栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 26日

2028)②「Bisen OBの彩展 彩vol.7 ~irodori~」 アートスペース201 4月18日(木)~4月23日(火)

   

Bisen OBの彩展 

  vol.7 ~irodori~
           


 会場:アートスペース201 5F DE室 
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル 6階 室
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2013年4月18日(木)~4月23日(火)
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
      (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(4.22)


 2022)①の続き。

 前回はD室を載せました。今回は隣の部屋です。


f0126829_13382897.jpg



f0126829_15552319.jpg



f0126829_15555677.jpg




 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 なるべく沢山の個別作品を載せよう。選択基準は・・・、その日のカメラの趣くままです。深い意味はありません。

 深い意味はないのですが、一番は「ホナミちゃん」こと、北村保奈美です。



f0126829_14250100.jpg
     ↑:イラスト専攻 43期卒業 3回目参加・北村保奈美、「音楽ばーん」。


 「大きくって、うるんだ目配せの、可愛いホナミちゃん」、がいつもの北村保奈美だ。が、今回はいろいろとチャレンジ。
 真ん中に字を書いて、色も赤と黒の沈み調、画題はコミカルにポップ調・・・、大きくチャレンジだろう。あまり慣れないことだから、大きな「音楽ばーん」にはなってはいない。これはこれで良いことだが、保奈美ファンとしては2、3点は見たい。来月はギャラリーたぴおのグループ展に参加する。大変だろうが、その時には沢山見せてくれるだろう。「質より量」だ、「質はいつも付いてくる」。もっとも量をこなすのは時間的に大変だが・・・、そこは若さでカバーしてもらおう。



f0126829_14111771.jpg
     ↑:イラスト専攻 45期卒業 初参加・ヤスヲ、「脳内暖色」。


 不思議な絵だ。確かに暖色だ。「脳内暖色」、上手いネーミングだ。色でふんわり溶ろけそう。けっして甘ったるくはない。何を描いているか分からない世界で、この色の色感のように、何かに包まれて自分が無くなりそう。



f0126829_1684126.jpg
     ↑:イラスト専攻 39期 7回目参加・やまだるみ、「World of Mocute」。


f0126829_18472837.jpg



 色の絨毯に包まれて、いい気分。

 やまだるみ は絵本が好きだという。確かに今作は物語だ。旅するうさぎ(モキュート)、次はどこに行くのだろう?どんな冒険が待っているのだろう?いろいろワールドの旅路だ。

 折角だから、10枚位を綴って欲しい。この調子での10枚は大変かもしれない。ならば、葉っぱだけとか、広々とした海原だけとか、接写に望遠に展開を立体的にすればいい。鉛筆だけの線描画を挿入したっていい。とにかく、10枚、20枚の絵画物語・・・脳内物語を吐き出したらいい。



f0126829_1617219.jpg
          ↑:イラスト専攻 40期卒業 3回目参加・近藤麻美、「花」。


 普通に花なんですが、ただただ花が浮いているだけなんですが、フワフワ感というのか、上昇感というのか、沈み感というのか、妙に花を擬人化して眺めていた。



f0126829_1623529.jpg
     ↑:イラスト専攻 40期 7回目参加・オカチュウヤ。左から、「Birthday Suit」、「typography」。


 おっ、さすがは男の子、ちょっとHに見参見参。7回目参加だ。可愛い可愛いだけでは面白くない、ということだらろう。



f0126829_16332181.jpg
     ↑:イラスト専攻 40期 4回目参加・たみこ、「アルパカたちのバスタイム」。


 さわやかピンク、ふふふ・・・です。




f0126829_16334379.jpg
     ↑:イラスト専攻 39期卒業 5回目参加・米村華織、「四」。



f0126829_16342144.jpg
     ↑:イラスト専攻 45期 初参加・棟方美結、「fantasia」。


 かなり細かく仕上げている。



f0126829_16345880.jpg
     ↑:イラスト専攻 45期 初参加・キムラケイ、「spring has come」。


 確かに春気分ですが、春を通り越しての年間良い気分です。



 もっと載せたいのですが、この辺で止めておきます。

 上手い、確かに上手い。可愛さだって、言葉以上にはるかに魅力的だ。
 この技量がもっともっっと大きくなればと思う。ここから、2人展や3人展へと進めば。そして、小なりとも個展。自分が全ての責任を負い、自分だけの世界。自分だけなのに、絵は他人の世界にも迫るだろう、交流が生まれるだろう。
 「大きく、沢山」、若い人達への栄通からの願いです。


 (①、②と名前を含めてキャプション紹介の多い項目になりました。誤字や間違いがあるかもしれません。お気づきの方がおられたら、非公開でも連絡頂けたら助かります。)



f0126829_16371626.jpg




f0126829_16373364.jpg →:イラスト専攻 43期 初参加・薊流亜(あざみりゅうあ)、「ALL」。

by sakaidoori | 2013-04-26 20:15 | アートスペース201 | Comments(0)


<< 2029)③「佐藤萬寿夫 ドロ...      2027)「宝賀寿子・松井孝篤... >>