2017年 01月 21日

2550) 「長谷川雅志 展」 自由空間 1月?日(?)~1月28日(土)

長谷川雅志 
 

 会 場 : 自由空間
     中央区大通東1丁目3番地
      中央バス札幌ターミナルB1
      (地下1階は食堂街。その一画の広場。)
     電話

 会 期 : 2017年1月?日(?)~1月28日(土)
 時 間 : ?(10:00~20:00)

ーーーーーーーーーーーーーーーー(1.15)


 (以下、敬称は省略させていただきます。)


 中央バス・ターミナル地下に食堂街がある。バス待ちの人や付近のサラリーマンが利用している。その一角に空きスペースがあり、見事にギャラリーとして解放している。当然無料で利用できるであろう。管理は、その食堂街の中にある喫茶レ・ノールだ。オーナーはタピオの2代目オーナーであった林教司氏だ。

 自由空間・・・料理の臭い紛々とした何とも言えないギャラリーだ。
 アマチュアの学習発表空間、見るに値しない!などと宣(のたま)う事なかれ!アマチュアであれプロであれ、学習発表であれ勝負の場であれ、面白いものは面白い、面白くないものは面白くない。
 NHK日曜美術館を金科玉条のごとく、美や価値の基準にすべきではない。美術・芸術は徹底的な主観で見なければならない。主観で他人と対話をしなければならない。価値を共有すべきではない。他人と自分との価値の違いを徹底的に認識しなければならない。そこから、他者との交流が始まる。

 なぜこんな硬い丸島信条を語ったか!
 今回の展示は長谷川雅志だ。書と生地(布)という発表スタイル。見た目はたゆたゆしく、遊びほうけた風流芸事と思われよう。しかし、この遊びは北海道人には絶対にマネができない。伝統と今、遊びと技(わざ)、粋と屹立、女々しさと男らしさ、芸事と芸術・・・あれやこれやの二律背反が長谷川ワールドでせめぎ合っている。

 以下、作品を楽しんで下さい。僕の写真ごときでは手作りの技や繊細さは伝わらない。
 
 カレーの臭い紛々とする、その自由空間に足を運んで下さい。



f0126829_2091433.jpg




f0126829_22104722.jpg





f0126829_2330102.jpg






f0126829_2242572.jpg






f0126829_23112797.jpg




f0126829_2313107.jpg




f0126829_2313253.jpg




f0126829_23175831.jpg



f0126829_23183930.jpg





f0126829_23203584.jpg




f0126829_2321262.jpg








f0126829_23222948.jpg
f0126829_23224789.jpg




f0126829_23231110.jpg






f0126829_2345413.jpg






f0126829_2325579.jpg

by sakaidoori | 2017-01-21 08:09 | 自由空間 | Comments(0)


<< 2551) 「2017 さっぽ...      2549)「小樽潮陵高校 美術... >>