2011年 04月 30日

1520) 「Bisen OBの彩展vol.4 ~彩 irodori~」 アートスペース201 終了4月21日(木)~4月26日(火)

 
○ Bisen OBの彩展 vol.4 

    ~彩 irodori
 


 会場:アートスペース201 
      南2条西1丁目7・山口中央ビル5階
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2011年4月21日(木)~4月26日(火)
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(4.26)

 今年の美専(北海道芸術デザイン専門学校)の卒業展を見た。明るく大きく元気一杯だった。嬉しくなって本編に記した。
 その学校の卒業生展だ。当館6階全室を使っている。その規模の大きさに感心した。
 まず、3室の会場風景から始めます。


f0126829_20131194.jpg


f0126829_20132357.jpg


f0126829_201338100.jpg
          ↑:(以上、A室。)


f0126829_2017034.jpg


f0126829_20172323.jpg
     ↑:(以上、B室。)


f0126829_2025228.jpg
f0126829_20255866.jpg
     ↑:(以上、C室。)





 ご覧の通り作品は小振りだが、それは仕方がない。本展の目的は、学校卒業後も好きな絵を描き続けよう、互いに見せ合おう、知らない人にも見てもらおう、そして画こう。そういう画く励みの為の展覧会だからだ。

 訪問した時は最終日で、在校生が沢山いた。賑々しいことはいいことだ。それに、在校生にとっても画く刺激になるだろう。先輩を直に知る、同じ志を持つ年上の人との会話は興奮度が違うだろう。

 さて、今展のテーマは「春・初夏」、21名の参加者だ。
 自分好みを中心に、何人かの紹介になります。部屋に関係なく、ランダムにいきます。


f0126829_21454242.jpg
          ↑:片村早花、「おのまとぴあ」。

 今展一のお気に入り。普通に爽やかで明るい気分になってしまって、還暦近い男性としては少し恥ずかしくもあるのですが、やはりチャンと自分好みを伝えていきたいと思います。
 これは絵日記ですね。一年365枚とはいかないでしょうが、絵週記50枚あれば最高だ。
 「おのまとぴあ」、宮沢賢治の好きな擬声語です。喜びの「アッ」、驚きの「アッ」、哀しみの「アッ」、怒りの「アッ」、心からの「アッ」。静かに「アッ」、大きく「アッ」、優しく「アッ」、心から「アッ」・・・そんな「アッ」と絵との絡み合い、女の子の100葉の心模様があればと思う。


f0126829_22325358.jpg
     ↑:イラストレーション専攻 40期卒 初参加・涌井彩子、(始まる、成長をイメージする)。

 ジグソーパズルに組み込まれた、ちょっと不思議なムード。成長途上の妖艶さを妊んだ、空を見上げる娘心、そんなイメージを抱いた。次回はどんなピースがこの絵に継ぎ足されるのだろう。大きく大きく壁一面に拡がりたい、絵がそう言っているみたいだ。



f0126829_22464624.jpg
     ↑:イラストレーション専攻 39期卒 4回目・まつお あやの

f0126829_22465778.jpg
               ↑:「むれ」。

 輪郭のスッキリさ、色の重なるあでやかさ、そして単色の明快さ、そんな色のハーモニーを楽しみ、ちいさな紙の上のフリーハンドを楽しみ、一つ一つの作品ができていく。
 特に「むれ」が好きだ。ピンク地のツブツブの群れ、ツブツブの小さな窓、春です。


f0126829_22555195.jpg
     ↑:イラストレーション専攻 40期卒 初参加・早坂海治、「Obey daydream In Nil」。

 無意識界を楽しんでいる。


f0126829_238653.jpg


f0126829_239587.jpg


f0126829_23103436.jpg
f0126829_23105429.jpg
     ↑:早坂海治

 やはり湧き出るイメージを愉しんでいる。しかしこの胆力、集中力は素晴らしい。粘着的に時間を忘れた没我状態なのだろう。若い描き手ではあるが、絵画に取り組む魅力、怖さ、凄さを垣間見ることができた。


f0126829_23162817.jpg
     ↑:イラストレーション専攻 40期卒 4回目・小林龍一、「」。

 しっかりした描写力によるハッピーな作品だ。この絵がもっと大きかったら、あるいは他の架空の動植物が絵巻物のようにして登場したら凄い迫力だ。この部屋一杯を龍一・ワンダーランドにしたら。



f0126829_8591847.jpg
     ↑:イラストレーション専攻 40期卒 4回目・KOICHI、「Awking」。

 ドーンと旅立ちましょう、ドーンと!



f0126829_941351.jpg
          ↑:イラストレーション専攻 40期卒 初参加・ スズキ ラン

 満々開の春です。これ以上の幸せはない春です。
 「1987年生まれ、札幌市内デザイン会社勤務、トイカメラにはまってま~す」とのことです。
 次は夏をお願いします。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この日の風景。

 いつになく早寝をして、いつになく早起きをした。「早起きは三文の得」、など信じたことはない。朝寝坊・サボリマンへの愛のメッセージだろう。以下、三文の得の為の早朝ショット。



f0126829_9165733.jpg


 4:26。近所である東北通りの朝の風景。


f0126829_9224191.jpg


f0126829_9221986.jpg


 5:28。日の出。久しぶりの御来光だ。良き日でありますように。

by sakaidoori | 2011-04-30 23:32 | アートスペース201 | Comments(0)


<< 1521) 「山本雄基・個展 ...      1519) 「片山亜耶 個展・... >>