栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 29日

1724) 「新川河口の左岸散策  ~バッタ塚橋・下水処理施設・壊れた橋・石狩浜~」

  


 昨日は快晴。というわけで、新川河口左岸を歩いた。妻のバード・ウオッチングが目的だが、私にとっては何となくの散歩で、それがたまたま河岸歩きになった。



     ↑:(拡大移動ができます。)


 上の地図の青色を出発点に、赤を通って、最後は緑の海岸縁までの散歩だ。

 以下、適当に写真を載せていきます。


f0126829_946387.jpg
     ↑:(青色の出発地点付近の風景。)

 
 ゲート付近に車を止めた。丘の影になって車は見えない。


f0126829_94811.jpg
     


 付近にある下水処理施設場。
 この付近の道路を通ればいつも目につく白い建物だ。そばには一般市民受け入れの不燃物処理施設(ゴミ処分場)がある。そちらは仕事で何度か利用した。昔、ここの処分場は受け入れ基準が厳しかったので皆なに嫌われていた。今ではそれが当たり前になっている。どこの処理場も、あれはダメ、これはあそこに持って行けとうるさくなった。そして処理代も高くなった。


f0126829_9533769.jpg


f0126829_9541791.jpg
     ↑:(②付近。)


 堤には資材置き場もある。市の仕事で出てきた処分品のようだ。伐採した樹木も整理して、関係者に事後承諾を受けているのだろう。綺麗に置いてはいるが、いつになったら最終処分するのだろう?


f0126829_1001370.jpg
     ↑:(②から③へ)


 流れる川は新川に注ぐ濁川。新川は排水のための人工河川だ。この濁川もそうなのか?
 そのいかつい構造物の下に、小さく「バッタ塚橋」が見える。


f0126829_105468.jpg


f0126829_106076.jpg
     ↑:(③)


 バッタ塚橋。その名の由来は、近くにバッタ塚があるからだ。確か、明治14年頃に十勝でバッタが異常繁殖した。バッタは日高の山を越えて、この石狩浜にも飛来した。そのバッタを処分した塚(墓)が近くにある。いずれはブログ紹介しよう。


f0126829_10111771.jpg



 白い施設に付随して、黒いシートで防御された貯水槽があった。何の溜め水なんだろう?フェンスで囲われているので中には入れない。


f0126829_18411588.jpg
     ↑:(④付近。)


f0126829_18415291.jpg 濁川が新川に合流する地点を撮ったつもりだが、なんら特徴のないスナップになってしまった。







f0126829_19232431.jpg


 海の傍に橋が架かっている。よく見ればわかると思うが、右側の陸地部分の橋がない。通れなくするために意図的に壊したのだろう。左側(左岸)から橋に登ることができる。


f0126829_18504617.jpg
     ↑:(上の写真と重複気味ですが。右岸の橋への取り付き付近の風景を確認して下さい。)


f0126829_1851322.jpg
f0126829_1924213.jpg



 橋の上の風景。


f0126829_1927235.jpg


 橋から海を望む。河口が中洲状態で塞いでいる姿が面白い。



f0126829_19284210.jpg



f0126829_19291477.jpg 橋から上流を望む。
 釣り人二人、まったりと時を過ごしていた。






 以下、砂浜のスナップを載せます。たいした写真ではありません。


f0126829_19305647.jpg
     ↑:河口を望む。


 砂浜を西に向かって歩く。


f0126829_19333233.jpg
     ↑:⑥


f0126829_1935599.jpg
     ↑:⑥


f0126829_19354536.jpg
     ↑:⑥


f0126829_19361923.jpg
     ↑:⑥。反対方向の風景。



 最後です。帰り際に橋に関わるベスト・スナップです。


f0126829_1938117.jpg
     ↑:(海方向から左岸の橋取り付き付近の風景。
ここから簡単に橋に登ることができる。いったい、いつ頃の橋で、いつ通れなくしたのだろう。何故壊したのだろう。必要ないということか。それにしても安易な管理だ。)

by sakaidoori | 2012-04-29 20:06 | ◎ 川・橋 | Comments(0)


<< 1725) ①「第3回 (有)...      1723)「米澤卓也作品展『ふ... >>