栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 19日

1556) 登山 2011.5.18.水 「銭函天狗山 536.7m 銭函コース  晴れ」

f0126829_22285233.jpg



f0126829_22293193.jpg 今年2回目の登山。登山とは言っても2時間弱だ。本編でも2回目の登場、その時は真夏だった。
 もう5回目ぐらいになるのか、それでもこの時期のこの山は初めてだ。何故かというと、花粉症だから山に野にとはなかなかならない。今年は発症も遅かったし、山に無性に行きたくなった。登りはよかったが、おかげで本格的な花粉症になってしまった。

 上の写真は、左側の鉄塔のある山が手稲山。右側の特徴のある山が銭函天狗山。
 登山口から15分ほどで山荘に着く。それからは沢に沿って尾根まで歩くのだが、春の花盛りの時期だった。 そこまでの風景と花を載せます。


f0126829_22453589.jpg


f0126829_224762.jpg


f0126829_2247377.jpg


f0126829_22481580.jpg





f0126829_22492640.jpg
f0126829_2250651.jpg
 


f0126829_2341545.jpg
f0126829_22512679.jpg



f0126829_23421638.jpg
f0126829_23438100.jpg



f0126829_23435257.jpg
f0126829_23445261.jpg



 さて、これから尾根までは鳥の声を聞き、花を左右に楽しんでのノンビリ登山だ。


f0126829_2254497.jpg
f0126829_22544979.jpg



f0126829_2256357.jpg
f0126829_22561947.jpg



f0126829_22565386.jpg


f0126829_22581556.jpg



f0126829_22585790.jpg



 そして、尾根行、ガレ場行、頂上へ。かなりきつい尾根歩きだった。頂上は風が強かった。


f0126829_2345860.jpg



f0126829_2372656.jpg


f0126829_2374856.jpg



f0126829_2310484.jpg
     ↑:石狩湾。奥の白く見える山並みは暑寒別群。


f0126829_2315136.jpg


f0126829_23151691.jpg


f0126829_23163320.jpg



f0126829_23215192.jpg
f0126829_23221022.jpg




f0126829_2346332.jpg
f0126829_2347399.jpg


by sakaidoori | 2011-05-19 22:59 | ◎ 山 | Comments(2)
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2011-05-21 19:04 x
函館は20年前、国画会会員の福井正治、春陽会の友井勝章、新道展会員の長澤晃の四人で旅をした思い出の地。函館の画家たちと飲んだことが懐かしいです。そのときの画家たちは皆亡くなってます。酒飲みは長生きして60歳までです。栄通りさんもお酒は控え目に。
Commented by sakaidoori at 2011-05-23 22:30
>根保さんへ
お酒の話ですね。

 私は30才から本格的?に呑み始めました。どうも人生の定量を飲み尽くしたみたいですね。呑めるのですが回復が悪い。昨年の年末から
相当減らしたのですが、最近はリ・バウンドです。
 その還暦60才は来年ですよ!我が人生幾ばくぞ、などと啖呵がでそうです。
 根保さんには画家とのいろんな思い出があるのですね。どうぞ、気の趣くままにここで語って下さい。遠い時代の知らないことですが、聞く方も何とはなしに懐かしい思いになるものです。


<< 1557)③「阿部真大個展 中...      1555)②「大泉力也個展 中... >>