栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 18日

2572) 「野崎 翼(九州大学1年・折り紙)の場合 (’18群青『対展』会合) 」チカホ 終了/8月17日(木) 18:00~




「2018年群青『対展』打ち合わせ」


野崎 翼(九州大学1年・折り紙の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)

日時:2017年8月14日(月) 18:00~20:00

-----------(8.17)

f0126829_1411072.jpg



来年の展覧会・群青「対展」参加予定者、折り紙青年・野口翼(旭ヶ丘高校美術部OB、九州大学1年)君との対展打ち合わせだ。

「対展」は写真が基本だ。しかし、写真ばかりの対作品ばかりでは疲れてしまう。誰かいないかな~、と思っていたら、野崎青年からメールが来た。「無事九州大学に合格しました。連絡が遅れてすいませんでした」即、折り返し電話で「対展」参加を打診した。即、「OK!」

そして、お盆の帰省のこの日、この時間に、この場所で対展説明会だ。

一時間ほど経った。何やら落ち着かずにボストンバッグをいじっている。
帰りたいのかな?・・・
と思いきや、いきなり商売道具のお披露目だ。





f0126829_1536981.jpg



イモリのような、ヤモリのような、恐竜の末裔みたいなのがすわっと現れた。
怪しげな和紙でできていて、触るとぬめっと・・・手のひらに心地良い。
カニの甲羅のような、抜け殻の残骸のようなものまで涌いてきた。





f0126829_15404882.jpg




おおっ、次は「心模様」が固まって、岩をなしている。




f0126829_15411071.jpg



剥ぎ取られた一枚一枚の「心という甲羅」、「心の襞」。
素材の紙の色模様は中間色。野崎翼は緑が好きだという。激するわけでもなく、沈み込むでもない。僕には「不安」を引き出す色模様に見えて仕方がない。

野崎翼に8mの壁を与えて、好きに折り紙で壁を刻んでもらいたい。
目の前にある折り紙は本当にカケラだ。でも、全てはミクロのカケラから始まる。
野崎翼はまだ二十歳だ。が、「心の成長」というものはあるのだろうか?今抱いている想念を見える形にする!「見える形」が何かを気付かせて、何かが更に産まれてくる・・・「形にする」とは「生まれいずる悩み」かもしれない。そんな苦しい悩みなんて!しない方が本当は楽だ!野崎翼はどこまで「悩み」を背負うのだろう?いや、折り紙だから「楽しむ」のかな?「悩む」、「楽しむ」、「哀しむ」、同じ心から産まれるのに、身もだえしてしまう心の移り変わりだ。

カケラが重なり膨らみ増え続けて、「野崎・心模様」が大きくなるのを見たいものだ。




さー、野崎折り紙小劇場は店じまいだ。ピースでわかれよう。


f0126829_16402969.jpg




・・・

我が家には2点だけだが野崎即興作品がある。



f0126829_16411793.jpg



2年前に丸島企画展で折ってもらった作品。
なぜだか折り紙の下には「レーニン」がいる。今日、同席した女性はロシア大好きと言っていた。不思議な偶然だ。
そうだ、彼女はロシア語が得意という。
彼女にドストエフスキーの「白夜」冒頭を捧げよう。

素晴らしい夜であった。それは、親愛なる読者諸君よ、われらが若き日にのみあり得るような夜だったのである。空には一面に星屑がこぼれて、その明るいことといったら、それを振り仰いだ人は、思わずこう自問しないではいられないほどである――いったいこういう空の下にいろんな怒りっぽい人や、気まぐれな人間どもが住むことができるのだろうか?これは親愛なる読者諸君よ、青くさい疑問である、ひどく青くさいものではあるが・・・


f0126829_1652528.jpg




f0126829_16532199.jpg



上の綠の作品、今日頂いたものだ。ありがとう。

# by sakaidoori | 2017-08-18 16:56 | チカホ | Comments(0)
2017年 08月 17日

2571) 「岩佐俊宏 ~チカホで、100枚のスナップ写真を見る会 」チカホ 終了/8月14日(月)  18:00~




◎「
チカホで、丸島均と100枚のスナップ写真を見る会


2017年期 第5回
岩佐俊宏 (北海道大学写真部OB)の場合


場所:札幌市チカホ①②番出入り口付近の白くて丸いテーブル
   (銀だこやモスバーガーの前!)
日時:2017年8月14日(月) 18:00~23:00
-----------(8.14

f0126829_11593927.jpg


f0126829_11591117.jpg



チカホのタコ焼き屋の前で、「100枚のスナップを見る会」を不定期的に開いている。
「会」とは言っても、「丸島がその人のスナップを見る」というものだ。何人か集まらないといけない、ではいつまでたっても始まらない。人が来ても来なくても「丸島が見る」でやっている。
とは言っても、お客さんは多い方が良い。常連的メンバーもいるにはいるが、この日は常連無しの4人の「見る会」、しかも、なんとなんと11時まで!食わず呑まずで長々とお喋りをしてしまった。集まった皆さん、ありがとうございました。

この日は東京在住の岩佐俊宏君(以下、敬称は省略させていただきます)。

190枚のスナップ、一目で「黒い!」っと叫んでしまった。昨年もこの時期に彼のスナップを見た。今回と似た感じだったが、「暗い」と記憶している。「黒い」も「暗い」も同じでは?と言われればそれまでだが、ただただ「黒い」スナップと向き合うことになった。
どんな「黒さ」かというと、ビシッとしている。企業戦士のように勝ち負けがはっきりしていて、曖昧さを許容しない。被写体をしっかり見つめて切り取って、「黒い」世界に放り込む。面白味には欠けるが、これだけ徹底していると清々しい。「黒い」というイメージには、どこか鬱積した人格的マイナスが付きものだ。嘔吐する、明日なき闇夜、光も出口もない部屋・・・だが岩佐・黒は若々しい。

集まった人に、自分好みを選んでもらった。いつもは4枚以下の選択だ。だが、「選ぶ」とい世界ではない。一塊でイメージを演出してもらった。


f0126829_13303850.jpg

「直線と色味」を強調した選択だ。
選んだ人が、「岩佐さん、黄色が好きなんですね」。
岩佐君、黄色好みを指摘されてちょっと困惑気味。「ほんとうだ。確かに黄色が多い・・・・・」。


f0126829_13510074.jpg

これは丸島がえらんだもの。「黒」を強調して、おしゃれに「女性」を配してみた。
無効の世界、それは幻想、妄想、落ち着き・・・そこからこちらの世界に行こうかな・・・行くまいかな・・・行っちゃおうかな・・・行くのを止めようかな・・・と、楽しく悩んでいる岩佐俊宏くんでした。




f0126829_13322133.jpg

これは、「思想表現」というよりも「遊び心」ですね。「光と影」を楽しみ、被写体に微笑み、線のリズムで皆さんに「こんにちは!」と挨拶しているみたい。


f0126829_14020933.jpg

こういうのも選んでみました。皆さんはどんなイメージですか?


f0126829_14004372.jpg
岩佐俊宏君です。



f0126829_14012968.jpg

帰宅は12時頃。
この日は妻が不在。というわけで、残り物で5色ご飯を作りました。
青年達との愛すべき時間をふりかえり・・・お腹にしみ入る夕ご飯でした。





# by sakaidoori | 2017-08-17 14:29 | 100枚のスナップ | Comments(0)
2017年 08月 08日

2570)③「『moment』 篠原 奈那子(藤女子大学4年)写真展」 アートスペース201 8月3日(木)~8月7日(火)




moment

篠原奈那子写真展

(藤女子大学写真部4年)



会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年8月3日(木)~8月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


3度も続けて「篠原個展」、見飽きたことでしょうが、しかたがないのです。今展は丸島均が企画している展覧会「群青(ぐんせい)」の企画展だからです。会場のアートスペース201さんも協賛しての個展だからです。

企画および協賛の主旨は、「群青参加者の若手を『個展開催』という形で支援する」という、明解な目的で誕生した「個展」だからです。




f0126829_10140956.jpg

総合タイトルは「moment」。

もし副題を丸島流に名付けるとしたら、
「花とナナコ、海とユキ、そして22歳の7月」  (「ユキ」はモデル嬢の仮の名前。雪のように美しく。)


二日目、8月4日の篠原奈那子は忙しかった。
中央バスターミナル地下は食堂街になっている。その一角に「自由空間」と絵画展示コーナーがある。喫茶レ・ノールが管理している。その日が「サマーウエーブ展」終了で、「篠原個展」の宣伝を兼ねて篠原奈那子も参加した。作品の撤収のために、個展終了後に喫茶店におもむいた。

展覧会の打ち上げも終わろうとする時間だった。残っていた画家と篠原は議論?に参加した。






f0126829_10364776.jpg






f0126829_10352877.jpg






f0126829_10374349.jpg



会期中、多くの知人先輩達が来てくれた。
感謝を込めて、篠原奈那子に集う人達を伝えましょう。




f0126829_10512972.jpg




やりなおし!


f0126829_10520941.jpg


f0126829_10525925.jpg


「シノハラ!ばはは~い」
(恋する乙女は元気が良い。しかし、後輩の後塵を踏むわけにはいかない。心に記す思いで帰ったことだろう)



f0126829_10583019.jpg

「わたし、人物、撮り慣れないの~。男の人~、撮っても良いんですか~」

ぎこちなく構える◯◯◯◯さん。

更なるポーズは・・・・




f0126829_11014925.jpg



f0126829_11051363.jpg


翌日の日曜日。

ちょっと遅れたナナコ。
そして、かなり早めに帰るナナコ。


今日が最終日です。
彼女は一日います。
よろしくお願いします。












# by sakaidoori | 2017-08-08 11:08 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 08月 07日

2569)②「『moment』 篠原 奈那子(藤女子大学4年)写真展」 アートスペース201 8月3日(木)~8月7日(火)




moment

篠原奈那子写真展

(藤女子大学写真部4年)



会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年8月3日(木)~8月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~18:00まで。)
 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


今展の特徴をザックリと書きます。

①最大の特徴であり、長所は、バライタ紙のみで(当然、手焼きモノクロ)39点展示したことだ。しかも学生が!
金銭的にも、労力的にも、手焼きのレベル的にも、制作する緊張度といい立派としか言いようがない。

実力のある大人の写真家諸君!機材の自慢ばかりをしていても仕方がないのだ、やれ構図がどうだとか、焼き具合が悪いとかを言う暇はないのだ!篠原奈那子展をみるべし。君たちが忘れていた写真心の原点がここにはある。

窓のない展示会場は、篠原奈那子好みに包まれている。一人静かにボーッと何かに浸っているという・・・。



②誉めるのはそこまでだ。

確かに悪くはない。が、さて・・・。
個展は他との比較が出来ないから、だからこそ発表者の意志、意欲、情念、情緒がストレートに伝わる。今展の場合は、「22歳という女子大生の、深くもなく浅くもない乙女心。沈むでもなく、浮かぶでもない不安定なムード。重くもなく、軽くもない明日への夢。そしてほんのチョッピリ美しくありたい自分。

おそらく、若い女性にとっては落ち着く会場になっている。だから、今展を大成功と言えば言えるのだが、僕には大いに不満が残る。

拡がりがない、冒険心がない。あまりにも小さな小さな視野狭窄の世界だ。
現在の位置に止まっていたら、発表する材料に尽きるだろう。

自分に浸るロマンはあっても、自己愛は感じるが・・・作品とはそういうものなのだが・・・若さのかわいさがあっても、新たな乙女心や不安定感を感じない。

・・・・・・

だが、無い物ねだりを篠原奈那子に求めているのかもしれない。
彼女が「撮影者」に止まるのならば今で充分なのかもしれない。
「22歳の女」、「22歳の篠原奈那子」にはもっともっと沢山の心があると思うのだが。
少ないとしても、いろんな見方があると思うのだが。

女とは化けるのを楽しむことができる。もっともっと化ければいいのに。
おてんば娘が女の原点だと思っている。もっともっと好き勝手に遊べばいいのに。いろんな「不安」を見つければいいのに。



f0126829_10574862.jpg



左回りで作品を載せていきます。



f0126829_11073525.jpg





f0126829_11081954.jpg









f0126829_11113610.jpg





f0126829_11130659.jpg









f0126829_11141532.jpg

会場は壁面毎にシーンを替えている。
上の写真群は一番最後のコーナー。友人をモデルにしている。この壁で盛り上がらねばならないのに、一人の女性をほんの少しだけ変えているだけだ。変化に乏しかったのが今展の最大の問題点だろう。今後を期待しよう。








# by sakaidoori | 2017-08-07 11:22 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 08月 05日

2568)①「『moment』 篠原 奈那子(藤女子大学4年)写真展」 アートスペース201 8月3日(木)~8月7日(火)

f0126829_08304107.jpg


moment


篠原奈那子 写真展

(藤女子大学写真部4年)



会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:2018年8月2日(木)~8月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)

(ご無沙汰しています。久しぶりの投稿です。)

展覧会「群青」企画、アートスペース201協力による個展です。

既に始まっています。


バライタ紙による手焼きモノクロ39点が、ビシッと会場を埋めている。清々しい。

発表者はたかだか大学4年生だ。だが、今展のようなバライタ・手焼きのみで埋め尽くす写真展は見たことがない。
内容は見事・・・と、言いたいが、そこは22歳だ。高度なものを求めてはいけない。
どれだけ「22歳の女性の感性」が表現できたか、を楽しんで下さい



以下、設営時の風景を載せます。


f0126829_09134161.jpg




f0126829_09142865.jpg







f0126829_09153481.jpg

f0126829_09151467.jpg



# by sakaidoori | 2017-08-05 08:38 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 02月 21日

2567)⑧「群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 終了・2017年1月26日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ~ぐんせい



2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会



 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.8)


f0126829_114285.jpg

(   ↑:5階D室)

f0126829_11422771.jpg

(   ↑:5階E室)

f0126829_11431271.jpg




 第4回群青展も無事終了しました。

 参加していただいた表現者の皆さん、
 見に来ていただいた方々、
 何かと協力を頂いた会場のアートスペース201の関係者さん、
 本当にありがとうございました。

 54名という多大な参加者、それは「群れる」と言われても仕方がない。が、二つの「対展」以外はかなりの発表面積がある。単に群れるでは消化できない。それぞれが時間と金をかけての発表だった。誇るべき発表量だと信じている。

 それでは「質」の面ではどうか?
 一所懸命な姿は提示できたと思う。
 一所懸命ならば質の良い展覧会と言えるのか?言えない。が、それなくしては他人に自信をもって見て貰えない。その限りでは誇るべき展覧会だ。
 今展の特徴を一言で言えば、「若さ」だ。「若さ」故の技量不足、展示の未熟さ拙さ・・・これは認めなければならない。また、若さの持つ無手勝流の奔放さもそれほどではなかった。それでも、当代の「若さ」は充分に発揮していた。真面目さ、直向きさ、ロマンスとして。
 後は見る人の判断に委ねよう。

 この展覧会は有志展ではありません。あくまでも丸島が呼びかけ、それに応えてそれぞれが参加費という自己負担をし、最終的には参加者の協力で出来上がった展覧会です。協力の程度はバラバラです。あくまでも「参加」の一点で関わった人、かなりの時間を今展の準備や展覧会に注いでくれた人、いろいろです。が、これだけの規模の展覧会、いろんな形での関わり、協力が無ければ実現はできなかった。

 私は有志展ではなく協力展と言った。自己表現に安易な有志・同士は必要ない。有志を募る気もない。形は「丸島に協力」ではある。が、作品を論じ合うことはないが、互いの作品がここにあるということで共鳴を生んでいる。共鳴という協力展だ。
 
 
 発表スタンスもいろいろです。その違い、組み合わせを楽しんでもらうのが呼びかけ人の一つの企てです。上手くいったかどうか?これも見る方に判断をゆだねよう。


 表現とは片思いのようなものだ。愛して愛して作品を作り上げても、その作品が報いてくれるとは限らない。それでも愛し続けなければ作品という形にならない。それに、作品は本当の他人ではない、困ったことに自分でもない。愛とは他人に認めてもらうことだろう。作品が自己愛の対象になりえても、作品が作者を愛するとは限らない。だから、作者は作品を続けなければならないのだろう。続けなければ愛を失うかもしれない。

 今後、個々の作品を載せて行きます。


f0126829_16105160.jpg



 2月4日は会場で軽食パーティーだった。8時で終了。別れがたく、二次会に行った。それでも別れがたくラーメンを食べに行った。そのラーメン行脚での写真か?
 僕はよっぱけていて全て忘れた。

 今、この写真を楽しく眺めている。
 モノクロ展参加の橋本つぐみだ。
 昨年の群青展のおり、「次回も出よう」と誘った。「2枚の作品発表でなら・・・」。か弱い反応だった。
 が、その後「モノクロ展を3人でしませんか?」「えっ、良いな~、やりましょう!」

 今回は僕が尋ねる前に、「次回は何が良いかな~」と提案してくれた!橋本スマイルでやる気満々だ。

 ということです。来年の群青展もよろしく!

# by sakaidoori | 2017-02-21 16:36 | アートスペース201 | Comments(1)
2017年 02月 04日

2566)⑦「(後期)群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.2)


 日々、楽しい思いをしてアートスペース201に通っている。
昨日の朝はバスの時間を間違った。仕方がないから地下鉄まで歩いた。地下鉄、、チカテツ・・口をしっかり開けて強く発音する・・・チカテツチカテツチカテツ・・・慌ただしくするーっと乗り込む。座る。
 目の前の人をノンビリと眺めてはうつむき、思わず居眠りをしそうになり、はっと我に返っては、しばし沈思黙考。・・・

 昨日はほとんど写真を撮らなかった。数少ない記録スナップを載せます。


f0126829_06030143.jpg


 仲良き4人衆だ。平均年齢は・・・25歳弱・・かな?
 全員今回の群青展参加者です。
 左側から、宍戸浩起(北海学園Ⅱ部写真部・2年)、佐々木彩乃(藤女子大学写真部OG)、阿部雄(札幌大学(写真部OB),平間理彩(藤女子大学写真部4年)。





f0126829_06073441.jpg


 素知らぬ関係の4人。
 見知らぬ関係・・・無視する関係・・・群れたくない人達?




f0126829_06263797.jpg


画家を交えての群青鍵を急遽開催。議題は群青第6回展の構想です。

左端に吾が愛妻が久しぶりに登場。




f0126829_06305821.jpg



 ところで、今日はイベントがあります。
 
 「ドローイングマンのドローイングライブ
  今田朋美の書ライブ
   鼓代弥生の打楽器・ジャンベ(縄文太鼓)」です。

 3人に一切を任せているので詳細は全く不明。言えるのは、音楽をドローイングマンのBGMにしないことです。対決関係か調和を重んじるのか・・・それではドローイングマンライブと書ライブは具体的にはどんな感じなのか?無関係な描き描きマンと書き書きウーマンが背中を向き合って勝手に描いて書いていくのか・・・乞うご期待!




f0126829_06495031.jpg





# by sakaidoori | 2017-02-04 06:52 | アートスペース201 | Comments(0)
2017年 02月 03日

2565)⑥「(後期)群青 ~ぐんせい~」 アートスペース201 後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)

第4回 丸島均(栄通記)企画

群青 ぐんせい


2週間10部屋の展覧会
  (写真、絵画、立体、布、ドローイング、現代美術、陶芸、他)

 寒い札幌の1月2月、少しでも元気になれれば

  老若男女の青い人達のジャンルを問わない展覧会


 会場:アートスペース201 5階6階(全館全室)   
      中央区南2条西1丁目7
       山口中央ビル  
      (東西に走る道路の南側。)
     電話(011)251-1418

 会期:前期⇒2017年1月26日(木)~1月31日(火)
    後期⇒2017年2月2日(木)~2月7日(火)        
 休み:水曜日(定休日)
 時間:10:00~19:00
    (各会期最終日は、~18:00まで。) 

ーーーーーーーーーーーーー(2.2)

 群青展も昨日から後期です。折り返しです。是非、見に来て下さい。

 昨日、会場風景を撮りました。今は3日午前7時6分、時間のあるまで各部屋の様子を載せていきます。


◎5階D室 元気展 ~ライブの部屋~





f0126829_07171262.jpg




f0126829_07225503.jpg

 ドローイングマンの細密画を魅入る学生。
 ドローイングマン、今回はカラーで勝負!



f0126829_07244301.jpg

 右側は杉崎英利、チョーク画。
 左側は書の今田朋美。


f0126829_07525471.jpg

 右側は書の今田朋美。
 真ん中は刺繍の碓井玲子。
 ここには将来、今田朋美のライブ書が展示されます。
 左側は鼓代弥生の絵画。


f0126829_07554284.jpg

 右側が絵画の鼓代弥生。
 左側がドローイングマンの細密画。



◎5階E室 元気展 ~立体に絵画に写真に~



f0126829_07595029.jpg

 


 エレベーターから左のD室を覗いたところ。まず、碓井玲子の刺繍が目に飛び込む。
 「元気展」という字見える。藤女子大学書道部の作品。
 写真の塊は、前期「3人のモノクロ展」出品の篠原奈那子。



f0126829_09055372.jpg




f0126829_08145654.jpg





f0126829_08154924.jpg


◎6階B室 外崎うらん個展 (現代美術)


f0126829_08202474.jpg



f0126829_08213864.jpg



◎6階A室 「女の空間」 (写真+α展)



f0126829_08324948.jpg



f0126829_08335274.jpg



f0126829_08343665.jpg



◎6階C室 「対展」 (2点一組の写真+α展)



f0126829_08392476.jpg

f0126829_08400445.jpg


 それでは以下ランダムに写真を載せていきます。

f0126829_08422602.jpg

 前期対展参加の野口琴里(北海学園大学Ⅱ部写真部所属)。
 「琴里」・・・「ことり」・・・どうしても「ことりちゃん」と呼びたくなる。そう呼んでいる。
 彼女を侮ってはいけない。写真に火がついた女になった。その意欲、なかなかのものがある。




f0126829_08483944.jpg


 あやしげというか、大馬鹿野郎というか、愛すべきというか・・・写真家の佐藤準さんです。

 僕は女性一般は好きだ。が、こういう大笑い人間が一番好きだ。群青劇場に華を添えていただいた。ありがたいことです。




f0126829_08540594.jpg


 哲学する外崎うらん。「鉄腕アトムと鉄人28号・・・どちらが強いか?空の青と、海の青、違いはいかに・・・」



f0126829_08581702.jpg


 「女の空間・展」に参加の竹中春奈
 わざわざ展示のために関西から来た!そして、写真を並べた!貼った!そして、丸島の顔を見た!そして慌ただしく帰られた!
 ありがとうございました。



# by sakaidoori | 2017-02-03 09:01 | アートスペース201 | Comments(0)