栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 24日

1016) 室蘭市民美術館 「所蔵作品展 伊藤正・展」 6月2日(火)~7月12日(日)

○ 所蔵作品展 伊藤正・展
   
 会場:室蘭市民美術館
     室蘭市幸町6番23号
     電話(0143)22-1124

 会期:2009年6月2日(火)~7月12日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00

ーーーーーーーーーーーー(6・21・日)

 若手中心のグループ展「霞」を見に室蘭に行った。当然、昨年出来たばかりの室蘭市民美術館を見るのも重要な予定だった。
 室蘭に美術館を!という活動は名前だけは知っていたが、その実体は全然知らない。お金のかかる美術館だ。失礼な言い方だが、その実現性には疑問を持っていた。門外漢の僕なんかの心配などは吹き飛ばして見事に実現した。心からおめでとうございます。

 さて、初訪問の展覧会は「伊藤正・展」だ。伊藤氏の遺族が2001年に室蘭市に寄贈された。機縁はわからない。
 かなり広い長方形の部屋だ。真ん中に柱が2本ある。天井はそれほど高くはない。絵画を見るには問題ない。

f0126829_2342379.jpg

f0126829_23434913.jpg


 伊藤氏の絵画は札幌の風景画でお馴染みだが、大作はあまり知らない。

 21点の作品が4つの時期区分に分かれている。

 ① 順風万藩のスタート -構図技法の探求ー。(1915年・大正4年、朝鮮に生まれる。)
 ② 渡欧 -貞子との幸せな日々ー。(1962年4月、妻貞子と伴に初渡欧。)
 ③ 家族との死別 -再び欧州へー。(1966年・昭和41年、貞子の死。享年43歳
 ④ 晩年 -衰えぬ制作意欲ー。(1989年、逝去。享年75歳。)


f0126829_015329.jpg
     ↑:①「鼓笛隊の少女」・1946年(31歳頃) 油彩 91.0×72.7cm。

 瑞々しい作品だ。少女と音楽、画題に負けないくらいの健康的な作風だ。展覧会の初めを飾るには最高だ。

f0126829_083941.jpg
     ↑:①「野草のある構図」・1949年(34歳頃) 油彩 116.5×91.0cm。

 花と女性が画家の絵のエネルギーかもしれない。それに、風景画が加わるのだろう。


f0126829_0162319.jpg
     ↑:①「二人」・1952年(37歳頃) 油彩 116.2×90.7cm。

 後ろの額装が一工夫か。人物をしっかり大きく描く、小道具を構図として利用する。氏の絵画方法のようだ。


f0126829_0263342.jpg
     ↑:②左から、「ガランド通の家“パリ」・1963年(48歳頃) 油彩 90.8×73.0cm。
       「ジャルダン・サン・ボール通りの壁“パリ」・同年。

 硬くて暗い。佐伯祐三の初期渡仏滞在時と同様に、型というか構図からパリの風景(建築物)を見つめている。がっしりとした構築物になっている。


f0126829_0373495.jpg
     ↑:③「セーターの女」・1964年(49歳頃) 油彩 116.1×90.8cm。

 初の渡欧以後の帰国作品。妻貞子が癌と判明する。モデルは癌と分かって描いた妻・貞子か?暗さと硬い線描は欧州での壁の絵と同じだ。欧州の壁は喜びで描いた作品だが、この絵の線は苦しみの反映と言う事か?


f0126829_04671.jpg
     ↑:③「埋葬・雪」・1966年(51歳頃) 油彩 145.1×112.1cm。

 妻・貞子への挽歌であろう。全出展作の中でも異色の作品。幸せな画題を描く事多き画家にとっても、数少ない哀しき絵であろう。万感の思いの伝わる作品だ。


f0126829_0525976.jpg


f0126829_0554078.jpg
     ↑:④「室内」・1978年(63歳頃) 油彩 130.2×162・0cm。

 明るく華やかな絵だ。この人には暗い絵は似合わない。堂々とししっかりした美人がよく似合う。
       

by sakaidoori | 2009-06-24 00:59 | ☆(室蘭)室蘭市民美術館 | Comments(0)


<< 1017) 槌本紘子のストック...      1015) ①市民ギャラリー ... >>