栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 14日

1546) 「平岡梅林公園 2011年5月12日(木) 晴」

 今年の春は寒い。冬の雪の量は少なくて白い風景の期間は短かったのですが、温度が上がらず、花の開花は随分と遅くなっています。おかげで白樺の開花も遅く花粉症の発症も遅かった。今ようやく白樺花粉に悩まされています。
 
 平岡公園の梅の開花は連休頃で、連休後が例年の見頃です。だから、12日とは少し遅い訪問になるわけです。少し心配でしたが、その様子を載せます。満開は来週でしょう。12日の段階で四分から五分咲きといった段階でした。花を十二分に愛でるには少し早かったかもしれません。それでも見頃の集団もあり、花びらの落ちることのない堅めの生娘といった花を楽しむことができました。来週一杯は問題なく楽しめるでしょう。


f0126829_19414196.jpg

 

 ゲートを通って直ぐの光景が上の写真です。全くない花びらにビックリです。


f0126829_19315252.jpg



 梅公園が一望できるところからの風景です。
 ここは丘のすり鉢状のところに樹があります。もともと寒い場所だから開花が遅いのが特徴です。丘の底の辺りには出店もあり、賑わっている様子が見えます。下っていけば行くほど、冷たい風も当たらないからでしょう、花も適当に咲いていてようやく楽しむことができます。いささか寂しい梅姿という思いで歩き始めましたが、場所によってはそれなりの花の賑わいで、まずまずの行楽でした。

 以下、適当にその様子を載せることにしましょう。

f0126829_19172798.jpg



f0126829_1985676.jpg



f0126829_19422757.jpg


f0126829_19425894.jpg




f0126829_19434788.jpg



f0126829_19484759.jpg



 上の写真は、入り口とは反対側の斜面の風景。こちらは程良く咲いている。
 こちら側かはもう一つの入り口に行くことがでます。途中に橋を渡って、上に行けば駐車場、下の低湿地帯には木道があり、次はその沼地の様子です。


f0126829_20483312.jpg


f0126829_2049279.jpg


f0126829_20494146.jpg


f0126829_2056551.jpg


f0126829_20571786.jpg



f0126829_2104391.jpg
          ↑:エゾノリュウキンカ。


f0126829_2113528.jpg
f0126829_2115973.jpg
     ↑:左から ミズバショウ、ザゼンソウ。

f0126829_2132283.jpg
f0126829_2142529.jpg
     ↑:左から オオカメノキ、カワラヒワ。

f0126829_2153564.jpg
     ↑:(真ん中のトカゲの尻尾、分かりますか?)


 さて、もと来た道を戻って、梅を見ながらのお帰りです。


f0126829_21111831.jpg



f0126829_2112069.jpg



 高校のコーラス部でしょうか、先生のタクトに合わせて楚々と歌い合わせを見ることができました。聞けば、「風」にまつわる歌です。小さな小さなたゆたゆしい音色、歌い終わると妻は拍手を贈っていました。生徒は笑顔でお返しをしていました。


f0126829_21171896.jpg




f0126829_21175132.jpg
f0126829_2118521.jpg




 

by sakaidoori | 2011-05-14 21:20 | ◎ 花 | Comments(0)


<< 1547) 「土田俊介・個展 ...      1545)「札幌大谷大学短期大... >>