栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 29日

1575)②「MADE IN HOKKAIDO 2011 『北海道から世界へ!』」 アートスペース2 5月26日(木)~5月31日(火)

f0142432_172456.jpg

○ HIGH PRIDE ANIMAL presents.

  MADE IN HOKKAIDO
           2011

   北海道から世界へ!
      


 会場:アートスペース201 
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル 6階ABC室
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2011年5月26日(木)~5月31日(火)
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
             
 
 【参加作家】
 多数。

ーーーーーーーーーーーーーー(5.27)

 1574番①の続き。


立体作品の部屋


f0126829_1156258.jpg



f0126829_11571714.jpg



f0126829_11581488.jpg
          ↑:竹中良尚


f0126829_1201119.jpg


f0126829_1231511.jpgf0126829_1215864.jpg
f0126829_1244749.jpg


 くるみを輪切りにして卵形に作ったもの。「クルミ割りロクロ」といった感じだ。
 これまた、ピース作品同様に何かの賞を上げたい。遠目には、ただぶら下げられているだけで自己主張していない。近づけば近づくほどにビックリしてしまう。アフリカン・アートみたいで非日本的な見た目だが、細やかさ器用さは日本人だ。。
 作品は興味深いのだが、グループ展で見せるとなると難しい。何よりも目立たない。しかししかし、根気よくマイペースで続けて欲しいものだ。


f0126829_1217156.jpg
          ↑:こうた


f0126829_12184924.jpg



f0126829_1219782.jpg




f0126829_1219299.jpg



f0126829_12194344.jpg


 いや~、この下がり物は最高だ。
 宙に浮いている仕草が実にはまっている。パッチワークの色づかいも上手い。縁取りのはみ出しが、人形をいっそう生き生きさせて、小憎らしい技だ。夢膨らむボリューム感でもある。飛んで跳ねてくるくる回って、すっとんきょうの「こうた・ワールド」だ。
 そして、この「こうた」、てっきり男性かと思ったら女性です。よかった。こういうのを作れる男性も、ついに現れたかと困っていたところだ。ちょっとボーイッシュに「コウタ」と呼ばれたい呼びたい、やんちゃな女性かな?


f0126829_123321100.jpg


f0126829_1234318.jpg
          ↑:ウリュウ ユウキ


f0126829_12382058.jpg

f0126829_12391239.jpg



f0126829_12394864.jpg


f0126829_12402930.jpg



f0126829_1241231.jpg



 ご存じ、旅する撮影者・ウリュウ ユウキ。

 スナップ写真のぶら下げいいのだが、中を歩けるぐらいの簡単な回廊にして欲しかった。倍くらい増やして、なんとなく「ウリュウ迷路」にして作品を見たかった。少し遠慮気味の展示であった。



f0126829_12475181.jpg
          ↑:コガラ リョウスケ と hapo の合作?


f0126829_12492265.jpg




f0126829_12522112.jpg
f0126829_12525350.jpg




          ↑:左側から 長谷川史織、?。

by sakaidoori | 2011-05-29 17:09 | アートスペース201 | Comments(0)


<< 1576)⑥「松本ナオヤ・個展...      1574)①「MADE IN ... >>