栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 20日

1583) ②「藤女子大学写真部 籐陽祭展 (第48回 藤陽祭・藤女子大学祭)」 藤女子大学 終了10月15・16日

○ 藤女子大学写真部 籐陽祭展
      (第48回 藤陽祭・藤女子大学祭) 
    
           踊る大走写戦



 会場:藤女子大学北16条キャンパス
     北区北16条西2丁目
      本館6階655教室 
     
 会期:2011年10月15・16日(土・日) 
 時間:10:00~18:00
     
ーーーーーーーーーーーー(10.16 日)

 (1582番の続き。)


f0126829_1122414.jpg


 「100人の笑顔」です。部員全員集合の笑顔スナップ集です。何だか明るくて元気良くて羨ましいです。あんまりまぶしすぎて、ニッコリ笑ってサヨナラを言ってきました。


f0126829_112235100.jpg


 こちらも総合作品展。
 壁一面にTシャツが並べばもっと楽しいのだろう。でも、そうなれば写真展の雰囲気を壊すのかもしれない。それはそれで学祭的なんだが・・・。
 キチンと行儀良く並んだシャツ・・・、藤の女学生達はおとなしい性格なのかな。



f0126829_11283650.jpg
     ↑:柚原果林(3年)、「妖精といた夏」。

f0126829_1501112.jpg

f0126829_1502455.jpg


 「一夏の爽やかで楽しかった夏の思い出」、そんな感じの少しセンチメンタルなスナップ集。ほんの少しボカシ風な感触で、そこに誰かを想っているのでしょう。
 サー、時は秋だ。直ぐに冬だ。雪の中にどんな妖精を見るのだろう。


f0126829_1593418.jpg


f0126829_15102861.jpg
f0126829_1510549.jpg
     ↑:以上、全て中出里菜(3年)。


f0126829_16363912.jpg


f0126829_1637472.jpg
f0126829_16372768.jpg



 どのスナップも素晴らしい。しっかり被写体を見つめ、強くシャッターを押している。濃いめの色合いは、子供達の生きる姿の覇気でもある。
 できることならば、もう少し大きめな作品で見たかった。もっと強い迫力が伝わるだろう。


f0126829_15212272.jpg



f0126829_1521555.jpg




f0126829_15232934.jpg
               ↑:内田優美(4年)。


 唯一の4年生作品。さすがに白黒のメリハリは今展一だろう。
 人物のいない都会風景の中に、一枚だけ見返り美人の街中作品を挿入している。両者のムードはかなり違う。それでも、脇を締めてコンパクトにキュッとまとめる姿勢は共通していている感じ。



f0126829_17194046.jpg
     ↑:熊林(1年)。


 それなりに大きな作品だが、オレンジのプレートも大胆に大きい。微笑ましい。
 「お昼・夕暮れ・もっと夕暮れ」の三点セット。明るさの違いが今回のテーマだ。残念だが、その主旨は成功したとは思えないが、それなりに面白い組作品だ。こういう風にしてモノトーンの、光の捉え方や表現力を身に付けていくのだろう。

by sakaidoori | 2011-10-20 17:26 | 学校構内 | Comments(0)


<< 1584) 「北浦晃・個展 『...      1582) ①「藤女子大学写真... >>