栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 07日

1450)①「ヒトリヨガリノ2人展 『カフェテリア』」・アートスペース201 2月4日(木)~2月8日(火)

○ ヒトリヨガリノ2人展

     カフェテリア
 


 会場:アートスペース201 
     南2条西1丁目7・山口中央ビル 6階C室
     (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2011年2月4日(木)~2月8日(火)
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:22~19:00

◎知北梨沙×舞踏◎ 2月4日(金) 19:22~ ×羽山瞳 
              2月5日(土) 16:22~ 
              2月6日(日) 13:22~ 
              2月8日(火) 19:22~ ×羽山瞳
              
 
 【参加作家】
 チキタリサ 羽山瞳 齋藤ちい(ゲスト)

ーーーーーーーーーーーーーー(2.5)

 (以下、敬称は省略させて頂きます。)


 今展の最大主旨は知北梨沙主演の舞踏公演だ。その為の会場構成であり、会場構成の一環として羽山瞳の写真展がある。

 初めに会場風景を載せます。公演前から演技者の知北梨沙は舞台をくるくると徘徊して、気分は演技モードだ。そのそぞろ歩き姿も写っています。
 流れで舞踏のコメントを添えていきます。
 最後に羽山・写真紹介とコメントです。


f0126829_18392560.jpg


f0126829_2014678.jpg


f0126829_2112797.jpg


f0126829_2031887.jpg



f0126829_2071497.jpg



f0126829_20103970.jpg
f0126829_2011331.jpg



 お客にコーヒーを注ぐ、そしてしずしずと無言無表情で立ち去っていく。
 白昼夢あるいは夢幻境の世界だ。ほとんど能の世界だ。かぶり物の花冠も浮世離れしている。いい顔隠しだ。非と虚と凶の前触れでもある。

 そして会場照明は消え、本格的に明と暗の光が織りなしていく。


 物語は一人の少女が真昼の健康的な日常の明るさを演じ、その少女のもう一人が夢現の影の世界を演じていく。演じる二人は一人の乙女の表と裏、明と暗、昼と夜。二つの世界は交じり合うことなく交差し、ねじれ合い踊りとして時間が流れていく。自分の狭い世界に満足している。自己耽溺でもある。

 表の健康少女を演じる齋藤ちえは絶好調だ。地の素顔をそのまま舞台で演じているのか、うらやましき素振りだ、笑顔だ。発散型の熱演だ。
 主役のチキタリサは、ポッキリと折れそうな細い体を内に内に引き込む体の使い方で、常に丸く丸くのたうち回る。己の存在にいつも不満な様子で、ひきこもり夢幻境を演じている。


f0126829_2030181.jpg
f0126829_20303164.jpg



f0126829_20314715.jpg
f0126829_20321412.jpg



f0126829_20372143.jpg



f0126829_20374639.jpg



f0126829_2038261.jpg



f0126829_2039392.jpg



 互いが互いを知らないはずなのに、なぜか向こうの世界の己の存在に気づいてしまった。気づけばそれは嫉妬の対象以外にはありえない。知るということは独占することだ。独占とは相手を消すことだ。知らない世界で楽しんでいる相手(自分自身)を許すことはできない。嫉妬は憎しみに、憎しみは狂気に、狂気は殺人へと真っ逆さまに堕ちていく。

 残念なのは二人の格闘シーンを真っ暗闇で演じたことだ。激しいドタバタ音は会場にとどろいてはいるのだが、二人の生の格闘シーンを見ることはできない。舞台効果として暗闇演技も悪くはないが、演技修行中の二人だ。ここは是非とも荒れ狂う醜態をさらして欲しかった。当然照明が激しく明滅しているだろう。


f0126829_20561768.jpg


f0126829_20564717.jpg





f0126829_20571257.jpg



 横たわる二人の乙女・・・エンディングだ。わずか15分だが、良いものを見た。脚本、音楽、衣装、照明と本格的だ。コーヒーにお菓子に投げ銭もさせないという徹底的なサービスであり虚構を築こうという強い意志だ。全ては羽ばたく為の訓練、準備であり土俵作りだ。素晴らしい。


f0126829_2113031.jpg
f0126829_21134391.jpg


 齋藤ちい。君の仁王立ちは美しかった。大地に足が食い込んでいた。


f0126829_21154132.jpg



 知北梨沙。昨年の印象は憂いを引きずったシンデレラ・ガールだった。舞踏を目指すという言葉に半信半疑だった。失礼した。丸い内向きの動きに磨きをかけて下さい。次も宜しく!



f0126829_21211711.jpg

 火曜日の午後7時過ぎに最終公演です。


 舞踏記に力を入れ過ぎてしまった。
 羽山瞳の写真記は少し後れて書きます。

 (②に続く。)

by sakaidoori | 2011-02-07 21:51 | アートスペース201 | Comments(0)


<< 1451)「札幌旭丘高等学校 ...      1449)「『にらめっこ』 川... >>