jpg




 第4回群青展も無事終了しました。

 参加していただいた表現者の皆さん、
 見に来ていただいた方々、
 何かと協力を頂いた会場のアートスペース201の関係者さん、
 本当にありがとうございました。

 54名という多大な参加者、それは「群れる」と言われても仕方がない。が、二つの「対展」以外はかなりの発表面積がある。単に群れるでは消化できない。それぞれが時間と金をかけての発表だった。誇るべき発表量だと信じている。

 それでは「質」の面ではどうか?
 一所懸命な姿は提示できたと思う。
 一所懸命ならば質の良い展覧会と言えるのか?言えない。が、それなくしては他人に自信をもって見て貰えない。その限りでは誇るべき展覧会だ。
 今展の特徴を一言で言えば、「若さ」だ。「若さ」故の技量不足、展示の未熟さ拙さ・・・これは認めなければならない。また、若さの持つ無手勝流の奔放さもそれほどではなかった。それでも、当代の「若さ」は充分に発揮していた。真面目さ、直向きさ、ロマンスとして。
 後は見る人の判断に委ねよう。

 この展覧会は有志展ではありません。あくまでも丸島が呼びかけ、それに応えてそれぞれが参加費という自己負担をし、最終的には参加者の協力で出来上がった展覧会です。協力の程度はバラバラです。あくまでも「参加」の一点で関わった人、かなりの時間を今展の準備や展覧会に注いでくれた人、いろいろです。が、これだけの規模の展覧会、いろんな形での関わり、協力が無ければ実現はできなかった。

 私は有志展ではなく協力展と言った。自己表現に安易な有志・同士は必要ない。有志を募る気もない。形は「丸島に協力」ではある。が、作品を論じ合うことはないが、互いの作品がここにあるということで共鳴を生んでいる。共鳴という協力展だ。
 
 
 発表スタンスもいろいろです。その違い、組み合わせを楽しんでもらうのが呼びかけ人の一つの企てです。上手くいったかどうか?これも見る方に判断をゆだねよう。


 表現とは片思いのようなものだ。愛して愛して作品を作り上げても、その作品が報いてくれるとは限らない。それでも愛し続けなければ作品という形にならない。それに、作品は本当の他人ではない、困ったことに自分でもない。愛とは他人に認めてもらうことだろう。作品が自己愛の対象になりえても、作品が作者を愛するとは限らない。だから、作者は作品を続けなければならないのだろう。続けなければ愛を失うかもしれない。

 今後、個々の作品を載せて行きます。


f0126829_16105160.jpg



 2月4日は会場で軽食パーティーだった。8時で終了。別れがたく、二次会に行った。それでも別れがたくラーメンを食べに行った。そのラーメン行脚での写真か?
 僕はよっぱけていて全て忘れた。

 今、この写真を楽しく眺めている。
 モノクロ展参加の橋本つぐみだ。
 昨年の群青展のおり、「次回も出よう」と誘った。「2枚の作品発表でなら・・・」。か弱い反応だった。
 が、その後「モノクロ展を3人でしませんか?」「えっ、良いな~、やりましょう!」

 今回は僕が尋ねる前に、「次回は何が良いかな~」と提案してくれた!橋本スマイルでやる気満々だ。

 ということです。来年の群青展もよろしく!

by sakaidoori | 2017-02-21 16:36 | アートスペース201 | Comments(1)
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2017-03-11 13:29 x
心に心地よい、あるいはショッキングなさざ波をたててくれる作品・・丸島均さんお元気ですか。
書き込み期待してます。


<< 2568)①「『moment...      2566)⑦「(後期)群青 ... >>