2017年 01月 21日

2549)「小樽潮陵高校 美術部(白潮会) 第100回 白潮会展」(小樽)市民ギャラリー 1月13日(金)~1月22日(日


北海道小樽潮陵高校
   美術部(白潮会)
       第100回


白潮会展


 会場:市立小樽美術館内市民ギャラリー1・2多目的ギャラリー
     小樽市色内1丁目9番5号
     (小樽駅を5分ほど運河方面に。
      向かいは旧日銀。)  
    電話(0134)34-0035

 会期:2017年1月13日(金)~1月15日(日)
        1月17日(火)~1月22日(日)
 休み:1月14日(月) (月曜日or祝日翌日は休館日) 
 時間:10:00~17:00 
     (最終日は、~15:00まで)


ーーーーーーーーーーーーー(1.18)


f0126829_17255674.jpg

   ↑:(小樽の高台からの風景。)


 群青展関係の用事で小樽に行った。ついでだから車で高台に行き、そこから小樽を眺めた。
 そして、板東宏哉展を見に小樽美術館に行く。板東展は撮影禁止なので掲載は不可。

 変わりというのではないのですが、1階の市民ギャラリーでの高校展を簡単に乗せます。

 白潮会展-小樽潮陵高校美術部の校外展。
 100回記念展ということで、ワンフロアーの半分は卒業生の展示だった。
 卒業生は省略して現役生の有り様を載せます。


f0126829_18133994.jpg




f0126829_18135754.jpg




f0126829_1814765.jpg




f0126829_18141835.jpg




f0126829_18142938.jpg




 以上で全部です。

 自分好みがあった。その作品と、何点かの個別作品を載せます。



f0126829_18234264.jpg










f0126829_19512066.jpg




   ↑:笹川美琴、「偶像」・B1。


 少女を殺しているような、少女が自虐的に自殺しているような・・・少女と言っても。どこか人形的で生きているのか仮の姿か・・・そんな世界を笹川美琴は「偶像」として突き放して楽しんでいる。



f0126829_19213322.jpg









f0126829_1922060.jpg



   ↑:2年・笹川美琴、「午後のアトリエ」・F50。


 これは不思議な絵だ。何を描いてあるかが判らない。宇宙からの贈りもの・・それは機会仕掛けのタイムカプセル?
 キャプションの説明書き、何の説明もせず、色を描くことの不思議さを人ごとのように綴っている。
 妄想という自己中的芝居を、妄想なるが故にあえて自分から解き放して一人歩きさせているようだ。



f0126829_19285091.jpg

   ↑:1年・遠藤奈生子、「カ=エルム」・F50。


 これも妄想・空想・絵空事の世界だが、絵画として独り立ちしているから、笹川美琴ワールドみたいな不安はない。不安どころか色も青を中心に散りばめられていて楽しく見れる。
 しかし、絵の中にカラフルに生き物・命を閉じ込めていて、その生き物は絵画の中では秩序だってはいても、一つ間違えば,化け物たちが枠をはみ出して鬼魅魍魎の世界に変身しかねない。

 可愛い色が散らばって気持ち良いような薄気味悪いようなへんてこりんな世界。



f0126829_1943743.jpg

   ↑:2年・高橋柚帆、「移り変わる」・F30。


 波しぶきには違いないのだが、河の流れ?何処で白波がたぎっているのだろう?  
 そんな写実的な疑問はやめよう。若者らしい力強さがあった。

by sakaidoori | 2017-01-21 00:15 | ☆小樽美術館 市民ギャラリー | Comments(0)


<< 2550) 「長谷川雅志 展」...      2548)「チカホで、100枚... >>