栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 20日

※※) 「対展」終了

    
f0126829_1863243.jpg





f0126829_1871988.jpg





 何はともあれ、18日火曜日18時40分に無事終了しました。撤去も問題なし、作品の返品や資料配布など若干の作業がありますが、小さな小さなイベントの終了です。

 4名ほどの方が来年の参加希望です。これは意外でした。
 参加撮影者の多くも来年の意欲を語ってくれました。無理なく継続活動ができるのも良いことです。

 来場者数ですが約125名位でしょう。この中には参加者親族も入っています。正直言って少ないでしょう。何だかんだと言って、「栄通記」あっての今展です。が、「栄通記」の動員力もしれたものでした。そのことを確認できたことが収穫です。
 何事も「初めてだから」という言葉に免じて良しという数字にしましょう。これが今展の実力であり魅了なのです。仕方がありません。

 
 間違いなく参加作品のコメントをこのブログに記していきます。ですから、ブログ上はまだまだ続く「対展」です。宜しく。



 寒い中をわざわざお越し下さった方々、ありがとうございました。
 来れないまでも、今展に関心を抱かれた方々、今後もよろしく。

 来年も「対展」として開催するつもりです。その時も再度よろしくお願いします。






f0126829_18134415.jpg



 恒例の打ち上げです。飛び入り女性含めての6名です。始まりはしっかりと各自の今展への感想です。

 顔は変わっていても、来年もこういう写真を載せれたらいいですね。







f0126829_18163768.jpg
   ↑:会場休憩所から見た屋外の風景。

by sakaidoori | 2014-02-20 18:20 | アートスペース201 | Comments(4)
Commented by SH at 2014-02-22 07:47 x
展覧会、お疲れ様でした。
展示してみて分かる何かを、作家のみなさんが次回以降に生かしてほしいと思いました。
来年も期待しています。
Commented by sakaidoori at 2014-02-22 22:56
> SHさんへ

 お越し頂きありがとうございました。

 確固たる同志集団ではないので、個々のメンバーの来年の動向はここでは書けません。が、出品者の多くは刺激と楽しみを持たれたのではないでしょうか。新しい参加者を交えながら、「美術展」としてより刺激的なものになればと思っています。少なくとも、大振り作品を増やして、見た目のインパクトやパンチ力は高めないといけないと思っています。

 それと、思いの外「画家」は来られなかった。ワンフロアーを貸しきりにして、多くの分野の方々にも見て貰えたら、そんな気持ちです。

 本当にコメントありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
Commented at 2014-02-23 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2014-03-13 01:07 x
若い世代の意欲的な取り組みに未来が見えます。
今後とも奮闘お祈りします。


<< 2352)①「道展U21 20...      ※※) 「対展」最終日 >>