2017年 02月 01日

2564)⑤「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(1.31)

 何はともあれ、昨日で群青前期は終了しました。来ていただいた方、来られなくても気にしていただいた方、他にもいろんな方、ありがとうございました。

 展覧会の中身を報告する余裕はありません。かといって何も書かないのでは群青展の盛り上がりに欠けます。本展出品者の様子を載せていきます。


f0126829_05385190.jpg

 左から、同室で写真出品の阿部雄。背景の切り絵作家・久藤エリコ、久藤さんのお友達。

 久藤さん、ホスト役でなかなか良い感じ。




f0126829_05411141.jpg

 写真で参加している阿部雄君。
 その写真作品が背景に見えます。みえるのは写真ばかりではありません。背筋伸びやかな女性が作品に魅入っています。


f0126829_06002976.jpg

 写真のモデル君です。
 6階のモノクロ写真の部屋・「夢から醒めるまで」(千葉貴文作)でのワンシーンです。

 千葉貴文は25歳前後の青年です。鉄塔が好き、モノクロが好き、人とかの人間臭をさけて写真に取り組む人だった。要するに、モノトーンを生かしたカッコイイ写真作りに励んでいたのです。
 しかし、こともあろう「夢から醒めるまで」というテーマに、涙無くしては語れない初恋ロマンが蘇った。そしてそして、今展では、語るに恥ずかしいロマティックな写真での参加だ。あ~、あまりに臭い、青臭い、しかししかししかし、予期すべき丸島の失礼千万な言葉も何するものぞ!ロマン路線まっしぐらで青春を謳歌している。この、自分の心に正直忠実なのが表現者というものです。それが現在の若者です。僕のような初老の硬き美術論などはお払い箱だ。センチメンタル・千葉にはもっともっと赤恥をかいてロマンの河を流れてもらおう。



f0126829_06184697.jpg

 右側が千葉貴文。左泡が、前期対展参加の小林孝人



f0126829_06165294.jpg




f0126829_06223769.jpg

 西口由美恵、対展に参加。昨日、このブログで作品を語り終えています。
 気持ち良さそうな笑顔です。女性は笑顔が一番!苦しくっても、辛くっても、甘くて美味しいものを食べて・・・笑顔!



f0126829_07163791.jpg
 
 右側は、はるばる関西から参加の竹中春奈
 左側はモノクロ三人展の篠原奈那子
 二人は藤女子大学の先輩後輩です。
 「まるしまさ~ん、どうせ撮るなら近くから撮ってよ!」という心の声が聞こえる。「大丈夫、明日、チャンと撮るから」と、音にはならない心で伝えた。



f0126829_07220894.jpg
 5階の元気展左部屋の風景。
 ギャラリーって、人がいると絵になります。



f0126829_07272828.jpg

 元気展右側の部屋。





f0126829_07290464.jpg

 左側、「風景展」参加の神成邦夫
 右側、対展参加の野呂田晋


 最後はビシッと男で決めます。







by sakaidoori | 2017-02-01 08:03 | アートスペース201 | Comments(0)


<< 2565)⑥「(後期)群青 ...      2563)④「群青 ~ぐんせ... >>